いよいよDVDFab 12が登場しました。DVDFab 11よりいくつかのセールスポイントがあります。ここでDVDFab 12について詳しく説明します。

長年ソフトウェア開発に専念するDVDFab会社は、全世界で180個以上の国及び地域から数百万のユーザーがいます。そして、2020年10月にバージョン12をアップグレードしました。ここでこの新登場のDVDFab 12についてまとめます。

この記事が長いため、読みたくない場合は、このビデオでDVDFab 12の操作方法を見てください。

パート1:DVDFab 12の新機能

DVDFab 12を全面的にまとめる前に、まず、今回のDVDFab 12の新しい機能を説明します。

DVDFab12の新機能まとめ:

  • 4K BDAVのコピー/変換に対応
  • 新規ユーザーにフレンドリーなランチパッドを追加
  • BDを4K UHDにアップスケール
  • ニーズに合った出力プロファイルを選択
  • AIでビデオを拡大
  • 破損したメディアを復元
  • UIやメニューなどいくつかの細かい部分を改善

そして、技術上での改善点の一つとして、Windowsで高品質のソフトHEVC / H265コーデックでより高速に変換できることです。HEVCは最新のコーデックバージョンにアップグレードすることにより、新しいAMD CPUでDVDソースが50%以上、Intelで10%以上のスピードを上げられます。

1-1. 4K BDAVのコピー/変換に対応

世界初の地デジ録画ディスク(BDAV)コピー・リッピングソフトとして、DVDFab 12はBS4K/CS4K/Sharp/Panasonic/Sonyなど様々な種類の録画デバイスで出力した4K BDAVに対応します。4K UHD Blu-ray レコーダーコピーまたはリッピングソフトにより、4K BDAVをバックアップしたり、一般動画形式に変換したりすることができます。

1-2. 新規ユーザーにフレンドリーなランチパッドを追加

LaunchpadはDVDFab 12の独特のモジュールです。必要な機能を迅速かつ正確に見つけるためのオールインワンポータルです。よく利用されるコピー、リッピング、変換、作成ツール以外、ユーティリティ及び他のDVDFab製品ツールもあります。

DVDFab 12についてレビュー

DVDFab 12についてレビュー

DVDFab 12についてレビュー

DVDFab 12についてレビュー

★ ユーティリティ

UHD ドライブツール:UHDドライブをうまくバックアップします。
DRM 除去 for Apple:FairPlay DRMを削除して、iTunesのメディアを標準のMP4形式に変換できます。DRM除去後、ビデオは制限なしに、複数のデバイスで再生できるようになります。
BDinfo:BD/UHD、ISO、またはフォルダの技術仕様に関するレポートを分析して生成します。
BDFix:リージョンコード、スクリーンパスなどの保護が適切に削除されない場合に発生するリッピングしたBlu-rayの再生問題(例えば、ブラックスクリーン問題)を解決することができます。
ファイル転送:無料で使いやすいツール、DVDFab リモートと一緒に作動して、DVD・BD リッピング/動画変換の変換タスクが終了すると、自動的にパソコンに変換したMP4ファイルをスマートフォンやタブレットなどの機器に無線転送できる製品です。スマホからビデオをDVDFabに追加することもできます。使い方:まず、スマートフォン(iOS / Android)に「DVDFab リモート」アプリをインストールして、PCと電話を同じWiFiに接続します。次に、お使いのPCでDVDFab 11プログラムが動作していることを確認してください。DVDFab リモートアプリケーションを使用して、PCのDVDFabに正常に接続します。
画面録画&編集 for iOS:iOSデバイス画面を録画します。画面録画&編集 for iOSの操作方法も簡単です。

DVDFab 12についてレビュー

★ そのほかの製品

この部分の製品をクリックすると、DVDFabパッケージに関連するDVDFabソフトを起動します。

  • DVDFabダウンローダー:1000以上の動画サイトからビデオやオーディオをダウンロードでき、且つYouTubeから無料でダウンロードできます。
  • DVDFab プレーヤー 6:4K UHDを含むあらゆるディスク・動画を再生でき、映画ライブラリの整理もできます。
  • DVDFab Toolkit:ビデオ/オーディオ/画像などを自由に編集できるワンストップマルチメディア編集ツールボックスです。
  • DVDFab データ復元:HDDに保存されるDVD/BD/4K UHDファイルの破損したデータをバックアップして復元・修復します。
  • DVDFab 写真加工AI:AIを活用して写真加工を行い、写真をより鮮明に見えます。

DVDFab 12についてレビュー

1-3. BDを4K UHDにアップスケール

標準のBlu-ray品質から4K UHD Blu-rayへアップスケーリングすると、視聴体験が大幅に向上します。アップスケーリングプロセス中に各フレームの画質が最適化され、ハードウェアアクセラレーションを利用して変換速度が大幅に向上します。

DVDFab 12についてレビュー

1-4. ニーズに合った出力プロファイルを選択

DVDFab12にプリセット機能でモバイルシアターとホームシアターの両方で頻繁に使用されるプロファイルがプリロードされており、毎回に出力設定をする必要がありません。DVD、(4K UHD)Blu-rayおよびビデオファイルについてプリセットし、モバイルデバイスでもホームシアターでも、ロスレス/高品質のビデオとオーディオを維持し、ワンクリックでファイルを変換できます。

1-5. AIでビデオを拡大

DVDFab AI製品は写真加工AIとEnlarger AI二つの製品があります。Enlarger AIは世界初AI搭載のビデオアップスケーリングソリューション、写真加工AIは深い畳み込みニューラルネットワークを利用して写真の画質を高め、拡大、シャープ、ノイズ除去三つの面で、柔らかく、不安定な写真、モーションブラー、またはピンぼけのある写真を補正します。

1-6. 破損したメディアを復元

破損又は紛失したHDDのDVDデータを復旧するソフトです。データ復元 for DVD/Blu-ray二つの製品が含まれます。PCのバックグラウンドで実行されるため、DVD /(4K UHD)Blu-rayバックアップファイルを定期的にスキャンして、(損傷なし)再生可能であることを確認します。一部のメディアファイルが破損されている場合、またはファイル構造が完全でない場合、データ復元はファイルを迅速かつ安全に修復します。

1-7. UIやメニューなどいくつかの細かい部分を改善

DVDFab 12には、ブルー、ライト、ダーク、365の4つのまったく新しいモダンでエレガントなUIとカラースキームが含まれています。環境によってライトモードとダークモードから最も適したものを選択できます。365ユーザー向けの365カラースキームを設計されます。

UHD / Blu-ray 作成の機能もDVDFab12で強化されており、独自のメニュー背景をカスタマイズできます。メニューの背景として画像、複数の画像、または短いビデオクリップを設定したり、BGMを追加したりすることもできます。すべての字幕トラックを自動的にスキャンし、強制字幕を分離して選択します。

パート2:DVDFab 12の主要機能

DVDFabソフトの主要機能は、コピー、リッピング、変換、作成四つのモジュールがある点は変わりません。

以下、DVDFab12を開きながら、各機能について説明しましょう。

2-1. ◆コピー機能

DVDFab 12ソフトを開くと、「コピー」モジュールで、あらゆる種類のDVD、Blu-ray、4K UHD Blu-ray物理ディスクをISOまたはフォルダにコピーするか、空白のディスクに直接書き込むことができます。コピー機能には以下の10つのコピーモードがあります。

(1)フルディスク: DVD / Blu-ray / UHDディスク全体をISOまたはフォルダにコピーするか、空のディスクに直接書き込むことができます。互換性のために、DVDFab12はUHDディスクを直接焼くことはできません。Blu-ray BDAVにも対応しています。
(2)メインムービー: 複数のタイトルがある場合、メインムービーのみをコピーして、残りの部分はスキップします。Blu-ray BDAVにも対応しています。
DVDFabでソースをロードした後、メイン画面に「他のタイトルを選択する」オプションがあり、別のタイトルを選択してコピーして、ISOやフォルダにリッピングして、または空のディスクに書き込むことができます。
(3)カスタマイズ: ディスクから希望の部分をコピーします。
(4)分割 (DVD のみ): 一つのDVD9 ディスクを2つのDVD5 ディスクに分割します。
(5)結合: 複数のフアイルを一つのディスク、ISOまたはフォルダに結合します。    
(6)クローン/書き込み: ディスクを1:1の比例でISOにコピーして、またはディスクを複製します。Blu-ray BDAVにも4K BDAVにも対応しています。ただし、4K BDAVは ISOファイルなら、ディスクにしかコピーできません。
(7)ブルーレイ DVD変換: ブルーレイをコピーして、DVDフォーマットに変換します。
(8)DVD ブルーレイ変換: DVDをコピーして、Blu-rayフォーマットに変換します。
(9)UHD ブルーレイ変換: UHDディスクをコピーして、標準のBlu-rayフォーマット(1080p)に変換します。
(10)Blu-ray UHD変換: DVDFab 12の新機能、標準のBlu-rayをUHDフォーマットに変換します。

2-2. ◆リッピング機能

DVDFabリッピング機能によって、DVD/Blu-ray/UHDをMP4、MKV、AVIなど一般動画形式に変換することができます。DVDFab 11に比べて、DVDFab12はDVDやBDなどのディスクから変換できる動画のフォーマットはほぼ変わりませんが、動画形式を選択する位置が変わりました。

リッピングしたいソースをロードすると、メイン画面に「モバイル機器(MP4.mobile)」の右の下向き三角形ボタンをクリックすると、ドロップダウンリストにモバイル機器と、ホームシアターとEnlarger AIと他のプロファイル選択とが表示されます。「他のプロファイルを選択」をクリックすると、DVDFab 11と同じなフォーマットリストが表示されます。

リッピングモジュールで対応の出力フォーマットは、通常の動画フォーマットを含む以外、iPhone、iPad、XBOX ONE、PS4、サムスン、LGなどのデバイスに対応のフォーマットも用意されております。

更に、通常の動画フォーマットには、一般動画、3Ⅾ、4k、h265、10ビット、12bit、SDR、8K、Dolby vision、パススルーなどのビデオフォーマットと、YouTubeなどにアップロード用のウェブ最適化フォーマットと、様々なオーディオフォーマットと、SRT字幕フォーマットと、Enlarger AI対応のフォーマットとが含まれます。ちなみに、DVDFab Enlarger AI機能は単独作業できるわけではなく、リッピング機能と変換機能とDVDブルーレイ変換機能のいずれかと連携して動作します。

また、リッピングモジュールで、複数のチャプター、オーディオストリーム、字幕が含まれているDVDやBlu-rayを完全にサポートします。デフォルトで一番長いファイルのタイトルを選択するが、複数のタイトルがある場合は、「他のタイトルを選択」をクリックすれば、好きなタイトルを選択できます。「モバイル機器(MP4.mobile)」のドロップダウンリストで出力したい動画形式を選択できます。右向きの三角形アイコンをクリックすると、出力動画をプレビュー表示できます。

DVDFab 12についてレビュー

レンチアイコンをクリックすると、「詳細設定」パネルに進み、ここで、ビデオの解像度や画質、オーディオのチャンネル、および字幕モードを選択できます。DVDFab 11に比べて、ビデオのパラメーター追加機能が追加されました。ビデオコーデックによく分からない人でも良く分かるように、パラメーターをカスタマイズするリンクも用意されております。

DVDFab 12についてレビュー

ペンアイコンをクリックすると、「動画編集」パネルに進み、動画にテキスト/画像/字幕追加や、回転、クロップ、トリミングすることができます。具体的な操作は操作ガイドビデオで確認ください。タイムラインを拡大/縮小するように調整できます。正確に動画をカットするために、選択部分の開始時間と終了時間の前/後ろ5秒から設定することができます。上半部は入力元と出力元に分けます。編集後の動画は右の出力画面で確認できます。ほぼすべての操作はそのアイコンを見ると操作方法がわかります。少々難しいのはトリミングだと思います。

DVDFab 12についてレビュー

出力先は、相変わらずドライブとフォルダのいずれかを選択でき、YouTubeにアップロードすることもできます。

2-3. ◆変換機能

DVD/BD/UHD以外のある動画形式を別の動画形式に変換する機能です。動画変換の作業方法は、DVDFab 12 DVD Blu-ray リッピングの作業方法とほぼ同じです。チャプターや動画形式の選択、および「詳細設定」部分は、ほぼリッピングの作業方法は同じです。少々違いがあるのは「動画編集」部分です。

DVDFab 12についてレビュー

変換モジュールの「動画編集」パネルでは、「クレジットタイトル」と音楽が追加することができます。リッピングモジュールの「動画編集」で上記二つのオプションがありません。レイアウトも少々異なり、左上の部分には、「クレジットタイトル」と「テキスト」と「音楽」と「画像」に分け、それぞれの部分でプリセットされたオプションがいくつか用意されております。クロップやトリミングなどの操作はリッピングのと同じです。

DVDFab 12についてレビュー

2-4. ◆DVD/BD/UHD作成機能

一般動画をDVD/BD/UHDに焼くするために使える機能です。DVDFab 11の作成モジュールと同じ、DVD 作成、Blu-ray 作成、UHD 作成三つの作成モードが用意されます。

DVDFab 12についてレビュー

その中で、DVDに焼く操作とBlu-rayに焼く方法は、出力ディスクが違う点のほかに、ほぼ同じです。オーディオと字幕を選択でき、「詳細設定」パネルでボリュームラベルと出力サイズと、画質を設定することができます。メニュー設定機能により独自のディスクを作ることができます。出力先は、ドライブのディスクに保存するか、ISO又はフォルダとしてHDDに保存します。

DVDFab 12についてレビュー

4K UHDに焼くする場合は、「詳細設定」部分で処理モードというオプションが提供され、「変換」又は「パススルー」のいずれかを選択できます。パススルーモードはBD100出力のMKV/M2TS HDR/ドルビービジョンビデオファイルを処理する場合にのみ使用できます。

DVDFab 12についてレビュー

パート3:DVDFab 12のダウンロード&インストール&設定&購入

ダウンロード:

        下記のボタンを押せばすぐにDVDFab12をダウンロードし無料体験できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

インストール:上記のリンクからDVDFab 12ダウンロードパッケージをダウンロードしてからダブルクリックして実行し、そして「クイックインストール」をクリックしてインストールします。完了したら「今すぐ起動」をクリックして起動します。

設定:DVDFab12を起動後、右上の衣服アイコンをクリックしてソフトスキンを変更できます。ブルー、ライト、ダーク、365スキンこの四つの斬新なUIが提供されます。

DVDFab 12についてレビュー

スキン設定の右の「設定」(下向きの三角形アイコン)をクリックすると、言語などの共通設定や、miniに切り替え、認証・認証を取り消す、ログフォルダなどを設定できます。ここで共通設定について少し説明します。

DVDFab 12についてレビュー

共通設定:

ここで一般設定、ドライブ、DVD、Blu-ray、ストリーム、変換についてそれぞれ多くのオプションが提供されます。例えば、「一般」設定には、言語設定、出力先設定、DVD/BD/UHDリッピング/変換/enlarger AIなどのプロファイルの設定などいろいろ設定できます。ドライブではI/Oモードやライティングエンジン、DVD/BDではそれぞれが解除できる保護などいろいろ設定できます。

DVDFab 12についてレビュー

DVDFabの購入流れはここを参照してください。

DVDFab オールインワンはDVD / Blu-ray /UHD /動画 /画像などのすべてのメディアのニーズを満たす多機能のオールインワンソフトです。
機能:
1. DVD / Blu-ray /UHD /コピー&変換&作成
2. 動画変換&編集
3. 4K Recorder/Blu-ray Recorderコピー&リッピング
4.Cinavia除去、DRM除去
5.DVD から Blu-rayへ、Blu-ray から DVDへ、Blu-ray から UHDへ、UHD から Blu-rayへ変換可能
6.他の機能、例えば、画面録画&編集 for iOS、Hi-Fi 音声変換、Enlarger AIなど
対応OS:
Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit) Mac OS 10.7 - 10.15
詳しく:https://ja.dvdfab.cn/all-in-one.htm

 

         下記のボタンではDVDFab All in one を購入できます👇

  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証
  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証

以上、DVDFab 12のレビューでした。オールインワンのほか、すべての製品は30日間での無料全機能体験ができますので、ぜひ自分のニーズに合わせてご利用になってください。