目次

freemake dvdコピー公式ページ

最近は、DVDデータをMP4に変換して、スマホなどのデバイスに入れるのが当たり前になっていることもあり、DVDをコピーするという用途は減ってきています。そのせいか、今まで利用できたソフトが配信停止になったり、DVDコピーに関する機能のみ削除されたりという現象も起きています。

しかし、自作DVDや番組DVDなどのコピー需要は多く、使いやすく優秀なDVDコピーソフトを求めるニーズは少なくありません。

そこで、今回は無料で利用できるDVDコピーソフト「Freemake DVDコピー」の使い方と、他社製ツールとの比較について、機能、価格、使い勝手の面から解説していきたと思います。

Freemake DVDコピーとは

Freemake DVDコピーは、Windows専用に作られた無料のDVDコピー・リッピングソフトで、「Freemake Video Converter」に搭載された機能の一部となります。基本的には無料で利用できるものの、全ての機能を利用するには有料登録する必要があるので注意が必要です。(無料版と有料版の違いについては、後ほど詳しく解説します。)

●Freemake DVDコピーの主な機能

  • DVDコピー・リッピング
  • メニュー付きのDVD作成
  • DVD動画編集(カット、動画の回転・反転、オーディオデータの追加、字幕データの追加)
  • ISO、AVI、MP4、MKVへの変換
  • 動画共有サイトからの動画ダウンロード
  • コピーガード解除機能

※コピーガードを解除できる範囲は記載されていないため、どのプロテクトを解除できるかは未知数です。

Freemake DVDコピーのライセンス(有料版・無料版)

Freemake DVDコピーには、サブスクリプション・永久有料版と無料版の二種類があり、DVDコピー以外の機能も利用したい場合には、有料版を購入する必要があります。(無料版で一通りのDVDコピー機能を利用できます。)

●無料版で使えない機能

  • DVDデータへの字幕追加機能
  • 動画編集機能
  • 通常より4倍早いリッピング
  • 動画共有サイトからの動画・音声ダウンロード機能
  • DVDライティング(複製できない)

基本的にFreemake DVDコピーで利用できる機能は、無料版でもほとんど使えるため、リッピング速度が遅い点、ライティングできない点といったデメリットを省けば、無料版で必要十分と言えます。

また、ライティングに関しては、別途「ImgBrun」などを利用することで対策ができるため、あまりデメリットにはなりません。後ほど「使い方」でライティング方法などもご紹介します。

●サブスクリプション・永久有料版の価格

freemake料金とプラン

Freemake DVDコピーには、無料版以外に、一週間の試用版というものが存在していますが、DVDをコピーするという観点ではこのバージョンを利用する必要はありません。

  • 1週間試用版:0.95$(約110円)
  • 一ヶ月ライセンス:19.95$(約2,310円)
  • 永久ライセンス:59.95$(約6,940円)

Freemake DVDコピーは、Freemakeシリーズの機能の一部なので、有料版になることによって受ける恩恵はそこまで多くありません。上の写真では、DVDコピーに使える機能としては、変換速度、書き込み機能、字幕エディタ、動画編集などが該当します。ただ、ライティングは別ソフトで代用できますし、DVDコピーに高度な編集をする場合は、別途有料編集ソフトを利用した方が総合的にはいいかもしれません。

Freemakeで動画ダウンロードや編集をメインに使う人であれば、有料版の購入はオススメです。

Freemake DVD コピーの動作環境

  • 対応言語:日本語対応
  • 対応OS:Windows Vista以降Windows10対応
  • CPU :OS基準
  • RAM:2GB以上
  • DVDドライブ:DVD-RWドライブ以上

●対応ファイル

  • 入力:DVDディスク、ISOイメージファイル、DVDフォルダ
  • 出力:DVDコピー、ISOイメージファイル、DVDフォルダ、AVI、MP4、MKV、mpg

多くの形式とデバイスに対応しています。

freemake対応形式一覧

Freemake DVDコピーのインストールと使い方

実際にFreemake DVDコピーをダウンロードして、インストールを行なってみましょう。

ダウンロードは、下記のURLから行ってください。

公式HP:https://www.freemake.com/jp/free_dvd_copy_software/

※Macでは利用できないので、ダウンロードは必ずWindowsで行いましょう。

Freemake DVDコピーのインストール方法(Windows)

1.公式HPを開いたら、「無料ダウンロード」からFreemake DVDコピーのダウンロードを行ってください。

freemake dvd コピーダウンロード

2.ダウンロードが完了したら「.exe」ファイルをクリックして、ダウンローダーを開きます。

3.セットアップウィザードで「次へ」をクリックし、「フルインストール」を選択して「次へ」をクリックします。

freemake インストール

4.「セットアップウィザードの完了」が表示されたら、「完了」をクリックしてインストールを終了します。

インストールの時点でエラーや問題が発生してしまうようであれば、ダウンロードする時点からやり直してください。また、OSが対応しているかなどもチェックしましょう。

Freemake DVDコピーでDVDをISOファイルにする

ここからは、実際にFreemake DVDコピーの使い方をご紹介していきます。

1. Freemake DVDコピーを起動すると、メニュー画面が表示されるので、画面上部にある「DVD」をクリックして、DVDドライブを選択します。

※あらかじめ、ドライブにコピーしたいDVDをセットしておきましょう。

freemake DVDセット

2.ドライブを選択すると、DVDの読み込みが開始され、DVDのタイトルが表示されます。DVDをそのままコピーする場合は「OK」をクリックして進んでください。

※メインムービーのみ、チャプターのみコピーしたい場合は、タイトルを選んで「OK」をクリックします。

freemake dvdタイトル選択

3.コピーするタイトルを選択したら、「DVDタイトル」を設定し、保存先を指定して「変換」をクリックします。

※DVDコピーの場合は、自動的にISOイメージファイルでの出力となります。

Freemake isoとしての出力

4.変換が完了したら、ISOファイルをDVDにライティングするために別のソフトを利用します。

ImgBrunを使ってISOファイルをDVDに書き込む

ダウンロードサイト:https://fileforum.com/detail/ImgBurn/1128426215/1

インストールと使い方:https://www.gigafree.net/media/writing/imgburn.html

1.上記より「ImgBurn」をダウンロードしてインストールしてください。

2. ImgBurnを起動して、「イメージファイルをディスクに書き込む」をクリックします。

ImgBurn

3.画面左上にある「入力元」のフォルダアイコンをクリックして、先ほど作ったISOファイルを指定します。

4.ドライブにブランクDVDをセットし、「出力先」をDVDがセットされているドライブに指定します。

5.画面左下にあるディスクのアイコンをクリックすると、DVD書き込みが始まります。

ImgBurn 設定

6.メロディと一緒に「Operation Successfully Completed!」という表示が出たら、DVDの書き込みは完了です。再生できるかどうかを、DVDプレーヤーなどでチェックしてください。

※書き込み速度やDVDによっては書き込みに失敗する可能性もあるため、対応DVDと書き込み速度に注意しください。

Freemake DVDコピーとDVD Fab DVDコピーの比較

dvdfab dvd コピー

公式ページ:https://ja.dvdfab.cn/dvd-copy.htm

Freemake DVDコピーと同じように、無料版と有料版で利用できるDVDコピーソフトに「DVD Fab DVDコピー」があります。Freemake DVDコピーとDVD Fab DVDコピーではどんな違いがあるのか、徹底比較していきます。

Freemake DVDコピーとDVD Fab DVDコピーの費用比較

●Freemake DVDコピーとDVD Fab DVDコピー無料版比較

Freemake DVDコピーは、ライティング機能が使えないなどの限定的な制限はあるものの、事実上無料でDVDコピー・リッピングを行うことが可能です。それに対し、DVD Fab DVDコピーは機能無制限で利用できるものの、30日間しか利用できないという特徴があります。

両者を比較すると、無料で長期間使いたいならFreemake DVDコピーがオススメということになります。

●Freemake DVDコピーとDVD Fab DVDコピーの有料版比較

・1ヶ月:Freemake DVDコピー約2310円(19.95$) ・DVD Fab DVDコピー4719円

・1年間:DVD Fab DVDコピー7049円

・永久ライセンス:Freemake DVDコピー約6940円(59.95$)・DVD Fab DVDコピー10029円

1ヶ月、永久ライセンス共にFreemake DVDコピーの方が安いですが、DVDコピー機能に関してはほとんど変わらないため、「DVDコピー」に限っては、DVD Fabの方がいいと言えるでしょう。YouTubeなどの動画をダウンロードして編集したいなどの用途がある場合は、Freemake DVDコピーにもメリットがあります。

Freemake DVDコピーとDVD Fab DVDコピーの機能比較

製品ページ:https://ja.dvdfab.cn/dvd-copy.htm

●Freemake DVDコピーの機能

  • Windows対応
  • DVDコピー・リッピングに対応(ISO、DVDフォルダ、AVI、MP4などへの変換機能)
  • コピーガード解除機能(簡易的)
  • DVDの簡易編集、メインムービー、チャプター抽出、
  • メニュー付きのDVD作成

●DVD Fab DVDコピーの機能

  • Windows/Mac対応
  • DVD-9(2層)からDVD-5(1層)への圧縮
  • CSS、UOPs、APS、RC、DADC、Disney's Fake、リージョンコードの解除機能(アダルトDVD対応)
  • 6種類のコピーモード(フルディスク、メインムービー、クローン/ライティング、結合、分割、カスタマイズ)
  • メタ情報を検索して.nfoファイルを生成
  • 独自サーバーによる最新コピーガードへの対応

「DVDコピー」という機能に関しては、DVD Fab DVDコピーが圧倒的に優れていると言えます。Freemake DVDコピーはコピーガード解除機能があるものの、最新のコピーガードに対応していない点や、有料版でもDVDに特化した機能が少ない点から(DVDメニュー機能などは優れている)、機能面ではDVD Fabの圧勝と言えるでしょう。

Freemake DVDコピーとDVD Fab DVDコピーの使い勝手比較

DVDコピーの使い勝手に関しては、どちらも甲乙つけ難い部分があります。Freemake DVDコピーは機能面で劣るものの、視認性が高く、初心者が使っても簡単に利用できるほどわかりやすいUIになっています。

DVD Fabに関しては、使いやすいものの、ウィンドウの色が若干見にくく、初心者に使いやすいかと言われると、Freemake DVDコピーの方がとっつきやすいかもしれません。

DVD Fab DVDコピーの無料版は、操作に対して細かく広告が出るというデメリットがありますが、有料版を購入した場合は表示されないので、機能面から考えてもほとんどデメリットになりません。

Freemake DVDコピーのまとめ

今回の記事では、Freemake DVDコピーの使い方と、DVD Fab DVDコピーとの比較について、詳しく解説させて頂きました。二つの比較をまとめた結果はこうなります。

●コピーガードのかかっていないDVDのコピー、自作DVDのコピーなら「Freemake DVDコピー」がおすすめ

●市販・レンタルDVDのコピーや、後々リッピングなども考えているなら「DVD Fab」がおすすめ

Freemake DVDコピーは無料で使えるDVDコピー、DVD作成という面では非常に優れているのでオススメです。ただし、コピーガード解除を伴うようなDVDコピーならば、DVDFabの方が確実と言えるでしょう。

なお、市販・レンタルDVDのコピー、リッピングは違法行為となりますので、ご利用には十分注意してください。