iPadのスクリーンはスマートフォンより大きく、より高い解像度で映画を見ることができます。 さらに、バッテリー寿命が長いため、複数の映画を視聴し続けることができます。 また、テレビやパソコンより持ちやすいので、視聴ツールとして広く利用されています。

技術の進歩により、DVDはもはや人々のニーズを満たすことができなくなりました。 したがって、DVDより解像度も音質も高いブルーレイが作られました。 ますます多くの人が「iPadでブルーレイを視聴できますか」と質問する人が多いので、この文章で、iPadでブルーレイを視聴する方法をまとめて紹介します。

iPadでブルーレイ映像を視聴する方法

まずはiPadでブルーレイを見る通常の方法を簡単に紹介します。

1.テレビのブルーレイディスクプレーヤーのミラーリング機能を使用

テレビのブルーディスクプレーヤーに画面をiPadに映す機能があれば、それを使ったら簡単にiPad出ブルーレイの映像が見えます。

2.外部のミラーリングソフトでPCからiPadにミラーリングする

もしブルーレイディスクプレーヤーにミラーリング機能がない場合、ミラーリングソフトをダウンロードしてPCの画面をiPadにミラーリングすれば、iPadでブルーレイを視聴することができます。

3.Blu-rayの代わりに動画配信(VOD)サービスを利用する

動画配信(VOD)サービスはビデオ・オン・デマンドのことです。 さまざまなサービスが開発されています。 基本的に月額サービスが多く、月額料金を払えば無制限で視聴できるサービスやポイント付与制のサービスなどがあります。

映画、テレビドラマ、アニメ、海外のドラマや子供向け作品などを楽しめます。

一番のメリットは、デバイスやPCから映画やテレビ番組を視聴したいときに、無制限に視聴できるということです。ブルーレイやDVDを持たなくても、オンラインで簡単に視聴できるのでとても便利です。

DVDFab blu-ray リッピングを利用してブルーレイをiPadで視聴する

リンク:https://ja.dvdfab.cn/blu-ray-ripper.htm

リッピングとは、DVDや音楽CDなどのデジタルデータをパソコンにインポートすることです。

おすすめのBlu-ray/DVDリッピングアプリケーションといえばDVD Fabです。DVDFabには、リッピングだけでなくさまざまな機能アプリがありますが、その中のリッピングツールの紹介です。

そして、iPadでブルーレイを見るには、主に「DVD Fab Blu-rayリッピングを使って、Blu-rayの動画をMac / PCにデータとして取り込む」と「取り込んだ動画をiPadに転送する」という二つのステップからなっています。ここで例を挙げてその具体的な方法を紹介します。

無料体験はこちら↓

  Free Download
  100% Safe & Clean
Learn More
  Completely Free

Blu-rayをMac / PCに取り込む

ブルーレイデータを分析する

「DVDFab Blu-rayリッピング」ダウンロードしてインストール完了したら、それを起動します。ドライブにBlu-rayディスクをセットしたら、ソフトが自動的にブルーレイディスクを読み込めます。

これでBlu-rayデータの分析は完了です。

iPadでブルーレイ

MP4形式でリッピングする設定を行う

  • 保存先を指定する

画面上部の「リッピング」クリックしたら、操作画面下部にあるフォルダアイコンをクリックしてリッピングする動画ファイルの保存先を指定することができます。

iPadでブルーレイ

  • リッピングするタイトルを選択する。

ブルーレイに収録されたビデオデータの中で、具体的にどのタイトルをリッピングするか指定します。

ここで「別のタイトルを選択」をクリックします。

iPadでブルーレイ

  • リッピングファイルの形式を指定する

リッピングして作成する動画ファイルのデータ形式を指定しましょう。

今回リッピングされる動画はiPhone/iPadに輸送されるので上の画像の位置にあるプルダウンメニューをクリックして「モバイル機器(MP4)」を選択します。

iPadでブルーレイ

リッピングを開始する

すべての設定が終わったら、「開始」ボタンをクリックしたらリッピングが始まります

iPadでブルーレイ

[開始]ボタンをクリックしたら、[DVDFab リモートというモバイル...]が表示され、[OK]をクリックしたら続けます。

これでBlu-rayのリッピングが開始されます。

iPhone / iPadへ転送する

macOS Mojave以前ならiTunes、mac OS Catarina、それ以降ならTVアプリを利用します。

出力先フォルダを表示します。 デフォルトの状態は「ドキュメントフォルダ>DVDFab11」フォルダです。

Documentsフォルダーを開く方法がわからない場合は、DockのFinderアイコンをクリックしてから、Command + Shift+Oで開きます。

ここはiTunesでの説明です。iPhoneを例として説明しますが、iPadの操作も同じです。

まず、iTunesを起動し、転送するiPhone / iPad(ここではiPhone)をMacに接続します。

動画ファイルをiTunes画面にドラッグ&ドロップして、iTunesにインポートします。

iPadでブルーレイ

接続されているiPhoneのアイコンが上に表示されています。それをクリックします。

iPadでブルーレイ

左側のメニューの「ムービー」をクリックして、同期したい動画を確認します。 最後に、右下の[適用]をクリックします。場合によって、ボタンのラベルは「適用」または「同期」になります。

iPadでブルーレイ

そして、 同期が終わるとiPhoneへ転送は完了です。これでiPhone/iPadで見ることができます。

まとめ

以上はiPhone/iPadでブルーレイを視聴する方法紹介しました。総じて言うと、「Blu-rayをMac / PCに取り込む」と「iPhone / iPadへ転送する」という二つのステップです。とても簡単な方法で、iPhone/iPadでブルーレイを視聴したい方はぜひやってみてください