Windows 10の最大の欠陥の1つは、これまでの主要なWindows Media Centerは含まれていないということです。そのため、Windows 10デスクトップおよびラップトップで、サードパーティの助けなしにDVDやブルーレイを再生できなくなりました。その問題に対して、この記事では、Windows10に対応しているブルーレイ再生ソフト及びWindows10でブルーレイを再生する方法についてご紹介致します。

以下でwindows10でブルーレイ再生の2つの方法をご紹介します。

 

方法1:Windows10対応のブルーレイ 再生ソフトを使用する

 

DVDFab プレーヤー6

DVDFab プレーヤー6を使用して、Windows 10でブルーレイを快適に再生することができます。このプログラムには、あらゆる種類のビデオとオーディオフォーマットに対応していて、DVD / Blu-ray / 4K Ultra HD Blu-rayのナビゲーションメニューに完全対応できます。Windows 10でブルーレイを再生する際、ビデオ、オーディオ、字幕、再生などを自由に設定することができます。それに、ポスターウォールによるローカルメディアライブラリとスマートローカルミュージックライブラリの整理と管理ができます。更に、画面解像度 4K UHD / 1080p / 720pなど高解像度の出力、柔軟性の高いプレイリスト、更新された再生エンジンによりスムーズおよび高速の再生体験が提供されます。

DVDFabプレーヤー6を使用して、Windows10でブルーレイを再生する方法:

まず、下記のボタンを押して👇
この世界最高 4K UHDメディアプレーヤーDVDFab プレーヤー6を無料でダウンロードしてインストールしましょう!

                                                           * 100%安全(ウィルスチェック済)・無広告・30日間無料体験&返金保証

次に、再生したいブルーレイをドライブに入れます。DVDFab プレーヤー6は、ブルーレイディスクを自動的に読み込みます。ブルーレイフォルダ・ファイルを再生する場合、ソースファイルをDVDFab プレーヤー6のインタフェースにドラッグ&ドロップします。再生画面の下部へブルーレイ再生の早送り、巻き戻し、一時停止などのアイコンを使用して、再生をコントロールすることができます。再生画面を右クリックして、表示されたメニューからビデオ、オーディオ、字幕、再生に関しての設定を選択できます。更に、インタフェースの右上隅にある逆の三角形のアイコンをクリックして、より多くの設定オプションを使用できます。

VLC メディアプレーヤー

VLC はフリーなマルチプラットフォーム対応の動画再生ソフトであり、動画ファイル、音声ファイル、ブルーレイ(m2ts)、BDAVなどの多くのメディアファイルの再生に対応して、軽快に動作できます。また、他のフリーメディアプレーヤーとは異なり、VLCメディアプレーヤーには迷惑な広告や他のバンドルされたプログラムが含まれていないので、安心にインストールできます。

PotPlayer

PotPlayerは、インターフェースがシンプルで、高機能のWindows10 ブルーレイ 再生ソフトです。PotPlayerは、Side by Side、Top and Bottom、Page Flippingなどのさまざまな3Dフォーマットをサポートしているため、3Dメガネを使用して3DTVやPCで3D映画を見ることができます。また、スナップショットでシーンをプレビューしたり、お気に入りのシーンやチャプターをブックマークしたりするための特別な機能もあります。

 

方法2:Blu-rayをWindows10で再生可能な動画に変換する

Windows 10でBlu-rayを再生するもう一つの方法は、Blu-Rayを動画にリッピングすることです。Blu-rayディスクをデジタル形式にリッピングすることで、任意のメディアプレーヤーを使用して、ファイルを自由に見られるにようになります。

高品質のBlu-rayリッピングソフト—DVDFab Blu-ray リッピングをお薦めします。このBlu-rayリッピングソフトを使用して、Blu-rayを迅速かつ簡単に様々なビデオ形式に変換できます。また、変換のプロセス中、リッピング処理の進捗状況をチェックできます。

下記のボタンをクッリクして、無料でダウンロードできます👇

 i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード 
* 100%安全(ウィルスチェック済)・無広告・30日間無料体験&返金保証

★ 以下は、このソフトを使ってブルーレイを動画に変換する操作手順です。

ステップ 1:DVDFabを起動してブルーレイを読み込みます。

DVDFabのアイコンをダブルクリックして、表示された画面でオプションバーから「リッピング」を選んで、外部のブルーレイドライブにBlu-rayディスクを挿入して、またはメインインタフェースにおける「+」ボタンをクリックしてソースをロードします。ソースはISOファイルまたはフォルダである場合、それをメインインタフェースにドラッグ・アンド・ドロップすればいいです。

ステップ 2:プロファイルを1つ選択して、出力動画をカスタマイズします。

ソースのロードが完了した後、左側へプロファイルスイッチャーをクリックして、必要なビデオ形式を選択します。

DVDFabのメイン画面で出力ビデオのチャプター、音声と字幕を設定できます。また「詳細設定」ウィンドウで出力ファイルのビデオ、オーディオ及び字幕のパラメータを自由に変更でき、更に「動画編集」オプションでアスペクト比の設定、画面回転、画像やテキスト透かしの追加、ビデオの長さの調整、ビデオのサイズのトリム、ビデオエフェクトの調整など実用的なビデオ編集機能を用意しています。

ステップ 3:保存先を設定します。

 すべての設定を行ったら、「保存先」オプションでフォルダアイコンをクリックして、出力ビデオの保存場所を選択します。

ステップ 4:Blu-rayリッピングを始めます。

「開始」ボタンをクリックすると、変換プロセスがすぐに始まり、同時に処理に関する詳細情報を提供しております。タスクを続けたくない場合、いつでもそれをキャンセルできます。また全てのタスクが終了した場合オプションでPCやプログラムのステータスを「シャットダウン」、「プログラム終了」、「休止状態」または「何もしません」を設定できます。