1. ライブDVDの魅力

好きなアーティストのライブDVDは、

  • 家で気軽にライブを楽しみたい時
  • 癒しや元気をもらいたい時
  • 自分が行ったライブを振り返りたい時
  • 友達や恋人と推しについて語り合いたい時

などで見る機会も多いのではないでしょうか?また、参加できなかったライブを見たい時にもライブDVDが欠かせません。ライブ映像を見ることで、わざわざ遠征しなくても自宅で気軽にライブ気分を味わえます。

そのため、ライブDVDが販売されたら即DVDを購入するという人も多いでしょう。しかし、嵐 DVDやSnowMan DVD、BTS DVDなどの人気アーティストのライブ映像は、DVDだけではなくブルーレイも同時に発売されることがあります。

2. そもそもDVDとブルーレイの違いは?

そもそもDVDとブルーレイは何が違っているのでしょうか?DVDとブルーレイにはどのような違いがあるのか、どちらを購入した方が良いのか分からないという人は、2つの違いを知って購入時の参考にしてみてください。

2.1 DVDとブルーレイの違い1:音質

ライブ dvd ブルーレイ どっち を 買う

1つ目の違いは、音質です。ブルーレイには非圧縮の「リニアPCM」、ロスレス圧縮の「ドルビーTrueHD」、「DTS-HD」という規格が採用されています。そのため、DVDよりも音質が非常に優れています。ブルーレイなら原音そのままの高クオリティな音質でライブ映像を楽しむことが可能です。

2.2 DVDとブルーレイの違い2:画質と解像度

2つ目の違いは、画質と解像度です。画質は、DVDが35万画素、ブルーレイがDVDの約6倍の207万画素です。DVDよりもブルーレイの方が鮮明で美しい映像を楽しめます。また、DVDの解像度は720×480(480i/480p-US)しかありませんが、ブルーレイは1920×1080(1080p)もあります。

そのため、ブルーレイならDVDの6倍の解像度でハイビジョン映像を堪能できます。パソコンの小さな画面で見た時よりも、テレビなどの大きいディスプレイで見た方が、画質の差を感じやすいです。

ライブ dvd ブルーレイ どっち を 買う

2.3 DVDとブルーレイの違い3:価格

3つ目の違いは、価格です。映像特典や内容などの条件が同じ場合、DVDよりもブルーレイの方が高いことが多いです。価格の差は、約1,000~2,000円です。しかし、初回盤・限定版・通常版などで特典や付属品が異なり価格が異なるケースもあるので、比べられないこともあります。

2.4 DVDとブルーレイの違い4:耐久性

4つ目の違いは、耐久性です。DVDはディスクに傷が付きにくいですが、ブルーレイはディスクに傷が付きやすいです。そのため、傷が付いてしまうと再生できなくなってしまうことがあります。

DVDは高耐久なので、不織布で保存することも可能です。しかし、ブルーレイは傷が付きやすいので、不織布よりも専用のケースで保管した方が長持ちします。

ライブ dvd ブルーレイ どっち を 買う

2.5 DVDとブルーレイの違い5:再生端末と互換性

5つ目の違いは、再生端末と互換性です。DVDは普及率が高く、DVDプレイヤーやレコーダーなどで気軽に再生できます。そのため、テレビやパソコン、車でもライブ映像を見られるでしょう。

しかし、ブルーレイはブルーレイプレイヤーを持っていないとディスクがあっても再生できません。DVDのみ再生できるプレイヤーしか持っていない場合は、ブルーレイプレイヤーもしくは再生ソフトを購入する必要があります。なお、PS4やPS5でもブルーレイは再生可能です。

3. DVDとブルーレイのどっちを買うべき?

DVDとブルーレイの違いを解説しましたが、それぞれメリットとデメリットが異なります。

そのため、自分が何を重視したいかでDVDとブルーレイのどちらを買うべきかを決めることをおすすめします。DVDとブルーレイのどちらを買った方が良いのか、ケース別に解説していきましょう。

3.1 気軽にライブ映像を楽しみたい人の場合

気軽にライブ映像を楽しみたい人は、DVDを買うことをおすすめします。DVDならブルーレイよりも1,000~2,000円安く購入できることが多く、端末を気にせずに再生ができるからです。また、DVDなら保管がしやすく、ブルーレイほど気を遣いません。

3.2 高画質・高音質で臨場感のあるライブ映像を楽しみたい人の場合

高画質・高音質で臨場感のあるライブ映像を楽しみたい人は、ブルーレイを買うことをおすすめします。ブルーレイならDVDよりも6倍画質が優れ・原音さながらの音質で、臨場感のあるライブ映像を堪能できるからです。

しかし、ブルーレイディスクはDVDよりも傷が付きやすいので、不織布での保存は避け、ケース保管をした方がライブ映像を長く楽しめます。また、いざという時のためにブルーレイを2枚購入しておくのも1つの手です。

3.3 ライブ映像の特典を楽しみたい人の場合

DVDとブルーレイの両方が同時に販売される場合、DVDとブルーレイで映像特典や付属物が異なることがあります。その場合、DVDとブルーレイの機能性の違いを気にするよりも、特典映像の有無や違いでどちらを購入するかを決めることをおすすめします。

その円盤でしか見られない映像なのであれば、自分が気になる方を買った方が後悔しません。どちらにも特典映像が付いていて決められない場合は、DVDとブルーレイを両方買うという手もあります。

4. ライブ映像を再生する時の推奨ツール

最後に、ライブ映像を再生する時の推奨ツールをDVDとブルーレイ別にご紹介します。

4.1 DVDを買うならDVDFab DVDコピーがおススメ

DVDを再生する時におすすめのツールは、「DVDFab DVDコピー」です。

「DVDFab DVDコピー」は、DVDの映像を劣化させることなくコピー・圧縮ができるソフトです。コピーガードやCPRMを簡単に解除でき、別売りの「DVD Cinavia 除去」も使用することで、音声トラックに埋め込まれている透かしも解除できます。

DVDFabでは、DVDFab Cloud Decryption Serviceが使われており、最新の暗号化されているDVDにすぐに対応できるようになっています。また、DVDには片面1層のものと片面2層のものがあり、2層の方が容量も大きいので高画質でデータを保存することも可能です。

ライブ dvd ブルーレイ どっち を 買う

しかし、片面2層のDVDは互換性があまり良くありません。そのため、2層のDVD-9から1層のDVD-5に圧縮できる便利な分割機能が搭載されています。逆に、複数のDVD映像を1枚のディスクにまとめることもできます。

無料版では、DVD9への無劣化コピー、フルディスクモード、メインムービーモード、サードパーティ焼き込みエンジンが使用可能です。有料版では無料版の機能に加えて、DVD5への圧縮コピーや最新のコピーガード、DADCプロテクトなどに対応しています。

複数の映像を1枚にまとめたり、最新のコピーガード付きのDVDをコピーしたりしたい時には、有料版を選びましょう。

4.2 ブルーレイを買うならDVDFab ブルーレイコピーにしよう

ライブ dvd ブルーレイ どっち を 買う

ブルーレイを再生する時におすすめのツールは、「DVDFab Blu-rayコピー」です。

ライブ dvd ブルーレイ どっち を 買う DVDFab Blu-rayコピーは、ブルーレイの映像を劣化させることなく高画質でコピーができるソフトです。またはBD-50からBD-25に圧縮するのもできます。

   DVDリッピングと割引購入   

DVDと異なり、ブルーレイ映像をコピーした場合は容量を圧迫してしまったり画質が悪くなったりする傾向にあります。

しかし、このDVDFab ブルーレイコピーならそういった心配もありません。容量を圧縮してもオリジナルそのままの高画質な映像を保存することができます。また、ブルーレイにはDVDの5倍ほどの情報量を保存できるため、コピーに時間がかかることも少なくありません。

コピーに5時間以上かかるソフトが多いですが、DVDFab ブルーレイコピーなら1時間以内にコピーが完了します。さらに、3Dブルーレイディスクのコピーにも対応しています。3Dブルーレイを他のソフトでコピーしようとした場合、3D効果がなくなったりコピー自体できなかったりすることも多いです。

それに対し、DVDFab Blu-ray コピーは3D効果を持たせたままブルーレイをコピー可能です。ブルーレイの映像をそのまま何も劣化させずにコピーしたい人に最適なソフトと言えます。

下記のボタンを押して、全機能を最大30日間で無料で体験できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ライブ dvd ブルーレイ どっち を 買う

5. まとめ

今回はライブ映像を見るならDVDとブルーレイのどっちを買うべきか、比較してきました。ライブDVDは、DVDとブルーレイの両方が同時に販売されることもあります。そのため、どちらを購入するべきか迷ってしまいがちです。

音質と画質を重視したい人は、ブルーレイを選ぶことで臨場感のあるライブ映像を堪能できます。コスパや互換性、耐久性を重視したい人は、DVDを選ぶことでブルーレイよりも安く円盤を手に入れられ、色んな端末で映像を楽しみやすいです。

しかし、DVDとブルーレイで特典映像が異なる場合には、DVDとブルーレイの機能性の違いを気にするよりも、特典映像の違いでどちらを購入するか決めましょう。そうすることで、好きな歌手のライブ映像をより自宅で楽しみやすくなります。