フルディスクモードでエアポート2015 Blu-rayをコピーする方法

フルディスクはDVDFab コピーソフトでDVD / BDをコピーする場合のコピーモードです。フルディスクとクローンの違いについて紛らわしい人が多いです。6つのコピーモード(BDでは5つのコピーモードしか利用できない)は一体どのようなものか、具体的には、 DVD クローンを参照してください。ここで、エアポート2015を例にして、dvdfab フルディスクモードでBDをコピーする方法を紹介します。

 

DVDFab Blu-ray コピーは、BDディスクのコピーガードを解除して指定のBDディスク/ISO/フォルダーにコピーするソフトです。DVDを別の動画形式に変換する場合は、DVDFab11 使い方 記事を参照してください。なお、エアポート2015ダウンロードはDVDFab 動画ダウンローダーを使ってみてください。

 

フルディスクモードとクローンモード両方がBDコンテンツを全てコピーできるモードです。両方の違いは圧縮設定ができるかどうかです。前者は圧縮機能が入って、後者は圧縮できず、ディスク内容をそのまま1:1の比例でコピーします。

 

以下、フルディスクモードでエアポート2015BDをコピーする手順を示します。

ステップ1:DVDFabを起動してメニューから「コピー」に移動します。

 

ステップ2:左上隅のコピーモードを開いて「フルディスク」をクリックします。その後、エアポート2015BDをDVDFabに読み込みます。

 

 

ステップ3:ソースの読み込みが完了したら、メイン画面におけるレンチアイコンをクリックすると、詳細設定画面が表示され、ボリュームラベルおよび出力サイズを設定できます。

 

 

 

ステップ4:下部の出力先でISOまたはフォルダアイコンをクリックしてデータとしてパソコンに保存するか、光学ドライブにブランクディスクを挿して下向きの三角形をクリックしてドロップダウンリストからそれを選択して保存します。その後、「開始」を押すと、コピー処理が始めます。

 

まとめ

フルディスクは基本的にBDディスクの内容を全てコピーするから、あまり設定しなくていいです。もっと知りたいなら、dvdfab isoを参照してください。

Macでエアポート2015のmp4 動画をdvdに作成る方法

デジカメやスマートフォンなどで撮った動画などをDVDに焼くニーズがあります。ここでmac でmp4 動画をdvdに作成する(mac mp4 dvd 作成)方法を紹介します。エアポート2015のMP4動画を例にします。

 

DVDFab DVD 作成 for Macは、様々な形式の動画をDVD再生プレーヤーで再生できる標準なDVDに書き込めるmac専用のソフトです。mp4 Blu-ray作成については、ブルーレイ 書き込みを参照してください。エアポート2015ダウンロードはDVDFab 動画ダウンローダーを使ってみてください。

 

DVD作成 for Macを利用してMacでMP4動画をDVDに書き込む(mac mp4 dvd 作成)手順は以下の通りです。

 

ステップ1:DVDFabを実行して「作成」を選択し、左上角の作成モードで「DVD作成」を選択します。

 

 

ステップ2:MP4動画(または他の形式の動画)をDVDFabに読み込み、オーディオや字幕を設定できます。また、下部のフォルダまたはISOをクリックして、出力ファイルの保存場所を決定できます。

 

 

ステップ3:メイン画面のレンチアイコンをクリックすると、名前変更、出力サイズ及びビデオ画質などを設定できます。

また、「詳細設定」の隣にある「メニューを設定」ボタンをクリックすると、背景変更やテキスト追加ができます。

 

 

ステップ4:「開始」ボタンをクリックしてmp4 DVD作成処理を開始します。

 

まとめ

DVDFab DVD 作成 for Macのおかげで様々な形式の動画をDVDに作成する(例えばmp4 dvd 作成)のは本当に簡単です。これについてもっと知りたいなら、dvd作成 windows10を参照してください。

エアポート2015 DVDから音声ファイルを抽出する方法

多くの人は映画からMP3などの音声ファイルに変換するのを聞いたことがあるかもしれませんが、映画ビデオに含まれているオーディオトラックをそのままで取り出したい場合、どうしたらいいですか?この記事では、エアポート2015 DVDの音声ファイルを再エンコードせずに、元のフォーマットで保存する方法を紹介します。お役に立てれば幸いです。

 

DVDFabはエアポート2015 コピー、エアポート2015 リッピング、エアポート2015 ダウンロード、エアポート2015 再生の全面的な ソリューション を提供しております。今回使用するツールはDVDFab DVDリッピングです。DVDFab DVDリッピングはDVDから動画に変換したり、DVD動画から音声を抽出したりすることができるDVD 動画変換・DVD 音声 抽出のツールです。DVDから動画に変換する際、動画編集機能も提供されています。では、早速以下のWindows 10でエアポート2015 DVD 音声 抽出の操作手順を確認しましょう。macでDVDから動画や音声に変換する方法は、 mac dvd リッピング ページをご覧ください。

 

ステップ1:DVD 音声 抽出のソフトを起動して、トップメニューから「リッピング」を選択して、左下にあるをクリックして、フォーマット → オーディオ → AudioCopy の順番でクリックします。
ステップ2:画面の中央にある指示に従って、エアポート2015 DVDを追加します。
ステップ3:レンチのアイコンをクリックして、詳細設定画面で出力オーディオを分割するかどうかを設定します。分割を選択すれば、DVDFabが映画の音声をチャプターごとに複数のファイルに保存します。そして、下へ移動して、フォルダアイコンをクリックして、保存先を選択してから、開始ボタンを押します。DVD 音声 抽出のプロセスが始まります。

 


最後に
上記でDVDFab DVDリッピングを使用して、エアポート2015 DVDから音声ファイルを抽出する方法をご紹介しました。DVD 音声 抽出やDVDを動画フォーマットに変換する方法について、もっと知りたいなら、dvd リッピング ソフト記事を参考にしてください。

動画ダウンローダーの無料版と有料版の違い

この記事で、DVDFab 動画ダウンローダーを例として、その無料版と有料版の違いを説明します。DVDFab 動画ダウンローダーとYouTube MP3変換がDVDFabダウンローダーをからなり、前者は動画をダウンロードしますが、後者はオンライン動画をMP3ファイルに変換して出力します。この記事で主にDVDFab 動画ダウンローダーについて話します。

 

DVDFab 動画ダウンローダーは無料版と有料版(無料動画ダウンロードソフト/有料動画ダウンロードソフト)に分けます。
機能から言えば、その相違点は主に対応するサイトの数や、サポートするプレイリストの数、ターボスピードでダウンロードできる数、メタデータダウンロード可/不可、及びダウンロードする動画の解像度などの面にあります。

例えば、エアポート2015を例とすると、YouTubeからダウンロードすれば無料ですが、他のサイトからダウンロードすると有料版にアップグレードしなければなりません。


具体的な無料ダウンロードと有料ダウンロードの違いは下記の表で確認しましょう。
 

 

上記の表から分かるように、無料版のDVDFab 動画ダウンローダーはYouTubeしか対応しなく、youtube コンバーターとも呼ばれ、ダウンロードした動画は全てMP4ファイルになります。つまり、youtube 無料ダウンロードのみが可能です。それに対して、有料版では、1000以上のサイトに対応し、ダウンロードした動画はソースと同じなフォーマットになります。

 

次には、YouTubeから無料でエアポート2015をダウンロードする手順(エアポート2015ダウンロード方法)を簡単に紹介します。

ステップ1:無料ダウンロードソフト・DVDFab 動画ダウンローダーを起動して内蔵のYouTubeブラウザを利用して対象動画を探します。また、事前にエアポート2015のURLをコピーして検索欄に貼り付けてもいいです。

 


ステップ2:URLを分析し、完了したら再生しながら画面に表示されるいくつかのボタンから「ダウンロード」を選択します。

ステップ3:ポップアップされる画面 から「動画」及びダウンロードする動画の画質を選択してから、「ダウンロード」をクリックします。
 


ステップ4:左側の「ダウンロード」をクリックして、ダウンロード中の動画のダウンロード進歩を確認できます。ダウンロードが終わったら、左側の「ローカルファイル」セクションで「動画」ファイルにアクセスしてダウンロードした動画を確認できます。

 

 

まとめ
以上はエアポート2015動画を無料/有料でYouTube又は別のサイトからダウンロードする方法(エアポート2015ダウンロード方法)でした。DVDFab 動画ダウンローダーをもっと詳しく知りたい場合は、gyao 動画 ダウンロードを参考にしてください。

エアポート2015のMKV動画ファイルを圧縮するソフトと方法

インターネットから保存したエアポート2015がMKV形式?MKVファイルとは、動画と付随する音声や字幕などを収録することができるファイル形式の一つで、ファイルへのデータの格納方法を定めたコンテナフォーマットの一つです。簡単に言うと、映像、音声、字幕などの情報が全部入っている箱みたいなものです。MKVは高解像度の動画に使われることが多いので、ファイルのサイズが比較的に大きいです。ハードディスクなどの容量を節約したいなら、MKVを圧縮することがおすすめです。MP4動画を圧縮する方法は、mp4 圧縮をご参考にしてください。

 

DVDFab 動画変換は対応する形式が非常に多いプロの動画変換ソフトです。このソフトを使えば、3D動画も含めて、いろいろな動画・音声形式をほかの形式に変換することができます。デバイスに応じて、幅広い出力プロファイルが用意されているので、希望する再生デバイスを選択するだけで、動画から目的のビデオファイルに変換することができます。また、出力の解像度やビットレートなどを指定できるので、MKVなどを圧縮するのもできます。

 

それでは、DVDFab 動画変換を利用して、エアポート2015のMKVファイルをより小さいサイズに圧縮する仕方を説明していきます。


Step1:まず、DVDFabの公式サイトにアクセスして、マウスカーソルを上のメニューの「DVDFab11」に移動して、「動画変換」をクリックします。ソフトをダウンロードすれば、指示通りにインストールします。その後、起動します。
Step2:上のメインメニューの「変換」をクリックして、「フォーマット」→「ビデオ」→「MKV」の順でクリックします。
Step3:「+」の追加ボタンで圧縮したいMKV動画を読み込みます。「詳細設定」をクリックして、解像度、フレームレート、動画品質を変えることで出力動画のサイズをコントロールします。

 

最後に
以上で、DVDFab 動画変換を利用して、エアポート2015のMKVファイルをより小さいサイズに圧縮する仕方を説明しました。詳しい情報はm4a mp3 変換 サイトを参考にしてください。