パスポート to パリ DVDビデオをPCのHDDにクローンする方法

人はなぜ映画などをパソコンのHDD(ハードディスクドライブ)にクローンするでしょう?やはり今後もその映画を鑑賞できるためだと思います。例えば、レンタルDVDは期限がすぐ切れますが、まだそのDVDが見ていません。クローンコピーモードを選択するのは、映画原作と同じな画面サイズでバックアップしたいでしょう。ここでパスポート to パリ DVDを例としてHDDにクローンする方法(パスポート to パリコピー方法)を説明します。また、Blu-rayコピーソフトを知りたい場合は、Blu-rayコピーガード解除できるソフトを参照してください。

 

パスポート to パリ DVDをHDDにクローンする(クローンコピー)には、DVDFab DVD コピーの利用をお勧めします。DVDFab DVD コピーはWindowsやMac両方のシステムに対応し、フルディスクモード、メインムービーモード、カスタマイズモード、分割モード、結合モード、クローン/書き込みモード6つのモードで必要に応じて映画DVDの一部又は全部コピーできます。他のコピーモードと比べて、クローンコピーの違いは、DVDそのまま、圧縮せずコピーすることです。DVDFab DVD コピーはRC、RCA、CSS、APS、RipGuard、RCE、UOPs、ARccOSなどのDVDコピーガードに対応しますので、暗号化されているDVDディスクもコピーできます。

 

では、DVD コピーを利用してパスポート to パリ DVDをクローン/書き込みモードでHDDにコピーする方法(パスポート to パリコピー方法)を紹介しましょう。

 

ステップ1:DVDFabプログラムを起動し、メニューから「コピー」を選択します。コピーモード切り替えボタンをクリックして、「クローン/ライティング」を選択します。

 


ステップ2 :ドライブにパスポート to パリ DVDディスクを入れます。あるいは、「+」をクリックして、DVDビデオを追加します。

ステップ3:「出力先」オプションでISOのアイコンをクリックして出力ディレクトリを選択してから、「開始」をクリックします。

 

 

まとめ
以上はクローン/ライティングモードでパスポート to パリ DVDをPCのHDDに取り込み方法(パスポート to パリクローンコピー方法)でした。DVDFab DVD コピーについてもっと知りたい場合は、dvd クローンを参考にしてください。

Macでパスポート to パリのmp4 動画をdvdに作成る方法

デジカメやスマートフォンなどで撮った動画などをDVDに焼くニーズがあります。ここでmac でmp4 動画をdvdに作成する(mac mp4 dvd 作成)方法を紹介します。パスポート to パリのMP4動画を例にします。

 

DVDFab DVD 作成 for Macは、様々な形式の動画をDVD再生プレーヤーで再生できる標準なDVDに書き込めるmac専用のソフトです。mp4 Blu-ray作成については、ブルーレイ 書き込みを参照してください。パスポート to パリダウンロードはDVDFab 動画ダウンローダーを使ってみてください。

 

DVD作成 for Macを利用してMacでMP4動画をDVDに書き込む(mac mp4 dvd 作成)手順は以下の通りです。

 

ステップ1:DVDFabを実行して「作成」を選択し、左上角の作成モードで「DVD作成」を選択します。

 

 

ステップ2:MP4動画(または他の形式の動画)をDVDFabに読み込み、オーディオや字幕を設定できます。また、下部のフォルダまたはISOをクリックして、出力ファイルの保存場所を決定できます。

 

 

ステップ3:メイン画面のレンチアイコンをクリックすると、名前変更、出力サイズ及びビデオ画質などを設定できます。

また、「詳細設定」の隣にある「メニューを設定」ボタンをクリックすると、背景変更やテキスト追加ができます。

 

 

ステップ4:「開始」ボタンをクリックしてmp4 DVD作成処理を開始します。

 

まとめ

DVDFab DVD 作成 for Macのおかげで様々な形式の動画をDVDに作成する(例えばmp4 dvd 作成)のは本当に簡単です。これについてもっと知りたいなら、mp4 dvd 変換 フリーを参照してください。

パスポート to パリ DVDをM2TSに変換する方法

M2TSとは、HDデジタルビデオカメラの規格であるAVCHDで記録されたハイビジョン動画のファイルに付く拡張子です。m2tsファイルは、AVCHDで採用されている映像圧縮技術「H.264/MPEG-4 AVC」による映像が記録されています。パスポート to パリのDVDディスクをM2TSに変換すれば、Windows Media Player・VLC(Linux・Mac OS・Windows)などの一般プレーヤーで再生できるようになりますので、DVDをM2TSに変換してパソコンに保存しておけば、いつでもパスポート to パリを楽しめます。ここで、パスポート to パリ変換方法/m2ts 変換方法を紹介します。一般動画間で変換する場合は、動画 拡張子 変更を参照してください。

 

DVDFab DVDリッピングはDVDメディアをMP4/FLV/MKV/AVI/WMV/M2TS/TSなどの形式に変換して、パソコンに取り込めるDVDリッピングソフトです。Windows版、Mac版の両方があります。DVDFab DVDリッピングを使って、DVDメディアをスマホやタブレットなどの端末でも再生できるフォーマットに変換できます。コピー防止のためのコピーガードも解除してくれます。

 

動作環境
Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit)
Pentium 500 MHz
メモリー 2GB
20 GBのハードディスク空き容量
DVD-R (W) またはDVD + R (W) ドライブ
インターネット接続環境(アクティベーション / プログラムアップデート等に必須
または
macOS 10.7 - 10.15
Intel®プロセッサー
メモリー 2GB 以上
20GBのハードディスク空き容量
DVD ドライブ
インターネット接続環境(アクティベーション / プログラムアップデート等に必須)

 

では、DVDFab DVD リッピングを使って、好きなパスポート to パリのDVDをパソコンm2ts形式に変換して、取り込む仕方(パスポート to パリ変換方法・m2ts 変換 ソフト)を紹介します。


Step1:DVDFabをダウンロードしてインストールします。デスクトップにある「DVDFab」をクリックして起動します。そして、上のメニューバーで「リッピング」タブをクリックします。
Step2:矢印アイコンをクリックして、「m2ts」を選びます。パスポート to パリのDVDディスクをDVDドライブに挿入します。

 


Step3:読み込みが終わったら、出力品質やチャプター、オーディオトラックなどを指定してください。
Step4:保存先を選択してから、「開始」ボタンをクリックします。

 

 

パスポート to パリのDVDディスクをパソコンに取り込み、m2tsに変換する方法(パスポート to パリ変換方法・m2ts 変換方法)について疑問を持っている方はこの記事を読んですでに問題解決と思いますが、他の素晴らしい機能をチェックしたいなら、dvd リッピング 音声ページを参考になってください。

アンドロイドでYouTubeからパスポート to パリ 動画をダウンロードする方法

Chromeの拡張機能を使用して、YouTube動画をダウンロードできますが、YouTube動画のダウンロードは禁止されている行為なので、Youtubeから動画を保存するChrome拡張機能は公式から配布されていません。またスマホアプリ版のChromeで拡張機能を利用できません。これらの状況に対して、Chrome拡張機能の代わりに、専用の動画 ダウンローダーを利用してYouTube 動画を簡単にダウンロードする方法を紹介します。YouTubeの動画を録画したい場合、YouTube 録画 記事を読んでみましょう。

 

DVDFab 動画ダウンローダーはDVDFabが開発したオンラインビデオのダウンロードソフトウェアであり、1000以上の動画サイトから動画をダウンロード保存できる動画 ダウンローダーです。複数動画のダウンロード、ダウンロード速度の加速、ダウンロードする動画の解像度選択機能も提供されています。またこの動画 ダウンローダーはPC版とスマホ版の2つのバージョンがあります。

 

今スマホでこの動画 ダウンローダーのアンドロイド版を使用して、YouTubeからパスポート to パリ の動画をダウンロードして保存する方法をご紹介します。

 

Step 1: DVDFab 動画ダウンローダーの製品ページから動画 ダウンローダーをダウンロード・インストールしてから実行して、右上隅にある検索アイコンをタップします。

 


Step 2:パスポート to パリ 映画のURLをコピーして、検索バーに貼り付けて、あるいは、YouTubeサイトにアクセスして、パスポート to パリ 映画を見つけて、再生します。

 

 

Step 3:再生画面の右下に表示された ボタンをクリックして、表示された一覧のボタンから「ダウンロード」をタップして、「ビデオ」隣のチェックを入れて、画質を選択します。そして、「ダウンロード」ボタンをタップします。画面の底側にあるナビゲーションメニューの矢印のアイコンをタップして、「ダウンロード中」オプションの中でダウンロードしている動画のステータスを確認できます。

 

 


最後に
この記事ではChrome拡張機能の代わりに、DVDFab 動画ダウンローダーを利用してYouTubeからパスポート to パリ 動画をダウンロードする方法を紹介しました。この動画 ダウンローダーについて最も知りたいなら、youtube コピーガードページにアクセスして、読んでください。

パスポート to パリ 動画から音声のみを抽出する方法

パスポート to パリ 動画から音声のみを抽出して、BGMとして自分で撮影したビデオに追加する場合は、DVDFab 動画変換のような専用の動画 音声 抽出ツールが必要です。DVDFab 動画変換は動画をそのほかの一般的な動画フォーマットや各種のデバイス上で再生可能な動画ファイルに変換したり、動画から音声を抽出したりすることができる動画変換・動画 音声 抽出のソフトです。この記事では、パスポート to パリ 動画から音声のみを抽出する方法をご紹介します。動画をダウンロードする方法はyoutube mp4 変換記事をご覧ください。

 

以下は動画 音声 抽出を行う具体的操作手順です。

ステップ①:DVDFabの最新版をダウンロードして、PCにインストールして、実行します。

 

オプションバーから「変換」を選択して、DVDFabロゴの下にある矢印をクリックして、「フォーマット」>「オーディオ」>「希望の音声フォーマット」の順番で選択します。ここでMP3を選択します。

 


ステップ②:「+」をクリックして、パスポート to パリ 動画を追加します。動画が成功に読み込まれた後、レンチのアイコンをクリックして、出力オーディオのコーデック、サンプルレート、チャンネル、ビットレート、分割、ボリュームの詳細な設定をします。

 

 


ステップ③:画面の下部におけるフォルダのアイコンをクリックして、保存先を設定してから、「開始」ボタンを押します。

 

 

まとめ
以上では、動画 音声 抽出のソフト及び方法を説明しました。DVDFab 動画変換は動画 音声 抽出だけではなく、動画変換、音声変換の機能もあります。このソフトについて、もっと知りたいなら、mkv avi 変換記事をチェックしましょう。