DVDを手軽に楽しみたい、という声は昔からたくさん聞きます。

そのためにクリアしなければならない問題として、データが重くて動画再生がカクカクする、DVDのデータの扱いが難しい、コピーができないなどがあります。

その問題を解決できるソフトもたくさん出ていますが、正直どれを選べば良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、DVDの動画データを高品質なまま、ファイルサイズを大幅に圧縮できる「Xvid」という動画コーデックの説明と、Xvidに変換できるおすすめのソフトについてご紹介します。

DVDを扱う方もそうでない方も、動画を見る機会が劇的に増えた今なら知っておいて損はない内容になっておりますので、是非最後までご覧ください。

Xvid

Xvidとは?

Xvidをご存知でしょうか?

Xvid(エックスブイアイディー、エックスビド)は、MPEG-4系の動画コーデック。映像の品質をさほど落とすことなく、動画のファイルサイズを大幅に軽減できるところが最大の特徴です。

Xvidをインストールすることにより、「Xvid」で圧縮された動画ファイルを、Windows Media Player等で再生できるようになります。家電では、DivXビデオ対応のDVDプレーヤーやゲーム機などで再生ができます。

過去に「DivX」という動画コーデックがあり、当時の主流として多くのユーザーに親しまれていました。しかしDivXが商用化されたことにより、それに反発したプログラマたちによって開発したのが「Xvid」なのです。

現在では「H.264」という動画コーデックが主流になっていますが、画質が良いかわりに性能の低いパソコンでは、再生時に負荷が高くなってカクカクすることがあります。その点Xvidは、性能の低いパソコンでも画質が良いままで問題なく再生できます。

つまりXvidは、無料かつ高性能な動画コーデックとして、多くの人に利用されているのです。

Xvidのダウンロード&インストール

まずは、Xvidをお手持ちのパソコンで再生できるよう、インストールします。
Xvidは、https://www.xvid.com/から無料でダウンロードできます。
WindowsまたはLinuxに対応しています。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストールが開始されます。

Xvid

インストール途中の「Update Settings」という画面で、アップデートチェックの設定を行うことができます。

Xvid

Xvidのアップデートを自動でチェックできるようにしたい場合は、「Yes, automatically notify~」を選択しておきます。

自動でアップデートしてほしくない場合は、「No, I want to check~」を選択します。

続いて「Decoder Configuration」という画面が表示されます。

Xvid
DIVX/3IVX/その他MPEG-4系のファイルを、Xvidで再生できるようにしたい場合は、目的のフォーマットにチェックを入れておきます。

インストールが完了したら、Xvidで圧縮された動画が再生できるようになります。

「動画コーデック」の種類と違い

「コーデック」という言葉はご存知でしょうか?

コーデックとは、プログラムを用いて映像データと音声データの圧縮・変換・復元を行うことを言います。動画を編集して最終的に1本の動画にするには、エンコードという作業が必要で、その際に設定を行います。

制作した動画を活用するメディアによっては、推奨されているコーデックの種類が定められており、間違った設定でエンコードしてしまうと、メディアに投稿できない不具合やスムーズに視聴者が再生できない問題が発生してします。

映像データや音声データをまとめて圧縮する作業を行わなければ、動画を再生することも他のメディアにアップロードすることもできませんので、コーデックの種類や設定方法などを必ず確認してください。

代表的な動画コーデックは、AVI・MPEG-4・MPEG-1・MPEG-2・Xvid・Divx・H.263・H.264などがあります。

この中でもMPEG-4やH.264などがYouTubeに投稿する際に利用する方が多いですが、再生する際に負荷がかかりやすく、性能の低いパソコンやネット環境では動画がカクカクして見づらいこともあります。

動画コーデックは「どれが一番優れているか?」というものではなく、用途によって最適なコーデックを選ぶことが大切です。

DVDコピーの決定版!DVDFabDVDリッピング

DVDFab DVDリッピング(DVDFabDVDRipper)は、DVDをMP4, MKV, AVIなどの様々な動画ファイルに変換するソフトです。最もポピュラーなDVD・ブルーレイのリッピングソフトで、初心者でも簡単に使用することができます。

Xvidは、MKVやAVIなどの動画ファイルで使われるコーデックです。このリッピングソフトがあれば、DVDソフトをXvidに変換することが可能です。

DVDfab DVD リッピング 機能 4
リッピングソフトは多数ありますが、「DVDFabDVDリッピング」の最大の持ち味は、何といっても最強のリッピング性能と強力なコピーガード突破性能。「DVDFabでコピーできなかったら諦めた方がいい」と言ってもいいほどです。

さらに、ソフトのアップデートの際に、コピーガード解除の機能も更新されるので、最新のDVDにも対応できるのが特徴です。

他にも、豊富な出力設定と動画編集などの機能があり、コーデック、フレームレート、解像度、ビデオ画質、出力サイズ、字幕などを変更するためのオプションが含まれています。また内蔵の「動画編集」ツールを使用すると、出力動画のトリミング、クロップ、回転、水透しや外部字幕の追加、画面の明るさや彩度の調整などができます。

ほぼなんでもできると言って良いでしょう。

下記のボタンをクリックして、DVDFabを無料ダウンロードしましょう。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はXvidというコーデックと、最強のリッピングソフト、DVDFabDVDリッピングをご紹介いたしました。

無料で使えるリッピングソフトもありますが、機能が制限されているので不便に感じることも多々あります。

「安心して確実にリッピング処理を任せられる」

「コピーガードで引っかかる心配がない」

この安心感に投資してもいいと思えるのであれば、「DVDFab」以上に最適なDVDコピーソフトはありません。

まずは、全機能を無料で体験できる最新の「DVDFab」をダウンロードしてみるといいでしょう。