DVDに焼くためのソフトを探していますか?市場に現れる多数のDVDメーカーに目がくらんでいますか?ここで無料と有料のDVDオーサリングソフトをそれぞれ一つ紹介しますので、是非お見逃し無いでください。

DVD Flickは無料なDVDメーカーであり、様々な一般動画ファイルをDVDデータに変換することができます。MP4 / MKV / MPG / WMV / MPG / AVIなどいろいろな動画形式をサポートし、作成してくれるDVDはDVDプレーヤーでも再生できます。

DVD Flickをダウンロード

https://sourceforge.net/projects/dvdflick-v2/から英語版のDVD Flickをダウンロードすることができます。日本語対応のDVD Flickをダウンロードするなら、有料になります。ここで英語版のDVD Flickを紹介します。

DVD Flickをインストール

ダウンロードしてから次のガイドに従ってインストールしてください。

①DVD Flickの.exeファイルをダブルクリックして「Next」をクリックします。

DVD Flick

利用規約に同意して「Next」をクリックします。

DVD Flick

ソフトの保存先を選択して続きます。

DVD Flick

DVD Flick

DVD Flick

「Install」をクリックして続きます。

DVD Flick

DVD Flick

DVD Flick

「Finish」をクリックしてインストール完了です。

DVD Flick

DVD Flickの使い方

DVD FlickでDVDを作成するには、次のようにしてください。

ステップ1:DVD Flickを起動して、画面の右上にある「Add title」(タイトル追加)をクリックして、DVDデータに変換したい動画ファイルを選択します。複数の動画が追加可能です。

DVD Flick

ステップ2:動画のタイトルを編集

動画をダブルクリックすると、タイトルのプロパティウィンドウがポップアップ表示されます。

この画面において、

「General(一般)」で名前とターゲットアスペクトレートをそれぞれ設定できます。

DVD Flick

「Chapters(チャプター)」に移動すると、何分置きにチャプターを入れるか、或いは、分割してほしいチャプターの数を設定することができます。

DVD Flick

「Video sources(ビデオソース)」で、外部ファイルを追加したい場合は、「追加」を押せばいいですが、動画の幅や高さ、フレームレート及び圧縮方式などを一致させなければなりません。上下位置を設定できます。

DVD Flick

「Audio tracks(オーディオトラック)」では、コメンタリートラックやBGMなどを簡単に追加することができます。下部のトラック言語欄で「Japanese(JA)」にします。音声ファイルを追加すると、オーディオトラック選択というウィンドウが表示され、選択して「Accept」(適用)を押します。

DVD Flick

DVD Flick

「Subtitle tracks(字幕の設定)」では、外部の字幕ファイルを選択して追加されます。TXT / SUB / SSA / ASS / SRTのいずれかもサポートされるはずですが、エラーの発生が多いです。

DVD Flick

ステップ3:作成するDVDの基本設定

トップのツールバーの「Project settings」(プロジェクト設定)と「Menu settings」(メニュー設定)を主にして説明します。

「Project settings」(プロジェクト設定)をクリックして、次の画面が表示されます。この画面でGeneral(一般設定)、Video(ビデオ設定)、Audio(オーディオ設定)、Playback(再生設定)及びBurning(書き込み設定)がそれぞれ設定できます。

一般設定で、DVDのタイトル、画面サイズなどが設定可能です。

DVD Flick

ビデオ設定では、ターゲットフォーマットやエンコード品質などを設定できます。

DVD Flick

オーディオ設定では、音量やチャンネルなどを設定できます。

DVD Flick

再生設定では、一つのタイトルの再生が終わったら、次のタイトルを再生するか別のオプションを選択するか設定できます。

DVD Flick

出力設定では、ISOイメージを作成するか、ディスクに書き込むか、選択可能し、また、書き込み速度などを変更できます。

DVD Flick

「Menu settings」(メニュー設定)機能を使えば、6つ以内のメニューを付け加えることができます。好きなテンプレートを選択すればいいです。

DVD Flick

ステップ4:DVDファイルの出力先を設定

下部に移動して、右下の「Browse」をクリックして出力先を変更できます。

DVD Flick

ステップ5:DVDを作成

トップのツールバーに戻し、「Creat DVD」(DVDを作成)をクリックしてDVDの書き込みが始まります。

DVD Flick

ヒント:ここで動画ファイルをDVDデータに変換するプロセスを紹介しましたが、DVD Flickを使って動画ファイルをDVDディスクに作成することもできます。ただし、DVDディスクに書き込む場合は、ImgBurnという別の無料ソフトが必要です。

DVD Flickを利用中、エラーが発生した場合の対策

DVD Flickは無料で使えるソフトですが、英語は少々不便です。且つ、利用中、エラーが発生した場合は多いです。念のため、DVD Flickの代わりになる別のDVDオーサリングソフトを紹介します。それはDVDFab DVD 作成です。

DVDFab DVD 作成はDVD Flickと同じ、一般的なビデオ形式からをDVDディスク/ ISO /フォルダを作成してくれるソフトです。WindowsとMac両方のシステムをサポートします。出力形式について、DVD9、DVD5、DVD+R/RW、DVD-R/RW、DVD+R DL 及び DVD-R DLなどはターゲットDVD ディスクとしてサポートされています。

以下は、DVD 作成を利用してDVDを作る手順です。

ステップ1:DVDFabをダウンロード

下記のボタンをクリックして、DVDFabを無料いダウンロードしてください。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ2:ガイドに従ってちゃんとインストールしてからDVDFabを起動し、メイン画面で「作成」タグをクリックして、左上の作成モードを開いて「DVD作成」を選択します。

DVD Flickの代わり

ステップ3:「+」をクリックしてDVDに変換したい動画を読み込みます。

DVD Flickの代わり

ステップ4:読み込まれたら、オーディオと字幕を選択/追加できます。また、詳細設定とメニュー設定機能を利用していろいろ設定することができます。右向きの三角形ボタンをクリックしてプレビューできます。

DVD Flickの代わり

詳細設定を開くと、出力DVDの名前や出力サイズ、ビデオ画質などをいろいろ設定することができます。

DVD Flickの代わり

メニュー設定を開くと、画像やテキストを追加することができます。右側に提供される多数のテンプレートから選択してもいいし、ローカルファイルをアップロードすることもできます。テキストのフォントや大きさなどを設定することもできます。

DVD Flickの代わり

ステップ5:保存先を決めて、DVD書き込む処理を開始します。

下部の出力先のところで、フォルダアイコンをクリックするとフォルダーファイルとして保存され、ISOアイコンをクリックすると、ISOイメージファイルとして保存されます。ディスクに書き込む場合は、下向きの三角形アイコンをクリックしてドロップボックスダウンリストから保存したいドライブを探して選択します。

そして、右下の「開始」ボタンをクリックすると、DVD書き込む作業が始まります。

DVD Flickの代わり

DVD Flickは無料なDVDオーサリングソフトとしてよくい知られていますが、確かにDVDを作成する時エラーが多いです。たまにDVDを作成する場合はまだいいが、常にDVDを作成する場合は、やはりDVDFab DVD 作成がおすすめです。