BDAVとは何ですか?BDAVとBDMVの違いは?

BDAV(Blu-ray Audio Video)とは、ブルーレイレコーダーで地デジをBD-RやBD-REなどの書き込み式Blu-ray Discにに録画する時に使用されるフォーマットです。
BDMVは、市販やレンタルのブルーレイディスク(BD-ROM)に使用されている方式です。

BDAVとBDMVの違い


1.メニュー画面が表示されるかどうか
ブルーレイを再生したときに、BDMVはメニュー画面を表示します。BDAVの場合は、メニューを表示できないので、再生機器特有の再生リストの形式で表示されます。

2.AAC音声コーデックが使えるかどうか
オーサリングの際、動画音声がAACコーデックであれば、動画をBDMVに書き込めません。BDAVは、AAC音声コーデックを使えます。

3.フォルダ構造の違い
.m2tsファイルは、動画の本体ファイルです。「CERTIFICATE」フォルダは、ディスクが正常に読めなかった時に、読みに行くバックアップデータです。「AACS」は、ブルーレイのコピーガードの情報です。

4.汎用性の違い
ブルーレイプレイヤー、ブルーレイレコーダーのほぼ全ては、BDMVを再生できます。一方、BDAVは、主にブルーレイレコーダーで再生します。BDAVを再生できないブルーレイプレイヤーが多くあります。以下では、パソコンでBDAVを再生することができるブルーレイプレイヤーをご紹介します。

BDAVを再生する方法

DVDFab プレーヤー 6は最新の再生エンジンを搭載し、4K Ultra HD Blu-ray / Blu-ray /DVD// ISOファイル / フォルダ/動画/BDAVをスムーズに再生することができます。PC画面で再生するためのPCモード及びより大きなテレビ画面に適したTVモードが提供されています。必要に応じて、PC / TVモードへ切り替えが可能です。また、メディアライブラリーを作成して、映画、テレビ番組などをポスターウォールで管理することができます。さらに、ワンクリックでDVDまたはBlu-rayディスクを光学ドライブからローカルメディアライブラリーにインポートし、ISOファイルとして保存することができます。

DVDFab プレーヤー 6をBDAV再生する際、字幕、ビデオ、再生についての設定ができます。動画回転、アスペクト比の変更、インターレース解除、再生画面の明るさや彩度の調整、字幕選択、再生の早送りや巻き戻し、一時停止、再生画面のスナップショットなどのいろいろな設定オプションが提供されています。自分でBDAV再生を自由にコントロールすることができます。

では、早速DVDFab プレーヤー 6を使用して、BDAVを再生する方法をみってみましょう。
ステップ1:DVDFabの公式サイトにアクセスして、「プレーヤー」をクリックして、「無料ダウンロード」をクリックして、DVDFab プレーヤー6の最新版をダウンロードして、パソコンにインストールします。

ステップ2:DVDFab プレーヤー6を実行して、再生したいBDAVを光学式のドライブに入れて、DVDFab プレーヤー6はディスクのコンテンツを自動的に読み取ります。

ステップ3:再生画面を右クリックして、再生しているBDAVの「ビデオ」、「オーディオ」、「字幕」、「再生」、「メニュー」、「全画面表示」、「情報」、「設定」などをカスタマイズできます。BDAVを再生している中、画面下部の再生をコントロールするアイコンを使用して、再生の早送り、巻き戻り、一時停止などをできます。

まとめ
この記事では、BDAVとは、BDAVとBDMVの違い、BDAVの再生する方法についてご紹介しました。DVDFab プレーヤー6はBDAV再生だけでなく、BDMV再生、動画の無料再生、DVD、 4K UHD Blu-ray、音楽ファイルなどをほぼ全てのフォーマットの再生に対応できます。また他のお役に立つ数多くの機能及び設定オプションもあります。詳しくは、DVDFab プレーヤー6の公式サイトにアクセスしてチェックしましょう。BDAVをMP4などの動画ファイル形式に変換する場合、ブルーレイ mp4 記事をご参考にしてください。