DVDから音声を抽出する方法!

DVDから音声だけを抽出するのは難しいと思われていませんか?

この記事でご紹介するソフトを利用すれば誰でも簡単にDVDから音声を抽出することができます。必要な物はDVDドライブ付きのパソコンとインターネットのみです。いずれのソフトもまずDVDをパソコンに取り込み、指定のフォーマットで書き出すという順序で行います。

この時に大事なのがソフト選びです。市販のDVDには強力なコピーガードがついていますし、アウトプットできる形式があなたのスマホに合っていなければ、再生できません。

またソフトによっては日本語に非対応のものや使いにくい物がありますし、WindowsとMacの両方に対応しているソフトは少ないのが現状です。この記事では、読者のみなさんが自分の目的にあったソフトに出会えるようにお手伝いします。

DVDから音声を抽出する上で知っていた方がよいこと

ソフトの操作が理解しやすいように、DVDから音楽を抽出する上でぜひ知っておいた方が良い用語をあらかじめご説明します。

DVDのコピーガードとは?

コピーガードは、DVDの作成者がDVDの不正利用やコピーを防ぐための技術の総称です。CSS、リージョンコード、APS、UOPs、ARccOS、RipGuardなど異なるDVDコピーガードの種類があります。大抵の市販のDVDではこれらの複数を同時に利用しています。それぞれの技術の細かい仕様や仕組みを理解する必要はありませんが、自分の使用したいソフトがどのコピーガードに対応しているかは抑えておくと良いでしょう。

リッピングとは?

音声に限らずDVDからデータを抽出するという行為はリッピングと呼ばれます。一度リッピングすればDVDなしでその映画を見られるようになります。

出力形式とは?

出力形式にはMP3、WMA、AAC、ATARC3などがあります。これらは音楽などの容量を小さく圧縮する技術です。MP3はMPEG1Audio Layer-3(エム・ペッグ・ワン・オーディオ・レイヤー・スリー)の略。

MP3方式で圧縮すると容量を約11分の1の大きさに出来ますが、音質が劣化するので、MP3より高音質の様々な規格が考案されました。

WMAはマイクロソフト、AACはアップル、ATARC3はソニーというようにそれぞれのメーカーがMP3の音質を凌駕すべく個々の規格を推進している状況です。ご自分が音声を聴きたいデバイスが対応している形式を選びましょう。

DVD Fabでリッピングしてみよう。

ここでは定番のDVDリッピングソフトである、DVD Fab DVD リッピングを利用して、DVDから音楽を抽出してみましょう。DVD Fab DVD リッピングは、コピーガードの解除機能が優秀で、使いやすく、WindowsにもMacにも対応しており、最もオススメできるソフトになります。

DVD Fabのダウンロードとインストール

Windows/Macの方問わずこちらからダウンロードをします。Webページの左の無料ダウンロードをクリックします。必要になったら後からでもアップグレードできますので、無料ダウンロードで構いません。 

dvd 音声 抽出 フリーソフト 日本語

或いは、下記のボタンをクリックして、DVD Fabを直接パソコンに無料ダウンロードします。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ダウンロードが終了したら、インストーラーを起動してインストールしてください。

DVD Fabでリッピングする方法

ここではDVD Fabでリッピングする様子を実際にみていきます。
dvd 音声 抽出 フリーソフト 日本語

インストールが無事完了すると上のような画面になります。今すぐ起動をクリックします。 

dvd 音声 抽出
初めて起動するとこのようなウインドウが現れますので、まずは体験をクリック。

dvd 音声 抽出

ソフトが起動すると上のような画面になり、画面中央の上部にメニューが表示されます。 
ここでは左から2つめのリッピングを選択し、パソコンにDVDを挿入します。 

dvd 音声 抽出
DVDを挿入すると読み込みが開始されます。タスクバーが一杯になるまで待ちましょう。

dvd 音声 抽出
 読み込みが終了すると、リッピングの詳細が指定できるようになります。ここではモバイル機器を選択して、iPhoneやAndroidスマホなどに音楽を出力する設定を行います。

dvd 音声 抽出

続いてオーディオを選択して、フォーマットを指定します。再生するスマホなどのデバイスに合わせて適切なフォーマットを選びましょう。友人に渡す場合など不明な場合はMP3を選んでおくのが無難と言えます。

dvd 音声 抽出
ファイルの出力先は左下に表示されていますので、必要に応じて変更が可能です。すべての設定が終わったら、右下の開始をクリックします。 

dvd 音声 抽出
中央にあるステータスが成功に変わったら無事リッピングが終了です。

いかがしたか?非常に簡単にリッピングができることがわかります。出力されたファイルをスマホなどに移動させれば、あとは自由に利用できます。

DVDから音声を抽出するフリーソフトを3つほど紹介

ここでは他にも3つのフリーソフトを紹介します。いずれのソフトも大変有名で長年多くの人に利用されています。

HandBrake

dvd 音声 抽出

HandBrakeは歴史あるオープンソースのDVDリッピングソフトです。

海外の有志の開発者らによりプロジェクトが進められているため、Windows、Mac、Linuxの3つのOSに対応しているのが特徴。開発が海外メインで行われているので、 後からパッチを当てて日本語化する必要があります。

音楽の対応形式は、AAC、MP3、Vorbis、AC-3となっており、iPhoneやAndroidなどのデバイスに対応できます。残念ながらコピーガード機能は充実しておらず、リージョン(地域)制限のみ対応になっています。Windowsには、コマンドライン版などもあるので、Windowsで複数のDVDを効率よくリッピングしたい人などに向いています。

Freemake Video Converter

Freemake Video Converterは、500を超える大変多くのファイルフォーマットを扱えるフリーソフト。日本語にも対応しておりインターフェースも使いやすく設計されています。

dvd 音声 抽出

開発者のホームページでは、最高のビデオコンバーターをうたっており、10年以上の歴史、1億300万人のユーザー数を誇るとされています。動画の簡単な編集も可能。OSがWindowsのみであること、市販DVDのコピーガードに対応していないことなどを除いては、非常に便利なソフトです。 

Free DVD MP3 Ripper

dvd 音声 抽出

Free DVD MP3 Ripperは、DVDからMP3を抽出するためのWindowsのフリーソフトです。日本語には対応していませんが、ソフトの目的を絞ることにより、インターフェースが大変シンプルで扱いやすいです。少し残念なのは、音声ファイルの出力形式がMP3のみであることや、DVDのメイン音声以外は抽出できないところです。 一方目的を絞った分、操作が簡単で動作も軽快です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。DVDから音楽を抽出してMP3などに変換するソフトについてまとめてみました。いずれのソフトもメリット、デメリットがあるので、用途に応じて使い分けるといいでしょう。

繰り返しになりますが、DVDに施されているコピーガードを手軽に解除して、音楽を抽出したいのであれば、DVD Fabが最もおすすめのソフトになります。

今回ご紹介した内容を、毎日のスマホライフ向上にお役立ていただければ幸いです。