食べられる男

THE MAN WHO WAS EATEN

3.4 635
上映日:2017年04月28日
上映時間:83分
製作国: 日本
ジャンル:
あらすじ:
地球平和のために作られた条約「地球人被食制度」により、1週間後に宇宙人に食べられることを告げられた工場員の村田よしお。彼の疑問はただ一つ「僕なんて、美味しいのかな?」。その日から、宇宙人に美味しく食べられるためにクリームを塗り、ヘッドギアをつけ、下ごしらえを始める村田。時を同じくして突然できた友達・木下、生き別れた娘に会いに行くとお金の話ばかりする元嫁、そして人懐っこい女の子ゆきちゃん——それまで友達、両親、家族のいない孤独な日々を過ごしていた村田は、様々な出会いを経て、宇宙人に食べられるまでの悲しき1週間をどう過ごすのか?
続きを読む
あらすじ:
地球平和のために作られた条約「地球人被食制度」により、1週間後に宇宙人に食べられることを告げられた工場員の村田よしお。彼の疑問はただ一つ「僕なんて、美味しいのかな?」。その日から、宇宙人に美味しく食べられるためにクリームを塗り、ヘッドギアをつけ、下ごしらえを始める村田。時を同じくして突然できた友達・木下、生き別れた娘に会いに行くとお金の話ばかりする元嫁、そして人懐っこい女の子ゆきちゃん——それまで友達、両親、家族のいない孤独な日々を過ごしていた村田は、様々な出会いを経て、宇宙人に食べられるまでの悲しき1週間をどう過ごすのか?
続きを読む

多彩な映画生活

現代、映画は日常生活に必要不可欠な娯楽の一つです。仕事から帰宅後、好きな映画をゆっくり観て泣いたり笑ったりして、一日中のストレスを解消できます。家族や友達と映画の話題を語り合い、お互いの距離を縮められます。また人生に迷った時、映画には答えを見つけるかもしれません。お気に入りの映画を充分に楽しめるために、この部分には映画をコピー・バックアップ、リッピング、再生、ダウンロード、変換する方法をご紹介致します。ご参考いただければ幸いです。
Macで4K UHD映画食べられる男をコピーする方法

UHDはUltra-High Definitionの略で、超高精細の意味をしています。超高精細のモニターの解像度は3840×2160、標準高精細テレビのアスペクト比16:9を採用しています。一方、4Kは映画圧縮4096×2160の解像度で、多くの映画は1.9:1の比例で撮影するものです。要するに、4Kは映画での利用が多く、UHDはテレビでの利用が多いです。と言っても、両方が一緒に利用される場合が多く、且つ多くの場合でこの2つは交換できます。

 

今は、4K UHD映画が主流になっている時代です。ここでMacで4K UHD 食べられる男を例にして、4K UHD コピー方法を紹介します。また、DVDのコピーガードを解除してコピーする場合は、DVD コピーガード 種類を参照してください。なお、食べられる男ダウンロードはDVDFab 動画ダウンローダーを使ってみてください。

 

処理中、DVDFab UHD コピー for Macを使ったほうがいいです。

DVDFab UHD コピー for MacはmacOSプラットフォーム専用の4K UHD Blu-ray コピーソフトウェアです。

 

以下、DVDFab UHD コピー for MacでUHD 食べられる男をコピーする方法を説明します。

 

ステップ1:DVDFabをダウンロードして起動し、「コピー」タグをクリックします。

 

DVDFabのダウンロード方法は超簡単なmacでのDVDコピー方法のDVDFabインストール部分を参照してください。

 

ステップ2:左上隅のコピーモードから「フルディスク」、「メインムービー」又は「クローン/ランティング」を選択し、ドライブに食べられる男 DVDディスクを入れます。

 

 

ステップ3:「レンチ」アイコンをクリックすると詳細設定ができ、「出力」から正しい出力サイズを選択します。BD66を選ぶならば、BD-100ディスクを挿入するべきのことをご注意ください。

 

 

ステップ4:ドライブに空のBDディスクを入れて、又は下部のISO又はフォルダをクリックして保存先を決めて、それから「開始」をクリックします。

 

 

まとめ

Macで4K UHD BD 食べられる男をコピーする方法は以上です。もっと知りたいなら、dvdfab ブルーレイを参照してください。

おすすめ

    同じ主演の映画作品