1.    市販されているブルーレイディスク向け規格のBDMV

1.1   BDMVを再生するには

ブルーレイディスクプレイヤーで再生できるメディアの一つに、BDMVという規格がありますが、レンタルビデオ店等で市販されているブルーレイディスクが、該当します。市販されているブルーレイディスクソフトの規格としては、BD-VIDEOもしくはBDビデオと一般的に呼ばれ点が、大きな特徴です。BDMV規格のブルーレイディスクは、市販されている全てのブルーレイディスクプレイヤーに対応しているため、購入したその日から動画を手軽に鑑賞できます。

BDMV

BDMV規格のブルーレイディスクをパソコンで再生する場合、AACS等のプロテクト解除機能を備えた、専用のソフトをインストールする必要があります。AACSは、ブルーレイディスクに収録されている動画を簡単にコピーできないようにするプロテクトの一種ですが、解除しないと再生できない仕組みとなっています。また、AACSには復号に必要な暗号鍵を採用している関係で、バージョンナンバーが変更されていく点も特徴です。従って、ブルーレイディスクのAACSのバージョンが変化した場合、ブルーレイディスクメディアを再生できるよう、プレイヤーソフト自体を更新していく必要があります。

1.2 BDMVの特徴

ブルーレイディスクプレイヤーにディスクを入れて再生すると、画面上に再生したいビデオを選べるメニュー画面が表示されます。BDMV規格対応のブルーレイディスクの場合、ディスク独自のメニュー画面を作成できるため、ひと目で見たい番組が選べるようにできる点が最大の特徴です。その一方で、BDMV規格のブルーレイディスクは、必要な映像を全て収録した後で、書き込みを禁止する形式となっているため、追加で映像を追記できない点が、デメリットとなります。

1.3 BDMVのコーデックについて

BDMV規格のブルーレイディスクに収録できるコーデックは決まっており、映像と音声でそれぞれ種類が異なります。映像関係で扱えるコーデックは、MPEG-2とMPEG-4AVC及び、VC-1がベースとなっており、16:9のHDまたは4:3のSDという解像度に対応しています。HDは最大で、横が1920、縦が1080までの画面解像度が、SDは横が720、縦が480のNTSCまでの画面解像度が、それぞれ適応されます。1秒あたりのフレーム数に関しては、29.97または25fpsという2種類に限定されている点が特徴です。

BDMV

BDMV規格のブルーレイディスクに使われている音声系コーデックについては、リニアPCMやAC3という種類が一般的に用いられています。加えて、DTSデジタルサラウンドやドルビーデジタルプラスといった音声フォーマットにも対応しているため、DVDや音楽CDにはない、臨場感あふれるサウンドを体験できます。

2.    専用のレコーダーで録画できるBDAV

2.1 BDAVの再生

一方、ブルーレイディスクの規格には、市販されているブルーレイディスクレコーダーでの録画に対応したBDAVという規格もあります。家電量販店で販売されているBD-RやBD-REディスクが該当し、専用のレコーダー及び、書き込みに対応したブルーレイディスクドライブ搭載のパソコン等で、利用可能です。ただし、ブルーレイディスクプレイヤーの中には、BDMV規格のみに対応し、BDAV規格に対応していない機器もあるため、再生する際には注意する必要があります。

2.2 BDAVの特徴

BDAV規格のブルーレイディスクの主な特徴としては、テレビやビデオといった外部の映像を、オリジナルに近い状態で保存できる点です。また、映像や音声といったメディアをまとめて収録するコンテナに、BDMV規格と同様の「MPEG-2 TS」を採用している関係で、一部のテレビ番組で用いられているデータ放送も収録可能となります。デジタルテレビやデジタルビデオといったデジタル系コンテンツだけでなく、アナログ入力の映像も収録できる点が、BDAV規格の最大の特徴です。

ブルーレイディスクレコーダーで録画する場合、画質優先にするか、容量優先にするかといった録画時の設定が可能となっています。画質優先の設定にすると、収録できる時間は制限されるものの、オリジナル相当の画質を維持した状態で収録可能です。一方、容量優先の設定にした場合、画質を犠牲にして、収録できる時間を増やせるといったメリットがあります。また、複数の音声チャンネルに対応しており、映像再生時に日本語と英語を切り替えられるといった点が、BDMV規格との違いと言えます。

2.3 BDAVのコーデック

BDAV規格のブルーレイディスクは、BDMV規格とは異なる映像系および音声系のコーデックが利用できます。映像系コーデックの場合、BDMV規格で使えるVC-1が使えず、MPEG-2及びMPEG-4AVCに限定される点が、大きな特徴です。一方、音声系コーデックでは、BDMV規格で使えたドルビーデジタルプラスが使えない代わりに、BDMV規格では利用できない、AACが利用できるメリットがあります。映像収録時に使えるコーデックの範囲を広げたい場合は、BDAV規格のブルーレイディスクが適しています。

 3.    BDMVとBDAVの相違点

BDMV

容量が残っている限り、映像を何回でも収録できるBDAV規格ですが、BDMV規格のようなオリジナルのメニュー画面が使えないというデメリットがあります。BDAV規格のブルーレイディスクレコーダーをセットすると、オリジナルメニュー画面の代わりに、レコーダー内臓の再生リストが表示される仕組みです。従って、再生の際にオリジナルのメニュー画面が不要な場合に、BDAV規格が適していると言えます。

BDMV

以上のBDMVとBDAVの定義、特徴、再生する注意事項、使用するコーデックまで分別にして紹介したうえ、BDMVとBDAVの類似点や相違点については多少お分かりになるでしょうか。ここでは表にしてBDMVとBDAVの区別を更に明らかにして紹介しましょう。

  BDMV BDAV
定義・使用範囲 市販のブルーレイディスク用 TV、デジタル放送の録画用
編集・追記 不可 可能
AAC音声コーデック 不対応 対応
メディアプレーヤーで再生
ほぼ全てが再生可能
BDAVを再生できないブルーレイプレイヤーが多くある
メニュー表示 可能 不可
映像最大ビットレート 40Mbps 15Mbps

4. BDMV規格のブルーレイディスクをDVDに変換する方法

ブルーレイディスクに収録されている動画をDVDに適したフォーマットに変換する場合は、専用のソフトが必要となります。ブルーレイディスクとDVDでは収録できる容量及び、対応する画素数や解像度に大きな差がある上、BDMV規格の場合は、コピーガードを外して再生する等、複雑な手順を経る必要があるからです。なお、パソコン上で使えるブルーレイディスクプレイヤーに関して、コピーガードの解除は再生する場合に限定されている点にも注意します。

BDMV

BDMV規格のブルーレイディスクを他のメディアに変換するソフトは一定数ありますが、有料で提供されているものがほとんどです。変換ソフトとして優れた機能を持っているものに、DVDFabが販売している「DVDFab ブルーレイDVD変換」があります。

DVDFab ブルーレイ DVD 変換はブルーレイディスク、ISOイメージファイル/フォルダを読み取り、ブルーレイコピーガードを解除して、DVDプレイヤーでまたはDVDプレイヤーソフトウェアで再生できるDVDビデオディスク、ISO ファイル、DVDフォルダに直接変換できる業界最強のソフトです。

   詳細情報     今すぐ購入 

 

ブルーレイディスクをセットした後で、DVDに変換するモードを選び実行するだけで、DVD規格に沿った映像に変換できる点が特徴です。加えて、チャプターや字幕といった、DVDでの再生に適した機能も、専用ソフト一つで編集できます。ブルーレイディスクの変換が簡単にでき、DVDに関する高度な編集機能も有している点が、「DVDFab ブルーレイDVD変換」のメリットと言えます。

ブルーレイディスクをDVDに変換する手順は以下のように:

      まずは下記のボタンでブルーレイディスクDVD変換を無料でダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

STEP1: DVDFabを実行し、コピーモジュールを選択したうえで、コピーモードからブルーレイDVD変換のモードを選択ください。

BDMVをDVDに変換する

STEP2: 画面の真ん中の+あるいは左上の「追加」ボタンを押して、変換したいブルーレイソースをロードします。ソースは自動的に読み取れます。

BDMVをDVDに変換する

STEP3: インターフェイスの真ん中に「DVD5」のタブでDVD5或いはDVD9を選択するのを決定できます。「詳細設定」のタブでも設定できて、画質なども設定できます。更に、「メニュー設定」タブでは変換したいブルーレイを字幕、画像の追加ができます。

BDMVをDVDに変換する

BDMVをDVDに変換する

STEP4: 左下の「出力先」にて出力する場所を設定し、DVDとして出力する場合は指示に従いその時機に新たなDVDディスクを挿入する必要があります。ISOイメージファイルに出力する場合はISOファイルのタブを選択すればいISOファイルとして出力できます。そして右下の「開始」ボタンを押すとブルーレイDVDへの変換を始めます。

BDMVをDVDに変換する

5. まとめ:ブルーレイディスクの特性を知って変換を行う

ブルーレイディスクは、より高画質の映像を楽しめるメリットがある一方で、コピーガード等により簡単にコンテンツの複製ができない仕組みを採用している点が特徴です。ブルーレイディスクの映像を他のメディアに変換するには、通常よりも複雑な作業を経る必要があるため、再生専用のプレイヤーとは別に、変換に特化したソフトを使う必要性が生じます。