VidCoder

1. VidCoderについて

DVD / Blu-ray のソースをMP4、MKV、WMV、AVI、MPEG、MOVなど各種の動画ファイルやMP3、WAV、WMAなどの音声ファイルに変換すれば、移動中DVDやブルーレイのドライブが持っていない場合でも、移動端末があればソースを再生して視聴できます。それに、DVDやブルーレイディスクを動画ファイルに変換して鑑賞したら、DVDに傷や汚れをつけることを避けられます。VidCoderはまさにこのニーズに応じて生んだ代表的な動画変換ツールです。

1.1 VidCoderとは?

VidCoder はWindows用のDVD / Blu-rayリッピング及びビデオ変換コーディングソフトです。HandBrakeと同じエンコードエンジンを使用しますが、HandBrakeに比べるとより簡便でフレンドリーだと評価されます。HandBrakeのエンコードエンジンを搭載した動画変換ソフトで、DVD / Blu-ray、ISO イメージファイル、その他各種動画ファイ��を、H.264 / H.265 / MPEG-4 / MPEG-2 / VP8 / VP9 / Theora 圧縮の MP4 / M4V / MKV に変換することができます。

公式サイト(VidCoderのダウンロード先内蔵)👉 https://vidcoder.net/

VidCoder

VidCoderのメリット:

  • ハードウェアマルチスレッディング対応
  • DVD / Blu-rayや各種動画ファイルをMP4 / M4V / MKV に対応
  • DVDだけでなく、ブルーレイ、ISO イメージファイルリッピングにも対応
  • 機能が多くて、動画内の特定場面のみを切り出して出力可能
  • 動画に字幕を合成して出力可能
  • リサイズ、クロップ、逆テレシネ、インターレース解除、ノイズ除去、ブロックノイズ低減、回転 / 反転、ゲイン(音量増)も調整可能
  • 音声や字幕が複数の場合多重化するトラックを指定可能
  • フレームレート設定可能、高画質出力できる
  • 日本語対応
  • 無料で利用できる

 

VidCoderのディメリット:

  • コピーカード解除不可、コピーカードの付くDVDやブルーレイに対応できない
  • 暗号化される市販・レンタルDVDやブルーレイにも不対応
  • Windowsのみ対応し、Macバージョン無し
  • オーディオ、画質の解像度を元通りに維持するオプションが無い
  • サポートされる出力形式が少ない

1.2 VidCoderの使い方

VidCoderは日本語版だけあり、英語しか表記されないHandBrakeとは違い、既に日本語化されているので、使用上ではかなり便利です。動作環境がWindows XP/Vista/7/8/8.1の32bit OSであれば使用できます。具体的な操作手順は以下のように進んでください。

ステップ 1:公式サイトからソフトをダウンロードしインストールします。

インストールする際、もし「WindowsによってPCが保護されました」という警告が表示すると、「詳細情報」をクリックし、「実行」を押してソフトを起動させます。

ステップ 2:ソースを追加します。

インターフェースの真ん中にある「ここにビデオファイルかフォルダーをドラッグします」という枠に、変換したいDVD / Blu-ray フォルダ/ ISOファイルをドラッグ&ドロップします。ソースを分別にして追加するなら、「動画ファイル」ボタンを押せば動画形式のビデオを選択でき、「DVD / ブルーレイのフォルダー」ボタンを押せばDVDやブルーレイソースを選択できます。

VidCoder

読み込まれた動画のプロパティとプレビュー画像が表示されると、DVD/ブルーレイフォルダー変換の場合、フォルダー名の右にある「タイトル」をクリックして変換対象のタイトルを選択しておきます。

VidCoder

ステップ 3:出力先を選びます。

画面左下の「出力先」枠に「出力パスを選択」ボタンで出力先フォルダを選択します。再変更する時は右にある「参照」ボタンをクリックすればいいです。

VidCoder

ステップ 4:出力フォーマットを選択します。

画面上部の「Encoding settings」ボタンの ▼ をクリックし、変換先のフォーマットを設定します。

VidCoder

例えば、MP4に指定したいと、弾ける枠の「Container」欄で変換先のフォーマットをMP4に選択します。また、ここではサイズ、回転、フィルターなどの設定も行えます。いろいろな設定のオプションがあるので、ここでは詳しく説明さずにして、ご自分での探りを楽しみにしてください。

VidCoder

ステップ 5:ファイルをキュー待ちリストに追加します。

右上の「キューへ追加」ボタンでファイルを変換処理待ちのリストに追加されると、「ピッカー : デフォルト」ボタンで音声、字幕などの設定を行います。

VidCoder

ステップ 6:変換を開始します。

すべての設定が終わると、画面右上の緑の三角形「エンコード」ボタンをクリックすると、ビデオファイルの変換がいよいよ開始します。

それに、多様な機能付きで、各設定ボタンも用意されます。例えば、「チャプター」、「時間範囲」、「フレーム」で場面の範囲を選択でき、「〇/〇 audio track(s)」で音声トラックをチェックでき、「〇/〇 subtitle track(s)」で字幕のチャックと合成、「srt ファイルを読み込む」で字幕のチャックと合成、さらに「編集」により各チャプターのタイトルを編集できます。また、動画内の特定場面のみの切り出す機能を利用したければ、「Time range selection」欄で「Select time range」にチェックを入れ、切り出す場面の再生時間を範囲指定しておきます。

どうでしょう、機能が非常に多いでしょう。お多様な設定が行われると同時に、実際操作する時はちょっと複雑で、分からなくなるときもあります。ソフトが実はそれほど簡単ではなく、初心者にとってはやはり少し難しそうです。それに、使用者体験によると、エラーが出る時も少なくはなさそうで、いろいろで設定をしたが急にエラーが発生する窮境になるのもあります。では、機能がほぼ同じく強くて、VidCoder使い方より簡便的なほかの代替ソフトはありませんか?これからごいくつかをご紹介しましょう。

2. VidCoderの代替ソフトおすすめ 4選

前述1.1の部分で述べたように、VidCoderは、コピーカード解除不可で、コピーカードの付く市販やレンタルディスクに暗号解読できなく、Macバージョンもないため、多くのニーズを満足できないです。多くの人がVidCoderの代替ツールを求めているなか、本記事のこれからの部分ではVidCoder代替ツールを提案したいと思います。

DVDFab DVDリッピング

DVDFab社は17年の研究歴史を経ち、多い経験を積み重ねてきて、DVDやブルーレイ業界の前列に立っています。DVDFab社の切り札に当たるDVDコピーやDVDリッピングは機能性と実用性に富んでいで、DVDやブルーレイ愛好者のの間に人気で欠けてはいけないツールになると目指しています。

DVDを動画ファイルに変換
DVDFab DVDリッピング は最高なDVD iPhone変換やDVD Android変換ソフトとして、DVDをiPhone用・Android用・タブレット用の動画に変換できます。最高なDVD MP4変換、DVD MKV 変換、DVD MP3変換などの変換・リッピングソフトとして、DVDをほかの動画形式に気軽に変換できます。

i  無料ダウンロード   

★ DVDFab DVDリッピングのメリット:

  • DVDディスク、フォルダ、ISOファイルを様々な動画や音声フォーマットに変換
  • 変換速度がほかのソフトの五分の一で素速く、解像度や画質維持度が高い
  • DVDコピーガードを解除可能、暗号化される市販・レンタルDVDに対応
  • 市販DVDのタイトル・シーズン・エピソード番号など各種情報を出力ファイルのメタデータに埋め込み
  • 自由度が高い、機能も多く、内蔵の「動画編集」ツールで出力動画のトリミング、クロップ、回転、水透しや外部字幕の追加、画面の明るさや彩度の調整も可能
  • Enlarger AIと連携し、480pを1080pにアップスケールできる
  • 操作が簡単で、初心者でもすぐに使える
  • フリーバージョンが提供され、30日間の全機能体験版を提供される

ご注意:ブルーレイディスク、フォルダ、ISOファイルの変換はDVDFab blu-rayリッピングにご依頼をお願いします。また、動画ファイルの間での変換は別製品DVDFab動画変換がオススメしますが、実はDVDFabの主な製品が一つのDVDFab12に納めているから、DVDリッピングをダウンロードしておくと、他のフォーマットでの変換機能も利用できます。DVDやブルーレイ以外の動画ファイルの場合、DVDFab12のインターフェース上のツールバーで「変換」のモジュールを選択すればいいです。具体的な操作も大体類似したもので、自分のニーズに合わせて、30日間の無料チャンスを利用してご自由自在にお好きなフォーマットに変換してみましょう!

★ DVDFab DVDリッピングの必要な動作環境:
Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit)
Pentium 500 MHz
メモリー 2GB
20 GBのハードディスク空き容量
DVD-R (W) またはDVD + R (W) ドライブ
インターネット接続環境(アクティベーション / プログラムアップデート等に必須

★ 対応入力フォーマット:
DVDムービーディスク / DVDフォルダー(VIDEO TS) / ISOファイル

★ 対応出力フォーマット:
MP3 / MP4 / M4A / WMA/WMA10 /WAV / AAC / DTS / OGG / PCM / AC-3/E-AC-3 5.1 など、最大7.1ch

            ★下記のボタンを押せばすぐにこの強力なDVD MP4変換ソフトを無料体験できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFab DVDリッピングでDVD・ブルーレイをMP4に変換する方法

ステップ1:ソフトをダウンロードしインストールしてから起動し、DVDディスクをドライブに挿入し、或いはDVDフォルダやISOファイルをインターフェースの真ん中の「+」でドラッグとドロップします。

VidCoder

ステップ2:出力フォーマットを設定します。

ソースが自動的に読み込まれたあと、インターフェースの「他のタイトルを選択」の右にあるイコンに移動して、「他のプロファイルを選択」ー「フォーマット」をクリックすると、好きな動画形式に設定します。

VidCoder

ステップ3:必要があれば動画をカスタマイズ・編集します。

必要としていない方はこのステップをスキップしていいです。「レンチ」ボタンをクリックすると、「詳細設定」パネルで各タイトルのオーディオ、チャプター、字幕が確認可能で、また、出力動画のコーデック、フレームレート、解像度、ビデオ画質などを変更できます。

VidCoder

VidCoder

ステップ4:「開始」ボタンをクリックして、MP4動画への変換プロセスを開始します

画面にプレビューのボタンもあるので、プレビューしたあと問題ない場合、右下にある「開始」ボタンを押して、変換を開始します。進捗も確認できます。画面下部のリストの「状態」に「成功」が表示されたら、変換完了です。

VidCoder

HandBrake

公式サイト👉 https://handbrake.fr/

HandBrakeはVidCoderと同じエンジンを使用していますが、VidCoderよりインターフェースの操作が複雑で、上級者向けの製品です。HandBrakeはDVDディスク、リッピング済みの「VIDEO_TS」フォルダ、Blu-rayディスク、リッピング済みの「AVCHD」フォルダ、Blu-rayやDVDのISOイメージファイルまたは様々な動画ファイルをMP4、M4V、MKV動画ファイルに変換できるツールです。

VidCoder

最大なメリット:対応形式が多く;多彩な機能が搭載。
ディメリット: 本体はDVDコピーガードにほぼ非対応で、ディスクコピーガード解除プラグインが必要としています;操作はVidCoderより複雑で、初心者にふさわしくないです;英語表記で、日本語化されないと不便です。

使用方法について簡単にまとめるとは以下:
①     HandBrakeをダウンロードしてインストールします
②     「変換元」ボタンをクリックし、DVDファイルを追加します
③     「コンテナ」ボタンをクリックして「MP4」形式に指定します
④     「出力先」ボタンお押して出力場所と名前を指定します
⑤     「変換開始」をクリックするとDVD MP4変換を開始します

XMedia Recode

公式サイト👉 https://www.xmedia-recode.de

XMedia Recodeは有名な完全無料の動画変換専用のソフトで、動画ファイルを各種移動端末に合わせた変換が行われる動画変換ソフトです。機能が強いとはそのメリットで、ディメリットに���ると、一つは今になって技術開発チームにより長年にアップデートされなく、不具合やエラが常に発生することです。もう一つはコピーカードを解除できますが、最新版のコピーガードに対応できなくて、DVD変換する時窮境に迫られる場合になります。

VidCoder

最大なメリット:便利な機能が広く搭載され、プロにとっても役に立ちます。
ディメリット:ミス、エラーや不具合な時が多く発生します。久しくアップグレードされていません。

使い方の簡単説明:
①     公式サイトにてXMedia Recodeをダウンロードしてインストールします
②     「ディスク」をクリックし、DVDファイルを追加します
③     変換したいフォーマットや出力先を指定します
④     変換を開始します

VideoSolo 究極動画変換

公式サイト👉https://www.videosolo.jp/video-converter-ultimate/

VideoSolo 究極動画変換はDVDをMP4への変換もサポートする動画変換ソフトです。出力形式は300種以上を持ち、気軽に好きなソースを好きな形式に変換できます。また、画質改善、動画カットなどの基本的な動画編集機能も揃えていると便利です。しかし、VidCoderのようにコピーガード解除機能が搭載しないため、コピーカード解除に不対応し、自分で録画するDVDしか処理できません。レンタル、市販や録画のDVDにたいしては対応できないのが不便です。

VidCoder

最大なメリット:使い方が簡単;基本機能に満足できます
ディメリット:コピーカード解除に不対応

VideoSolo 究極動画変換の使い方:
①   「ディスクをロード」ボタンをクリックしターゲットソースDVDや動画を追加します
②   「プロファイル」をMP4などの汎用形式に設定します。
③    必要とあれば動画を編集し、設定などを調整します。
④ 「変換」ボタンを押してDVDをMP4への変換を始めます。

3. まとめ

以上ではVidCoderの紹介を通じて、そのメリットとディメリット、ダウンロード方法、使い方及びVidCoderがコピーカードに不対応の短所やエラがよく出る状況を説明しました。VidCoderの使い方について少しはご了解しましたか?VidCoderが使用中に分からないことがあったら、使い方に困惑な時があったら、代替できるほかの4つの実用なDVDを動画ファイルに変換できるソフトもご利用できます。その中にDVDFabDVDリッピングが大オススメです!ぜひ自分の状況に応じて、好きなのを選んで自由自在に変換を試しましょう!