スマートフォンやタブレットなどで、DVDの映像を楽しみたいと思ったことがある方は多いでしょう。しかし、スマートフォンやタブレットに、DVDディスクを差し込むことはできません。そのため、諦めてしまったことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、DVDをMP4に変換することで、さまざまなデバイスでDVDの映像を視聴できるようになります。そこで今回は、DVDをMP4に変換するメリットや、おすすめのソフトを紹介します。

DVDをMP4に変換するメリットとディメリット

DVDをMP4に変換するメリット

まずは機器を使用しなくても、動画を再生しやすくなることです。たとえば、DVDをパソコンやスマートフォン、タブレットなどで再生したいと思うことがあるでしょう。DVDを挿入できるパソコンであれば再生は可能ですが、挿入できないパソコンやスマートフォン、タブレットでは再生できません。DVDプレイヤーなどを用意する必要があり、不便ですし手間もかかります。

そこで、MP4が役立つのです。MP4は、ほとんどのパソコンやスマートフォンなどに対応しており、あらゆるデバイスで再生できます。特別なアプリなどをインストールする必要はありません。DVDをMP4に変換しておくことで、自宅以外でも手軽に映像を視聴できます。

DVDをMP4に変換する

また、多くの動画共有サービスがMP4に対応しているため、DVDの映像をアップロードする際にも役立つのです。さらに、MP4ファイルは、容量が少ないという特徴を持っています。MP4に変換して保存することで、パソコンなどの容量の圧迫を防ぐことができるでしょう。編集もしやすくなります。

大切な映像をDVDだけで残すことが不安な方にも、MP4への変換がおすすめです。DVDは劣化しにくいといわれていますが、破損した場合は映像が視聴できなくなる可能性があります。あらかじめ動画ファイルを変換してパソコンなどで保存しておけば、破損の心配がなくなるでしょう。

MP4にデメリットはある?

メリットの多いMP4ですが、ハイビジョンに対応しているような形式と比べると、画質は劣ります。たとえば、高画質であるAVCHDよりも、画質は下がるでしょう。ただし、MP4が特別低画質なわけではありません。個人で映像を楽しんだりする場合に、困ることはないでしょう。下記では、DVDをMP4に変換するおすすめのソフトを紹介します。

DVD MP4 変換 おすすめソフト1:DVDFab DVDリッピング

DVDFab DVDリッピングの特徴

DVDFab DVDリッピングは、DVDをあらゆるファイル形式に変換できるソフトです。DVDをMP4に変換できるだけでなく、MKVやMP3、AVIなどにも対応しているため、幅広いシーンで役立つでしょう。また、iPhoneやAndroid、PSPなどのデバイスに合わせた形式に変換できます。DVDの映像を他のデバイスでも楽しみたい方にとって、非常に便利なソフトです。

   詳細情報     無期限版購入  

  

さらに、DVDFab DVDリッピングの内蔵される力強い編集機能のお陰で、出力時には解像度や画質、出力サイズなどを詳細に設定できます。また、トリミングや回転、明るさの調整といった簡単な動画編集も可能で、動画をトリムしていらない部分を削除したり、テキスト、画像、外部字幕を追加したりすることもできます。設定や編集を行うことで、より見やすい映像にした上でMP4に変換できるのです。

なお、DVDFab DVDリッピングには、フリーソフトバージョンと有料バージョンがあります。まずは、フリーソフトバージョンを使ってみて、操作方法などを確認してみてはいかがでしょうか。有料版では、ディスク数量制限の上限がなくなったするので、慣れてきたら有料版を検討するのもおすすめです。現在では、30日の間で有料版と同じような全機能無料体験版はご用意されます。全機能無料体験期間中、最大3枚のDVDをMP4に変換することができます。ぜひダウンロードして使ってみてください。

    下記のボタンを押せば、すぐにこの最強のDVD MP4変換ソフトを無料体験できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

動作環境は、Windows10・8.1・8・7(32/64 bit)と、MacOS 10.7-10.15。どちらも、20GBのハードディスク空き容量が必要です。その他の条件もあるため、インストールする前に確認してください。

DVDFab DVDリッピングでDVDをMP4に変換する方法

まずはプログラムを起動して、画面上部の「リッピング」を選択します。その後、変換したいDVDディスクを読み込みます。

DVDをMP4に変換する

ディスクの読み込みができたら、出力フォーマットを選んで、詳細設定や動画編集を行ってください。

DVDをMP4に変換する

設定が完了後、「開始」ボタンをクリックして変換を開始しましょう。

これで全てのプロセスが終了したら完了です。

DVD MP4 変換 おすすめソフト2:HandBrake

HandBrakeは、DVDやBlu-rayなどの動画ファイルを、MP4などのファイル形式に変換できるフリーソフトです。ただ変換するだけでなく、特定のチャプターの抽出やトリミング、字幕の結合などもできます。ただしダウンロードできるソフトは英語版であり、日本語に対応させるには日本語化パッチを適用させる必要があります。また、コピープロテクトがかかっているDVDの場合、変換や編集ができない可能性があります。そのため、事前にコピープロテクトについて確認するのがおすすめです。また、長い映像のDVDを変換する場合、数時間かかる可能性があるので、時間に余裕がある時に利用しましょう。

動作環境は、Windows 7・8.1・10、MacOS10.6~10.11以上、Ubuntuです。

DVDをMP4に変換する

HandBrakeでDVDをMP4に変換する方法

まずはHandBrakeを起動して、DVDディスクを挿入し、変換したいファイルを選択してください。変換後のファイル形式でMP4を選んだら、保存先を決めます。その後、「変換開始」をクリックすれば完了です。

DVD MP4 変換 おすすめソフト3:VidCoder

VidCoderは、DVDやBlu-ray、ISOイメージファイルなどを、MP4・mkv・m4vに変換できるフリーソフトです。映像の中から一部の場面を切り出して変換することや、ノイズ除去、クロップなどの編集をしてから変換することもできます。HandBrakeと同じエンコードエンジンが使用されおり、機能はそれほど変わりませんが、インターフェイスは違います。ただし、VidCoderには日本語版があるため、英語のソフトが不安な方におすすめです。ただし、HandBrakeと同じく、コピーガードがかかっているDVDには対応していません。

動作環境は、windows10・8・8.1・7・Vistaです。

DVDをMP4に変換する

VidCoderでDVDをMP4に変換する方法

初めに変換したいDVDディスクをパソコンに挿入して、映像を取り込みます。取り込むことができたら、「出力パスを選択する」をクリックして、保存先のフォルダを決めてください。その後、メニューから「エンコード設定」を選択して、「MP4」を選びましょう。必要に応じて設定や編集をしたら、「エンコード」をクリックして完了です。

DVD MP4 変換 おすすめソフト4:XMedia Recode

XMedia Recodeは、音声や映像ファイルを他のファイル形式に変換できるフリーソフトです。対応しているファイル形式が多く、マイナーな形式に変換したい際に便利です。また、チャプター編集や音量変更、ノイズ軽減といった機能がついており、映像を自由に編集できます。無料でありながら、さまざまなシーンで活躍するでしょう。ただし、機能が豊富すぎて、動画編集などの知識がなければ難しいと感じる可能性があります。初心者にはあまり向いていないといえるでしょう。また、場合によってはエラーが出て、うまく変換できないこともあるようです。その場合は、ソフトを再起動したりして対���するのがおすすめです。どうしても変換できない時は、別のソフトを利用しましょう。

動作環境はWindows7・8・8.1・10です。

DVDをMP4に変換する

XMedia RecodeでDVDをMP4に変換する方法

初めにDVDディスクを挿入して、「DVDを開く」をクリックしてください。読み込みが完了したら、編集機能が使用できるようになります。「形式」から「MP4」を選択した後に、必要に応じて編集してください。出力ファイルの保存先を決めて、「エンコード」をクリックしたら完了です。

まとめ:ソフトを使ってDVDをMP4に変換しましょう

DVDをMP4に変換することを、難しそうだと思っている方もいるかもしれません。しかし、ファイル形式を変換できるソフトを使用すれば、決してハードルは高くないのです。ソフトによって機能や使いやすさなどは違うので、自分に合うものを見つけましょう。そうすることで、DVDプレイヤーだけでなく、スマートフォンやタブレットでも映像を楽しめます。