ブルーレイレコーダーはテレビ番組を録画することに役立てることです。今、動画サイトのようなテレビ番組を視聴できるツールが多数ありますけど、ブルーレイレコーダーを選択する方はやはりいるでしょう。しかし、高い価格で、機種の性能がわからないので、どう選べればいいのか迷っている方は少なくないのです。本稿では買ってはいけないブルーレイレコーダーをご紹介いたします。

ブルーレイレコーダー必要がある?

ブルーレイレコーダーとはブルーレイ技術を使ってディスクのデータを読み込む、あるいはテレビ番組を録画したり、再生したりすることができるAI機器のことです。ハイビジョン画質で、大きな容量のデータを保存できることから、よく注目されています。

テレビの置き場がない時、スマホ、iPadなどでテレビ番組を見たい時、ブルーレイレコーダーがあればいいですよ。チューナーが内蔵されているブルーレイレコーダーを家のテレビアンテナコンセントにつないで、テレビ番組のデータ信号を映像、音声に変換させて、LANケーブルでWi-Fiルーターに渡します。そのような仕組みでスマホ、iPadなどでテレビが見られます。

買ってはいけないブルーレイレコーダーまとめ

真っ先にはブルーレイレコーダーメーカーにおいて東芝をご注意ください。ドライブはフナイ製で故障が多いとよく評価されています。特にいくつかの機種は古いので、今から見ればコスパが悪いです。

D-BZ500

購入参考:https://kakaku.com/item/K0000135182/

買ってはいけないブルーレイレコーダー

 

東芝のD-BZ500を買ってはいけません。一見すると、容量は320GBで、地上/BS/110度CSデジタルチューナを2系統装備し、MPEG-4 AVC/H.264変換やW録も対応でき、DVD-R/RWへの「AVCREC」やVR記録にも対応しています。一方で、本体内部の電解コンデンサに不具合品が混入したことが原因として、本体に「WAIT」などの表示が出たまま正常起動しない症状が発生する場合があります。古い機種で、撤退しましょう。

DBR-M3009

購入参考:https://kakaku.com/item/K0001332918/

買ってはいけないブルーレイレコーダー

東芝のDBR-M3009もおすすめしない機種になります。確かに搭載されている全録機能の“タイムシフトマシン”には実用性があるので、消費者を引きつけていきます。しかも、実勢価格が約6万5000円前後と、なんだかいい感じがしますよね。ですけど、最大な問題点は4Kチューナーを内蔵していないことです。

チューナー数不足になると、同時に録画できる番組の数が少ないです。4kチューナーが内蔵されないなら、4k放送番組の録画が不可能になります。総じて言えば、チューナーを考えましょう。

DVR-BZ350

購入参考:https://kakaku.com/item/K0000246606/spec/

買ってはいけないブルーレイレコーダー

買ってはいけないブルーレイレコーダーは三菱のDVR-BZ350です。リモコンで電源を入れたら、「ERR-P」の文字が表示される、あるいはWAITのまま高速で点滅し起動しない場合があります。検索すると、一週間後もう一回入れたら、全然問題なくできているとコメントがあります。コンデンサは時間で劣化する部品なので、面倒なので3つセットで変えちゃいますと答える人がいます。素人なので、専門知識がまだ足りなくて、その原因は実証できません。従って、おすすめしないのです。

AQUOSブルーレイ「2B-C05DW1」

購入参考:https://kakaku.com/item/K0001332918/

買ってはいけないブルーレイレコーダー

それはシャープのAQUOSブルーレイ「2B-C05DW1」です。以前同様に優れた性能が搭載されていますが、おすすめしない理由として重要な立場に立っている容量と価格のことです。具体的に言うと、2B-C10DW1/2は容量1TBで4万5000円程度なのに対して、2B-C05DW1は容量500GBで4万2000円程度となっています。そう見ると、この機種がお得なものではありません。

BDレコーダーの選び方と基準

HDD容量(ハードディスク)

HDD容量は録画時間に影響しています。また、録画時間は、画像の圧縮度合によっても異なります。高画質で短時間の間に録画するために、大きな容量が必要となります。高画質で残したい、家族みんなで使いたいなら2TB以上で、レコーダーに写真や動画、音楽を保存したいだと3TB以上のほうがいいですよ。

容量

 

録画時間の目安

 

500GB

 

約60時間

 

1TB

 

約120時間

 

2TB

 

約240時間

 

3TB

 

約360時間

 

チューナー数(同時録画機能)

同時録画機能がチューナー数に影響されています。チューナー数が多いほど、同時に録画できる番組の数も増えることになっています。4kチューナーを内蔵しているなら、4k放送番組の録画が可能です。また、録画予約のし忘れする時、選択した放送局のチャンネルを24時間自動で録画する「全自動録画」機能も備えられています。

スマホ連動機能

簡単に理解できるでしょう。無線LANを内蔵していると、スマホなどと連動できます。こうして、時間や場所に制限されなく、ご自由に録画した番組を視聴しましょう。

SeeQVault対応

「SeeQVault(シーキューボルト)」は、録画したテレビ番組を別の機器でも見られる機能で、異なるメーカーのブルーレイレコーダーに、録画した番組を移動することができるという意味です。以前のようにハードディスクに録画した番組はその機種でしか再生できなかったことを変えます。

さらに、「SeeQVault」に対応した外付けHDDは、初期化せずにそのまま使用可能。お気に入りの番組や映画を消さずに、買い替えたブルーレイレコーダーでもそのまま使用できるので便利です。

DVDFab ブルーレイレコーダーコピー

間違いなくそれは何かと疑問符が打たれるでしょうか。データ保存または利用のためにブルーレイレコーダーにあるデータをディスクにリッピングすることで、BDAVディスクと呼ばれます。主にフルディスク、メインムービー、クローンといった3つのモードが分けられます。その後、カスタマイズ、分割などを勝手に設定することができます。

ダウンロードサイト:

https://ja.dvdfab.cn/blu-ray-recorder-copy.htm

無料体験はこちら↓

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

動作環境

  • Windows 11/10/8.1/8/7 macOS 10.10 - 12.2
  • メモリー2GB以上
  • 空きストレージ容量 100GB 以上
  • Blu-rayドライブ

使い方

  • 1. まずはダウンロードしてコンピューターにインストールした後、ダブルクリックして起動して、操作画面に飛ばされます。

買ってはいけないブルーレイレコーダー

  • 2.「コピー」ボタンをクリックしてから、モードを選択し、録画されたデータをBDAVに書き込みます。

買ってはいけないブルーレイレコーダー

  • 3.画面の下にあるボックスで出力先を選択し、最後に「開始」ボタンをクリックしてバックアッププロセスを開始します。

買ってはいけないブルーレイレコーダー

まとめ

BDレコーダーはニッチで、それほど人気があると感じません。ところが、きれいな画質で好きなだけにテレビ番組を見たい方にとってお得です。BDレコーダーを知っている方は少ないそうです。本稿を通して、ブルーレイレコーダーに関することを伝えれば嬉しいなあと思います。ぜひご参考をしてください。