あなたが4Kテレビを持っていますが、最高の4K品質を楽しめる意味ではありません。これは、4KビデオにはSDRとHDRという2種類の画質があるためです。SDRとHDRの類似点は、両方とも4000行の解像度を持つことです。水平解像度が同じですが、画質が異なります。本記事では、SDRとHDRの違いを徹底的に解説して、またHDRからHDR/4K HDRに変換する方法を説明します。早速ですが、一緒に見てみましょう。

HDRとSDRの違い

HDRとSDRを比較する前に、まず、SDRとHDRの意味や主な特徴をご紹介致します。

HDRとは?

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDRより10倍ほどの明るさの階調を持つので、より立体的でリアルな映像を表示できます。

撮影した画像は、目に見えるものよりも暗くまたは明るくなります。画像が露出過度になると、明るい部分の適切なカラー情報が失われます。同様に、画像が露光不足になると、暗い部分のトゥルーカラー情報は失われます。このような画像にHDRを適用すると、画像内の光量が計算され、失われたカラー情報が復元されます。従って私達は高められた細かい部分、そして深さの現実的なイメージを得られます。

一般的なHDR規格は、HDR 10(2015年に導入され広く使用されている)、2017年に導入されたHDR10 +、Dolby Vision(12ビット色深度をサポート)および放送HDRとしても知られるHLG(ハイブリッドログガンマ)があります。

HDRとSDRの違い

SDRとは?

SDRは、スタンダード・ダイナミック・レンジの略で、 4K以外のHDTVや映画館によく使わているビデオ標準です。優れた画質を表示するハイエンドSDRテレビセットがいくつかありますが、HDRが提供する輝度とコントラスト比に匹敵するものはありません。これは、SDRとHDRに関連する最大の違いの1つです。ハイエンドSDRは、ローエンドHDRに近く、画像の解像度に目立った違いはありません。

Tips:ダイナミックレンジとは、最も暗い部分(最小輝度)から最も明るい部分(最大輝度)への再現可能な幅を指します。明るさの最大値を超えると、明るさの階調がなくなって、映像が真っ白になります。この場合は、「白飛び」と言います。それに対して、暗い部分が暗すぎると、 明暗の差が失って、真っ黒に表示される「黒潰れ」という現象が起こります。

HDRからSDRに変換する方法

HDR技術は、テレビ製品、Netflix動画ストリーミングサービスや4K Ultra HD Blu-ray映画、4K放送などの様々な分野に導入されています。しかし、すべての再生機器(テレビ)がHDRテクノロジーに「適している」とは限りません。 完璧なHDRを実現するには、2つの条件が必要です。1つは、高コントラスト、もう1つは優れた色表現です。もし、手元の再生プレーヤーやテレビは、HDR10が含まれている4K Ultra HD Blu-ray映画に対応しないなら、HDRをSDRに変換することをお勧めします。

DVDFab UHD リッピングは、HDRの自然な色、明るさ、シャープネスなどを維持して、4K Ultra HD Blu-rayから
4K HEVC 10-bitのMKV / M2TS動画またはSDR品質のMKV / MP4動画にリッピングすることができます。4K Ultra HD Blu-rayを無劣化でビデオに変換する場合は、MKVパススルーまたはM2TSパススルーをご利用ください。

 

対応OS:Windows 10/8.1/8/7 (64 bit) macOS 10.7 - 10.15

 i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード  

 
 

4K Ultra HD Blu-rayコンテンツの巨大サイズを考えると、リッピングと変換プロセスが完了するまでに何十時間も待つことがあります。その問題に対して、このプログラムは、4Kハードウェアアクセラレーション機能が付属して、リッピングと変換プロセスに貴重な時間を節約することを保証します。それを行うためには、NVIDIAのGeForce GTX 1050シリーズ以降またはIntelのKabyLakeプロセッサシリーズ以降がお使いのコンピューターに装備されている必要があります。

Tips:UHDをコピーまたはリッピングする前に、UHDドライブがサポートされているかどうかを確認する必要があります。もし、UHDドライブのファームウェアのバージョンはサポートされていない場合、不適切なファームウェアをダウングレードする必要があります。この目的を達成するには、DVDFab UHDドライブツールが便利です。

以下は、DVDFab UHD リッピングを使用して、HDRが含まれる4K Ultra HD Blu-rayをSDR品質の動画に変換する方法です。

ステップ 1. DVDFabの最新バージョンをダウンロードしてお使いのパソコンにインストールします。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ご注意:DVDFab UHD リッピングは、64ビットバージョンのDVDFabでのみ使用できます。 (32bit版は非対応)

ステップ 2:DVDFabを実行して、トップメニューから「リッピング」を選択して、メインインターフェイスの指示に従って4K Ultra HDBlu-rayソースを追加します。

ステップ 3:4K Ultra HD Blu-rayソースが成功に読み込まれた後、「他のタイトルを選択」の右にあるオプションをクリックして、「他のプロファイルを選択」>「フォーマット」>「ビデオ」の順番でクリックします。次に、「SDR」をチェックして、MKV.SDRまたはMP4.SDRを出力フォーマットとして選択します。

ステップ 4:次に、タイトル名を変更したり、、必要なタイトル、チャプター、オーディオトラック、字幕を選択したりすることができます。 「レンチ」アイコンをクリックして「詳細設定」パネルを開き、出力ビデオ、オーディオと字幕の設定をカスタマイズできます。詳細設定の右にあるアイコンをクリックして、組み込みのエディターを使用してビデオを編集したりすることもできます。

ステップ 5:画面下部のフォルダアイコンをクリックして、出力動画の保存先を指定します。出力設定が完了後、「開始」ボタンをクリックすると、変換が始まります。

変換が完了するまで、お待ちください。変換した動画ファイルは、DVDFab プレーヤー6で無料で再生することができます。

まとめ

HDRとSDRの違いが分かりましたか?HDR技術は、今各映像分野に注目されていますが、HDRに対応している再生機器の値段が高いです。普通の再生プレーヤーでHDR効果の高画質の映像を楽しみたいなら、DVDFab UHD リッピングを使用して、無劣化でHDRからSDRへの変換を試してみましょう。