DVDFab マニュアル

 

ここでDVDFab DVD コピーを例として、有料版の各種DVDFab10の機能も含めて使い方を紹介しています。

 

1. DVDFabの使い方・機能についての説明

 

DVDFabコピーはDVDメディア(DVDディスク・ISOファイル・フォルダ)をコピー・複製して、空白のDVDディスクやPCに書きこう・保存する機能です。こちらでDVDFabコピーの使い方を説明します。

DVDFabを使ってコピーを開始する前に、まずDVDFabソフトを起動します。

 

DVDFab 使い方

 

1.1 ソース:プロセスするソースビデオを読み込みます。このDVDFab 使い方ボタンをクリックするとローカルHDDから既存のDVDムービーフォルダをDVDFabにロードします。このDVDFab 使い方ボタンをクリックするとISOイメージファイルをDVDFabにロードします。ソースがDVDディスクの場合、それを光学ドライブに挿入すれば良いです。

1.2 ターゲット:出力の保存先です。DVDFab11 使い方アイコンをクリックするとローカルHDDから出力DVDムービーフォルダの保存先を選択できます。DVDFab10 使い方アイコンをクリックすると作成するISOイメージファイルの保存先を選択します。ソースを空白メディアに書き込む場合、ソースディスクが取り出された後、空白メディアを光学ドライブに挿入すれば良いです。

1.3 タイトルの選択:DVDFab コピーでコピーするとき、DVDタイトルが指定できます。その使い方はコピーするタイトルをクリックするだけです。通常の場合はメインタイトルをコピーします。

DVDFab 使い方

 

1.4 チャプターの設定:DVDFabコピーではDVDチャプターを指定することができます。この機能はチャプターに基づく元のムービーの一部だけをコピーする潜在的な需要を満たすことを目指しています。

DVDFab 使い方

 

1.5 オーディオ:出力ディスクに保存するオーディオを選択します。

DVDFab 使い方

 

1.6 字幕:出力ディスクに保存する字幕を選択します。

DVDFab 使い方

 

1.7 書き込む可能なディスクサイズ:DVD 5とはメインタイトルを空白の単層DVD 5ディスクに書き込み、DVD 9とは空白の2層DVD 9ディスクに書き込むことです。圧縮比については、100%は圧縮なしのことで、ほかの圧縮比は圧縮の割合を意味します。

DVDFab 使い方

 

*DVDコピー機能の使い方について、DVDFab11、DVDFab10、DVDFab9は大いに異なっていません。

 

2. DVDFabの書き込みプロセスの使い方についての簡単なガイド(ソースはオリジナルDVDディスク)

 

2.1 DVDFabを起動して、DVDコピーオプション下のメインムービーモードに移動します;

2.2 オリジナルDVDを光学ドライブに挿入します;

2.3 ロードフェーズを完了するために適切なリージョンコードを選択します;

2.4 対象のタイトル、オーディオストリーム及び字幕ストリームを選択します;

2.5 下部に正しい書き込む可能なメディアを選択して「次へ」ボタンを押します;

2.6 次のページで「開始」ボタンをクリックしてコピープロセスを開始します;

2.7 ソースディスクがシステムで取り出された後、空白メディアを挿入し書き込みを続行します;

2.8 一定な時間後、「プロセスが正常に完了しました」と言っているポップアップウィンドウが表示されると、「OK」をクリックします。そして出力ディスクを取り出してDVDプレーヤーでそれをチェックします。