スマホが軽くて持ちやすい、それにiPhoneのようなスマホは、1080Pの高画質で動画を撮影できるので、現在スマホはデジタルカメラの代わりに、子供の成長や家族旅行などの多くの貴重な瞬間を記録しています。しかし、ビデオを頻繁に撮ると、スマホのストレージがだんだん足りなくなります。また、万が一、スマホが紛失や壊れてしまったら、大切な動画が失う可能性があります。そのため、iPhoneの動画をDVDプレーヤーで再生可能なDVDに焼いて、長期間にわたる保管するのをお勧めします。この記事では、パソコンやDVDオーサリングソフトを使って、無料でiPhoneの動画をDVDに焼く方法をご紹介するので、参考にしてください。

 

iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く前の準備

  • インターネットに接続しているパソコン
    • Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit)
    • Pentinum II 500 MHz及びその以上
    • 2GB RAM 及びその以上
    • 20GB以上のハードディスク空き容量
  • DVDオーサリングソフトーDVDFab DVD 作成
  • USBケーブル
  • 書き込み機能があるDVDドライブ

無料でiPhoneの動画をDVDに焼く方法

 

iPhoneの動画をパソコンに転送する

iPhoneの動画をDVDに焼く前に、まずiPhoneの動画をパソコンに転送する必要があります。

iPhoneの動画をWindows PCへ転送する手順:

1.USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。
2.「PC」 >「Apple iPhone」>「Internal Storage」を選択して、「DCIM」をクリック
します。
3.転送したい動画をWindowsの任意フォルダにドラッグ&ドロップします。

以上は、USBケーブルを使用して、iPhoneの動画をパソコンに転送する方法です。iTunesやiCloudを使用して、iPhoneの動画をパソコンに転送することもできます。

iPhoneの動画をDVDに焼く手順

スマホの動画をDVDに焼く前に、動画のトリミング、結合、回転、水透しや背景音楽の挿入、明るさやし彩度の調整をしたい場合は、DVDFab 動画変換 Proをご利用ください。編集したiPhoneの動画をDVDに焼くには、DVDFab DVD作成ソフトを使用します。

DVDFab DVD 作成は、ビデオカメラやスマホで撮った動画、インターネットからダウンロードした動画にも関わらず、あらゆる種類の動画を素早くDVDに焼くことができます。プロで個性のあるDVDを作成するために、多彩な設定オプションや複数のメニューテンプレートが用意されています。

以下では、このソフトを使用して、iPhoneの動画をDVDに焼く手順をご紹介します。

ステップ1:DVDFab DVD作成を無料ダウンロードして、パソコンにインストールします。

実は、DVDFab DVD作成は有料ソフトです。ただ、このソフトを購入する前に、全機能を30日間無料体験できます。以下のボタンを押して、DVDFabの最新バージョンをダウンロードして、パソコンにインストールすれば、無料体験版を直接利用できます。

ステップ2:前にパソコンに転送されたiPhoneの動画をソフトに追加します。

DVDFabを起動して、トップメニューから「作成」を選択して、DVDFabロゴの下にある矢印をクリックして、「DVD作成」モードを選択します。インタフェースの中央にある大きな追加アイコン「+」をクリックして、パソコンに転送されたiPhoneの動画を追加します。DVDFabは、動画を自動的に読み込み、動画のタイトル、ファイルサイズ、ビットレートなどの情報が表示されます。

ステップ3:出力DVDビデオやメニューを設定します。

「詳細設定」をクリックして、出力DVDビデオのボリュームラベル、出力(DVD5/DVD9)、テレビ画質、アスペクト比を自由に設定することができます。

「メニュー設定」をクリックして、出力DVDのメニューをカスタマイズできます。メニューが要らない場合、一番目のメニューテンプレートを選択してください。

メニューを作成したいなら、ほかのメニューテンプレートから1つ選んでください。Tをクリックして、テキストを追加して、フォント、サイズ、色を直接に編集できます。プレビューウィンドウをクリックして、右側から好きなプレビューウィンドウの形を選択できます。また、左下にある「画像」のアイコンをクリックして、右側のメニュー背景から1つ選択するか、「+」をクリックして、画像をアップロードして、メニューの背景画像として使用します。

ステップ4:iPhoneの動画をDVDに焼き込みます。

メインインターフェイスの下部に移動して、「出力先」のドロップダウンリストボックスからお使いのDVDドライブを選択してから、「開始」ボタンを押します。進捗状況が100%になると、書き込み用のDVDディスクをドライブに入れてください。

iPhoneの動画をPCのHDDにリッピングしたら、「ISO」または「フォルダ」アイコンをクリックして出力ディレクトリを選択してください。

まとめ

本記事では、iPhoneの動画をDVDに焼く方法を説明しました。DVDFab DVD 作成を使用して、メニュー付きの高画質のDVDが作れます。焼いたDVDをパソコンで再生するには、DVDFab プレーヤー6を使用できます。また、パソコンなしでiPhoneの動画をDVDに焼きたいなら、「MERITE」というスマホアプリを利用できます。毎月1枚のDVDを無料で作成してくれるサービスがあります。*(送料は自腹で負担する)