DVDFab 10 ユーザーマニュアルをダウンロード

ダウンロード

Blu-rayをiPhone 6sにリッピングし変換する方法は?



2015年9月9日に、Apple社は最新のiPhone 6sとiPhone 6s Plusをリリースしました。外観はiPhone 6と同じですが、しかし新しく追加された色:ローズゴールドの他、もっと多くの高度機能がiPhone 6sとiPhone 6s Plus両方の上にアップグレードされました:より良い全体的なシステム速度、3D Touch、良いカメラ、常にSiri、強化されたガラススクリーンと素晴らしい4K ビデオプロセッサ。間違いなくiPhone 6s (Plus)で高解像度のBlu-ray映画を見るには素晴らしい映像体験を得るのでしょう。

 

iPhone 6s (Plus)上のBlu-ray視聴体験を早めにユーザーの皆様にご提供するために、DVDFab Blu-ray リッピングはリリースの直後すぐにデバイス2つのプロファイルを追加しました。それによってユーザーはあらゆるBlu-rayディスク/ISO/フォルダのコンテンツを数クリックでiPhone 6s (Plus)用動画に変換することができます。

 

ではDVDFab Blu-ray リッピングを使ってBlu-rayをiPhone 6s (Plus)用動画にリッピングし変換する方法の詳細を見てみましょう。

 

ステップ1:DVDFab Blu-ray リッピングを実行し、ソースをロード

DVDFab ランチャーをダブルクリックで実行し、ようこそ画面からリッピングを選択します。次はソースBDをドライブに挿入するか、またはBlu-rayのISOかフォルダをDVDFabの主画面にドラッグ&ドロップします。

 

ステップ2:iPhone 6s (Plus)を選択し、設定を行う

ソースがロードされた後、左パネルに移動してプロファイルアイコンをクリックして、デバイスそしてAppleタブの下にiPhone 6s/ 6s Plusを選択します。

 

出力するタイトル、オーディオトラックおよび字幕を選択できます。または出力品質を選択することによって、出力サイズを指定できます。

 

DVDFabの詳細設定では、DVDFabが提供される各種オプションから出力ビデオに関するすべてのビデオとオーディオのパラメーターを設定できます。

 

動画についてまだ高度と特定の必要がある場合、動画編集機能をおすすめします。動画効果の調整、必要な部分のトリミング、表示部分のクロップ、ウォーターマークまたは外部字幕の追加などができます。

 

設定後、出力先のところに移動して、フォルダアイコンをクリックで出力場所を選択します。

 

ステップ3:Blu-rayからiPhone 6sへの変換を開始

全ての設定がOKでしたら開始ボタンをクリックすると、DVDFabはすぐにBlu-rayからiPhone 6sへの変換を開始します。DVDFabのバッチ変換、マルチスレッド、マルチコア処理および最新のNIVIDA とCUDAのサポートのおかげで、処理速度は何倍も速くなります。しかし最終の処理時間はお使いのPCのハードウェアパフォーマンス、ソースサイズ及び書き込みドライブの書き込み速度によりますので、ご注意ください。

 

OK、以上です。変換が完了したら、出力動画をお使いのiPhone 6s (Plus)に転送することによって、プロセス全体は完了です。フォルダアイコンをクリックで出力場所を開き、動画品質をチェックします。

 

詳しくはこちらまでご覧ください:http://ja.dvdfab.cn/blu-ray-ripper.htm

  • ディスカウント

    20%の割引を全製品に提供致します。
    チェックアウトページにクーポンコードを入力して下さい。 クーポンコード:

    CINA50AUG

    有効期限:
    2017年 08月 31日

  • DVDFab オールインワン
    ライフタイムギフト(無期限版)

    を購入2100円のAmazonギフト券を無料贈り

  • Passkey for DVD & ブルーレイ

    ほぼ全てのDVD&ブルーレイ
    保護を解除できる

    価格: $60 すぐ購入
  • DVD コピー + DVD リッピング

    ほぼ全てのDVDをコピー/焼き込む
    /クローン/リッピングできる最高な
    DVDコンボ

    価格: $79 すぐ購入