「動画書き出し」とは、動画ファイルフォーマットを変換して、動画を保存することです。iMovie書き出しは、iMovieで動画をビデオファイルとして書き出すことです。ここでiMovieで動画ファイルの書き出し方法とWindowsとMacでiMovieの動画をDVDに書き出す方法を紹介します。

パート1.iMoveで編集した動画を書き出す方法

iMovieとは、iPad、iPhone、Macパソコン上でムービーを視聴、編集するために作られた、楽しさと便利な機能がいっぱいの人気動画編集ツールです。iMovieで編集した動画を親友に共有する場合は、iMovieで書き出すことができます。

iMovieで動画ファイルを書きだす手順

1.iMovieを立ち上げ、画面右上の「書き出し」ボタンを押して表示されるメニューから「ファイル」を選択します。

iMovie書き出し
2.書き出しの設定画面が出て、フォーマットや解像度、品質、速度などを指定して「次へ」を押します。

iMovie書き出し
3.保存先を指定して、書き出しが終わるまで待ちます。

iMovie書き出し
4.書き出しが終わると、右上から「書き出しは正常に完了しました」のメッセージが表示され、「表示」をクリックすると、保存したファイルが表示されます。

iMovie書き出し

iMovieがサポートする動画形式はMP4とMOVですが、最高の品質で書き出す場合は、MOVしか選択できません。低品質から更品質までMP4動画ファイルとして書き出すことができます。また、1080PのHD動画が書き出しできません。

パート2.iMovie動画をDVDに書き出す方法

iMovieで編集した動画をDVDメディアに書き出し、親友にプレゼントとして贈りたい時に、DVDオーサリングソフトが必要となります。

DVDFab DVD 作成は、ダウンロードされたビデオ、ビデオカメラの映像、ほかの汎用ビデオなどほとんどすべての流行っている動画形式をサポートしている上に、気に入った動画ファイルも自分特製のDVDに作成できます。その上、高性能なビデオ編集機能が付き、自分の好みでDVDメニューを簡単にカスタマイズでき、出力先もDVDディスクだけでなく、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みも対応しています。つまり、直感的なインタフェースで、高速かつ簡単にDVDの焼きを完成できます。

iMove動画をDVDに書き込む手順

iMovie DVD書き出し

Windows&Macパソコンの方は、まずDVDFabの公式にアクセスして、それぞれWindows向け又はMAC向けのの「DVDFab DVD 作成」をダウンロードしてインストールしてください。

又は、下記のボタンを押して、この強力なiMove動画をDVDに書き込むソフトをゲットしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ1.動画ファイルをWindowsパソコンに移す

USBケーブルを使って物理的に移しても、メール・SNS・データ保存サービスなどインターネット経由で移しても大丈夫ですが、iPhone/iPad/Macパソコン上に保存した動画ファイルをWindowsパソコンに移します。

ステップ2.ソフトを起動して、iMovie動画をロードする

DVDドライブに空のDVDを挿入して、DVDFab DVD作成を起動します。そして「作成」オプションをクリックして「作成」モジュールに移動し、「DVD 作成」のモードを選択します。それからメインインターフェースにある大きな「+」ボタンをクリックして、Windowsパソコンに移したiMovie動画をロードします。

iMovie DVD書き出し

ステップ3.動画をカスタマイズする

好きなように動画をカスタマイズすることができます。必要なオーディオトラックと字幕を選択できるし、外部からの字幕も追加できます。開始する前に、「プレビュー」機能によって出力動画の効果を事前に確認できます。

iMovie DVD書き出し

レンチアイコンをクリックすると、「詳細設定」ウィンドウズが表示され、このパネルでは、DVD-9/5のいずれかとして出力するのかを選択できます。

iMovie DVD書き出し

また、[メニューの設定]ボタンをクリックしてビデオメニューをカスタマイズできます。メニューを設定しなくても構いません。

iMovie DVD書き出し

ステップ4.出力先を選択する

メインディレクトリの一番下に移動して、出力ディレクトリを選択します。ドロップダウンリストボックスでディレクトリとして光学式ドライブを選択すると、ビデオをDVDディスクに書き込みます。「フォルダ」アイコンをクリックしてディレクトリを選択すると、ビデオをDVDフォルダとして保存します。「画像」アイコンをクリックしてディレクトリを選択すると、ビデオをISOファイルとして保存します。

iMovie DVD書き出し

全部の設定が完成したら、右下隅にあるグリーンの[開始]ボタンをクリックすると、Windowsパソコン向けのiMovie動画をDVDに書き出すプロセスを開始します。

DVDFab DVD作成は専用のDVD焼きソフトとして、WindowsとMac版両方が開発され、MacパソコンでiMovie動画をDVDに書き出すには操作手順はWindowsパソコン向けのやり方とほぼ同じですが、具体的な使い方は【Macで自分のDVDを作成する】を参考してください。

以上、iMovieの動画をDVDに書き出す方法の解説でした。iMovieの動画は、DVDFab DVD作成ような専用ソフトを用意すれば、簡単にDVDに書き出すことができます。また、書き出したDVDをコピーする需要がありますと、DVDFab DVD コピーをお薦めします。興味があれば、DVDFabの公式にアクセスしてご覧になってください。