【2020年】4k動画再生に必要なPCスペック、プレーヤー及びカクカクする問題の対処法

2020-02-18 22:31:07     投稿者 houxinzhe

1650

要約: 4K動画はテレビやプレーヤーなどのような家電メーカーによく見られます。4Kを知らなくてもこれは動画解像度が高いという認識があるはずです。また、全てのデバイス(例えば、テレビ、スマホ、PC、メディアプレーヤーなど)が4K動画に対応するわけではありません。この記事で、4K動画や、4K動画再生に必要となるスペック、4K動画再生可能なプレーヤー、4k動画再生時のカクカクする問題の対処法などを説明します。

オールインクルーシブマルチメディアプライバックソリューション

DVDFab プレーヤー 6は、WindowsおよびmacOSプラットフォームの両方で使われ、オーディオ、ビデオ、DVD、Blu-ray、および4K Ultra HD Blu-rayに関する世界で最も完全な再生ソリューションを提供します。

2019年最も人気の映画の一つである「天気の子」は、新海誠監督が『君の名は。』から3年を経って作ったもう一つの新作です。その美しい動画画面に驚くても無理では利ありません。それは4K動画ですから、非常に素晴らしい作品です。以下、この人気映画に利用される4K動画についていろいろ説明します。
 

 

目次


4Kとは?
4K動画再生/編集スペック
4K動画再生ソフト・DVDFab プレーヤー 6
4k動画がスムーズに再生できない理由&4k動画がカクカクする対処法

 

4Kとは?


4Kは、画面の解像度を言います。解像度とは、画像を表現する格子の細かさのことです。画素数によって映像の鮮明さが変わってきます。
画素数が少なければ少ないほど画像が荒くなってしまい、動画もぼやけてしまいます。
逆に、画素が細ければ細かいほど本物をよりはっきり表現でき、リアリティも高い映です。
4Kの画素数には、縦2160画素・横3840画素、計829 4400個もの画素が集まっています。
それについて概念がないなら、1080pの画素数と比較しましょう。
2160p(4K ): 3840 x 2160
1080p:1920 x 1080
 

 

これで4K動画がなぜ綺麗だか分かるでしょう。

4K動画は非常に高画質の解像度であるため、PCやスマホで再生する時、対応するPCスペックやスマホスペックが必要となります。

 

4K動画再生/編集スペック


現在、4K動画の再生には少なくともi3以上のCPU、2G以上のグラフィックカード、および8Gメモリが必要です。

ちなみに、4k動画編集なら、ハードディスク、CPU、およびメモリに対するリクエストが高いですが、グラフィックカードについてはそれほど厳しくありません。

 

ハードディスクI / O速度、メモリ速度、マザーボードI / O速度、マザーボードインターフェイス、およびCPUスレッドの数などの面で注意する必要があります。

 

その中、ハードディスクの速度、メモリのサイズと速度、CPUスレッドが重要です。

 

1.ハードディスクの速度が400M / S以上に達する必要があります。 
2.メモリは2つの16Gを使用して、デュアルチャネルの大容量メモリを形成します。

3、CPUスレッドの数は16スレッド以上であり、同時に4Kプレビュー効果を高速化するために約4.3Ghzのターボ周波数です。 
4.最後に、マザーボードも非常に重要であり、高い周波数を持ち、デュアルチャンネルメモリをサポートし、インターフェイス速度が速い優れたマザーボードがおすすめです。
 

 

お勧めの4K動画再生用のハードウェアスペック:
1.メモリ:32Gおよび64Gメモリがおすすめです。
2.ハードディスク:1Tソリッドステートで足りると思います。
3.グラフィックカード:GTX 1660Tiレベルで十分です。
4. CPU:12MB以上のL3キャッシュでいい、例えば、12MB以上の8700kや16MBの2700Xなど、同時に、CPUは16スレッドと32スレッドを選択したほうがいいです。 
5.マザーボード:デュアルチャネルメモリをサポートするものを選択したほうがいい。
6.モニター:4kテレビ又はプロの4Kモニターを選択します。また、グラフィックカードはモニターに接続されているため、グラフィックカードのインターフェイスがHDMI 2.0またはDP 1.4以上である必要があります。

 

4K動画再生ソフト・DVDFab プレーヤー 6-スムーズに4K動画を再生

 

DVDFab プレーヤー 6は4K Ultra HD Blu-rayムービーのメニュー / HDR10を完全サポートすることを特徴とします。


◆4K動画再生に必要なプレーヤー 6の強力の機能
―HDR10再生モードによって、最高の視聴体験を獲得できます。
―Dolby Atmos / Dolby TrueHD / DTS-HDマスター / DTS:Xなど、ハイエンド オーディオフォーマットに対応し、最大 7.1chまで出力対応しています。高解像度オーディオ対応のサウンドシステムをお持ちの場合は最高です。
―3D Blu-ray / ISOファイル / フォルダを問わず、SBS(サイドバイサイド) / トップ&ボトムの再生に対応し、H.264、H.265 (HEVC)、WMVなど様々なコーデックをサポートします。
―全3Dコンテツを3Dで再生可能です。
 


◆他の機能

ポスターウォールによるローカルメディアライブラリの整理と管理機能
操作方法:右上の「設定」から「ライブラリー」に移動し、次に「新しいディレクトリを追加」をクリックすると、映画フォルダを開くと中の映画がポスターウォールの形で自動的にプレーヤー 6に追加されます。

 

注意:ポスターの情報が間違っている場合は、そのポスターの右下隅にある「…」をクリックして、「フィクスマッチ」を選択して正確な名称を入力してください。
 

 


DVD / Blu-ray / 4K Ultra HD Blu-ray のナビゲーション機能
ディスク再生を自在に行うための非常に重要な要素です。

 

DVD&Blu-rayディスクをISOファイルとしてローカルメディアライブラリーにインポートする機能
新しく購入したDVDとブルーレイディスクをプレーヤー 6に読み込むと、ディスクインポート機能によって、あっという間にISOファイルとしてローカルメディアライブラリーに保存されます。

 

PC / TV 再生モード
小画面/大画面スクリーンに対応するように、PC / TV 再生モードでそれぞれの再生環境において最高の視聴体験を提供します。

―調整可能なサムネイルですぐ視聴したい部分へ
右下の目アイコンをクリックすると、サムネイルのサイズ及び数量を調整できます。(今のところこの機能は動画フォーマットしかサポートしません。間もなくDVD/ブルーレイに対応予定です)

 

お好みにプレイリストが作成可能
再生画面において、一番右下隅の再生リストアイコンをクリックすると、再生動画を追加/削除することができ、再生順番も(一度/順番/シャッフル/一つを繰り返す/すべてを繰り返すなど)自由に設定できます。
 

 

次に、4K動画「天気の子」のdemoを例として、プレーヤー 6の使い方を簡単に説明します。

1. プレーヤー 6をダウンロード&起動
DVDFab プレーヤー 6をダウンロードして起動後、必要に応じてようこそ画面から「パソコンモード」または「テレビモード」を選択します。
 


2. プレーヤー 6を設定、4K動画「天気の子」を読み込み
プレーヤー 6の右上隅にある三角形をクリックして、このプレーヤーを日本語化します。
パソコンモードを選択した場合、ここで3つの方法がムービーを再生:①メディアファイル → +アイコンをクリックし、該当するファイルを指定;②ムービーディスク → 光学ドライブにディスクを挿入;③メディアライブラリーを作ってムービーを再生と管理します。
ここで①の方法で4K動画「天気の子」を読み込みます。
 
テレビモードを選択した場合、次の2つの方法でムービーを再生:①ムービーディスク → 光学ドライブにディスクを挿入;②コンピュータのHDDからメディアファイルを選択して再生します。

 

 

注意:
ビデオを再生する時、右クリックすると、アスペクト比調節、ビデオ画面の回転、再生スピードなどを調節、全画面表示、常にトップに置く、及びトップメニューとポップメニューなど様々な機能を体験できます。
 

 

4k動画がスムーズに再生できない理由&4k動画がカクカクする対処法

 

 

ビデオでプレーヤー6の使い方をしめします。

4K動画を再生する時、動画カクカクしてスムーズに再生できないのは、恐らく、以下原因です。
●4k動画再生に必要なpc スペックが不足
●通信の速度制限がかかっている

 

PC又はスマホで4k動画がカクカクする対処法


―4k動画再生対応のプレーヤーを選択する
ちゃんとした4K動画再生対応のソフトを選択します、例えば、上記のDVDFab プレーヤー 6


―キャッシュを消去する
古いデータを残したまま新しいデータを入れる場合は、うまく行かない場合がありますので、定期的にキャッ所をクリアするほうがいいです。


―性能の高いものに買い替える
4K動画やは高画質で有名です。パソコンやスマホのスペックが不足している場合4K動画をスムーズに再生できないから、性能が高いものを使うほうがいいと思います。


―ネットの再接続
Wi-Fi通信が不安定な場合は、動画再生に影響を及ぼしますので、ネットを再接続してWi-Fi環境をチェックしましょう。


―パソコンやスマホを再起動する
これは最も基本的な対処法です。簡単ですが、効く場合が多いです。まずプレーヤーを再起動して、ダメな場合はパソコンやスマホの再起動を試します。

 

以上、4k動画や、4k動画 再生ソフト、4k動画再生に必要となるPCスペック、4k動画再生の時にカクカクする問題の対処法などいろいろ紹介しました。DVDFab プレーヤー 6は世界最高 4K UHDメディアプレーヤーと思われますから、是非体験してください。
 

1. 4K UHD ドライブのファームウェアをダウングレードして、バックアップのできるものにする
2. AsusおよびLGの4K UHDドライブのほとんどがサポートされている
3. ダウングレードされたドライブは、UHDバックアップソフトウェアと連携できる
4. 誰もが操作しやすい便利ソフトウェア

他のツールが必要であるかもしれない
DVDFab Video Converter

様々な動画をある形式から別の形式に変換し、変換中、動画編集も行える最強なソフトです。

DVDFab Blu-ray Copy

Blu-rayをブランクBD-50(片面二層) / 25(片面一層)にバックアップ / ISOファイル / フォルダにコピーできます。

DVDFab Blu-ray Creator

ムービーファイルから家庭用のプレーヤーで再生できるBlu-rayムービーを作るディスクオーサリングソフトです。