テレビを外付けHDDに録画したデータをBDレコーダーに移動する方法をまとめるので、せっかくの録画データをきちんと再生するためにも、この記事の内容はしっかりと覚えておきましょう。

1.    何故外付けHDDのデータを他のテレビで再生出来ないのか

テレビ 外付けHDD データ 移動
引用元:IODATA

外付けHDDに録画したテレビの映像データを、他のテレビで再生することができないことはありますか。原因として、映像データに暗号化技術が使用されているためです。

テレビには「B-CASカード」というものが挿入されていますが、これはテレビの信号を受信する際に、映像を復号するための暗号鍵データが書き込まれています。このB-CASカードに書き込まれた暗号鍵データを使用して、受信した映像に含まれる暗号を復号して映像として表示しているのです。

そして、この暗号鍵データはテレビごとに固有のデータが用いられています。録画の際にはそのテレビでのみ解除可能な暗号を用いて再び暗号化を行った上で録画データを保存します。それ故に、外付けHDDに録画されたデータを他のテレビで再生しようとしても、暗号鍵が違うため映像データの暗号化を解除できません。

テレビ 外付けHDD データ 移動

同様に、パソコンなどの他のデバイスにデータを移動しても、暗号化を復号できないために再生ができないのです。特にテレビを買い換えるときなどは、事前に対処しておかなければ、その映像データを永久に再生することができなくなるため、注意が必要です。買い替えたテレビにそれまで使用していたB-CASカードを差し替えても、外付けHDDに保存された録画データを再生することができないため注意しましょう。

なお、録画データの暗号化には、テレビの製造番号が使われています。テレビが変わると当然製造番号も変わりますから、復号することはできなくなります。もちろん、買い替えの際に同じメーカーの同じ機種を新しく購入して再生を試みたとしても、製造番号の違いで再生することはできません。

テレビ 外付けHDD データ 移動

2.    BDレコーダーにダビングを行うメリット

外付けHDDの録画データをBDレコーダーにダビングを行うメリットには様々なものがあります。

テレビ 外付けHDD データ 移動
画像引用元:YouTube【図解】REGZA外付けHDDをBlu-rayにダビングする方アップロード: diyratio、 2016/08/26

第1に挙げられるのが、テレビを買い替えても再生することができるという点です。

BDレコーダーにダビングを行った場合、暗号化はそのBDレコーダーに対応したものに置き換えられます。以降はBDレコーダー側で暗号化と復号を行うため、テレビに依存しなくなるのです。先に述べたテレビを買い換える際の「事前の対処」こそが、まさにこのBDレコーダーへのダビングなのです。

第2に、外付けHDDの劣化による再生不能を回避できるという点です。

HDDは使用を重ねていくうちに消耗し、データの読み書きができなくなっていきます。寿命はHDDによって異なりますが、頻繁に書き込みを繰り返しているとそれだけ劣化も早くなります。また、HDDは非常にデリケートな機器です。誤って落としてしまったりするだけでなく、埃やタバコの煙などが内部に入り込んでしまうだけでも、HDDが破損して読み込めなくなる可能性があります。

テレビ 外付けHDD データ 移動

HDDの破損や劣化といったリスクを回避する上で、BDレコーダーにダビングを行うことでデータを生きながらえさせることが可能となるのです。

第3に、BDレコーダーはBDに録画することが可能となる点が挙げられます。即ち、持ち運びが可能となるのです。これにより、例えば家で録画した番組をBDに書き込み、外出先でポータブルBDプレーヤーを使用してじっくり楽しむこともできますし、運悪く番組を見逃してしまった友人に番組を記録したBDを貸し出して見せる、といったことも可能です。

テレビ 外付けHDD データ 移動
引用元:おかもとさん家のライフスタイルブログ

自分なりの面白い番組の傑作選を記録したBDを作成してみるのも面白いでしょう。BDに録画できることは、そのBDに様々な使い途が考えられるというだけでも大きなメリットと言えるのです。

3.    BDレコーダーに外付けHDDからダビングを行う方法

BDレコーダーに外付けHDDからダビングを行う方法は機種によって様々です。外付けHDDとBDレコーダーを直接USBケーブルで接続してダビングする方法や、インターネット回線を使用し、外付けHDDからルーター経由でBDレコーダーにダビングする方法、LANクロスケーブルを使用してBDレコーダーと外付けHDDで直接データをやりとりする方法などがあります。

3.1 USBケーブルで接続してダビングする方法

外付けHDDとBDレコーダーを直接USBケーブルで接続する場合は、電源を入れた外付けHDDとBDレコーダーを直接つなぎ、データのオプションからダビングを行うだけでOKです。ただし、この方法が使えるのは、BDレコーダーとテレビにデータの互換性がある場合に限ります。

テレビ 外付けHDD データ 移動

メーカーが異なるなど、データの互換性がない場合は直接USBケーブルで接続しても無反応どころか、HDDのフォーマットが行われて折角録画したデータが全て消えてしまう可能性もあるため注意しましょう。USBケーブルで接続したら、ダビング元をUSB接続した外付けHDD、ダビング先をBDレコーダーとすることでダビングが始まります。

3.2 インターネット回線とルーター経由でBDレコーダーにダビングする方法

インターネット回線を使用する方法は、BDレコーダーと外付けHDDが接続されたテレビの両方をLANケーブルでルーターやハブに接続した上で、BDレコーダー側でインターネットに接続する操作を行う必要があります。その後、ダビング元の機器に外付けHDD、ダビング先の機器にBDレコーダーを指定してダビングを開始します。回線速度によって完了までの時間は異なりますが、しばらく待つとBDレコーダー側にダビングされた録画データが記録されます。

3.3  LANクロスケーブルを使用し直接データをやりとりする方法

テレビ 外付けHDD データ 移動

LANクロスケーブルを使用する方法の手順は、、USB接続の手順とインターネット回線を使用する手順の合わせ技のようなイメージです。事前に外付けHDDをテレビに接続した上で、LANクロスケーブルをテレビとBDレコーダー側につなげて、BDレコーダー側で初期設定を行います。

その後、テレビ側の設定を行い、テレビとBDレコーダーの双方で相手側を認識させれば、後はインターネット回線を使用する方法と同様にダビング元を外付けHDD、ダビング先をBDレコーダーとしてダビングを開始して、完了まで待てばOKです。

4.    外付けHDDからBDレコーダーにダビングする際の注意点

外付けHDDからBDレコーダーにダビングする際にはいくつか注意すべき事柄が存在します。まず、データを転送する方法には外付けHDD側にデータを残したままBDレコーダーにコピーするダビングと、BDレコーダー側にデータを移した後、外付けHDD側にはデータを残さないムーブの2種類が存在するため、混同しないようにしましょう。

ダビングの場合は録画データのコピー可能回数が1回減少しますが、外付けHDDとBDレコーダーの両方にデータを残すことができます。一方で、ムーブの場合は外付けHDDにはデータが残らない代わりに、コピー可能回数は減少しません。用途や状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

テレビ 外付けHDD データ 移動

また、外付けHDDとBDレコーダーのダビングには、テレビとレコーダーの相性によってダビングできるかできないかが左右されます。BDレコーダーを新規に購入する場合はなるべくテレビとメーカーが同じものを購入するようにしましょう。メーカーが同じ場合、連動機能なども使えるようになるので、その意味でもメーカーを揃えるのは得策と言えます。

そして、ダビングの最中は外付けHDDとBDレコーダーが使えなくなります。ダビング作業によって専有されることになるため、録画の予約が入っていたりするとその録画は失敗してしまう可能性が高いです。よって、なるべく時間に余裕を持って、特に録画したい番組がない時を狙ってダビング作業を行うようにしましょう。ダビングにはそれなりに時間がかかることも考えて、2~3時間以内に録画を行う予定がない時間帯に行うのがベストです。

5.    ブルーレイレコーダーにダビングし動画形式で視聴する方法

Blu-rayライブ放送プログラムから録画された自家製のBlu-rayやダビングされたBlu-rayをMP4などの他のビデオ形式に変換すれば、テレビ以外の他のデバイスでむいつでも見られるようになります。それを実現ためには、DVDFab Blu-ray レコーダーリッピングが必要としています。

DVDFab Blu-ray レコーダーリッピングは、ブルーレイディスをすべての保護から解除し、MP4、MKV、MP3などの主流なビデオ‘オーディオ形式として出力し変換できます。変換できたビデオやオーディオは、互換性のあるデバイスで再生することができます。ブルーレイレコーダーにダビングしたファイルを、DVDFab Blu-ray レコーダーリッピングでMP4に変換していれば、スマホやタブレットに移動してもいいし、録画データのコンテンツをデバイスに制限さずに、どこでもいつでも鑑賞できるようにしてくれます。

それに、録画データを一般形式の動画ファイルにリッピングするとき、録画されたBlu-rayディスクのすべてのメタデータ情報が保持され、放送プログラムのタイトルまで含み出力ファイルに付けます。このように再生する時、詳細情報を確認でき、すべての関連情報も利用できます。ちなみに、DVDFab Blu-ray レコーダーリッピングはMac版もあります。

使い方として、まずはソフトを下記のボタンでダウンロードしてインストールし、ソフトを開きます。上のツールバーに「リッピング」のモジュールクリックして、左上の窓で「Blu-ray リッピング」を選択し、ブルーレイデータをソフト内にドラッグアンドドロップします。読み込まると、インタフェースの「カスタム」項目で出力される形式を選んで、最後に左下で出力場所も指定すれば、「開始」ボタンを押してブルーレイデータをMP4への変換を開始します。

                                     下記のボタンを押せば、すぐに無料で体験してみましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

6.    まとめ

お気に入りの録画データを長い期間楽しむためにも、外付けHDDからBDレコーダーへのダビングは積極的に行っていくようにしましょう。BDレコーダーにダビングすれば、BDへの保存やテレビの買い換えへの対応など、録画データに関わる様々なリスクに対する予防策を取ることができるようになります。

なお、外付けHDDからBDレコーダーに本格的に移行を考えている場合は、テレビとメーカーを揃えることをおすすめします。さらに、ダビングしたブルーレイレコーダーもMP4などに変換でき、交換性があるデバイスで気軽に再生できます。お気に入りの録画データを長持ちさせるためにも、外付けHDDからBDレコーダーへのダビングを行いましょう!