皆さんは、ディズニー「ヘラクレス」をご存じでしょうか?もしかしたら、子供のころに見ていた人も多いかもしれませんね。1997年にリリースされたディズニーアニメーションですが、不思議と大人になってから「もう一度見てみたい」と思う不思議な魅力がありますよね。

そこで今回はディズニー「ヘラクレス」についてあらすじや魅力をご紹介します。本記事では、ディズニー「ヘラクレス」の設定を深堀りするなど、細かい部分も全部まとめました。きっと「もう一度みたい」と思う情報が満載です!

ヘラクレス ディズニー

ディズニー「ヘラクレス」とは?

「ヘラクレス」は1997年にディズニーで映画化された長編アニメーション。ギリシャ神話に登場する神やキャラクターを、ディズニー調に改変しています。ヘラクレスの神話は多くの世界で知られているため、大胆にアレンジした本作品は、大人から子供まで楽しめると人気を集めました。実際、上映から長い年月が過ぎた今でも、多くの支持を集めています。

ヘラクレス ディズニー

ディズニー「ヘラクレス」のあらすじ

舞台はギリシャ神話時代。神・ゼウスの子として生まれたヘラクレスですが、支配を企む冥界の神・ハデスによって人間界へ落されてしまいます。その後ヘラクレスは人間界で育つことに。そんなある日、両親から「ゼウスの子」である真実を知らされます。そしてヘラクレスはゼウスの神殿へ向かい、実の父・ゼウスと再会。ゼウスは彼に「本当のヒーローになるしかない」と伝えます。そこからヘラクレスのヒーロー修行が始まりました…。

ディズニー「ヘラクレス」は実写化された?

ディズニー「ヘラクレス」は1997年に長編アニメーション映画として公開され、2014年にはドウェイン・ジョンソンを主演に実写化されました。

さらにアニメーション映画から20年以上経った2020年4月、ヘラクレスの実写映画化が決まったのをご存知ですか?プロデューサーを務めるのは「アベンジャーズ/エンドゲーム」を指揮したジョー&アンソニー・ルッソ兄弟。

ヘラクレス ディズニー

脚本家には「ワンダーウーマン1984」や「スパイダーマン:スパイダーバース」の続編を手掛けたデイヴ・キャラハム氏を起用。こちらも数々のヒーロー映画を手掛けているので、アクションシーン満載のド派手な映画になると期待できますね!

ディズニー「ヘラクレス」の魅力

ヘラクレスは設定がシンプルなので老若男女問わず楽しめます。例えば、主人公ヘラクレスは怪力だったり、修練を経て目標を達成する明確な目標があったりなど。また、恋愛要素も大きく削られピュアな内容になっていることから、THE・ファミリー向けと言えるでしょう。

ディズニー「ヘラクレス」はDisney+(ディズニープラス)で見れる!

ヘラクレス ディズニー

アニメーション映画「ヘラクレス」はDisney+(ディズニープラス)で見られます。Disney+(ディズニープラス)は月額770円(税込)でディズニー映画やPIXAR映画、MARVEL映画などが見られる動画配信サービス。登録すればWeb上ですぐ視聴できるので、DVDやブルーレイを借りる手間もありません。

また、StreamFab Disney PlusダウンローダーはDisney+(ディズニープラス)のコンテンツをダウンロードできるソフトです。互換性の高いMP4形式でダウンロードできるため、Windows、Mac、スマホでも再生ができます!オフラインで楽しみたい方はぜひ無料版からお試しください。

ヘラクレス

StreamFab Disney Plus ダウンローダー

Disney+ストリーミングサービスから映画やテレビ番組を720p品質とAAC 2.0オーディオでダウンロード

 i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード  

 

ディズニー「ヘラクレス」のキャラクターを深掘り

ヘラクレス ディズニー

ディズニー「ヘラクレス」のキャラクターは、どれも個性豊かに描かれています。主要なキャラクターを詳しく見ていきましょう。

ヘラクレスは超ピュア?

ヘラクレス ディズニー

ヘラクレスは最近のヒーローにはない素質を持っています。彼は実に、真面目で、誠実で、超ピュアなのです。裏のない性格は、まさしくヒーローに相応しいでしょう。

最近のヒーローは、細かい表情にまで気を遣わないと心情が読めません。しかし、ヘラクレスはどこまでもまっすぐなので、見ているだけで何を考えているのか丸わかり!何も気にせずストーリーを追っていけます。全ヒーローがお手本にしてほしい性格かも?

ヘラクレスのハデスはかわいそう?

ヘラクレス ディズニー

実はハデスが冥界を統治しているのは、クジ引きで決まったからです。人間はいつでもどこでも死ぬため、ハデスに休みはありません。つまり、ハデスだけが24時間体制で働いています。

そのためハデスは「祝宴に出たいけど出られない」と言っていたことも。それに対し気遣えないゼウスは「冥府の神が働きすぎて死んじゃう」と大笑い。周りの神もゼウスのジョークに大爆笑していました。これは「超ブラック…」とハデスをかわいそうに感じるシーンですね。

ヘラクレスのメグはかわいい?

ヘラクレス ディズニー

作中でヘラクレスは初めてメグに会ったときからメロメロです。どことなく大人の雰囲気を漂わせており、多くのファンからも支持されています。これまでのプリンセスのように、底抜けに明るい性格ではなく、魔性の女といった印象。

しかし、その本質は慈愛に満ちており、優しいという点では他のプリンセスと変わりません。ヘラクレスとメグの恋模様は、ぜひ注目したいところ!

【英語版・日本語版】ディズニー「ヘラクレス」の声優は?

ヘラクレスの声優は英語版と日本語版で下記の声優・俳優が演じています。

英語版 日本語版
ヘラクレス(主人公) テイト・ドノヴァン 松岡昌宏(TOKIO)
ヘラクレス(少年時代) ジョシュ・キートン 秋山純
(元・ジャニーズJr.)
メグ/メガラ(謎の美女) スーザン・イーガン 工藤静香
フィル/ピロクテテス(半人半獣) ダニー・デヴィート 永井一郎
ゼウス(ヘラクレスの父) リップ・トーン 若山弦蔵
ヘラ(ゼウスの母) サマンサ・エッガー 池田昌子
ハデス(本作のヴィランズ) ジェームズ・ウッズ 嶋田久作
ペイン(ハデスの手下) ボブキャット・ゴールドスウェイト チャップ
パニック(ハデスの手下) マット・フルーワー パグ
カリオペ(物語の語り部) リリアス・ホワイト 竹沢教子

ペガサス/ケルベロス/ヒドラを演じたフランク・ウェルカーは声優の神?

ヘラクレス ディズニー

余談ですが「ヘラクレス」でペガサス/ケルベロス/ヒドラを演じたフランク・ウェルカーは、「声優の神」と呼ばれています。

フランク・ウェルカーは動物の声を得意としており、アラジンの相棒の猿・アブーやジャスミンのペットのトラ・ラジャー、おさるのジョージでジョージの声を担当しました。アメリカでは声優神と親しまれており、エミー賞も受賞しています。

ヘラクレス日本版の吹き替えがひどいって本当?

ネット上には「ヘラクレスの吹替版がひどい!」という口コミも。日本のアニメファンの間では、プロではない俳優やアイドルの起用は嫌がられます。実際ヘラクレスでも、ジャニーズや女優を声優として起用していました。「台詞が棒読み…」という声も噴出しましたが、言い換えれば人気俳優やアイドルが声を担当したことで作品への注目度が上がったとも言えます。

まとめ

今回はディズニー「ヘラクレス」のあらすじや魅力をご紹介しました。20年以上前の作品なのに、今でも楽しめるなんて凄いですよね。ぜひDisney+(ディズニープラス)でヘラクレスを楽しんでみてはいかがでしょうか。作品をダウンロードするときは、StreamFab Disney Plusダウンローダーもお忘れなく!