光学ディスクには「CD」「DVD」「BD(ブルーレイ)」という3種類があります。CDとDVDには直径12センチと8センチのサイズ展開がありますが、ここでは一般的な12センチサイズのディスクを中心にご紹介しましょう。

1. CDとDVDの種類と特徴

cd dvd

CDとDVDは以下のような種類があります。

  • CD:CD-R、CD-RW、CD-ROM
  • DVD:DVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD+R、DVD+R DL、DVD+RW、DVD-RAM、DVD-ROM

CDは「Compact Disc」から略称され、650~700MBの記憶容量をしている主に音楽データを記録する光学メディアです。DVDは「Digital Versatile Disc」の略称で、録画用や動画、画像などのデータを記録するために利用される光学ディスクです。CDとDVD両方とも用途に分けて2つの用途のタイプがあります。CDでは音楽用とデータのバックアップ用で、DVDでは録画用とデータバックアップ用という2つの用途で分かれています。

そして、DVD-Rのように、「-R」、「-RW」、「-R DL」、「-RAM」などのCD/DVDの「接尾語」はなんの意味をしているのかについても説明しましょう。一般の状況では、これらの接尾語は書き込みする可能性を語っているのです。具体的には以下のように:

  特徴
-R 一度だけ書き込みができるディスクのこと。書き込んだ情報は削除できません。書き換えができないため、長期保存などに適しているメディアのタイプなんです。
-R DL 「-DL」は片面2層を意味しています。容量が2倍になった一度だけ書き込みができるディスクです。書き込んだ情報は削除できません。
-RW 繰り返し書き込みができて、書き換えも削除も可能なタイプのこと。1000回程度の書き換えが可能です。(DVDには、DVD-RWとDVD+RWがあります)
-RAM 繰り返し書き込みができるディスクで、書き換えも削除も可能です。1万回程度の書き換えが可能です。(DVDのみで、CD-RAMは存在しません)
-ROM 読み込み専用のディスクで、-ROMドライブでしか書き込みはできません。

例えば、CD-RとDVD-Rも一度だけ書き込みができて、書き込んだ情報が削除できないメディアです。。CD/DVDを見る際、その類型を判断する時以上の基準にして判断するのも大体問題はないでしょう。そして、CD/DVDを購入する時、用途に応じて、必要なタイプを選んだほうが効率的だと思います。それに、書き込みや読み込みする際には、各類型に対応するドライブが必要なので、例えばDVD-Rを書き込みや読み込みするには、DVD-R対応のドライブを準備したほうが良いです。

2. CDとDVDの違い

CD DVD

以下では、CD-RとDVD-Rを例にして、CDとDVDの違いを説明しましょう。

① 記憶容量の違い

CD-RとDVD-Rでは容量が違っています。CD-Rは一度だけ書き込みができるディスクで、容量はあまり大きくなく、一般的に650~700MBの程度です。ちなみに、CD-R、CD-RW、CD-ROMの容量はほぼ同じく650MB、700MBほどで、書類などのデータや音楽データの保存に適しています。それと反対位に、DVDの方では、片面1層と片面2層があります。片面1層のDVDでは4.7GBの容量で、片面2層では2倍になり、8.5GBか9.4GBに達します。

CD DVD
出典:種々の光ディスクの記録密度(http://www.nedo.go.jp/hyoukabu/articles/201001sony/img/p2_img2_l.jpg)

② 用途・使い分けの違い

CDディスクには「音楽用」と「データ用」という2のタイプがあります。音楽用のCDは音楽を記録と再生するのために作られた規格として、上乗せされる「私的録画補償金」のもとに販売されています。その「私的録画補償金」も含まないCDではデータ用のCDとほぼ同じもので、パソコンでの音楽や曲を記録するために広く使われています。

DVDの方では、種類は一層おおくありますが、用途別に分けると、同じくして録画用とデータバックアップ用という2つの類型に分けています。録画用のDVDディスクは地デジのテレビ番組を録画するために広く使われるディスクで、CPRMに対応し保護されているので簡単にはコピーできませんが、パソコンでのデータ記録用として使われても大丈夫です。一方、「データ用」のDVDディスクは主にパソコンでデータを記録する場合に使用され、CPRM不対応なディスクで、テレビ番組の録画用としてはできません。

CD DVD

③ データの書き込み処理可能性の違い

CDでは、書き込んだないようを繰り返し書き消しのできるCD-RWだけが、データの書き込みや消しができます。CD-RとCD-ROMではデータの書き込み、データ消しするのはできません。それと反対に、DVDでは種類を問わずに、データの書き込みはできます。だたし、書き込みする時にCPRMに対応可否かにより、処理する方法も違っています。

3. CDとDVDの書き込み方法

記録メディアとしてのCD、DVD、Blu-rayという光学ディスクは、ディスク表面のトラックにレーザー光線を照射することにより情報やデータを読み書きして記録をするというものです。ですので、光学ディスクも「光ディスク」「光学メディア」という別名で呼ばれます。よく耳にする「ディスクに焼く」というのは、ディスクのレーザー光線を照射してデータを記録することに由来しています。

CD DVD

簡単的に言うと、「書き込み」というのはメディアソースをディスクに作成すること、つまり、音楽、写真、ビデオをパソコンを使って空きの CD や DVD にコピー・バックアップする操作を指します。もちろん、CDから空きのCDへ、DVDから空きのDVDへのコピーすることも書き込みと呼ぶのもいいです。それと反対に、「取り込む」というのはディスクからメディアソースを取り出して、パソコンにコピーして保存することです。つまり、CDやDVD中のビデオ、画像、音楽などを取り込みして、パソコンに移転することを指します。では、CDやDVDをソフトを使って書き込みする方法を学びましょう。

3.1 MediaPlayerでCDを書き込む方法

CDを書き込むには、パソコンでよく実装されるMediaPlayeが役に立ちます。

cd dvd

Windows Media Player12を使用すると、パソコン内に保存されている好みの曲や音楽ファイルを選んで、オリジナルの音楽CDを作成することができます。それではWindows Media Player12ソフト、空きのCD-RディスクまたはDVD 書き込み用ドライブを準備して、曲をCDに書き込みする方法を見ましょう!

① CD-Rドライブに、書き込み可能な CD-R をドライブに挿入します。

② Windows Media Playerをダブルクリックして実行します。

③ 書き込みリストに楽曲を追加し、並び替えます。
書き込みしたい楽曲ファイルが保存されているフォルダを開き、右クリックすることで、表示されるメニューから「追加」→「書き込みリスト」の順にクリックします。

cd dvd

楽曲をドラッグすることでも、リストに追加できます。それからあとの曲、繰り返して追加すると、「書き込みリスト」欄に、楽曲が追加されたことを確認します。また、曲をCDの再生順を調整したいなら、順番を変更したい曲を右クリックし、表示されるメニューから「上へ移動」または「下へ移動」ができます。削除したい場合も同じく、曲を右クリックしては削除できます。

cd dvd

④ CD に保存するのを開始します。
「書き込みの開始」ボタンの横にある ▼ を押し、表示されるメニューから「オーディオCD」をクリックして、作成する CD のデータ形式を選択します。

cd dvd

「書き込みの開始」ボタンをクリックすると、完了のを待ち、自動的に排出されるCDを取り出して、曲からCDへの書き込みは完成できます。

3.2 DVDを書き込み最強のソフトDVDFabでDVDを作成する方法

ビデオや一般的な動画ファイル形式からDVDへ作成するには、やはり業界一のDVDFabがおすすめです。DVDFab12はDVDからDVDへのコピー、DVDから動画ファイルへのリッピング、動画ファイルからDVDへの作成、動画から他の動画形式または音声ファイルに変換など、多様なメディアソリューションになれます。

DVDFab DVD作成 は各形式の動画ファイルからDVDにオーサリングできる最強のDVD作成ソフトです。複数の動画を同時に処理できると同時に、音質や画質をしっかりと維持できるというメリットで、動画ファイルをDVDに書き込むのに最適なソリューションです。DVD作成フリーソフトではないが、30日間に機能制限無しでDVDの書き込みを支持するので、無料ソフトとして使われるのも良い選択です。

   詳細情報     今すぐ購入 

 

DVDの書き込みする手順はいかのように、

① まずは下記のボタンを押して、DVD書き込みソフト全機能体験版を無料ダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

② ソフト実行したら、上のツールバーに「作成」モジュールを選択し、左上の「追加」ボタン或いは画面の中央にある「+」ボタンで、書き込みしたい動画をロードします。

③ 表示されるメニューからDVD作成を選びます。

④ 詳細設定」のタブに、DVD類型、画質、サイズなど各設定を調整します。ウォーターマークを追加する場合、「メニュー設定」で画像や文字を好きなように追加します。

⑤ 左下の「出力先」で出力するDVDの形式や出力場所を設定し(イメージ化ISOファイルまたはフォルダも指定できる)、右下の「開始」ボタンを押してDVDへの書き込みを開始します。

4. まとめ

CDとDVDは違うエンターテイメント方式で、多彩な生活を送っているのに役に立ちます。CDやDVD書き込みソフトを使って、お好きな曲やビデオをCD、DVDに書き込みや作成するのも便利で、ディスクに作成すると永久な思い出にもなるし、ハイビジョンで高質量で楽しめます。

ただし、音楽CDや映像DVDからの複製について、個人で視聴を楽しむ目的以外、著作権法上、無断で複製することは禁じられています。音楽CDから楽曲を、または映像DVDにビデオをコピーし、無料で配布したり、営利目的で使用したりすることは法律違反なので、ご遠慮ください。