4KとUHDの違い、4K UHDソフトウェアを一括まとめ

2019-03-29 00:21:19     投稿者 chenjinjin

4944

要約: 最近4KとUHDという言葉をよく耳にしますが、実は4KとUHD の違いを知っていない方が多くいます。この記事では、4KとUHD の違いを説明して、またDVDFabで4K Ultra HD Blu-rayをコピー·リッピング·作成などのソフトウェアを紹介しております。

目次


Part 1: 4KとUHD の違い

Part 2: フルHD( 2K)動画から4K動画への変換

Part 3: 4K Ultra HD Blu-ray・4K動画の再生

Part 4: 4K Ultra HD Blu-rayのコピー/リッピング/変換/作成

Part 5: UHD Cinavia 除去

Part 6: UHDドライブツール

Part 7: まとめ

 

現代4K やUHD 動画が流行しています。実際に、720pが480pに取って代わったことや1080p が720pに取って代わったのと同様に、UHDテレビとコンピュータモニターの値段が下げると、4KやUHDはきっと1080pの代わりに普及されるはずです。4KとUHDはハイテクのウェブサイト、テレビのプロデューサー、シネフィルによく混用されますが、これらの2つの言葉は技術的に同じことを意味するわけではありません。今度は、この2つの技術用語の深い違いを簡単な方法で解説します。その上、Ultra HD Blu-rayをコピーしてバックアップする方法も紹介するので、普段Ultra HD Blu-ray映画を鑑賞する人にこの記事をお薦めします。

 

Part 1: 4KとUHD の違い

厳密には、この2つの言葉の出所が違います。4Kは、プロの制作および映像規格(DCI規格)に由来し、UHDはコンシューマディスプレイおよび放送規格に由来します。4Kが登場したまで、画素数1920×1080に対応した2Kがプロダクションおよびデジタルプロジェクションに使われます。4Kは2Kよりも画素が4倍高密度で、横×縦の画素数が4,096×2,160になり、水平方向に約4,000ピクセルがあるため、「4K」という名前が付けられました。このCinema 4K解像度は、1.9:1のアスペクト比になり、映画の画面を完璧に映っています。

UHDはUltra High Definitionの略称です。高さ1,080ピクセル、幅1,920ピクセルのフルHDディスプレイに由来します。UHDは1080p より画素が4倍高密度で、横×縦の画素数が3,840 ×2,160です。UHDは上記の4K規格ではありませんが、UHDテレビやモニターのプロデューサーはそれらの製品を4Kディスプレイとして宣伝します。UHDと4Kの画素数は大きな違いがないため、「UHD」を記述するために「4K」を使用することも合理的です。それに対して、4K Ultra HD Blu-rayはUHDの標準のHDTVアスペクト比16:9を使用します。

上記の分析から、4KとUHDの違いがあまり重要ではないので、多くの場合、2つの言葉が混同されて使用されて、または一緒に使用されます。それに対して、4K/UHD とFull HD (1080p)は大きな違いがあります。映像は画素数(ピクセル)で構成されるので、画素数を増やすと、よりシャープで色鮮やかな映像が閲覧できるようになります。4KとUHDは1080pの4倍の画素数が持って、Full HDビデオよりもよりキレイな映像を実現します。UHDテレビ/モニターでUHDソースを再生すると、自宅のソファーに座っても劇場のような効果を楽しむことができます。

 

Part 2: フルHD( 2K)動画から4K動画への変換

DVDFabが変換モジュールで17種類の4Kプロフアイルを提供しています。それらのプロフアイルを使用して、ユーザーはDVD、Blu-rayやビデオを4K動画にリッピング·変換することができます。また、2K動画と同様に、出力4K動画の音声、字幕、チャプターの設定、ビデオのカット、編集、透かし入れなどを行うことができます。

4K動画への変換手順について、ここで例として、AVI動画をMP4.4K.10bitに変換する方法を説明します。


ステップ1:AVI動画を追加します。

「+」ボタンをクリックして、AVI動画を追加するか、ファイルを直接にメインインターフェースにファイル/フォルダをドラッグします。


ステップ2:MP4.4K.10bitプロフアイルを選択します。

メインインターフェースの左上隅におけるプロファイルライブラリのアイコン→をクリックして、フォーマット> ビデオをクリックして、一般の下のフィルターを選択して、4Kオプションにチェックを入れます。ウィンドウの右側のスクロールバーを下にドラッグして、MP4.4K.10bitプロフアイルを選択します。


ステップ3:出力ビデオを編集します。

メイン画面:DVDFabのメイン画面でタイトルを変更したり、チャプター、オーディオと字幕を設定したり、ビデオをプレビューしたりすることができます。


詳細設定:レンチのアイコンをクリックして、詳細設定が開きます。

この画面でビデオのコーデック、フレームレート、エンコード方式、オーディオのコーデック、サンプルレート、ビットレート及び字幕の出力モードなどを設定できます。


動画編集:画具のアイコンをクリックすると、動画編集画面が開きます。DVDFabの内蔵の動画編集機能を使用して、ビデオのトリム、テキストまたは画像の透かしの追加、BGMの追加、動画の反転、出力画面の明るさ、彩度などのいろいろな動画編集をできます。

 

ステップ3:出力ディレクトリを選択して、タスクを開始します。

「フォルダ」ボタンをクリックして、ディレクトリを選択して、開始ボタンをクリックします。

 

Part 3: 4K Ultra HD Blu-ray4K動画の再生

 

1.DVDFab プレーヤー5を使用して、4K動画を再生します。

DVDFab プレーヤー5は究極の再生ソフトとして、ほぼ全ての動画フォーマット、DVDやBlu-ray ディスク/フォルダ、ISO イメージファイル、HEVC (H.265)、4K Ultra HD Blu-ray及び4K動画を再生できます。

4K Ultra HD Blu-rayを再生するとき、DVDFab プレーヤー5は4K Ultra HD Blu-ray のHDR10品質を維持して、ナビゲーションメニューによって再生できます。4K Ultra HD Blu-ray にDolby Atmos、Dolby TrueHD、DTS-HD マスターおよびDTSが含まれた場合は、DVDFab プレーヤー5は高品質の音声を出力できます。DVDFab プレーヤー5はwindows版とMac版があります。

 

windows版で4K UHDを再生する条件:

4K UHDビデオを再生するには、H.265(HEVC)およびUHD(4K)ハードウェアデコードが可能なGPUが必要です。以下はサポートされているGPUの一部です:

NVidiaGeForce GTX 750 SE、GTX 950、GTX 960とその以上を含むMaxwell GM206シリーズ、すべてのPascalシリーズ

インテル:第5世代Intel Coreプロセッサー(HDグラフィックス5500、HDグラフィックス6000、Irisグラフィックス6100とその以上)

AMDGCN第4世代PolarisディスクリートGPU RX 480 / RX 470 / RX 460とその以上

 

2.DVDFab ムービーサーバーを使用して、4K動画を再生します。

DVDFab ムービーサーバーはDVD/Blu-ray/4K Ultra HD Blu-ray ISOファイル/フォルダ、4K動画及び他のすべてのデジタルビデオの管理と再生ができます。

また、DVDFab ムービーサーバーはネイティブメニューナビゲーション、オールフォーマットのオーディオをサポートして、ライブラリーに収めた映画をポスター壁で表示できます。更に、携帯電話、タブレットにはSMB機能があれば、ムービーサーバーのライブラリーにアクセスして、映画を再生できます。

 

Part 4: 4K Ultra HD Blu-rayのコピー/リッピング/変換/作成

4K Ultra HD Blu-rayは普通のブルーレイよりサイズが大きいです。しかも通常市販の4K Ultra HD Blu-rayにはコピーガードをかかっています。4K Ultra HD Blu-ray映画を処理するには、非常に強力な技術力が必要です。市場で4K Ultra HD Blu-rayに対応するソフトウェアはまだ少ないです。DVDFab の開発者は多年の経験の重ねて、ついに4K Ultra HD Blu-rayに対してのコピー/リッピング/変換/作成の完全なソリューションを考え出しました。

 

DVDFab UHDコピー

4K Ultra HD Blu-rayは素晴らしい画質を提供していますが、DVD / Blu-rayディスクと同様に、4K Ultra HD Blu-rayは貴重で壊れやすいプラスチックディスクです。あなたは4K Ultra HD Blu-ray映画を持っていますが、その映画をDVDFabのUHD製品でコピー/リッピングして、バックアップすることをおすすめします。

DVDFab UHDコピーは最高の4K UHDコピーソフトウェアとして、保護されていない4K Ultra HD映画をコピーおよび圧縮して、空のBD-50/25ディスクに焼いて、または2160pのフォルダ/ISOファイルとして出力して、HDDに保存することができます。Ultra HD Blu-rayのビデオは圧縮されるにかかわらず、HDR10とDolby Visionの高画質を維持して、広いの明るさの幅と鮮やかな色を表現できます。

4K Ultra HD Blu-ray ディスクは70GBのデータを含めて、サイズが非常に大きいです。このような大規模のデータをコピーするには、随分時間がかかります。最新のハードウェアアクセラレーション技術のおかげで、DVDFab UHDコピーはコピー時間を平均20時間から約1時間以下に短縮できるようになりました。

DVDFab UHD コピーの使い方は簡単です。下記の操作手順をご覧ください。

ステップ1: DVDFabの64ビット版をダウンロードしてコンピュータにインストールします。DVDFabを起動して、「コピー」機能を選択して、UHDディスクをドライブに入れます。

 

ステップ2: メインムービー、フルディスクモードとクローン/書き込みモードから1つのコピーモードを選択します。

 

ステップ3: 4K Ultra HD Blu-rayディスクをドライブに入れて、レンチアイコンをクリックして出力サイズを選択します。

 

1. BD-100:

BD-100を選択したら、4K UHD Blu-rayコンテンツ全体がBD-100 2160p品質のISOファイルまたはフォルダにコピーされます。DVDFabは4K UHD Blu-rayから空のBD100ディスクの書き込みをサポートしません。

2. BD-66:

BD-100を選択したら、4K UHD Blu-rayコンテンツ全体が2160pの品質でBD66フォルダ/ ISOファイルに圧縮コピーされます。この出力モードでBD-100を66GBデータ以下のBD66 ISOに圧縮するため、出力ビデオの品質が少し劣化します。

出力をBD66として選択した場合は、DVDFab4K UHD Blu-rayをBD-100ディスクに書き込むことができます。

3. BD-50:

BD-100を選択したら、UHD Blu-rayディスク全体が2160pの品質でBD50ディスク/フォルダ/ ISOファイルに圧縮コピーされます。

4. BD-25:

4K UHD Blu-rayコンテンツ全体を2160pの品質でBD-25ディスク/フォルダ/ ISOファイルにコピーして圧縮します。ここではサイズがオリジナルのディスクの4倍に縮小されているので、品質の違いに気付くかもしれません。

 

ステップ4: 出力ディレクトリを選択し、「開始」ボタンをクリックしてコピー処理を開始します。

 

DVDFab UHD リッピング

DVDFab UHD リッピングは最初の4K Ultra HD Blu-rayリッパーソフトウェアプログラムとして、4K Ultra HDムービーをMKVパススルー、M2TSパススルー、MKV.4K.H265.10ビット、M2TS.4K.H265.10ビット、MP4.SDR またはMKV.SDRに変換して、リッピングすることができます。

MKVパススルーとM2TSパススルーは無損失のフォーマットです。この2つのフォーマットを選択したら、UHD Blu-rayムービーの元の画質を維持したままで、変換されます。

Ultra HD Blu-rayはM2TSおよびMKVフォーマットにリッピングされますが、HDR10フォーマットは引き続き保持されます。 しかし、それはドルビービジョンと同じではありません。

お使いのコンピュータに4K HEVC 10ビットのデコードとエンコードができるビデオカードが搭載されている場合、DVDFab UHDリッピングーは処理時間を平均20時間から約1時間以下に短縮できます。

以下はDVDFab UHD リッピングで4K Ultra HD Blu-rayをリッピングする方法です。

ステップ1: DVDFabの64ビット版をダウンロードしてコンピュータにインストールします。

ステップ2: DVDFabを起動して、「リッピング」機能を選択して、4K Ultra HD Blu-rayソースをロードします。

 

ステップ3: プロファイルライブラリへ移動して、MKVパススルー、M2TSパススルー、MKV.4K.H265.10ビット、M2TS.4K.H265.10ビット、MP4.SDR またはMKV.SDRからビデオフォーマットを1つ選択します。

 

ステップ4: ビデオをカスタマイズします。タイトル、チャプター、オーディオトラック、および字幕を設定することができます。また、設定をカスタマイズしてビデオを編集することもできます。

 

ステップ5: 出力ディレクトリを選択し、「開始」ボタンをクリックしてリッピング処理を開始します。

 

DVDFab UHD 作成

DVDFab UHD 作成を使って、任意のビデオからUHD ISOにリッピングするか、または物理的なディスク(BD50またはBD25)を作成ことができます。このソフトウェアの特徴はほとんどのフォーマットをサポートすることです。

Dolby Vision、HDR10が含まれているビデオを使用している場合は、元のビデオ品質を維持したままでUHDファイルを出力します。

UHD 作成の操作手順:ビデオから独自の4K Ultra HD Blu-rayを作成する方法

DVDFab UHD製品の詳細情報はDVDFab 11 UHD コピー、UHD リッピングとUHD 作成のレビューをご参考ください。

 

Part 5: UHD Cinavia 除去

DVDFab UHD Cinavia除去は4K Ultra HD Blu-rayディスクの音声トラックに埋め込まれているCinavia透かしを完全かつ永久に削除できます。出力ファイルはCinavia検出器が付いた4K UHDプレーヤーで問題なく再生できるようになります。

DVDFab UHD Cinavia除去はUHD コピー(メインムービーモードとフルディスクモード)やUHDリッピング製品と一緒に使用する必要があります。コピーモジュールでCinaviaウォーターマークが削除された後、ロスレスDTS-HD音声を出力します。リッピングモジュールでは、Cinaviaウォーターマークが削除された後、AC3またはAACのような高品質なトラックを出力します。

現在サポートされているUHDディスクのリストをへご覧ください。

 

Part 6: UHDドライブツール

DVDFabのUHD製品は多くのUHDドライブに対応します。

ただし、対応のUHDドライブを使用してますが、ドライブのファームウェアを最新のバージョンにアップグレードした場合は、DVDFabがそのドライブをサポートできなくなる可能性があります。

この問題を解決するために、DVDVDFab UHD ドライブツールがリリースされました。

 

DVDFabUHD製品でサポートされているドライブ及びァームウェアのバージョン:

UHD 公式ドライブ:

LG WH16NS60 (内蔵、ファームウェア:1.00)

Buffalo BRUHD-PU3(外付け, USB,ファームウェア:BU10)

LG BU40N(内蔵スリム/ラップトップ,ファームウェア:FR07, TST0, BU10, CA03, A100

LG BU50N(内蔵スリム/ラップトップ,ファームウェア:GE02

LG BP60NB10(外付け、USB、ファームウェア:GH01

 

UHDによく対応するドライブ:

LG BE16NU50(外付け, USB,ファームウェア:1.01) (推薦)

LG WH16NS40(内蔵、SVCコード:NS50

LG BH16NS40(内蔵、SVCコード:NS50

ASUS BW-12B1ST(内蔵、2015年以降製造)

ASUS BC-12D2HT(内蔵、2015年以降製造,ファームウェア:3.00

ASUS BW-16D1HT a(内蔵、2015年以降製造,ファームウェア:3.01

LG BH16NS55(内蔵、ファームウェア:1.00~1.02

LG WH16NS58(内蔵,ファームウェア:TST5) 

ASUS BW-16D1H-U A201(外付け、USB、2015年以降製造,ファームウェア:A201

LG BU30N(内蔵スリム/ラップトップ,ファームウェア:0217, 0245

 

DVDVDFab UHD ドライブツールでサポートドライブリスト:

UHDフレンドリードライブ:

LG WH14NS40 (内蔵,SVCコード: NS50) もう検証された

LG WH16NS40 (内蔵, SVCコード: NS50) もう検証された

LG BH16NS40 (内蔵, SVCコード: NS50) もう検証された

LG UH12NS40 (内蔵) もう検証された

LG BH16NS55 (内蔵) もう検証された

LG BH14NS58 (内蔵) もう検証された

LG BH16NS58 (内蔵) もう検証された

LG WH16NS58 (内蔵) もう検証された

LG BE16NU50 (内蔵, USB接続) もう検証された

ASUS BC-12B1ST a/b (内蔵, 2015年以降製造) a機種が検証された

ASUS BC-12D2HT (内蔵, 2015年以降製造) もう検証された

ASUS BW-16D1HT a/b (内蔵, 2015年以降製造) もう検証された

ASUS BW-16D1H-U (外付け, USB接続, 2015年以降製造)

 

UHD公式ドライブ:

LG WH16NS60 (内蔵,お薦め) もう検証された

ご注意:将来にもっと多くのドライブに対応する場合、常に更新します。

 

まとめ

上記で4KとUHDの違いを説明して、またDVDFab UHDシリーズの製品をご紹介しました。ご参考いただければ幸いです。今はDVD、Blu-rayがよく使われますが、将来4K映画と動画も普及するだろう。

 

関連記事:

UHDHDの違い

4K Ultra HD Blu-rayMKVに変換する方法

4K映画をBlu-ray / 4K Ultra HD Blu-rayに焼く方法

普通のBlu-rayプレーヤーで4K Ultra HD Blu-rayを再生する方法

他のツールが必要であるかもしれない

DVDFab Blu-ray Copy

Blu-rayを空のBlu-rayディスクに書き込み、またはフォルダ/ ISOファイルを作成します。

DVDFab Blu-ray Ripper

Blu-rayを様々な動画/音声フォーマットにリッピングします。

DVDFab Player 5 Ultra

4K Ultra HD Blu-rayをメニュー付きで再生できます。

  • ディスカウント

    20%の割引を全製品に提供致します。
    チェックアウトページにクーポンコードを入力して下さい。 クーポンコード:

    APMN-FAB-OFF

    有効期限:
    2019年 04月 21日

  • DVDFab オールインワン
    ライフタイムギフト(無期限版)

    4000円のAmazonギフト券無料でゲット!

  • Passkey for DVD & ブルーレイ

    ほぼ全てのDVD&ブルーレイ
    保護を解除できる

    価格: ¥7935 すぐ購入
  • DVD コピー + DVD リッピング

    ほぼ全てのDVDをコピー/焼き込む
    /クローン/リッピングできる最高の
    DVDコンボ

    価格: ¥9764 すぐ購入