普通、VROファイル(拡張子.vro)は、VRモードで記録されたDVD動画を指します。VRモードは、日本の家電メーカーが作成した独自規格の録画方式です。世界通用のDVDビデオの規格ではないので、VRモードで録画したDVDディスクをパソコンで再生するためには、VRモードに対応した特別なDVD再生ソフトが必要です。しかし、市場にVRモードに対応している専門のソフトが少ないですが、VROファイルを簡単且つスムーズに使いやすいファイルの形式に書き換えることでVROファイルの再生問題を解決可能です。
大部分の機器やメディアプレーヤーがMP4に対応できるため、拡張子「.vro」のファイルを拡張子「.mp4」のファイルに変換したら、再生や編集がやすくなると思います。
本記事では、VROをMP4ファイルに変換する専門のソフトをまとめました。一緒に確認しましょう。

目次

1.    VRO MP4変換 専門の変換ソフト【4選】


(1)DVDFab 動画変換ソフト


(2)バンディカット


(3)Wondershareスーパーメディア変換!ソフト


(4)Freemake Video Converter
 

2.結論

1.VRO MP4変換 専門の変換ソフト【4選】


(1)DVDFab 動画変換ソフト
DVDFab 動画変換ソフトは、数多くの入出力フォーマットに対応した非常にパワフルな動画変換ソフトです。入出力の対応数に定評があり、インターネット上で流通している動画ファイル / デジカメ動画 / 3Dデバイス用動画など、あらゆるデバイス上で再生可能なムービー / オーディオ ファイルに変換できます。最新の技術を搭載して、高速処理に加え、オリジナルに近い高音質/高画質を出力できます。また、シンプル&直感的なUIのおかげで、初心者にとっては使いやすいです。

動作環境:Windows 10/8.1/8/7 (32-bit/64-bit)  macOS 10.7- 10.15

VROをMP4に変換する手順はこちら:
Step1: DVDFabの公式サイトに入り、DVDFab動画変換ソフトをパソコンにダウンロードしてインストールします。

下記のボタンを押すと、直接にダウンロードすることができます。

Step2: DVDFab動画変換ソフトを起動して、上部にあるナビゲーションから「変換」を選択します。
Step3:真ん中にある「+」のアイコンあるいは左上の「ローカルソースに追加」をクリックして、VROファイルを1つずつまたは一括して追加できます。

Step4:変換したいvroファイルをインポート完了したら、画面に読み込んだ動画のサイズや字幕、再生時間と言ったプロパティー情報が現れるはずです。ここではパラメータを自由に編集できます。
「他のプロファイルを選択」>「フォーマット」>「ビデオ」>「MP4」の順で出力形式を選択します。次、下の「出力先」に出力ファイルの保存場所を設定します。最後、「開始」ボタンをクリックすると、変換が始まります。

注意:DVDFab 動画変換ソフトには、MP4だけでなく、FLV / MKV / AVI / WMV / M2TS / TSなどの形式も出力できます。
 
Step5:上部のナビゲーションにある「タスクリスト」へ切り替え、下のメニューにある「現在のタスク」をクリックします。ここにはVROファイルをMP4に変換する進捗をチェックられます。VROファイルをMP4に交換した後、「完了したタスク」に飛び、右の再生ボタンをクリックして、直接に再生できます。
  

  

(2)バンディカット(Bandicut)
バンディカットはBandicam Companyによって開発された動画編集ソフトですが、MOV、VRO、MKV、MP4、FLV、AVI、WMV、TSなどの動画をMP4に変換することもできます。動画から必要な区間だけを切り出したり、動画の途中に入っているCM部分や不要な区間を選択して削除したり、動画からmp3ファイルを抽出したりすることを特徴として知られています。

動作環境:Windows XP、Vista、7、8、10 (64ビットおよび32ビット対応)
VROからMP4に交換する手順はこちら:
1.    バンディカットの公式サイトに入り、最新版をダウンロードして、インストールします。
2.    バンディカットソフトを起動して、真ん中のメニューから「カット」をクリックして、 「ファイルを開く」アイコンをクリックして、交換したいVROファイルを追加します。
3.    残したい区間の開始位置と終了位置を指定し、「スタート」のボタンを押すと、出力モードの画面が表示されます。「ファイル形式」から「MP4」を選択すればいいです。最後、下部の「スタート」をクリックして、VROをMP4に交換することができます。


 
 
図の来源:Bandicut公式サイト

(3)Wondershareスーパーメディア変換!ソフト
Wondershareスーパーメディア変換!ソフトは動画変換ソフトとしてWindowsとMacに対応しており、動画フォーマットを様々なポップフォーマットに変換することが可能です。更に、編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。
動作環境:Windows 10/8.1/8/7/ Vista /XP Mac OS X10.7またはそれ以降

VROファイルをMP4に変換する手順はこちら:
1.Wondershareの公式サイトに入り、VRO変換ソフトダウンロードして、インストールします。

2.真ん中の「+」ボタンをクリックして、変換したいVROファイルを変換ソフトに追加します。
3.「出力形式」をクリックして、出力フォーマットの選択画面がポップアップして、MP4を選びます。
4.最後、「一括交換」ボタンを押して、VROファイルをMP4に変換し始めます。

(4)Freemake Video Converter 
Freemake Video Converter はビデオファイルを500以上のフォーマットの間に変換するためのフリー動画交換ソフトです。MP3、MP4、AVI、DVD、iPhone、Android端末向けの動画変換ソフトであり、変換速度が早いです。また、YouTubeや他の共有サイトから動画をダウンロードすることもできます。

動作環境:Windows 10、8.1、8、7、VistaのOS
 
VROファイルをMP4に変換する手順はこちら:
1.Freemakeの公式サイトに入り、Freemake Video Converterソフトをダウンロードして、インストールします。
2.ソフトを開き、「Video」ボタンをクリックして変換したいVRO(.vro)ファイルを追加します。
3.ソフト画面の下側に、出力形式のMP4を選択します。もちろん、AVI、MPG、MKV、FLV、WMV、MP3など利用可能なすべての動画フォーマットが自分の好みによって、ご自由に選択できます。最後に、ファイルの保存先を設定して、「convert」ボタンをクリックして、変換が始まります。

 
図の来源:Freemake公式サイト

2.結論


VROファイルは日本のDVDレコーダーなどで作成された動画形式ですが、余り一般的とは言えないので、再生するのは難しいです。なので、主流であるMP4やMVMなどの形式に変換した後で再生すると、問題が解決できます。
本記事はVRO(.vro)ファイルをMP4ファイルに変換できるソフトをまとめて紹介しました。以上の内容を読んだら、皆さんはVRO(.vro)ファイルを簡単に別の形式に変換する方法を把握しますか。今まで遭ったVRO(.vro)ファイルが見れない問題を解決しますか。今後、VRO動画を汎用性高いMP4ファイルに変換したい場合、ぜひ上記に述べた方法に従って、お試してください。