DVD コピー 違法性

1.    DVDのコピーガードと著作権の関係

DVDにはコピーガードがあることを知っているのでしょう。著作物のコピーは古くから問題視されていました。記録媒体においてはビデオテープがコピーの対象であり、レンタルビデオからのコピーが多発していた事実は否定できません。初期のビデオテープにはコピーガード機能がなかったため、ビデオデッキが2台あれば簡単にコピーができたためです。やがてコピーガード機能が付いたビデオテープが開発されましたが、その分高額になってしまい、広く普及しなかったのが実状です。

また、新しい記録媒体であるDVDがビデオテープに代わって普及したことも大きいと言えます。ビデオテープでの失敗を踏まえ、DVDには最初からコピーガードが搭載されています。そのため、簡単にコピーすることはできません。

DVD コピー 違法性

2.    データコピーの実状と違法性

ビデオテープのコピーはその多くがレンタルビデオのデータを手元に置くことを理由に行われていました。DVDも同様であり、当初はレンタルDVDをコピーするのが主流だったのです。近年では動画配信が増加したことにより、一度レコーダーにデータを記録し、そこからDVDにコピーする方法が増えています。

しかし、どのような方法であってもDVDデータをコピーする行為には違法性があります。日本の法律では著作権について定められていますが、コピーは著作権に抵触する行為です。著作権は著作物すべてに存在する権利であり、基本的にはどのような理由であってもコピーすると著作権を侵害することになります。

DVDコピーも同様ですが、記録媒体の著作権の解釈は複雑なのも事実です。DVDの場合、コピーガードを解除するだけなら違法ではないので罰則もありません。しかし、コピーを行うにはガードの解除は必須であることから、コピーガードを解除した時点でコピーする意思があると見做され、違法行為と扱われることがあります。

3.    コピーしたDVDの用途から見る違法性

3.1 どのような用途でも違法?

DVDコピーをして別途に流されるのは著作権に抵触し、違法性のある行為であることは否定できません。個人で楽しむ、いわゆる私的な用途ならのDVDコピーの違法性について結論はまだ付けていません。レンタルDVDはもちろん、セルDVDを購入してそのデータをコピーして他人に渡すのが違法になります。所有権と著作権はまったくの別物であり、自分でお金を払って購入したDVDでも著作権が自分の物になるわけではありません。そのため、あらゆるコピーは違法性を持っていると言えます。

ただし、私的な用途でのDVDコピーは違法であっても罰則が存在しません。個人で行うコピーのすべてを把握することは困難であり、罰則を設けるのは現実的ではないためです。個人での用途には具体的な罰則は設けられていませんが、コピーしたDVDの販売や譲渡は明確な著作権違反です。個人でコピーしたDVDが出回ることで、本来得られるはずの利益が損なわれたと解釈されるためです。

また、コピーしたDVDが第三者の手に渡ったという事実が問題視されるので、コピーの品質や出回った数は関係ありません。画質や音質が悪かったり、DVDが1枚だけの場合でも違法性があると見做されます。

DVD コピー 違法性

3.2 DVDデータをコピーして流出のが法律違反になる

近年ではDVDのデータを吸い上げ、ネット上に公開するケースが増えていますが、このような行為もコピーDVDの譲渡と同様の扱いになります。個人で楽しむために吸い上げたデータが誤って流出した場合でもデータの譲渡と見做されるおそれがあります。知らないうちに違法行為を働いてしまう状態を避けるためにも、市販やレンタルのDVDコピーは行わないのが賢明でしょう。

自分でDVDレコーダーで録画し作成した自作DVDの場合ならば、なんの法律違反性に心配をかけずに、自由自在にコピーするのができます。そういう自作のDVDのバックアップや複製する行為は法律に認められる行為であるため、違法性についての不安を捨てでバックアップを行いましょう。

3.3 他人がコピーしたDVDを入手した場合

コピーDVDを購入したり、譲渡してもらう行為に違法性はありません。買うという行為には著作権を侵害する要素がないためです。しかし、入手したコピーDVDの販売や譲渡は著作権を侵害する違法行為になります。

dvd コピー 違法

4.    DVDコピーの実状や問題点について

4.1 スマホにデータを落とす目的が主流

DVDコピーは多くの場合、リッピングして手持ちのスマホにデータを落とす目的で行われます。常に携帯しているスマホにデータを落とせばいつでも楽しめるためです。現在のDVDコピーはスマホアプリで配布されるケースが多く、中には無料で使用できるアプリもあります。

DVDコピーの知識が乏しい人でも簡単に操作できるので、手軽にコピーしてしまうケースも少なくありません。そのため、著作物をコピーする行為に抵抗を感じなくなってしまうおそれがあります。私的な目的であってもコピーそのものに違法性があるかもしれない、その認識を持っていて、DvDコピーには違法性があると知りつつ、自分だけで楽しむことも十分注意をはらいましょう。

4.2 スマホからのデータ流出は珍しくない

コピーしたDVDの販売は反社勢力の資金源でもあることから大きな問題になっています。一方で個人で楽しむためにコピーしたデータが流出するケースも増加しています。特にスマホの普及がデータ流出に拍車をかけたと言っても過言ではありません。本人に流出させようとする気持ちがなくても、スマホの操作を誤るなどの理由でコピーしたデータが外部に漏れてしまうのです。

DVD コピー 違法性

技術の進歩によって安価なスマホが広く普及し、地域や世代を問わず多くの人がスマホを持つようになりました。便利になった反面、データ流出のリスクが増大したのは否定できない事実です。セキュリティソフトが入っていないスマホは悪意を持った第三者の侵入が容易です。そのため、自分が気づかないうちにコピーしたデータが漏れてしまうケースもあります。

5.    巧妙化するDVDコピーの方法

自作のDVDをバックパアップや複製をするには、DVDFab DVDコピーという製品がご利用できます。市販やレンタルのDVDの場合、DVDコピーの違法性を避けて、巧妙的にDVDをコピーするには、リッピングやキャプチャによるコピーの方法がオススメです。DVDコピーの一種として、急速に広まった方法にこのリッピングがあります。

ここではDVDFab DVDリッピングを強くオススメします。DVDFab DVD リッピングは、DVDのデータを他のポータブルデバイス(iPhone / iPad / Android端末 / PSVitaなど)に移転し、ビデオコンテンツを鑑賞したい方にとって最高のソフトです。

DVDFab DVD リッピングは最高なDVD MP4変換、DVD MKV 変換、DVD MP3変換ソフトで、DVDをiPhone用・Android用・タブレット用の動画に高速に無劣化で変換できます。
 

★ DVDFabDVDリッピングの特徴:
DVDデータを様々な動画や音声フォーマットに変換可能
約2時間のディスクを5分間で高速変換完了
無劣化変換・音声抽出可能で、超高解像度の画質を維持できる
DVDの各種情報を出力ファイルのメタデータに埋め込み可能
「動画編集」ツール内蔵し、出力動画のトリミング、クロップ、回転、水透しや外部字幕の追加、画面の明るさや彩度の調整も可能
Enlarger AIと連携し、480pを1080pに画質アップスケール可能
操作が簡単で、初心者でも使える

DVD コピー 違法性

         下記のボタンを押してこの強力なDVD移動端末取り込みソフトを無料体験しましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDのデータをMP4などに変換する方法で、パソコンやスマホでの動作が安定する利点があります。データの形式がDVDとは異なるため、DVD再生機能がない端末でも再生できるのが特徴です。また、画像を静止画として保存するキャプチャも簡単なDVDコピーとして知られています。

DVDコピーには専用のソフトが必要ですが、キャプチャならスクリーンショットを記録するだけなので事前の準備は必要ありません。音声を別に記録する手間がかかるものの、DVDコピーよりも出費を抑えることができます。DVDを再生して、その様子を別の記録媒体で録画する方法もキャプチャの一種です。

6.    まとめ:基本的にDVDコピーは行わないのが賢明

DVDコピーの違法性はケースごとに解釈が異なりますが、基本的にはコピーガードを迂回することが違法性の有無を決めると言えます。DVDデータをコピーする必要性はないと見做されることから、どのような理由であってもDVDコピーは行わないのが賢明と言えるでしょう。法的なトラブルは解決するまで時間がかかる他、罰則も設けられているので注意が必要です。