ライトニング・ストライク DVDをコピーして、字幕と音声を設定する方法

各地域の人々は映画の内容を分かるように、映画には複数の字幕と音声ファイルが用意されていることがあります。映画を指定の字幕と音声を再生するには、映画をコピーする時、希望な字幕と音声を設定したほうが良いと思います。以下で映画ライトニング・ストライク のDVDバックアップを作成して、字幕と音声を設定する方法を説明致します。

 

まず、ライトニング・ストライク のDVDバックアップを作成する時、使用するツール-DVDFab DVDコピーをご紹介致します。DVDFab DVDコピーは市販のDVD映画も自作のDVDもコピーできる多機能のDVDコピー・DVDバックアップのツールです。DVDをコピーする時、DVDに付いているコピーガードを自動的に解除して、保護なしのDVDファイル/ディスクを作成できます。

 

では、このDVDバックアップ ソフトを使用して、ライトニング・ストライク DVDをバックアップする方法を見てみましょう。

 

ステップ 1:DVDFabを立ち上げ、コピー機能を選択して、左下の矢印をクリックして、コピーモードを選択します。ここで、「メインムービー」を選択します。

ステップ 2:ライトニング・ストライクのDVDディスクをドライブに挿入して、映画ライトニング・ストライクはイメージファイルまたはフォルダであれば、「+」をクリックして、映画を追加します。

 

DVDFabが映画を読み込んだ後、「字幕」と「オーディオ」のドロップダウンメニューから希望の字幕と音声を選択します。日本語の音声を選択したいなら、Japaneseの前にチェックを入れます。字幕オプションで字幕なし、希望の字幕の言語または強制字幕を選択できます。強制字幕を選択しら、コピーした映画を再生する際、字幕をオフすることができないことに注意してください。出力映画の字幕と音声を設定した後、レンチのアイコンをクリックして、詳細設定の出力オプションで出力DVDファイルのサイズをDVD5またはDVD9に設定します。

 

 

ステップ 3:画面の下の部分へ移動して、保存先の右のドロップダウンメニューからドライブを選択して、出力映画がディスクに保存されます。ISO・フォルダアイコンをクリックして出力ディレクトリを選択して、出力映画はパソコンのHDDに保存されます。保存先を設定してから、「開始」ボタンをクリックします。DVDバックアップのプロセスが始まります。

 

最後に
上記でライトニング・ストライクをバックアップして、希望の字幕と音声を設定する方法を紹介しました。DVDバックアップについて、より多くの情報はwin7 dvdコピーを参考にしてください。

ライトニング・ストライク 4K動画からUHD BDを作成する方法

4K映画または4K画質のビデオカメラで撮った動画を4K UHD Blu-rayに焼いてから、ディスクとして保存しようと思いなら、どうすればいいですか?この記事では、 UHD BD ソフト おすすめ、4K解像度の映画ライトニング・ストライクからUHD BDを作成する方法をご紹介します。4K動画とUHDの違いについては、uhd 記事をチェックしましょう。

 

DVDFab UHD作成は4K MKVビデオのHDR10/ドルビービジョンの品質を維持して、高品質の4K Ultra HD Blu-rayを作成出来き、BD25/ BD50 2160p ISO、フォルダ、ディスクとBD100 2160p ISO、フォルダの複数の出力フォーマットを提供している UHD BD ソフトです。4Kビデオのサイズが大きいなので、通常、変換速度が遅いですが、DVDFab UHD作成は 4Kハードウェア加速技術を利用して、変換速度を高めることができます。

 

以下はこの UHD BD ソフトトを使用して、4K MKV動画形式の映画ライトニング・ストライクからUHD Blu-rayを作成する方法です。

ステップ1:DVDFab 11の64ビット版をダウンロードして、PCにインストールしてから、実行します。
ステップ2:トップメニューから「作成」機能を選択して、作成モード選択の矢印アイコンをクリックして、「UHD作成」を選択します。そして4K MKVビデオをメインインターフェースにドラッグドロップします。

 


ステップ3:レンチのアイコンをクリックして、出力UHDファイルのサイズを設定します。画面の下へ移動して、保存先のドロップダウンリストからドライブを選択して、ライトニング・ストライク 4K MKV映画 が空のBDディスクに焼きこまれます。ISOまたはフォルダアイコンをクリックして、出力パスを選択したら、ライトニング・ストライク 4K MKV映画がUHD ISOまたはフォルダとしてPCのHDDに保存されます。保存先を設定した後、「開始」ボタンを押します。

 


ご注意:DVDFab UHD作成は4K動画からBD100 2160pへの書き込みとメニュー作成をサポートしません。


最後に
上記はライトニング・ストライク 4K MKVの映画からUHD Blu-rayを作成する方法を紹介しました。動画からDVDを作成するはmts 変換 dvdを参考にしてください。

ライトニング・ストライク DVDをWMAファイルに変換する方法

WMA (Windows Media Audio)はMicrosoft会社によって開発され、MP3と同じように有名な音声フォーマットです。圧縮率と音質の点でMP3を上回っていて、多くのオンライン音楽視聴サイトに使わていれいます。ビットレートが低い場合は、WMAファイルは同一ファイルのMP3ファイルより体積が小さいが音質は劣りません。この長所があるからこそ、DVDディスクをWMAファイルに変換したい場合(wma 変換場合)もあると思います。ここで、ライトニング・ストライクを例として、具体的なやり方(ライトニング・ストライク DVD WMA変換方法)を紹介します。DVDのコピーガードを解除してコピーする場合は、cprm decrypterを参照してください。

 

まず、wma変換用のソフト・DVDFab DVD リッピングについて少し説明します。最新の保護も含むたくさんのDVDディスクのコピーガードを解除して無制限に目的動画/音声形式に変換できます。一般の主流フォーマット以外、出力フォーマットはiPhoneなどいろいろな端末にも対応しています。

 

次の部分では、ライトニング・ストライク DVDをWMAファイルに変換する操作手順(ライトニング・ストライク DVD WMA変換方法)を説明します。

 

ステップ1:DVDFabプログラムを起動し、「リッピング」モジュールに移動します。
ステップ2:ライトニング・ストライク DVDディスクをDVDFabに導入され、左上のプロファイルライブラリから「フォーマット」→「オーディオ」→「WMA」の順でクリックします。

 

 

ステップ3:変換したチャプターやタイトルなどを設定して、下部の保存先枠の右のフォルダをクリックして、出力動画の保存先を設定できます。

 

 

ステップ4:「開始」をクリックして変換プロセスを進みます。

 

 

まとめ
これでライトニング・ストライク DVDディスクをWMAファイルに変換する(ライトニング・ストライク DVD WMA変換)ステップが完了です。DVDFab DVD リッピングをもっと知りたい場合は、dvd リッピング windows10 無料を参考にしてください。

macでYouTube動画ライトニング・ストライクをダウンロードする方法

最新の映画の予告やMVなどがリリースされる前に常にYouTubeで無料で視聴できます。その時、その予告やMVをダウンロードするなら一番です。ここで、ライトニング・ストライクの予告編や主題歌などを例にして、macでそのYouTube動画のダウンロード方法を紹介します。windows版ならyoutube瞬速ダウンロードを参照してください。

 

DVDFab 動画ダウンローダー for Macは1000以上のサイトから動画をダウンロードすることができます。YouTubeで無料ダウンロードは可能です。ライトニング・ストライクダウンロードは断然にDVDFab 動画ダウンローダーを使います。

 

以下、DVDFab 動画ダウンローダーfor Macを使ってMacでライトニング・ストライクをダウンロードする方法を説明します。

 

ステップ1:DVDFabをダウンロードして起動し、「ユーティリティ」タグを選択し、そして有料版の下で「動画ダウンローダー」をクリックします。

 

 

ステップ2:URLを貼り付けるように求められる画面が表示され、そこに事前にコピーしたURLをペーストします。

 

 

ステップ3:そしてソフトが自動的にURLを分析して、分析が終わったら自動的にダウンロードします。URLに複数の動画を含む場合、ダウンロードしたいものを選択します。

 

 

ステップ4:ダウンロードが終わったら、「終了」セクションで確認でき、また「変換にロード」/「作成にロード」ボタンを利用すれば、別の動画形式に変換またはディスクに作成できます。

 

 

まとめ

DVDFab 動画ダウンローダーfor Macを使ってMacでYouTube動画ダウンロードをするのは簡単でしょう。もっと知りたいなら、youtube 映画 無料を参照してください。

ライトニング・ストライク 動画をWMVファイルに変換する方法

WMVは、Microsoftが開発したビデオ圧縮形式で、ビデオをWindowsに保存するために使用される一般的な形式です。手元のライトニング・ストライク 動画をWindows Media Playerで再生できない場合、ライトニング・ストライク 動画をWMVファイルに変換することをお薦めします。この記事で動画からWMV動画に変換する方法及び動画 アスペクト比 変更の方法を紹介します。Windows Media Playerの代わりソフトを知りたいなら、windows media player 再生できない 記事をチェックしましょう。

 

DVDFab 動画 変換は動画をWMV、MP4、AVI、MKVなどの動画フォーマット、デバイス用の動画形式及びMP3、Flac、AACなどの音声フォーマットに変換することができます。また変換する際、動画のトリミング、動画の回転、動画 アスペクト比 変更、外部字幕や水透しの追加などのお役に立つ編集機能も備えています。

 

以下はライトニング・ストライク 動画をWMVファイルに変換して、動画のアスペクト比を変更する方法です。

 

ステップ1:DVDFabを起動して、「変換」タグをクリックして、下にあるアイコンの左から1番目のもの(矢印)をクリックして、フォーマット>ビデオ>一般>WMVの順番で選択します。

ステップ2:「+」をクリックして、ライトニング・ストライク 動画を追加します。

 


ステップ3:動画のアスペクト比は視聴視聴者の体験に影響を及ぼします。それで、動画 アスペクト比 変更をする方法も紹介します。DVDFabの画面にあるブラシのアイコンをクリックして、動画編集画面を開きます。画面の中央にある左から2番目のボタンをクリックして、「アスペクト比をクロップ」オプションで希望のアスペクト比を選択できます。カスタマイズを選択したら、「エッジまでの距離」オプションで画面のアスペクト比を自由に調整できます。

 


ステップ4:動画のアスペクト比を変更した後、メイン画面に戻り、フォルダのアイコンをクリックして、保存先を設定してから、「開始」ボタンを押します。

 

まとめる
上記でライトニング・ストライク 動画をWMVファイルに変換する方法及び動画のアスペクト比を変更する方法を紹介しました。DVDFab 動画 変換のほかの機能を知りたいなら、ps3 mkv 再生を参考にしてください。