記録容量や画質では、DVDがブルーレイに比べものになりませんが、DVDのほうがお手頃価格で入手可能で、ブルーレイプレーヤー、DVD再生機、ゲーム機などの数多くの機器で軽く手軽に利用できるため、今でもDVDを愛用する人は少なくありません。

しかし、DVDの劣化や損傷の原因で、ディスクに保存した貴重なデータが読み込めなくなることがあります。それを避けるために、DVDのバックアップを作成することをお勧めします。このページでDVDコピーの記事、DVDメディアの種類、DVDコピーガードの種類、DVDコピーガード 解除 ソフト、DVDコピー・DVDリッピングの方法、DVDコピーの違法性、よくある問題などのDVDコピーについての情報をまとめて解説します。

1. DVDとは?

DVDとは、Digital Versatile Disc(デジタル・バーサタイル・ディスク、ディー・ブイ・ディー)の略で、小型で映画または他のデータを保存するために使用される光ディスクです。 デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種です。DVDディスクは0.6mm厚、直径12cmのポリカーボネート製の円板を2枚、張り合わせたものであり、サイズはCD(コンパクトディスク)と同サイズであり、DVD-Videoだけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージとしても使用されます。

DVD コピー

一般の12㎜DVDディスクの記録容量
片面一層 4.7GB(DVD5)
片面二層 8.54GB(DVD9)
両面一層 9.4GB
両面二層 17.08GB
になります。

2. DVDメディアの種類

DVDには、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD+R、DVD+RWなどの種類があります。DVD + R、DVD+RWはPhilips、Sony、Dell、Yamahaなどでサポートされているフォーマットで、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMはPanasonic、東芝、Apple、Hitachi、NEC、Pioneer、Samsung、Sharp及びDVDフォーラムでサポートされています。以下の内容を読んで、それぞれの特徴を覚えて、上手に使い分けましょう。

DVD コピー

DVD-ROM(読み出し専用型):DVDにコンピュータ用の読み取りファイルを記録したもので、容量は一層タイプが片面4.7GB・両面9.4GB、2層タイプが片面8.5GB・両面17GBです。書き込み型DVDに比べてはるかに経年化学変化の影響は受けにくい。

DVD-R(追記型):一度だけの書き込みが可能。DVD Recordable Discの通称。ライトワンス型の記録型DVDフォーマットです。容量は片面で4.7GB、両面で9.4GBです。一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。量産効果により価格が最も低く、PC用としてはDVD-RAM/RやDVD-RW/Rといった両対応ドライブが登場しCD-Rに代わるものとして広く普及しています。

DVD-Rで記録されたディスクは、一般的なDVD-VideoやDVD-ROMドライブで再生出来る可能性(互換性)が最も高いが、かなり古い初期(1990年代)のDVDプレーヤーだと再生できない場合が多いです。

DVD-R DL(追記型):一度だけの書き込みが可能。DVD-R DL (Dual Layer) は1層タイプのDVD-Rを発展させたもので、片面に2層記録が可能です。容量は片面で8.5GBです。初期は+DLに比べて記録速度が遅くシェアも低かったですが、現在では速度では+DLに並びほとんどのドライブで対応しています。

DVD-Rと同じ、一回だけ記録することができます。

DVD-RW(繰り返し記録型):DVD-RWはDVD ReWritable Discの通称で、容量は片面4.7GB・両面9.4GBです。DVD-RWは互換性を重視して、主に動画の記録編集用として開発されました。そのため、DVD-RWで記録されたディスクは読み取り専用のDVD-ROMドライブでも読み出すことが可能であることが多いです。

DVD-RAM(繰り返し記録型):Digital Versatile Disc Random Access Memoryの通称です。読み書き可能なフォーマットであり、内部でさらに細かい仕様の分類があり、容量は片面1.46 - 4.7GB、両面2.92 - 9.4GB。

DVD-Videoとの互換性がないので、DVD再生専用プレイヤーやDVD再生対応ゲーム機などで対応機種が少ないです。専用のドライブが必要です。

DVD+R(追記型):ライトワンス型の記録型DVDフォーマットで、一度だけの書き込みが可能。DVD+Rで記録されたディスクは一般的なDVD-VideoやDVD-ROMドライブで再生が可能です。DVD-Rよりも互換性は高くなります。

DVD+R DL(追記型):一度だけの書き込みが可能。DVD+R DL (Double Layer) はDVD+Rを発展させたもので、片面に2層記録が可能です。DVDプレーヤーでの再生互換性が一般的には高まることが知られています。

DVD+RW(繰り返し記録型):容量が4.7GBのDVD-R一枚に収める映像の時間は映像の画質にもよりますが、標準画質の場合は133分までの映像を収めることができます。正式名称はplus RWで、書き込み可能回数は1,000回以上です。高速記録が特長の一つです。また、互換性も高まるとされます。

3. DVDコピーガードの種類

自家製のDVDなら、制限なく簡単で自由にコピーできますが、市販DVDの場合はそう上手くはいきません。なぜなら、市販のDVDには常にその著作権を保護するためのコピーガードが施されているからです。コピーガードとは、DVD・CD・VHS・ゲームソフト・アプリケーションソフトなどのメディアにおける無断複製を防止し、著作権を保護するための仕組みです。「コピーコントロール」「コピープロテクト」「コピー制御」などともいいます。

以下は、各種類のDVD コピーガードについて詳しくご紹介します。

dvd コピー 違法


CSS:昔からある一般的なDVDコピーガードです。販売されているDVD、レンタルDVDの違法コピー、配布及び視聴を防ぐために使われています。

ARccOS:ソニー独自のプロテクション技術で、通常のDVDコピーガードより強力です。DVDのデータ内に不良セクターを埋め込むことで、コピー時の読み込みをエラーにさせるという仕組みです。ディズニーやピクサーなどのDVDはよくARccOSがかかっています。

APS:APSはマクロビジョンが開発した、アナログコピーを防止するための規格です。DVDビデオを録画すると、DVDの録画画面にノイズを発生させる仕組みです。

UOP:User Operation Prohibitionsの略語で、ユーザー操作禁止の意味です。市販のDVDに掛けられて、主に著作権表示やFBI警告などに使用されています。

RipGuard:マクロヴィジョン社が開発したプロテクトです。ARccOS同様、エラーとなる領域を記録しておくことで、コピー時の読み込みエラーを誘発させる仕組みです。

RC(リージョンコード):DVDによって再生できる地域を区分するコードで、再生するDVD とプレイヤーのコードが一致していないと再生できない仕組みです。

容量偽装:DVDの中にダミーの映像ファイルをたくさん埋め込み、容量自体を偽装する技術です。

CPRM:デジタル放送のコピー・ワンス(1回のみ録画可)の映像をDVDに録画した後に、別の記録メディアにデジタルコピーできなくなる著作権保護技術です。

Cinavia:オーディオトラックに埋め込まれたウォーターマーク(電子透かし)です。主にBlu-ray Discで採用されているコピーガードの1つですが、現在多くの市販DVDディスクにも使われています。保護されたBlu-ray/DVDビデオの不正コピーや再生を検知して、Cinaviaメッセージが出て、音声をミュートするコピー制限です。

AVコピーガード:AVメーカーのDVDには通常のDVD コピーガードより強力で特別なコピーガードが付いています。AV DVDのコピーガードがよく更新されます。一般的なDVDリッピングソフトがAVのコピーガードを解除できません。

そこで、上記コピーガードのすべては、さまざまな用途のためにDVDをコピーしようとするあなたの行く道を塞いでしまいます。しかし、心配する必要はありません。これからコピーガードを完全に取り除き、Windows 10/MacでDVDを簡単にコピーできる最高のDVDコピーソフトについてご説明します。でも始める前に、市販DVDのコピーが違法かどうかをご紹介致します。

4. DVDコピーは違法?それとも合法?

国によっては、CSS、APS、または他のDVDに施されたコピーガードを迂回することは違法であるため、DVDをコピーする行為はデジタル著作権法に違反するリスクがあります。ただし、ある国には購入したものに対処するすべての権利は人々にあり、コピー権を侵害してはいけないと法律で定められています。それは、個人的な使用のためにDVDのコピーガードを解除してコピーすることができると示されていますが、頒布または商業的目的で著作権で保護されたDVDの複製を作ることが禁止され、著作権で保護されたコンテンツを広める行為自体は違法です。「DVDをコピーすることは合法ですか」という質問に関しては、まず所在国の法律を参照してから、コピーを作成する目的について考えておきましょう。

ご注意:2012年10月以来、個人的な範囲でCSS、APSまたはDVD上のその他の暗号化(コピーガード)を解除して、DVDをコピーすることは違法になりました。今のところ処罰はありませんが、自分は自分の行為に責任を持つべきです。

5. DVDコピー・リッピングソフトの選択基準

DVDコピーソフトを選択する時に、考慮すべき要素が以下のとおりです。

使いやすさ 優れたDVDコピーソフトは、初心者でも簡単に操作できる、シンプルで直感的なユーザーインターフェイスを備えています。
コピーモード 優れたDVDバックアップソフトは、DVDを1:1の比率で圧縮せずにコピーするだけでなく、DVDをより小さいサイズに圧縮する機能も備えている必要があります。
コピー速度 DVDはBlu-rayムービーほど大きくはありませんが、ディスクから5 Gまたは9 Gに近いコンテンツをコピーするには、時間がかかります。DVDディスクのコピーに1〜2時間以上費やしたくないでしょう。
出力品質 お気に入りのDVDムービーの完全なコピーを取得する場合は、出力品質が重要です。優れたDVDコピーソフトは、オリジナルの1:1コピーに近い品質のファイルを出力して、最小限の品質損失でDVDを圧縮してコピーすべきです。
入力や出力フォーマット DVD-5、DVD-9の基本的な入力・出力フォーマット以外に、DVDコピーソフトはISOファイルまたはDVDフォルダーを入力・出力する機能を持ったほうがいいです。
カスタマイズツール 優れたDVDコピーソフトは常に、DVDをユーザー自分のやり方でコピーするためのカスタマイズツールをいくつか提供しています。例えば、ビデオから必要な部分のみを選択してコピーする、字幕や音声を設定する機能など。


まとめ:DVD Shrink、DVD Decrypterは定番のDVD コピーフリーソフトですが、数年前開発が停止したので、最新のDVDのコピーガードに対応できません。それに対して、DVDFabのDVD DVD コピー製品は上記で挙げたすべての基準を満たして、市販DVDやレンタルDVDに掛けられている各種類のコピーガードを解除して、DVDビデオを簡単に空のディスク/ ISOファイル /フォルダにコピーできるので、強くお勧めします。以下ではDVDFabのDVD コピー製品について詳しくご紹介します。

6. DVDコピー・リッピングソフトおすすめ

では、前文に述べたDVDコピーガードを解除できるフリーソフトを利用するのはいかがでしょう?DVD Decrypterは大抵有料のものですが、本気を出せば、無料のDecrypterも見つけられます。しかし、インターネット上で探しているとき、いくつかの詐欺事件に巻き込まれることを十分ご注意ください:無料ソフトのふりをしていながらも、実際はあなたのコンピューターに被害を与えるマルウェアであるかもしれないし、無料の復号化機能を提供していると言いつつも、本当は有料版を購入しないとDVDを復号化できないこともあります。

現に、たとえ本当にDVDを復号化できる無料のDVDコピーガード解除ツールだとしても、多くの機能が制限されていることは間違いありません。

DVD コピーフリーソフト - DVDSmith Movie Backup

DVDSmith Movie Backupは、「DVD Region + CSS Free」というコピーガードしか除去できず、完全に無料で古いDVD復号化プログラムです。それは多くの新しい保護手段に対応できず、処理できるのがほんの一部だけの古い市販DVDムービーに限定されると意味しています。しかも、DVDをハードドライブにバックアップすることぐらいしかできません。

DVD コピーフリーソフト - DVDShrink

DVDShrinkは、Neroの助けを借りて、暗号化されたDVDをDVDディスクにバックアップするための無料のWindows復号化ツールです。しかし、DVDShrinkと同じく、ARccOS(TM)やRipGuardのような新しい構造を持つコピーガードを含め、あらゆる種類の保護手段に対応することは極めて困難です。ほかの無料DVD コピーソフトにも同様の欠点があります。

DVD コピーフリーソフト - DVDFab HD Decrypter

すべてのDVD コピーフリーソフトのうち、DVDFab HD Decrypterは、間違いなくNo.1にランク付けされるべきです。DVDFab HD Decrypterは、100%無料のDVDディクリプターで、他の無料ツールをさまざまな面で遥かに凌駕しています。

対応OS: Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit) macOS 10.7 - 10.15

主な機能と特徴:

① .  DVDFab HD Decrypterでは、市販のDVDだけでなく、市販のブルーレイやテレビ番組を録画したブルーレイディスクも復号化してコピーできます。それを使えば、1年以前にリリースされたBlu-rayとすべてのDVDをコピーすることが可能になります(成人向けDVDおよび複数のVTSで保護されたDVDを除く)。

② . DVDFab HD DecrypterはDVD/Blu-rayをハードドライブに保存できるDVD・Blu-rayフォルダ/ISOファイルにコピーするだけでなく、ImgBurnまたはNero Burning ROMを使用してDVD/Blu-rayを空のディスクに書き込む機能も備わっています。

dvd コピー 方法

③ .  DVDFab HD Decrypterでは、よく使われている2つのコピーモード - フルディスクとメインムービー  を提供しています。また、お好みの出力オーディオトラックと字幕を指定したり、チャプターを選択したり、ビデオソースをプレビューしたりすることなど、高度なオプションが多数搭載されています。

dvd コピー フリーソフト

④ . DVDコピー、Blu-ray コピーの機能以外に、DVD リッピング(MKVパススルーとMP4.Free)、Blu-ray リッピングと動画変換の一部の機能も無料で提供しております。

⑤ . コピーするチャプターやタイトルの指定、字幕や音声の設定、タイトル編集、プレビュー、ボリュームラベルや出力サイズの設定ができます。

最後に、この無料のDVDディクリプターは、WindowsとMac両方のユーザーが直感的に操作できる綺麗で多言語のインターフェースを提供しています。

DVD コピー有料ソフト - DVDFab DVD コピー

無料のものとは異なり、市場では物凄い数の有料DVD コピーソフトが提供されています。DVDFab DVD コピーのようなDVDディクリプターは、CSS、RC、RCE、APS、UOP、ARccOS、RipGuardなど、既知のすべてのDVDコピーガードを解除するのに超強力です。ちなみに、DVDFab DVD Cinavia 除去およびDVDFab DVD コピーを利用すれば、頑固なCinavia透かしを除去することもできます。コピーガード解除機能に加えて、有料のDVD Decrypterには常に他の便利なコピー機能が付属しています。

例えば、DVDFab DVD コピーはユーザーが自由に選択できるいくつかの高度なオプションを提供しています:6つのコピーモード、複数の出力サイズおよび3種類の出力形式など、ただのDVDコピーガード解除ソフトだけでなく、Windows/Mac用の完璧でプロ級のDVDコピーソフトでもあります。次の部分では、この有料DVDコピーツールの多彩な機能を中心にご紹介します。

DVDFab DVD コピー - 簡単、高速かつ多用途

DVDFab DVD コピーはあなたが選択できる最も強力なDVDコピーツールで、前文に挙げたすべての基準を満たしており、あなたのあらゆるニーズに応えるのに十分なほど簡単、高速かつ多用途です。

DVDFab DVDコピーは市販やレンタルDVDに掛けられているあらゆる種類のコピーガードを解除して、DVDデータをDVD+ R/RW、DVD-R/RW、DVD+R DLなどの空のDVDディスクに焼き込むか、DVDビデオをISOイメージファイル/ファイルフォルダーにリッピングすることができます。また、1:1の比率でDVDをクローンして無損失の出力DVDファイルを取得したり、DVD9をDVD5に圧縮コピーしたりすることが可能です。

対応OS: Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit) macOS 10.7 - 10.15

 
 

このコピーツールには非常に豊富の機能が備わっているとは言え、DVDFab DVD コピーの使い方は決して複雑ではありません。その現代的で直感的なインターフェースデザインは、初心者でも簡単に使用方法を習得できるように、すべての主要機能がメイン画面に表示されています。詳しい使い方については、次のステップに進みましょう。

7. DVDFab DVDコピーを使用してDVDをコピーする方法

DVD コピーツールの使用手順はよく似ています。通常であれば、まずコピーモードを選択してから、DVDソースをロードして設定をカスタマイズし、最後に「開始」ボタンをクリックする必要があります。煩雑なシステムで利用者方の手を煩わせないように、DVDFab DVD コピーも同じステップで進められます。

ステップ1:DVDFabを実行して、コピー機能を選択して、コピーモードを選択します。

DVDFabをダウンロードして、PCにインストールしてから、実行します。トップメニューから「コピー」機能を選択して、DVDFabのロゴの下にある矢印をクリックして、コピーモードを選択します。利用可能なコピーモード:フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、分割、結合、クローン/ライティング

dvd コピーソフト

フルディスク:ディスクを丸ごとコピーまたはDVD-9(片面二層)をDVD-5(片面一層)に圧縮コピー
メインムービー:メインムービー(本編)だけが自動的に選択されてコピーされる
カスタマイズ:タイトル、チャプター、オーディオ(音声トラック)、字幕などを自分で指定してコピーする
分割:1枚のDVD-9(片面二層)を2枚のDVD-5(片面一層)に出力する
結合: 複数枚のDVDを1枚のDVDにまとめる
クローン/ライティング: まったく同じディスクを無劣化コピー

つまり、DVD9をDVD5に圧縮コピーをしたい場合は、「フルディスク」か「メインムービー」を使用するのをお勧めします。一方で、1枚のDVD-9(片面二層)を2枚のDVD-5(片面一層)に出力したい場合は「分割」を選ぶべきです。

ステップ2:コピーしたいDVDを読み込みます。

DVDディスクをドライブに入れる、DVDFabが自動的にDVDコンテンツを読み込みます。DVD ISOファイルまたはフォルダをコピーしたいなら、「+」をクリックして、そのDVDファイルやフォルダを追加してください。

ステップ3:出力DVDを設定します。

インタフェースでタイトルの変更、出力ビデオのプレビューと出力サイズ(DVD5またはDVD9)の選択ができます。出力ボリュームラベルを編集するには、レンチのアイコンをクリックして詳細設定画面を開く必要があります。

画面の下部にある「出力先」へ出力DVDの保存先を設定できます。DVDディスクを空のディスクに書き込むには、DVDドライブをパソコンに接続して、書き込み用のディスクを入れてから、「出力先」の右にある逆の三角形をクリックして、ドロップダウンリストからそのドライブを選択してください。DVDをISOファイルやフォルダにリッピングする場合、ISOやフォルダのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択してください。

dvd コピー 仕方

ステップ4:DVDコピーを開始します。

保存先を設定した後、「開始」ボタンをクリックして、DVDコピープロセスを開始できます。処理中、コピーの進捗状況をが表示されます。

dvd コピー 有料ソフト

さて、今回の記事では、DVD コピーに関するすべてのことをご紹介しました。ここで、いくつかの有用な知識を学び、良いDVD コピーツールの選び方や自らDVDコピーを作る方法を身に付けていただければ幸いです。さあ、自分なりのやり方で、お気に入りのDVDをバックアップしてみましょう。