1.    DVDFabの優れた点

DVDFab9はDVD/BD のコピー•リッピング、動画変換、DVD 作成を一体化したソフトで、2014年にリリースされて以来人気のメディアソリューションとして人気を集めてきました。今になって最新のDVDFab12がリリースされたとしても、このDVDFab9のバージョンは依然としてDVDFabの愛好者に愛用されています。この古いソフトは一体なんの魅力があるでしょうか?

DVDFab9の機能まとめ

コピー、リッピング、変換、作成の四つの部分に分かられるDVDFab9はDVD/BD/CDメディアソリューションとして、ほとんどのDVDリッピング、DVDコピー作業が行えます。コピーガード解除機能付きで、古いDVD/BD/CDに掛かられた保護から解除し、空白のディスク、ISOファイルあるいはフォルダに自由にコピーできます。コピー作業はもちろん、ビデオを空のDVDに焼き、又はDVD/BDからHDDへのコピーもできます。支持されるフォーマットも業界一ほど多くで、ほとんど全てのデジタルデバイスにサポートするので、リッピングや変換の機能ではお好きなフォーマットを楽しめます。

DVDFab9の一番優れた性能と言えば「初心者でも使いやすい」というのが最大の特長でしょう。機能満載の上、簡潔で洗練としたインターフェイスでの操作も簡単で、いつも好評されています。新版のDVDFab12に比べると、DVDFab9のメイン画面は一切複雑な設定もなく簡潔で、初心者でも一瞬に分かるほど使いやすいです。

2.    DVDFab9のインストール&設定

まずはDVDFab9のインストーラーをウンロードしたファイルをダブルクリックして起動します。セキュリティ上の警告メッセージが出る場合、「実行」ボタンをクリックします。そして以下のようなライセンスのステータスが表示されます。これは左下の「再表示しない」ボタンをクリックすると表示しないようにできます。使用したい機能を選択して、右下の「DVDFabを起動」を押したらインタフェースに入ります。

DVDFab9の機能まとめ

ソフトに入ると、まずは日本語に設定しましょう。右上にある逆三角形をしているボタンをクリックし、一番上の「共通設定」を選択して、「一般」から言語のところに「日本語」設定します。それに、他の基本設定もお好きなように調整できます。それでは、本番のDVD/BDのコピー、リッピングの作業を行いましょう。

DVDFab9の機能まとめ

3.    DVDFab9の主要機能や使い方まとめ

DVDFab9はDVDコピー、リッピング、動画変換、DVD作成という四つ部分に分かられ、各機能をDVD/ブルーレイのソリューションとして活用されます。下記では各機能に分けて一つ一つ展開し、コピーやリッピングの部分を詳しく紹介しながら、変換や作成の部分も説明し、DVDFab9の使い方を見てみましょう!

3.1    DVDFab9でDVD/ブルーレイを空白のDVD/ブルーレイにコピーする

DVDFab9の「コピー」モジュールで、あらゆる種類のDVD、Blu-ray、4K UHD Blu-ray物理ディスクをISOまたはフォルダにコピーするか、空白のディスク/ISOファイル/フォルダに書き込むことができます。ご利用できるコピーモードは以下の8つあります。

  • (1)フルディスク: DVD / Blu-rayディスク、ISOまたはフォルダのすべての内容をコピーして、空きのディスクに直接書き込むか、ISOファイル、フォルダにコピーすることができます。
  • (2)メインムービー: DVD / Blu-rayディスク、ISOまたはフォルダのメインムービをコピーします。
  • (3)カスタマイズ: お好みの内容だけを選択してコピーします。
  • (4)分割 (DVDのみ): 一つのDVD9 ディスクを2つのDVD5 ディスクに分割します。
  • (5)結合: 複数のフアイルを一つのディスク、ISOまたはフォルダに結合します。DVDはDVDと結合し、ブルーレイはブルーレイと結合して、DVDとブルーレイとの混合はできません。   
  • (6)クローン/ライティング: ディスクを1:1の比例でISOにコピーして、またはディスクを複製します。
  • (7)ブルーレイ DVD変換: ブルーレイDVDフォーマットにコピーして変換します。
  • (8)DVD ブルーレイ変換: DVDをBlu-rayフォーマットにコピーして変換します。

それで、DVDFabでDVDを空きのDVD/ISOファイル/フォルダにコピーする方法は大体に以下の通りです。

DVDFab9の機能まとめ

ステップ1:DVDFab9を起動し、上のツールバーの「コピー」モジュールを選択し、左上のモードスイッチャーをクリックしてコピーモードを一つ選択します。
ステップ2: 「追加」ボタンや真ん中の「+」をクリックして、コピーするつもりのDVDソースを光学ドライブに挿入し、数秒後その映画はソフトにロードされます。ソースディスクがちゃんと読み込んだ後、映画をプレビューしたり、ソース情報の詳細を見られます。圧縮比が100%になっている場合は、無劣化コピーが可能になれます。
ステップ3: 左の「出力」に出力形式(DVD5/DVD9)を選択します。また、その上の「詳細設定」タブでは画質などを設定できます。
テップ4: 左下の「保存先」で出力場所を設定します。空白のディスクにコピーする場合は空白のディスクを準備し、フォルダやISOファイルに出力する場合、下記の図のように選択すれば良いです。
ステップ5:右下緑の「開始」ボタンをクリックすると、DVDのコピーが行われます。処理中に、全ての詳細な進捗情報をは見られます。空白のディスクにコピーする場合、進捗状況が100%に達すると、「ディスクを挿入ください」というヒントが現れ、そういうときに新たなディスクを挿入するとそのディスクにメタDVDのコンテンツはコピーされます。

3.2    DVDFab9でDVD/ブルーレイをビデオ形式にリッピングする

DVDFab9はお好きなDVDをMP4、 MOV、MKV、AVI、WMV、FLVなどの様々なビデオ形式に変換できるだけでなく、DVDからオーディオを抽出し、AAC、AIFF、ALAC、MP3、M4Aと WAVのような音声形式に変換することもできます。動画や音声形式のほか、デバイス別に変換しても良いです。iPhone 6、iPhone 6 plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s、iPad Air 2、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad 4、and iPod及びそのほかのデバイスで利用される形式は選ばれ、変換されたビデオ・オーディオファイルをそれらのデバイスで楽しむことができます。

DVDFab9の機能まとめ

DVD/BDをほかの動画形式に変換する方法も簡単です。ソースDVDやBDをロードする方法はコピーの手順のように進めばいいし、ただ出力に関する設定のほうが間違っています。出力形式は「出力」の文字の下にあるタブをクリックして、「フォーマット」「Video」の順でお好きな形式に選択できます。デバイス用の形式に設定する場合、「デバイス」をクリックして選択すればよいです。品質については左の枠にある「詳細設定」にて設定できます。

DVDFab9の機能まとめ

更に、リッピングする場合は、動画を編集することができます。動画のいらない部分をトリムし、アスペクト比をクッロップし、ウォーターマーク・字幕を追加するなど編集の作業がお好きなように調整できます。そして、レビューのボタンを押して効果を確認したら「確認」ボタンを押し、メイン画面に戻り出力場所を設定したら「開始」して動画へのリッピングを始めます。

3.3    DVDFab9で動画を他の動画/音声形式に変換する

DVDFab9ではDVDやブルーレイを変換することだけでなく、動画変換のにも優れています。具体的には、一つの動画形式をMP4、 MOV、MKV、AVI、WMV、FLVなどの様々なビデオ形式に元画質のまま変換できて、しかもオーディオを抽出し、AAC、AIFF、ALAC、MP3、M4Aと WAVのような音声形式に変換することもできます。動画や音声形式のほか、デバイスで観賞用の目的での変換もサポートされるというのは非常に便利でしょう。 そして、ビデオを編集したり、複数の動画ファイルを一つに結合したりすることもできます。 具体な操作は以下のように、難しくはないです。

DVDFab9の機能まとめ

3.4    DVDFab9でビデオをDVD/ブルーレイに焼く

BD/DVDディスクを動画に変換するほか、動画をよりよく保存できるためMP4/MOV/AVI/WMVなどのビデオや動画をDVD/BDに書き込みのもできます。手順としては、ビデオをソフトにロードしてから、ソフトの左側にある「DVD 作成」モジュールをクリックして、DVDかBDに焼きたいのかを選択します。そして、例えば動画をDVDに焼く場合は、DVD5やDVD9を指定して動画をDVDへのライティング作業が行われます。

DVDFab9でビデオや動画をDVDに焼く方法:

DVDFab9の機能まとめ

ステップ1:DVDFab9を起動し、ツールバーから「作成」モジュールを実行します。
ステップ2:指示に従ってDVD/BDに焼きたいビデオをロードして、その同時にDVDライターに空のDVDディスクを挿入します。インターフェースの左側で挿入した空のDVDディスクの出力サイズ(DVD5 など)を選択します。
ステップ3:テンプレートからお好みにより1つのメニューを選択します。DVDに名前を付けて、「次へ」をクリックします。
ステップ4:お好みによりDVDの再生方法を選択して、そして開始のボタンをクリックすれば、ビデオからDVDへの作成の作業を成し遂げます。

4.    DVDFab9のディメリットやエラー・期限切れへの対処法

DVDFab9は2014年にリリスされたソフトなので、市場上の新たなコピーガードにはすでに対応できません。最近の市販DVD/ブルーレイディスクを購入した場合、DVDFab9では保護解除のソリューションとしては使えられないのでご注意ください。新式ディスクを処理する場合は、DVDFabの最新バージョンDVDFab12をご利用ください。

                  下記のボタンでDVDFab12をダウンロードし30日間の無料体験をしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

また、DVDFabは有料のソフトだが、30日の試用期間が提供され、その間は全ての機能を無料で利用できます。DVDFab9の有料版の試用期間(30日)が過ぎると、有料部分の機能に制限がかかります。ソフトの一部の機能はDVDFab HD Decrypterとしてで永久無料で使い続けることが可能で、無料版のDVDFab HD Decrypterの機能のみそのまま無料で利用できます。

5.    まとめ

以上ではDVDFab9のメリット、ディメリット、機能、インストールから各機能での使い方やエラーや無料期限切れの時の対処法まで詳しく説明しました。お手持ちのDVDやブルーレイを最少の手間で完璧に処理したい方はこの詳しいガイドをご利用して、お好きなメディアを楽しめましょう。

ただし、市販DVD/BDなどユーザーに著作権や著作隣接権のないコンテンツのコピーガードを外す複製行為は私的利用・個人利用の用途と見なされず、違法となることをご了承ください。上記ツールの利用は自分で撮影したDVDやBDのコピー・編集など私的利用の範囲内に止め、また他者に譲渡・販売やネットで公開するなどの行為は法律違法になるので、行わないようにしてください。