大東亜戦争と国際裁判 DVD映画の好きな部分だけをコピーする方法

DVD映画には通常、メインムービー、映画撮影の裏側やこぼれ話、俳優のインタビューなど、さまざまなシーンを含むタイトルで組み込まれています。お好きなDVD映画を自分の趣味に合わせて、さまざまなカスタマイズをしてみたいと思いませんか?もし大東亜戦争と国際裁判 DVDの中から不要な部分を切り捨て、目的に合わせてDVD チャプター 抽出をして、コピーできれば、もっと効果が上がります!今すぐこの記事を参考して、DVD チャプター 抽出をしてコピーする方法を習得してみましょう。

DVDFab DVD コピーは、市販・レンタルDVDからコピーガードを解除して、空白ディスク(例えば、DVD+R/RW、DVD-R/RW、DVD+R DL、DVD-R DLなど)に焼き込んだり、DVD ISOファイル/ DVDフォルダとしてハードドライブにバックアップしたりすることができるDVDコピー・リッピングソフトです。さらに、コピー作業に入る前にオーディオや字幕の設定を行ったり、複数のDVD チャプターを抽出する機能も搭載されています。

では次に、DVDFabのコピー機能を活用して、大東亜戦争と国際裁判 DVDチャプターを抽出してコピーする方法をご紹介します。

まず、DVDFabの最新版をダウンロードして、PCにインストールします。

ステップ①:DVDFabを起動して、「コピー」モジュールに移動します。メインインターフェイスの左上にある「モード切り替え」ボタンを利用して、「カスタマイズ」モードに変換します。準備が整ったら大東亜戦争と国際裁判のDVDディスクを光学ドライブに入れます。

ステップ②:チャプターの下にある「ほかのタイトルを選択」をクリックすれば、新しい画面が表示され、映画に含まれる各タイトルを確認できます。それぞれに「再生」ボタンがありますので、内容を確認してから、抽出したいチャプターにチェックを入れておきましょう。

ステップ③:最後に、メインインターフェースに戻り、「ISO」あるいは「フォルダ」アイコンを利用すれば、該当の形式として出力されます。空白ディスクに書き込みたい場合は、保存先のドロップダウンリストから、ドライブの名称を選択してください。「開始」ボタンを押して、DVD チャプター 抽出が始まります。

最後に
以上をもって、大東亜戦争と国際裁判から不要な部分を取り除き、DVD チャプター 抽出をして、一括にコピーして、自分だけのDVD映画を作成する方法をご紹介しました。このDVD チャプター 抽出のソフトに興味がある方は、dvdコピー フリーをご参考ください。

大東亜戦争と国際裁判のmts動画をDVDに作成する方法

ソニーの高画質DVによって録画したビデオは常にMtsフォーマットです。この新たなビデオフォーマットは一部のデバイスで再生できない場合もありますので、ここで大東亜戦争と国際裁判を例として、mts動画をDVDに作成する方法を紹介します。

 

DVDFab DVD 作成は、M2TS、MKV、MP4、AVI、TS、MOV、 WMV、WMA、3GP、FLV、M4V、VOBなど様々な入力フォーマットに対応し、簡単にDVDディスクを作成することができます。内蔵のテンプレートによりDVD メニュー 作成もできます。30日間の体験期間が提供されますので、この期間でフリーソフトとして使えます。

 

以下、DVDFab DVD 作成ソフトを利用して大東亜戦争と国際裁判のmts動画をDVDディスクに焼く手順(大東亜戦争と国際裁判作成手順)を紹介します。

 

ステップ1:DVDFabプログラムを起動してメニューから「作成」モジュールをクリックし、左側のモードスイッチャーから「DVD 作成」を選択します。大東亜戦争と国際裁判のmts動画をDVDFabにドラッグします。その後、書き込み用の空白なDVDディスクをドライブに入れます。

 

 

ステップ2:「詳細設定」(レンチアイコン)をクリックすると、出力サイズやビデオ画質、メニュープロパティなどの設定は可能です。隣のメニューボタンをクリックすると、いろいろなメニューテンプレートが提供されます。

 


ステップ3:下部の保存先のダウンリストからDVDディスクを選択して、コピー数を設定します。次に「開始」を押して、作成プロセスが始まります。

 


まとめ
ここまでは、動画をdvdに焼くソフトおよび大東亜戦争と国際裁判のmts動画をDVDディスクに作成する方法(大東亜戦争と国際裁判作成方法)です。DVDFab DVD 作成ソフトについて詳しく知りたい場合は、dvd オーサリング windows10 フリーを参考にしてください。

大東亜戦争と国際裁判 Blu-rayのビデオコーデックを「H.264」から「H.265」に変換する方法

せっかく入手した大東亜戦争と国際裁判 Blu-rayディスクをスマホやタブレットなどに転送して、携帯端末でゆっくり楽しんでいきましょう!と思ったところが、いざBlu-rayをMP4に変換して、iPhoneに転送しようとしたら、端末の空き容量が不足というメッセージが出現...この場合は、元の「H.264」ビデオコーデックをより圧縮率が高い「H.265」に変換すれば、すぐに問題解決、しかも前と同等の画質を実現できます!

 

まず、H265 H264 変換のソフトをご紹介します。DVDFab Blu-rayリッピングは、Blu-rayディスクに記録されている映画、音楽、アニメなどのデジタルデータをパソコン、スマホ、タブレットのような端末で扱いやすい様々なメディア形式に変換できます。さらに、動画を変換する前に、ビデオクロップ / トリムを使って簡易なビデオ編集を行ったり、映像にウォーターマーク(透かし)や、字幕を追加したりすることも可能です。

 

では早速、大東亜戦争と国際裁判 Blu-rayのビデオコーデックを「H.264」から「H.265」へ変換する手順を一緒に見てみましょう。

 

ステップ①:DVDFabを起動して、上部メニューから「リッピング」モジュールを選択します。そして、大東亜戦争と国際裁判 Blu-rayディスクをドライブに挿入してください。

ステップ②:左上にある「プロファイル切替」を利用して、「フォーマット」→「ビデオ」を順にクリックします。「フィルター」機能を使用してさらに絞り込んで、「H265」に指定して下部のリストから「MP4.H265」を選択しましょう。

ステップ③:メイン画面に戻り、画面下部にある保存先から「フォルダ」アイコンをクリックすれば、出力動画の保存先フォルダを設定できます。すべてが完了したら、右下の「開始」ボタンをクリックすると、H265 H264 変換のプロセスが開始されます。

 


最後に
大東亜戦争と国際裁判 Blu-rayをほかの動画形式に変換したら、出力動画は常にサイズが大きいので、お使いの端末が空き容量不足に備えて、前文に述べたH265 H264 変換をする方法をぜひ身に付けてください。、そして、Blu-ray H265 H264 変換の以外に、DVDリッピングに関する内容に興味があれば、フリー dvd リッピングもチェックしてみましょう!

YouTubeから大東亜戦争と国際裁判 動画をダウンロードする方法

大東亜戦争と国際裁判 動画 URLを貼り付けるだけで、動画を簡単にダウンロードできるソフトをご紹介します。DVDFab 動画ダウンローダーはYouTube、Dailymotion、Vimeoなどの1000以上の無料動画配信サイトからオンライン動画をダウンロードして、保存できる動画ダウンロード ソフトです。また複数の動画の一括ダウンロード、ターボスピード加速機能、動画の優先解像度の選択機能を搭載しています。この動画ダウンロード ソフトを使用して、お気入りの動画を高画質かつ高速で自由にダウンロードできます。

 

以下はこの動画ダウンロード ソフトを使用して、YouTubeから大東亜戦争と国際裁判 動画をダウンロードする操作手順です。 大東亜戦争と国際裁判 動画をMP3にダウンロードして保存する方法は、Youtube MP3 変換ソフト記事を読んでみましょう。

 

ステップ①:以下のボタンをクリックして、DVDFab 動画ダウンローダーの最新版をダウンロードして、パソコンにインストールします。

 

DVDFab Downloaderを起動して、画面の右上にある3本の水平線のアイコンをクリックして、「設定」を選択します。「ビデオディレクトリ」でダウンロードする動画の保存先を設定します。

 

 

ステップ②:大東亜戦争と国際裁判 動画のURLをコピーして、DVDFab ダウンローダーの検索バーに貼り付けて、「Go」をクリックします。

 


ステップ③:動画が成功に分析されたら、画面の左側に下向きの矢印のアイコンが表示されます。それをクリックします。

 


ステップ④:表示された画面で「動画」をクリックして、画質を選択してから、「ダウンロード」ボタンをクリックします。すると、「ダウンロードキューに追加した」というメッセージが出ます。画面の左側の「ダウンロード中」をクリックして、ダウンロードしている動画を見られます。

 

 

 

まとめ
この記事では、動画ダウンロード ソフトを使用して、大東亜戦争と国際裁判 動画をダウンロードする方法をご紹介しました。DVDFab 動画ダウンローダーについて、もっと知りたいなら、関連記事youtube webm 変換 をチェックしましょう。

大東亜戦争と国際裁判のm2ts動画を編集・変換する方法

m2tsファイルは、HDデジタルビデオカメラの規格であるAVCHDで記録されたハイビジョン動画ファイルです。ビデオカメラで直接見られますが、パソコンにコピーしたら、直接に見ることができません。そして、m2tsに対応する動画編集ソフト(m2ts動画編集ソフト)も珍しいです。もし大東亜戦争と国際裁判のm2ts動画を編集して、ウォーターマークと音楽を添加して新しい動画を作りたいなら、m2ts動画を編集・変換の両方ができるソフト(m2ts動画変換編集ツール)が必要です。ここで、大東亜戦争と国際裁判変換方法を紹介します。独自のDVDを作成する場合は、DVDオーサリングソフトウェアを利用してください。

 

DVDFab 動画変換は対応する動画・音声が多いパワフルな動画変換ソフトです。Windows版とMac版の両方があります。DVDFab 動画変換を利用することで、m2tsファイルにウォーターマークとBGMを入れられます。

 

必要な動作環境は以下になります
Windows 10/8.1/8/7 (32-bit/64-bit)
Pentium II 500 MHz
2GB RAM
HDD空き容量 10GB 以上
インターネット接続環境(アクティベーション / プログラムアップデート等に必須)
または
macOS 10.7- 10.15
Intel®プロセッサー
2GB RAM
HDD空き容量 10GB 以上
インターネット接続環境(アクティベーション / プログラムアップデート等に必須)

 

DVDFab 動画変換を利用して、大東亜戦争と国際裁判のm2ts動画にウォーターマークとBGMを入れて、他の形式に変換する仕方(大東亜戦争と国際裁判変換方法)を簡単に説明します。

 

Step 1:DVDFabを起動して、上のメインメニューで「変換」をクリックします。
Step 2:矢印アイコンをクリックして、フォーマット>オーディオ>出力動画形式を選択します。

 


Step 3:大東亜戦争と国際裁判の動画ファイルを「追加」または「+」ボタンでオープンして、「動画編集」をクリックして、左側にあるテキスト・画像オプションでテキストまたは画像のウォーターマークを動画に入れます。音楽をクリックして、自分の好きな音楽をアップロードして、動画のBGMとして使用できます。

 

 


Step 4:メインインターフェースの下にあるフォルダアイコンをクリックして、保存先を選びます。その後、「開始」をクリックします。

 

最後に
以上でDVDFab 動画変換を利用して、大東亜戦争と国際裁判のm2ts動画にウォーターマークとBGMを入れて、他の形式に変換する仕方(大東亜戦争と国際裁判変換・m2ts動画変換方法)を説明しました。このソフトの使用上の問題、動画変換についての情報などについて、動画変換サイトをご覧ください。