ブルーレイドライブの知識や選び方を知るには、ブルーレイをコピーする準備をしているでしょう。ブルーレイドライブの内容に入る前に、まずはブルーレイを無劣化でコピーできて無料で使えるソフトをご紹介しましょう。

ブルーレイドライブの選び方

1.    ブルーレイをコピーするWindows10用のソフトオススメ

Yahoo知恵袋でBlu-rayコピーに関する検索すれば、次のような質問が見られます。

  • 「どうしてもコピーしたく、外付けドライブを買おうと思うのですが、どのドライブを買ったらいいかが分かりません。そこでなにかWindows8にも使えてコピーもできるドライブはないでしょうか?」

ブルーレイのドライブを知る前に、Blu-rayディスクをコピーする作業を知っておきましょう!ための上記の質問へを答えるために、以下ではBlu-rayやDVDのコピーを無劣化で手軽に完成してくれるブルーレイコピーに最強のソフトDVDFab Blu-rayコピーをおすすめします。

DVDFab Blu-ray コピーは市販のブルーレイディスクのコピーガードを解除し、Blu-rayディスク/フォルダ/ISOファイルに無制限にコピーすることができます。「フルディスク」、「メインムービー」、「カスタマイズ」、「クローン/ライティング」および「結合」という5つのコピーモードを用意し、出力も選択可能で、ブルーレイをコピーするのを手軽で簡便にする業界最強のブルーレイコピーソフトです。

   詳細情報     無期限版購入 

 

このブルーレイコピーソフトは有料ですが、その分コピーする体験も素晴らしいです。現在では有料の全機能を30日間で無料で体験できるチャンスを提供されています。

使用方法も非常に簡単で、初心者でもすぐにマスターできます。

                          まずは下記のボタンを押して、このブルーレイコピーソフトを無料体験しましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ソフトを実行し、メイン画面の「コピー」オプションを選択し、Blu-rayディスクをBDドライブに挿入してください。DVDFab Blu-ray コピーはそのBlu-rayディスクを自動的に読み込みますから。

ブルーレイドライブの選び方

「詳細設定」のタブからは、ボリュームラベルを変更したり、出力をBD25/BD50に設定したりなどができます。ニーズに応じて行いましょう。

ブルーレイドライブの選び方

それでは出力場所を設定しましょう。「保存先」でBDドライブに設定するか、「ムービーフォルダとして保存する」または「ISOイメージファイルとして保存する」など、適当な保存先を選択してください。これで「開始」をクリックし、ブルーレイへのコピーが始まります。

普通ではブルーレイコピーガードをかかっているブルーレイを含めてどんなブルーレイそーすでも自由にコピーできますから、早速この前機能を無料で体験できるチャンスを捕まえて、ブルーレイコピーフリーソフトを今ダウンロードしたら、ブルーレイコピーをする準備を仕掛けて、下記に展開する外付けのブルーレイドライブ知識を学びましょう!

2.    プロフェッショナルなブルーレイドライブの選び方

2.1 ブルーレイドライブの選び方1:ブルーレイディスクの種類によって選ぶ

まずは外付けブルーレイドライブの選び方についてですが、さっそく外付けブルーレイドライブの選び方を見てみましょう。CDにCD-ROM、CD-Rといったさまざまな種類があるように、ブルーレイディスクにもいくつかの種類があります。これらは「メディアの種類」と言われますが、ブルーレイディスクにはBD-ROM、BD-R、BD-REがあります。
■BD-ROMは読み取り(再生)専用のディスクで、市販の映画のブルーレイディスクなどがこれにあたります。読み取り専用なので、当然ながらデータを書き込むことが出来ません。
■BD-Rは一度だけならデータを書き込むことができるディスクです。一度きりなので、書き込むデータには注意が必要です。
■BD-REは複数回にわたってデータを書き込みすることができるメディアです。

ブルーレイドライブの選び方

これら3種類に、さらにディスクの層の種類が加わります。ディスクを複数層にすることで、記憶容量を増やすことが可能です。2層ディスクなら「DL」が付いて、BD-R DL、BD-RE DLとなります。この層は4層まであり、TL、XLと表記されます。さらに、新しい規格であるBD-R LTH TYPE、M-DISCというものもあります。特筆すべきがM-DISCで、数百年単位に及ぶ、とてつもないデータの長期保存が可能と言われています。

これらを覚えることによってブルーレイディスクドライブの選び方が変わってきます。データを書き込もうとするディスクがBD-R LTH TYPEなのに、それに対応していないドライブであればデータは書き込めませんよね。そのため、基本の規格をしっかり押さえて、自分の用途に合うブルーレイディスクに対応したドライブを選ぶようにしてください。

2.2 ブルーレイドライブの選び方2:書き込み速度によって選ぶ

外付けのブルーレイディスクやドライブにデータを書き込む際に気になってくるのが、書き込み速度です。この書き込み(書き換え)速度は「◯倍速」と表記されます。1倍速、2倍速、4倍速、6倍速などがあります。大量のデータを早く書き込む必要があるなら、6倍速やそれ以上を選ぶと良いでしょう。25GBのデータを書き込む際に、6倍速なら17分程度で済むと言われています。ストレスなく使用をしたいなら、なるべく書き込み速度の速い商品の方がおすすめです。

2.3 ブルーレイドライブの選び方3:USBの規格によって選ぶ

書き込み速度にも関わってきますが、内臓型と違い外付けブルーレイドライブはパソコンと結ぶUSBが必要となり、いくつかの種類があります。現在最新のものはUSB3.1というもので、非常に早くデータ通信を行うことが可能となりますが、まだあまり市場には出回っていません。そのため、外付けブルーレイドライブには現在主流となっているUSB3.0が使用されていることが多いようです。中にはUSB2.0のものもありますが、2.0と3.0では大量のデータを送って書き込んだりする際にかなり速度が変わってきますので、なるべくUSB3.0のものを選ぶことをおすすめします。

ブルーレイドライブの選び方

3. ブルーレイドライブオススメの人気商品

ではここからは皆さんにあすすめできる人気商品を5つピックアップして、ランキング形式でご紹介していきます。

3.1 人気ナンバー1:ロジテックINAソリューションズポータブルブルーレイ ドライブ

収納にも携帯にも便利なスッキリデザインで、薄型のWindowsパソコンやタブレットに最適な、持ち運びやすい外付けブルーレイドライブです。国内でもトップクラスの軽量さで、リュックサックやバッグに入れていても負担になりません。4K映像の再生に対応している他、M-DISCにも対応します。BDXLも使えるので、大容量の動画データも保存しておけます。大事なデータを長期間保存をしたい方にもおすすめです。本体の表面は、高級感のあるマットな質感をしています。テカリがなく、傷がつきにくい仕様です。Macとも相性のいいシンプルなデザインなので、オフィスなどでも使いやすいでしょう。

ブルーレイドライブの選び方

3.2 人気ナンバー2:バッファローポータブルブルーレイドライブBRXL-PT6U2V

大量のデータ保存ができる外付けBDドライブです。スマホやデジカメで気軽に撮影ができるようになった今、写真や動画がつい溜まってしまって困る…という方も多いでしょう。こちらの製品はBDXLに対応しているため、大量のデータを保存することが可能です。またDVD Rの書き込みをするときに、再生互換性を高める書き込み機能が搭載されているため、テレビやレコーダーなどさまざまな機器で再生できます。パソコンで録画した番組をテレビで楽しんだり、写真を大きな画面で見たりと、楽しみ方が広がります。その他、書き込みエラー防止機能がついているなど、作業をスムーズにしてくれる配慮も満載します。仕事用としても個人用としても十分に使えるブルーレイドライブでしょう。

ブルーレイドライブの選び方

3.3 人気ナンバー3:パイオニアポータブルBDドライブBDR-AD07BK

専用アプリを使って、パソコンなしで音楽CD取り込み可能になります。音楽データを扱うことが多い方におすすめの製品です。Android端末とUSBケーブルで繋ぐことが可能で、専用アプリ「Wireless Hi-Res player 〜Stellanova〜」をダウンロードすれば、パソコンなしで音楽CDを取り込むことができます。もちろんパソコンに繋ぐこともできるので、一台あればどちらの端末でも使えます。データ読み取り精度をさらに高めた「PureRead3+(原音再生)」を搭載しており、音楽CDの読み取りにぴ��たりです!なお音楽CDをアプリ経由で読み取った際は、インターネットを経由して、楽曲情報やジャケット画像を自動取得します。

ブルーレイドライブの選び方

3.4 人気ナンバー4:パイオニア外付けBDドライブ

書き込み速度も最大16倍という、UHD対応で4K映像も楽しめて、大変頼りになるブルーレイドライブです。オーディオCDも本来の音質で再生することが可能です。映像も音楽もしっかり楽しめます。防塵性に優れているのもポイントです。タバコの煙やチリ・ホコリの影響で起こる読み取り性能の悪化も低減されます。さらに用途に合わせてモードを変えられる「おまかせ設定」機能も搭載しています。仕事から趣味まで、幅広い用途に適した製品です。

3.5 人気ナンバー5:ロジテックINAソリューションズ外付けブルーレイドライブ

スリムで軽量で、内臓タイプよりも持ち出しで外出先などの作業をすることが多い方におすすめのブルーレイドライブです。外出時に外付けブルーレイドライブを持ち運ぶことが多い方におすすめしましょう。ケーブルが底面に収まる設計なので、外で作業する際も邪魔になりません。厚さわずか9.5mmと薄型で、なおかつ230gなので持ち運ぶ際の負担も少なめです。BDXLに対応しているので、大量のデータ保存をしたい方にも使えます。100GBのデータ保存が可能なので、クリエイターなど、重いファイルを扱うことが多い方でお使いやすいです。

4.まとめ

以上5つほどおすすめの商品をご紹介させていただきました。外付けブルーレイディスクは、長期保存という点から考えるととても優秀な媒体です。絶対にとっておきたいデータを大切に保管することができ、しかも外付けなので出先でも使用することができてとても便利!ぜひ使い勝手の良い外付けブルーレイドライブを購入して、大切なデータの保管に役立ててみてはいかがでしょうか。本記事が少しでも皆さんのお役に立てば嬉しいです。