大仏⁺ DVDディスクをPCのHDDに取り込む方法

映画を制限なし、自由にに見るために、映画をPCに取り込むことをおすすめします。以下ではDVDFabのDVDコピー機能を使用して、映画ディスクを簡単かつ高速でコピーする方法をご紹介します。大仏⁺ DVDをレンタルしようと思う方、あるいは手元に大仏⁺ DVDのディスクを持っている方はこの記事をご参考にしてください。

DVDFab DVDコピーは数多くのDVDコピーガードに対応できる、DVDFabの大人気のDVDコピーソフトです。DVDFab DVDコピーでDVD映画の全編、主編または複数のタイトルをコピーして、PCのHDDに保存することができます。DVD映画をコピーして、直接空白なメディアに書き込み、DVDバックアップディスクを作成することもできます。

機能:
☆   DVDをISO/フォルダ/空のディスクにコピーできます。
☆   フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、結合、分割、クローン/書き込みの6つのコピーモードを選択できます。
☆   映画全体または一部分のみをコピーできます。
   出力動画のチャプター、字幕、音声、サイズ、ボリュームラベルを設定できます。
☆   iso、フォルダ、ディスクの3種類の出力フォーマットを選択できます。

対応OS:Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit) macOS 10.7 - 10.15
価格:無期限版 4898円(割引後)   詳しく:https://ja.dvdfab.cn/dvd-copy.htm

 

以下はこのDVDコピーソフトを使用して大仏⁺ DVDをPCのHDDに取り込む操作手順です。

 

ステップ ①:DVDコピーソフトを起動して、メニューバーから「コピー」機能を選択して、DVDFabロゴの下にある矢のアイコンをクリックして、コピーモードを選択します。ここで、フルディスクを例として説明します。

ステップ ②:大仏⁺ DVDディスクをドライブに入れて、大仏⁺はムービーファイルであれば、「+」追加ボタンをクリックして、ファイルを追加します。

ステップ ③:レンチのアイコンをクリックして、出力オプションでDVD5/DVD9 サイズを選択します。

ステップ ④: 保存先のところへISOアイコンまたはフォルダのアイコンをクリックして、保存先を選択してから、「開始」ボタンをクリックします。

 

 

まとめる
以上はDVDコピーソフトを使用して、大仏⁺ DVD映画をフルディスクモードでISOファイルに保存する方法です、簡単でしょう、速くDVDFabの体験版をダウンロードしてから、やってみましょう。DVDコピーソフトとDVDコピーに関する詳細情報はdvd 書き込みをご参考にしてください。

 

必要なもの:インターネットに接続しているPC、内蔵または外付けドライブ、DVDFab DVDコピー製品

dvd オーサリングソフトで大仏⁺動画をDVDに書き込む方法

dvdオーサリングソフトで検索すれば、フリーなdvd オーサリングさえも見つけられます。機能性や安全性、便利さなど色々な面を考えると、やはり有料なdvd オーサリングがおすすめです。この記事で、大仏⁺動画をDVDに書き込める(大仏⁺作成方法)dvd オーサリングソフト・DVDFab DVD作成を紹介します。

 

DVDFab DVD 作成は、カメラ映像であろうとも、ネットで流通している動画であろうとも、あらゆる汎用ビデオをDVDディスク・ISO・フォルダーファイルに書き込むことができるdvd オーサリングソフトです。また、Blu-rayオーサリングソフトを探している場合は、ブルーレイ 書き込みソフトを参照してください。なお、大仏⁺ダウンロードはDVDFab 動画ダウンローダーを使ってみてください。

 

以下、DVDFab DVD 作成を通して大仏⁺動画をDVDに焼く手順(大仏⁺作成手順)です。

 

ステップ1:DVDFabをダウンロードして起動し、「作成」をクリックしてから、左上の作成モードから「DVD 作成」を選択します。

 

 

ステップ2:大仏⁺動画をDVDFabに読み込み、メイン画面で、オーディオ、字幕などの設定は可能です。また、レンチと隣のペンアイコンをクリックしてそれぞれ詳細設定とメニュー設定は可能です。

 

 

詳細設定パネルで、出力動画のタイトルは変更可能、出力はDVD5/DVD9を選択でき、ビデオ画質も設定できます。

 

 

「メニューを設定」パネルで、画像アイコンをクリックすると、右側の背景テンプレートから好きなものを選択でき、「T」をクリックすると、書きたい文字を入力でき、字のカラー、大きさ、フォントなども調整できます。

 

 

ステップ3:下部のフォルダまたはISOアイコンをクリックして出力動画をパソコンに保存します。ディスクに保存する場合は、出力先のところでダウンリストから保存するディスクを入れる光学ドライブを選択します。

出力先が決まったら、「開始」をクリックしてDVD書き込み処理を開始します。

 

 

まとめ

以上、dvd オーサリングであるDVDFab DVD 作成を使って大仏⁺動画をdvdに焼く方法(大仏⁺作成方法)です。もっと知りたいなら、

dvd書き込みソフト 日本語を参照してください。

大仏⁺ DVDからSRTファイルに字幕を抽出する方法

DVD 映画に付いている字幕が画像のようなデーター形式です。映画の字幕をテキスト形式で保存したい場合、DVD 字幕 抽出のツールを使用する必要があります。この記事では、大仏⁺ DVDからSRTファイルに字幕を抽出する方法をご紹介します。動画から字幕を抽出する方法は、mkv 字幕 抽出 記事をご参考にしてください。

 

まず、SRTファイルについて説明します。SRTファイル(SubRip字幕ファイルとも呼ばれます)は、テキストの開始タイムコードと終了タイムコード(字幕がオーディオと一致することを確認するため)および字幕の連番などの字幕に関する重要な情報を含むプレーンテキストファイルです。SRTファイルは、ビデオまたはオーディオと一緒に使用する単なるテキストファイルであり、字幕を付けるビデオまたはオーディオも含まれないことに注意してください。

 

DVDFab DVDリッピングはDVDから動画/音声フォーマットに変換する機能だけではなく、DVD字幕をテキスト形式に変換する機能もあります。以下はこのソフトを使用して、DVD 字幕 抽出をする具体的な操作手順です。

 

ステップ❶: DVDFabを起動して、「リッピング」機能を選択して、左下のプロファイル選択の矢印をクリックして、フォーマット>字幕>SRTの順番でクリックします。ちなみに、DVDを動画に変換する場合、フォーマット>ビデオ>出力動画のプロファイルの順番で選択します。

 

 

ステップ❷:大仏⁺ DVDをドライブに入れて、大仏⁺はisoまたはフォルダであるなら、「+」によって大仏⁺ DVDファイルをDVDFabに追加します。

ステップ❸:チャプター、オーディオと抽出した字幕の言語を設定して、次に保存先のところへ「フォルダ」のアイコンをクリックして出力ファイルの保存場所を設定してから、「開始」ボタンをクリックします。DVD 字幕 抽出のプロセスが始まります。

 

 

ステップ❹:DVD 字幕 抽出が完了すると、字幕の検証画面が出ます。字幕の画像を参考して、字幕を1つずつクリックして、手動で検証するか、右上隅にある赤のみにチェックを入れて字幕を検証します。表示された字幕は問題がないなら、「完全な検証」を選択します。

字幕を検証した後、設定した保存先へ作成した字幕ファイルを確認できます。

 

 

 

最後に
以上はSRTファイルと大仏⁺ DVDからを字幕をSRTファイルに抽出する方法を紹介しました。DVDFabの無料体験版をダウンロードしてインストールしてから、DVD 字幕 抽出を試してみましょう。DVDリッピングに関して、より多くの情報はdvd windows10 リッピングを参考にしてください。

macでYouTube動画大仏⁺をダウンロードする方法

最新の映画の予告やMVなどがリリースされる前に常にYouTubeで無料で視聴できます。その時、その予告やMVをダウンロードするなら一番です。ここで、大仏⁺の予告編や主題歌などを例にして、macでそのYouTube動画のダウンロード方法を紹介します。windows版ならyoutube瞬速ダウンロードを参照してください。

 

DVDFab 動画ダウンローダー for Macは1000以上のサイトから動画をダウンロードすることができます。YouTubeで無料ダウンロードは可能です。大仏⁺ダウンロードは断然にDVDFab 動画ダウンローダーを使います。

 

以下、DVDFab 動画ダウンローダーfor Macを使ってMacで大仏⁺をダウンロードする方法を説明します。

 

ステップ1:DVDFabをダウンロードして起動し、「ユーティリティ」タグを選択し、そして有料版の下で「動画ダウンローダー」をクリックします。

 

 

ステップ2:URLを貼り付けるように求められる画面が表示され、そこに事前にコピーしたURLをペーストします。

 

 

ステップ3:そしてソフトが自動的にURLを分析して、分析が終わったら自動的にダウンロードします。URLに複数の動画を含む場合、ダウンロードしたいものを選択します。

 

 

ステップ4:ダウンロードが終わったら、「終了」セクションで確認でき、また「変換にロード」/「作成にロード」ボタンを利用すれば、別の動画形式に変換またはディスクに作成できます。

 

 

まとめ

DVDFab 動画ダウンローダーfor Macを使ってMacでYouTube動画ダウンロードをするのは簡単でしょう。もっと知りたいなら、漫画 ダウンロード を参照してください。

大仏⁺のVOBビデオをmp4ファイルに変換する方法

VOB(Video Object)は、DVDビデオメディアで使用される形式であり、デジタルビデオ、デジタルオーディオ、字幕、DVDメニュー、ナビゲーションなどの様々なコンテンツを一つのストリーム形式に用いられます。MP4は言うまでもなく、よく使われる動画形式です。VOBファイルを再生できない場合は、常にMP4のような人気フォーマットに変換(vob mp4 変換)する必要があります。ここで、DVDFab 動画変換によって大仏⁺のVOBビデオをmp4ファイルに変換する方法(大仏⁺変換方法/vob mp4 変換フリーソフト)を紹介します。一般動画をDVDに書き込む場合は、フリーDVD作成ソフトを参照してください。

 

DVDFab 動画変換は、数多くの入出力に対応します。変換中、動画のトリミング、クロップイング、BGM/画像/テキスト追加などいろいろな編集機能が使えます。

 

次に、大仏⁺のビデオをVOB からMP4ファイルに変換する操作手順(大仏⁺変換・vob mp4 変換手順)を説明します。

 

ステップ1:DVDFabプログラムを起動し、「変換」モジュールに移動します。
ステップ2:大仏⁺のVOBビデオをDVDFabに導入し、左上のプロファイルライブラリから「フォーマット」→「ビデオ」→「MP4」の順で進みます。

 

 

ステップ3:「詳細設定」と「動画編集」をそれぞれクリックして、それぞれポップアップされる画面で設定と編集を行います。下部の保存先で出力動画の保存場所を決めます。

 


ステップ4:すべての設定がOKでしたら、「開始」をクリックして変換プロセスを進みます。

 

まとめ
以上、DVDFab 動画変換を利用して大仏⁺映画のVOBビデオをMP4ファイルに変換する方法(大仏⁺変換方法)でした。DVDFab 動画変換を詳しく知りたい場合は、動画編集ソフト 無料を参考にしてください。