1.MultiAVCHDを使って「BDMV」ブルーレイを作成

まず、MultiAVCHDとはなんですかについて簡単にご説明しましょう。MultiAVCHDとは動画をオーサリングできるソフトで、動画を「BDMV」ブルーレイに直接に変換できるオーディオツールでもあります。MultiAVCHDは動画を「BDMV」ブルーレイに書き込む一般の対処法として、広く用いられています。このソフトの使い方についても簡単にご紹介すると思います。

前述のように、multiAVCHDは英語でしか表示されないので、その操作も英語表示のまま進めていきますので、指令の意味を理解してからごゆっくり進んでください。次の手順の紹介は主な操作を紹介するので、ご参考になればと思います。では、multiAVCHDで動画ファイルやAVCHDファイルをブルーレイ形式の「BDMV」に焼き込む手順に入りましょう。

!

AVCHDファイルを例として、MultiAVCHDで動画ファイルをブルーレイに作成する手順:

① multiAVCHDをダウンロードしてインストールし、起動します。

② 用意したmultiAVCHDでサポートされているフォーマットの動画をMedia欄の空白にドラッグ&ドロップします。または左上の「Add video files」をクリックして動画ファイルを選択してから「OK」をクリックし、素材をインポートします。ちなみに、ファイルは追加順に並びますので、その順位を調整したい場合、右側の「up」「down」をクリックすることで調整できます。

③ 「Destination path」をクリックして、作成されたブルーレイファイルの出力先を設定します。

④ 右下の大きいボタン「start」をクリックして、オサーリングの画面が表示されますので、一番左下にある「Blu-Ray Disc」ボタンを選択します。これで動画をブルーレイに変換するのが開始し、完了するのを待てばOKです。

主な操作は以上のようですが、実際にブルーレイを作成する際、プロパティ(Title name)、ポストフレーム(Poster)、チャプター(C-、C+)、動画形式(Transcode)、画質(ResizeとChange fps)、音声(Subtitles & Audio)、作成(Author)、プレビュー(Menu preview)など、色々な設定がありまして、以上の「動画ファイルをブルーレイに作成する手順」よりもっと複雑な設定をしなければなりません。それどころか、オプションも英語に表示されているので、それほど簡単に操作できるソフトではないのをご注意ください。

multiAVCHDは一般のブルーレイ作成に適用し、無料で利用できますが、操作方法上ではちょっと複雑で、それにインターフェイスも英語でしか表示されていないという点はちょっと困らせます。それに、ブルーレイのが故、変換サイズが大きいと、パソコン性能によっては、それなりに時間がかかりますので、気長に待つしかありません。

もっと操作の簡単で、処理速度も速い代わりの動画をブルーレイに書き込むソフトやツールを探している人は多いです。次の部分では最も実用でしかも効果の良い代表的なフリーソフトを詳しくご紹介します。

2. 他の動画をブルーレイに焼く超実用なソフト

動画ファイルをブルーレイに焼くソフトは少なくないです。そこで、最も実用で簡単に操作できるソフトと言えば、DVDFab社がリリースしたDVDFab Blu-ray 作成が一番強くおすすめしたい超強力なブルーレイ作成フリーソフトです。

DVDFab Blu-ray 作成 は超強力でしかも便利なブルーレイ作成ソフトとして、multiAVCHDに負けないほど、動画ファイルを直接で超簡単にブルーレイに変換できます。DVDFab Blu-ray 作成は動画をBlu-rayディスクに焼く必要のある方のために特別にデザインしリリースされ、動画ファイルをブルーレイディスクに焼くことに優れています。また、DVDFab Blu-ray 作成は柔軟なHD 動画メーカーとして、あらゆる種類の動画を、全てのBlu-rayプレーヤーまたはデバイスと互換性がある標準的なブルーレイディスク/ ISOファイル/ブルーレイフォルダに作成できます

その使用方法は初心者でも容易にマスターできるほど非常に簡単です。機能上としては、高速な処理速度高画質や音質を最大限に維持できることはその第一の特徴です。スタジオと同じレベルの最高の品質のブルーレイを超高速に作成できて、最後にオリジナルの品質を最大限に維持した動画ファイルを出力できます。

第二に、使いやすいメニュー・ナビゲーションは快適な再生体験と高度な柔軟性を持ちます。プロの方にとっては、自分でBlu-rayをカスタマイズすることができて、初心者の方にとっても使いやすいです。

第三に、更新を続いている再生中ポップアップメニューを使うことで、オーディオと字幕を切り替えることもできます。さらに、手元のパソコンに仮想ドライブをインストールしておけば、動画ファイルをISOファイルに変換した後、仮想ドライブを通じて再生するのも可能になります。

もし動画ファイルをブルーレイに焼き込んで、再生し鑑賞するニーズがあれば、ぜひこの強力なフリーソフトをダウンロードして、下記の手順に踏みながら無料で体験してみてください。

DVDFab Blu-ray 作成は強力でプロなブルーレイ作成ソフトとして、HDビデオカメラ映像、iPhone MOVビデオ、及びその他各種の汎用SD ビデオをBD又はAVCHD DVDに作成でき、或いは後でコンピューターにバックアップするためにISOファイルまたはフォルダに変換できます。

機能:

1. 動画ファイルを直接で超簡単にブルーレイに変換できます。
2. 高速な処理速度高画質や音質を最大限に維持できます。
3. 使いやすいメニュー・ナビゲーションは快適な再生体験と高度な柔軟性を持ちます。
4. 更新を続いている再生中ポップアップメニューを使うことで、オーディオと字幕を切り替えることもできます。
 

対応OS:

Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit) macOS 10.7 - 10.15

価格:

無期限版 5331円(割引後) 詳しく: https://ja.dvdfab.cn/blu-ray-creator.htm

!

DVDFab Blu-ray 作成で動画ファイルをブルーレイに焼く超簡単な手順は以下です。

① DVDFab Blu-ray 作成をダウンロードし起動して、ブルーレイに変換したい動画ファイルやAVCHD等のファイルを、インターフェイスにをドラッグ&ドロップするか、或いはメインインタフェースにおける+」ボタンをクリックすることで、動画ファイルをインポートします。

② 表示されたインターフェイスの上にあるツールバーに、「作成」モードを選びます。左側における作成モードスイッチャーをクリックして、作成モードをBlu-ray作成にしてください。

③ レンチアイコンをクリックして、Blu-rayをカスタマイズできます。レンチアイコンをクリックして、出力サイズ及び品質などの詳細設定が調整できます

④ 左下に「保存先」をクリックして出力先を設定したら、「開始」ボタンをクリックすると、動画からプルーレイへの作成プロセスが始めます。画面を通じてタスクの進行状況がチェックできて、その作成プロセスもあまり時間はかかりませんのでご安心にしばらくお待ち下さい。

このフリーソフトは、操作が簡単で、変換スピードが速くて、しかも画質維持にも優れていて、multiAVCHDを完全に代われます。multiAVCHDと同じような機能を持ちながら、multiAVCHDのディメリットはありません。DVDFab Blu-ray作成は動画をブルーレイに焼く最高のソフトだと言える誇りが満々なほど、この超強力な製品をおすすめしたいです。

3.まとめ

本記事では、multiAVCHDとDVDFab Blu-ray作成という無料のブルーレイ焼き込むフリーソフトと、その使用方法について簡単にご紹介いたしました。要するに、multiAVCHDという動画ファイルをブルーレイに変換できる伝統的なソフトより、ここ近年新しくリリースされたDVDFab Blu-ray作成のほうがオススメしたいです。DVDFab Blu-ray作成はmultiAVCHDの特徴を持つだけでなく、multiAVCHDの操作上の複雑性、画面に時々に出る不安定性などを解決してくれます。ブルーレ再生設備があれば、ぜひ手元の動画ファイルをブルーレイファイルに変換してみて楽しんでください。