ホーム>マニュアル>Settings> 書き込み

DVDFab マニュアル

書き込み

 

 

ライティングエンジンを選択:

現在内蔵のDVDFabライティングエンジンのみをサポートしています。他のライティングエンジンは将来にサポートする予定です。

 

ライティング速度:

ライターと空白メディアの機能によって適合なライティング速度を選択します。

ご注意:スピードが低いほど、品質が良くなります。

 

書き込むDVD-R メディアの種類:

パケットライティング:DVD-Rに書き込むできる全てのDVDドライブに適用されます;

SAOライティング:ほとんどの新しいDVDドライブに適用されます;

いずれかの方法で、出力ディスクはコンピュータドライブとスタンドアローンDVDプレーヤーの両方と互換性があります。技術的には、操作環境良い場合、DVDFabライティングエンジンはSAOライティングを選択で、操作環境が良くなければパケットライティングを選択します。操作環境を確認できない場合、信頼できる出力を得るために自動モードを選択してください。

 

DVD/Blu-rayの書き込み可能なメディアサイズ:

4300 MBのDVD-5 および8100 MB のDVD-9は推奨です。

BD-25の推奨サイズは23000 MBで、BD-50の推奨サイズは43000 MBです。

また、ユーザーはドロップダウンセレクターによってサイズをカスタマイズできます。

ご注意:書き込む内容のサイズがメディアサイズに近すぎの場合、再生問題を増やす可能性があります。

 

ライダブルディスクの場合、自動的に上書きする:

このオプションを選択すると、システムが書換え可能なメディアに自動的に上書きすることを許可します。

 

DVD-ROM化(DVD+R/RWメディアのみ);

いくつかのスタンドアローンプレーヤーはDVD-ROM のブックタイプと互換性が良いですので、このオプションをクリックしてください。注意:すべてのドライブがこの機能をサポートしているではないです。

 

書き込み終了時にディスクを取り出さない:

必要に応じてオプションをチェックします。

 

書き込み後にディスクの確認(ベリファイ)をする:

ディスクが正しくコピーしたかどうかを確認します。