Macで4K UHD映画12 ラウンドをコピーする方法

UHDはUltra-High Definitionの略で、超高精細の意味をしています。超高精細のモニターの解像度は3840×2160、標準高精細テレビのアスペクト比16:9を採用しています。一方、4Kは映画圧縮4096×2160の解像度で、多くの映画は1.9:1の比例で撮影するものです。要するに、4Kは映画での利用が多く、UHDはテレビでの利用が多いです。と言っても、両方が一緒に利用される場合が多く、且つ多くの場合でこの2つは交換できます。

 

今は、4K UHD映画が主流になっている時代です。ここでMacで4K UHD 12 ラウンドを例にして、4K UHD コピー方法を紹介します。また、DVDのコピーガードを解除してコピーする場合は、DVD コピーガード 種類を参照してください。なお、12 ラウンドダウンロードはDVDFab 動画ダウンローダーを使ってみてください。

 

処理中、DVDFab UHD コピー for Macを使ったほうがいいです。

DVDFab UHD コピー for MacはmacOSプラットフォーム専用の4K UHD Blu-ray コピーソフトウェアです。

 

以下、DVDFab UHD コピー for MacでUHD 12 ラウンドをコピーする方法を説明します。

 

ステップ1:DVDFabをダウンロードして起動し、「コピー」タグをクリックします。

 

DVDFabのダウンロード方法は超簡単なmacでのDVDコピー方法のDVDFabインストール部分を参照してください。

 

ステップ2:左上隅のコピーモードから「フルディスク」、「メインムービー」又は「クローン/ランティング」を選択し、ドライブに12 ラウンド DVDディスクを入れます。

 

 

ステップ3:「レンチ」アイコンをクリックすると詳細設定ができ、「出力」から正しい出力サイズを選択します。BD66を選ぶならば、BD-100ディスクを挿入するべきのことをご注意ください。

 

 

ステップ4:ドライブに空のBDディスクを入れて、又は下部のISO又はフォルダをクリックして保存先を決めて、それから「開始」をクリックします。

 

 

まとめ

Macで4K UHD BD 12 ラウンドをコピーする方法は以上です。もっと知りたいなら、mac blu-ray リッピングを参照してください。

Macで12 ラウンド動画をdvd isoに作成する方法

 

ISOファイルはDVDディスクに直接書き込める形式ですので、様々な動画をDVDディスクに書き込む場合はまずそれらをISOファイルに変換することをお勧めします。ここでmacで様々な動画形式をisoファイルに変換してDVDに書き込む方法(mac dvd iso 作成方法)を紹介します。この時dvd iso 作成用のソフト・DVDFab DVD 作成 for Macが必要となります。12 ラウンドを例にして一般動画をdvd isoに作成する方法を説明します。

 

DVDFab DVD 作成 for Macは、あらゆる動画をisoファイルに変換できるmac専用のソフトで、お試し期間でdvd iso 作成のフリーソフトとして利用されます。windowsでDVDを isoファイルにリッピングする方法は、dvd iso コピーという記事をご参照にしてください。なお、12 ラウンドダウンロードはDVDFab 動画ダウンローダーを使ってみてください。

 

以下は、DVDFab DVD 作成 for Macを使ってMacで一般動画をDVD ISOファイルに変換する(mac dvd iso 作成)手順です。

 

ステップ1:DVDFabを起動して「作成」タグを選択し、左上角の作成モードで「DVD 作成」を選択します。

 

 

ステップ2:一般動画をDVDFabに読み込み、オーディオや字幕を設定できます。

また、下部のISOアイコンをクリックして、出力動画の保存場所を決めます。

 

 

ステップ3:メイン画面の「詳細設定」(レンチアイコン)をクリックすると、名前変更、出力サイズ及びビデオ画質などを設定できます。

また、「詳細設定」の隣にある「メニューを設定」ボタンにより、DVDメニュー作成、例えば、作成するDVDの背景変更、テキスト追加・調整などができます。

 

 

 

ステップ4:右下の「開始」ボタンをクリックして一般動画からdvd isoへの作成処理を開始します。

 

まとめ

以上、Macで一般動画からdvd isoへの作成は完了です。さらにDVDディスクに書き込むことができ、映画館に行かなくても自宅で素晴らしい映画を楽しめます。これについてもっと知りたいなら、dvd焼くを参照してください。

12 ラウンド DVDをiPhone動画形式に変換する方法

好きな12 ラウンドのDVDディスクを購入したが、あまり見る時間がなく、結局放置してしまったということがあると思います。今では、テレビやパソコンより、携帯を見る時間のほうがずっと長い人が多いでしょう。iPhoneに動画を保存することができれば、電車に乗るとき、昼休みの時など、好きな時に見られるようになります。DVDディスクには、コピーを防ぐためにコピーガードがかかっていることが多く、コピーガードを解除できるDVDリッピングソフト(12 ラウンド DVD変換ソフト/DVD iphone 動画変換ソフト)が必要です。一般動画をMP4に変換する場合は、ts mp4 変換を参照してください。


DVDFab DVD リッピングはPC・スマホ・タブレット・PS4などの端末で再生できるために、DVDディスクのコピーガードを解除して、DVDメディアを他のフォーマットの動画、または音声に変換して、パソコンに取り込むDVDリッピングソフトウェアです。DVD動画ファイルをMP4/FLV/MKV/AVI/WMV/M2TS/TSなどの動画形式に変換できるだけでなく、音声だけを抽出してMP3/M4A/WMA/WMA10/WAV/AAC/DTS/OGG/PCM/AC-3などの音声形式に変換することができます。


どうやってDVDFab DVD リッピングを使って12 ラウンドのDVDをiPhoneでの再生に適したフォーマットに変換すればいいでしょうか。12 ラウンド DVD変換方法・iphone 動画変換方法は一緒に見てみましょう。


Step1:まず、DVDFab公式サイトで最新版のDVDFabをダウンロードします。インストールが終われば、起動します。上のメニューバーで二番目の「リッピング」をクリックします。
Step2:矢印アイコンをクリックして、「デバイス」→「Apple」→「iPhone」の順で選びます。

 


Step3:12 ラウンドのDVDディスクをドライブに挿入します。チャプター、字幕などを指定します。
Step4:下のフォルダアイコンをクリックして保存先を指定します。そして「開始」ボタンでプロセスを開始します。
 


まとめ
以上でDVDFab DVDリッピングを使って12 ラウンドのDVDディスクから動画をiPhoneで再生できる形式に変換する方法(12 ラウンド DVD変換方法・iphone 動画変換方法)を紹介しました。より詳しい情報を知りたい方は、xbox dvd再生方法をご覧ください。

アンドロイドでYouTubeから12 ラウンド 動画をダウンロードする方法

Chromeの拡張機能を使用して、YouTube動画をダウンロードできますが、YouTube動画のダウンロードは禁止されている行為なので、Youtubeから動画を保存するChrome拡張機能は公式から配布されていません。またスマホアプリ版のChromeで拡張機能を利用できません。これらの状況に対して、Chrome拡張機能の代わりに、専用の動画 ダウンローダーを利用してYouTube 動画を簡単にダウンロードする方法を紹介します。YouTubeの動画を録画したい場合、YouTube 録画 記事を読んでみましょう。

 

DVDFab 動画ダウンローダーはDVDFabが開発したオンラインビデオのダウンロードソフトウェアであり、1000以上の動画サイトから動画をダウンロード保存できる動画 ダウンローダーです。複数動画のダウンロード、ダウンロード速度の加速、ダウンロードする動画の解像度選択機能も提供されています。またこの動画 ダウンローダーはPC版とスマホ版の2つのバージョンがあります。

 

今スマホでこの動画 ダウンローダーのアンドロイド版を使用して、YouTubeから12 ラウンド の動画をダウンロードして保存する方法をご紹介します。

 

Step 1: DVDFab 動画ダウンローダーの製品ページから動画 ダウンローダーをダウンロード・インストールしてから実行して、右上隅にある検索アイコンをタップします。

 


Step 2:12 ラウンド 映画のURLをコピーして、検索バーに貼り付けて、あるいは、YouTubeサイトにアクセスして、12 ラウンド 映画を見つけて、再生します。

 

 

Step 3:再生画面の右下に表示された ボタンをクリックして、表示された一覧のボタンから「ダウンロード」をタップして、「ビデオ」隣のチェックを入れて、画質を選択します。そして、「ダウンロード」ボタンをタップします。画面の底側にあるナビゲーションメニューの矢印のアイコンをタップして、「ダウンロード中」オプションの中でダウンロードしている動画のステータスを確認できます。

 

 


最後に
この記事ではChrome拡張機能の代わりに、DVDFab 動画ダウンローダーを利用してYouTubeから12 ラウンド 動画をダウンロードする方法を紹介しました。この動画 ダウンローダーについて最も知りたいなら、xbooks 代わりページにアクセスして、読んでください。

12 ラウンドのWebm動画をMP3ファイルに変換する方法

webm形式はGoogleによって考案された、オープンで無料のメディアファイル形式です。 現在、Youtubeはこの形式を最も多く利用するサイトです。今日は、12 ラウンドを例としてDVDFab 動画変換を利用してwebm形式をMP3ファイルに変換する方法(12 ラウンド動画変換/webm mp3 変換ソフト)を紹介します。Blu-rayを一般動画に変換する場合は、DVDFab11を参照してください。

 

DVDFab 動画変換は、数多くの入出力に対応し、インターネットで流通している動画ファイルやデジカメ動画、3Dデバイス動画など、様々なビデオ/オーディオファイルに変換できるソフト(ここでwebm mp3 変換ソフトを言う)です。また、その編集機能により、出力動画についてトリミングやBGM追加などいろいろ操作できます。ここでMP3を出力形式として選択しますから、動画編集機能を使う必要がありません。

 

次には、12 ラウンドのWebm動画をMP3ファイルに変換する手順(12 ラウンド変換方法)をステップバイステップで説明します。

 

ステップ1:DVDFabプログラムを起動し、上部のメニューバーから「変換」モジュールをクリックします。
ステップ2:12 ラウンドのWebm動画をDVDFabに導入し、左上のプロファイルライブラリのアイコンをクリックして、「フォーマット」→「オーディオ」→「MP3」を順番にクリックします。

 

 

ステップ3:ソースが読み込まれた後、レンチアイコンが表示され、それをクリックすると、出力音声ファイルを編集できます。また、下部のフォルダをクリックして保存先を設定できます。
ステップ4:グリーンの「開始」ボタンをクリックして変換プロセスが進みます。

 

 

まとめ
以上のガイドにより、12 ラウンドのWebm動画をMP3ファイルに変換すること(12 ラウンド変換・webm mp3変換)ができるはずです。もしDVDFab 動画変換ソフトについて質問やご不明点などがある場合は、mov mp4 変換を参考にしてください。