データ復旧 mac

1. Macでデータ復旧の必要が生ずる時

1.1 Macでは隠しファイルがある

Macでデータ復旧をする可能性と方法を紹介する前に、Macでデータ復旧必要性が生ずる原因について一応簡単に検討してみましょう。まずMacの定義から話すと、Macとは、アップル社製のパソコン製品シリーズ名です。1984年にマッキントッシュとして発売され、2010年以降は正式名称をマックと変更しています。

データ復旧 mac

Macでは、ファイルが隠されることがよく報告されます。Mac ファイルが隠した結果、そのファイルがもうデータ損害されたりデータが消えてしまったりする可能性も高いです。Macでファイルが隠される原因としては、まず間違ってショートカットを押してしまった可能性が考えられます。その他には、悪意のあるソフトウェアをインストールしたことにより、ファイルが削除されてしまったかもしれません。一般的にはこのような原因により、Macでファイルが隠されてしまうのです。

1.2 Macで隠しファイルを表示する方法

Macで隠しファイルを表示する方法は、ショートカットを用いれば簡単です。ショートカットは、コマンドキーとシフトキーとドットキーを同時に押すことで実行できます。すると隠しファイルの表示と非表示を切り替える事ができるので、隠しファイルが表示されるのです。

データ復旧 mac

その他には、Macのターミナルを使って隠しファイルを表示する方法もあります。この場合はまず、ファインダーを開き、ターミナルを検索してください。もしファインダーからターミナルが検索できない時には、ファインダーを開いた後、アプリケーションからユーティリティに進み、ターミナルへと進んでください。

そして「defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE」のコマンドをターミナルにコピーします。その後ファインダーを再起動させて下さい。そして設定を反映させるために「killall Finder」のコマンドを入力します。最後にこのコマンドを実行することで隠しファイルが表示されます。

2. おすすめのMac データ復旧ソフト6選

Macで隠しファイルを表示するには、Mac用データ復旧ソフトを使うと大変便利です。データ復旧ソフトを利用する最大のメリットといえば、何といっても、利用方法が大変簡単ということが挙げられます。さらにデータの復旧率が高く、確実にデータが復元できます。しかも無料のフリーソフトや無料体験ができるソフトが多いので、コストをかけることなくデータ復旧作業を行うことができるのです。その為、Macで隠しファイルを表示する時には、データ復旧ソフトを活用することをおすすめします。

2.1 Mac データ復旧フリーソフト1:「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Free」

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeは無料でダウンロードでき、手順も簡単です。手順はわずか3ステップで、スキャン・プレビュー・復元で完了します。しかもどのようなファイルでも復元可能で、復旧率は97.3%という高水準です。更にほぼ全ての記憶媒体にも対応可能となっています。

データ復旧 mac

手順としては、まずMac向けの無料ダウンロードを実行してください。そして初めに開いた画面上で、消したデータが保存されていた場所を選択し、スキャンをクリックします。SDカードや外付けハードディスクなどの外部記憶装置のデータを復元する場合には、事前にパソコンに接続しておきましょう。すると自動的に、ソフトがクイックスキャンとディープスキャンを行います。最後に画面上に表示されたファイルの中から復元したいファイルをチェックしてください。そして今すぐ復元を実行し、指定する場所に保存しましょう。

2.2  Mac データ復旧フリーソフト2:簡単操作のTenorshare 4DDiG

Tenorshare 4DDiGを利用すると、データ復旧が簡単な手順で行えます。更に無料でダウンロードできるので、大変お得です。

データ復旧 mac

利用する手順は、まずMac用の無料ダウンロードを実行します。ファイルシステムでフォーマットされていないファイルの場所を選択して、スキャンを実行します。もし保存場所が分からなければ、すべてのファイルをスキャンする事が可能です。するとファイル一覧が表示されるので、復旧したいデータを選んでください。データの選択が終了したら、画面右下に表示されている復元をクリックします。すると自動的にデータが復旧され、隠しファイルが表示されます。

2.3  Mac データ復旧フリーソフト3:Recoverit

データ復元の専門ソフトであるRecoveritは、データを完全に削除したり、またはSDカードを初期化した場合などに大変便利です。特にデータ復旧率が非常に高く、世界的にも高く評価されています。対応可能デバイスも多岐にわたり、SDカードやパソコン、HDDやUSBメモリなどで利用できます。更に様々なファイル形式にも対応しているので、写真や動画をはじめ、音声、ドキュメントなど日常のあらゆる場面で活用できるのです。

データ復旧 mac

手順はまず、無料ダウンロード版からRecoveritをダウンロードしてください。画面上から復元したいデータを選択します。そして開始をクリックすると、スキャンが開始します。スキャンが完了したら復旧したいデータを選び、画面右下に表示されている復元をクリックしてください。最後に保存先を決定して、再び復元をクリックするとファイルの復元がスタートし、画面上に「正常に復元しました」と表示されたら完了となります。

2.4  Mac データ復旧フリーソフト4:性能重視ならEaseUS Data Recovery Wizard for Mac

EaseUS Data Recovery Wizard for MacMacは、大変優れた性能を保持したデータ復旧ソフトです。Macの純正アプリでもバックアップできないデータまで復旧でき、元どおりに復元してくれます。

データ復旧 mac

使用方法はまず、無料で使えるフリー版をダウンロードしてください。そして画面の指示に従い、データをスキャンする場所を選択してクリックすると、すぐにスキャンが始まります。その後データが表示されるので、復旧したいデータにチェックを入れ、画面右上にある今すぐ復元をクリックしてください。これでデータの復旧が完了です。

2.5  Mac データ復旧フリーソフト5:高い復元率のEaseUS Data Recovery Wizard Professional

EaseUS Data Recovery Wizard Professionalは、データの復旧率が大変高いソフトです。復元エンジンが強力なので、他のソフトでも復旧できなかったデータが復元できる可能性があります。更にゴミ箱へ移動したデータなど、様々な状況のデータを復旧に対応可能です。さらにウィザード形式を採用しているので、クリックで簡単に進めていくことができます。

データ復旧 mac

利用方法は、まずEaseUS Data Recovery Wizard Professionalの無料体験版をダウンロードしてください。すると画面上に6種類のファイルが表示されます。復旧したいデータを選択したら、次へをクリックします。

ちなみに、すべての種類のデータを捜すのならば、すべての種類にチェックを入れておきましょう。次に、ファイルの復元先を指定し、スキャンをクリックします。そしてスキャンが終了したら、データが表示されます。そして保存先を選び、保存をクリックしたら、データ復旧が完了です。

2.6  Mac データ復旧フリーソフト6:97.3%の復旧率 EaseUS Data Recovery Wizard Free 14.4

EaseUS Data Recovery Wizard Free 14.4は、97.3%という高水準の復旧率を誇るソフトです。そして様々な原因で紛失したデータにも対応できるので、確実な復旧が期待できます。更に操作方法はとっても簡単で、わずかな手順でデータを復元する事ができるのです。

利用の手順は、まず統制品の無料ダウンロードを行ってください。そして画面の表示に従い、復元を開始する場所を選択してください。そしてデバイスをスキャンすると、紛失したデータが表示されるので、復旧したいデータを選ぶと、復旧が完了します。ちなみにソフトのプレビュー機能を使うことにより、ファイルの内容を事前に選んでおいてデータを復旧することも可能です。

3. DVD/ブルーレイディスクデータの修復はどうする?

最後に、DVD/ブルーレイなどのディスクの損害や不完全なファイル構造、コピーガード解除またはコピー、リッピングする時のエラーによるデータ損害に対しては、DVDFab DVDFab データ復元 for DVD & Blu-rayがおすすめです。

データ復旧 mac

このDVD/ブルーレイデータ復旧ソフトでは、DVD/ブルーレイというディスクデータのファイルをすばやく修復してスムーズに再生できるようにする最高のツールです。3つの修復モード付きて、自動スキャンやファイルバックアップなどの機能も追加され、、メディアファイルの復元と保護を高速、安全しかも簡単に達成できます。

右記のボタンを押せば、すぐに無料で入手し試用できます👉  i  無料ダウンロード  

4. まとめ:Macで隠しファイルを表示するならデータ復旧ソフトがおすすめ

Macで隠しファイルを表示するなら、データ復旧ソフトを利用することをおすすめします。なぜならデータ復旧ソフトはフリーソフトや無料体験版が多いので、コストの負担を考えずに行う事ができるからです。さらにデータの復旧率も高いので、安心して使用できます。Macで隠しファイルを表示する時には、簡単で便利なソフトを利用してみましょう。