DVDFab 10 ユーザーマニュアルをダウンロード

ダウンロード

チュートリアル

DVDFabを使用して黒いバーなしでビデオを取得する方法は?

DVDFab 製品はは常に汎用性と思いやりのあり、それによって世界中の好評を博します。DVDFab リッピングと変換の製品に含まれているクロップ機能によって、ユーザーはいくつかのカスタマイズ設定を利用して指定する出力ビデオを得ることができます。出力ビデオの解像度や表示エリアを指定したいなら、クロップ機能がそれを実現させます。しかし、一部のユーザーはビデオをクロップした後、出力ビデオの再生画面に黒いバーが付いている問題を発見しました。次のガイドは黒いバーなしの完璧ビデオを取得する解決策2つを提供します。

 

解決策1:DVDFabのスマートマッチングによってリストされている解像度を選択します。

 

ステップ 1:DVDFabを実行し、ソースをロードします。

 

ステップ 2:自動アスペクト比を選択し、それに最も近い解像度を選択します。

ソースをロードした後、編集ボタンをクリックします。そしてクロップタブ下に移動します。アスペクト比のところにたくさんの選択があります:自動、オリジナル、4:3、16:9、2.35:1、2.39:1、及びカスタマイズ。通常的には、自動オプションを選択すれば、実際のビデオコンテンツは黒いバーがクロップされます。つまり自動オプションを選択してOKボタンをクリックすれば結構です。

 

 

そしてDVDFabは自動的に主画面に戻ります。プロファイルアイコンに下における詳細設定ボタンをクリックします。解像度部分でリストされているオプションが全て出力ビデオに一致します。ターゲット解像度に近いオプションを選択してください。例えば、自動検出の解像度は1280 ×532の場合、水平解像度が1280のを選択すればいいです。それによって、全表示エリアで全ての黒いバーがカットされたビデオを得ることができます。

 

解決策2:アスペクト比を定義して、ビデオをクロップし黒いバーをカットします。

 

ステップ 1:DVDFabを実行し、ソースをロードします。

 

ステップ 2:必要な解像度を定義します。

ソースをロードした後、左パネルのプロファイルアイコンの下における詳細設定ボタンをクリックします。そして希望の解像度を選択します。需要に合わせる解像度オプションがないなら、実際の値を手動で入力できます。

 

ステップ 3:対応するアスペクト比を選択して、ビデオをクロップし黒いバーをカットします。

「+追加」ボタンの隣における編集ボタンをクリックして、動画編集ウィンドウを開きます。クロップタブの下に需要に最も一致するアスペクト比を選択します。例えば640×360解像度のビデオが必要の場合、16:9を選択してアスペクト比を保持オプションを選択してください。

 

その後、クロップフレームをドラッグ&ドロップして、表示エリアをクロップします。それによって黒いバーがカットされます。

 

 

詳しい情報は、こちらまでご覧ください:http://ja.dvdfab.cn/video-converter.htm

 

ご注意:

1.解決策2でビデオをクロップするには、需要を完全に満たす特定の解像度を得ることができます。しかし、クロップした部分には、いくつかのコンテンツが出力ビデオに含めない場合があります。つまり、解決策2を選択すると、黒いバーなしのビデオを得ることができますが、ビデオの完全表示に妥協しなければなりません。

2.ビデオをクロップした後、出力ビデオをプレーヤーで再生するときに、出力のアスペクト比がお使いのプレーヤーに合わせない場合、プレーヤーは自動的に再生エリアを埋めます。そうするとビデオにまた黒いバーが出ます。しかしその黒いバーは出力ビデオの一部でないことをご注意ください。

  • ディスカウント

    20%の割引を全製品に提供致します。
    チェックアウトページにクーポンコードを入力して下さい。 クーポンコード:

    FAB-WYK-OFF

    有効期限:
    2017年 03月 27日

  • DVDFab オールインワン
    ライフタイムギフト(無期限版)

    を購入2100円のAmazonギフト券を無料贈り

  • Passkey for DVD & ブルーレイ

    ほぼ全てのDVD&ブルーレイ
    保護を解除できる

    価格: $60 すぐ購入
  • DVD コピー + DVD リッピング

    ほぼ全てのDVDをコピー/焼き込む
    /クローン/リッピングできる最高な
    DVDコンボ

    価格: $79 すぐ購入