KARATE KILL/カラテ・キル

Karate Kill

3.2 369
上映日:2016年09月02日
上映時間:89分
製作国: 日本
ジャンル:
あらすじ:
寡黙でストイックなケンジ(ハヤテ)は、女優を夢見てロサンゼルスに留学した妹マユミ(紗倉まな)が音信不通になったことで不安を募らせ、渡米する。マユミはその頃、テキサス州エルパソ郊外の辺境にある謎の組織「キャピタル・メサイア」に捕らえられていた。そこには、教祖バンデンスキー(カーク・ガイガー)が経営する超高額の会員制違法サイトでインターネット中継される、本物の拷問や強姦、殺人のいけにえが世界中から集められていた。「空手で強くなって、絶対にマユミを守ってやるから」という幼い頃の誓いを胸に、ケンジは殺人空手を炸裂させる。
続きを読む
あらすじ:
寡黙でストイックなケンジ(ハヤテ)は、女優を夢見てロサンゼルスに留学した妹マユミ(紗倉まな)が音信不通になったことで不安を募らせ、渡米する。マユミはその頃、テキサス州エルパソ郊外の辺境にある謎の組織「キャピタル・メサイア」に捕らえられていた。そこには、教祖バンデンスキー(カーク・ガイガー)が経営する超高額の会員制違法サイトでインターネット中継される、本物の拷問や強姦、殺人のいけにえが世界中から集められていた。「空手で強くなって、絶対にマユミを守ってやるから」という幼い頃の誓いを胸に、ケンジは殺人空手を炸裂させる。
続きを読む

多彩な映画生活

現代、映画は日常生活に必要不可欠な娯楽の一つです。仕事から帰宅後、好きな映画をゆっくり観て泣いたり笑ったりして、一日中のストレスを解消できます。家族や友達と映画の話題を語り合い、お互いの距離を縮められます。また人生に迷った時、映画には答えを見つけるかもしれません。お気に入りの映画を充分に楽しめるために、この部分には映画をコピー・バックアップ、リッピング、再生、ダウンロード、変換する方法をご紹介致します。ご参考いただければ幸いです。
KARATE KILL/カラテ・キル Blu-ray映画をコピーしてメニューを作成する方法

大人気のKARATE KILL/カラテ・キル Blu-ray映画を鑑賞する時に何か単調で物足りない感じがしませんか?この場合、綺麗で個性的なメニューを入れてみてはいかがでしょう?Blu-rayメニュー画面を作成して映画の冒頭に差し込むと、より個性を生かし、視聴しやすくなります。 Blu-ray コピーの際、自分特製のBlu-rayメニューを作成したい、作成方法を知らず、困っている方がいれば、ぜひこの記事をご覧になってください。KARATE KILL/カラテ・キル DVDをコピーしたい場合、レンタル dvd コピー 記事を読んでみましょう。

 

DVDFab Blu-ray コピーは、手元にある大事なブルーレイ映画から暗号化を解除し、空白のBlu-rayディスク / Blu-rayフォルダ / ISOファイルにコピーしてバックアップすることができます。当製品はフルディスク、メインムービー、分割、結合などを含む6つのコピーモードを用意して、Blu-ray コピー・Blu-ray 書き込みに対する様々なのニーズを満たしています。

 

次はDVDFab Blu-ray コピーを利用して、Blu-ray コピーを行う操作手順をご紹介します。

 

ステップ①:DVDFabを起動して、左側のナビゲーションバーから「 コピー」-->「カスタマイズ」モードを選択して、Blu-rayドライブにKARATE KILL/カラテ・キルのBlu-rayディスクを入れてください。

ステップ②:「レンチ」アイコンをクリックして、「詳細設定」画面に移動します。一番上の「メニューモード」から「オリジナル」、「メニューなし」、「カスタム」を選択できます。メニューを作成するなら「カスタムメニュー」ボタンをクリックしてください。

 

Blu-ray メニュー 作成


※次に表示される「メニュー設定」画面では、ローカルファイルからお気に入りの画像を背景またはウィジェットとして使用したり、音楽・テキストを追加することができます。すべてを終わらせたら、「プレビュー」をクリックして、作成したメニューの全体的な効果を確認してみましょう。

 


ステップ③:メイン画面に戻り、保存先として、光学ドライブの名称を選択するか、またはブルーレイISO / フォルダとして出力することができます。最後に「開始」ボタンをクリックして、Blu-ray コピーのプロセスを開始します。

 

最後に
以上の方法を利用すれば、KARATE KILL/カラテ・キル をコピーして、素敵なBlu-rayメニューを作成することができます。Blu-ray コピーについて、もっと知りたい方は、dvdfab blu-ray コピーを参考してみましょう!