1. HandBrakeとは?

HandBrake(ハンドブレイク/ハンドブレーキ)はDVDやブルーレイ、MP4など多様な動画ファイルをMPEG-4ビデオに変換するフリーソフトウェアで、オープンソース、GPLライセンス、マルチ・スレッド、クロスプラットフォームのトランスコーダーソフトでもあります。BeOSのために開発されましたが、現在ではMacOS、Linux、Windowsで利用できます。HankBrakeはオープンソースなので、常に無料に利用できます。最新バージョンはHandBreke1.3.0(64bitのWindowns7、8.1、10/Mac OS X 10.11)以降で利用できます。しかし、HandBrakeはコピーガードがかけられたブルーレイやDVDディスクに対応しません。インターフェース言語は英語です。

Handbrake  コピーガード

1.1 HandBrakeが対応している入力や出力ファイル形式

入力(インポート)

バージョン0.9.5からコピープロテクトされていないBDMV (BD-Video) フォーマット(構造)の入力がサポートされました。

DVD-Videoフォーマット(プロテクトされた一部のものを除く)
物理ドライブおよび仮想ドライブ
ディスクイメージファイル
VOBフォーマットファイル
VIDEO_TSフォルダ
BDMV (BD-Video) フォーマット(コピープロテクトされていないものに限る)
物理ドライブおよび仮想ドライブ
ディスクイメージファイル
MPEG-2 TS (M2TS) フォーマットファイル
BDMVフォルダ
MPEG-4フォーマット
Matroska (MKV) フォーマット
Audio Video Interleave (AVI) フォーマット
Ogg Media (OGM) フォーマット
など

出力( 書き出す )

バージョン0.9.5からはMPEG-4フォーマット (.mp4) とMatroskaフォーマット (.mkv) での出力がサポートされました。バージョン0.9.4以降、フォーマットの機能不足などによる理由からAudio Video Interleaveフォーマット (.avi) とOgg Mediaフォーマット (.ogm) の出力はサポートから外れました(取扱中止)。バージョン0.10.5で、ライセンスの問題から fdk-aac が削除されました。ということは、現在ではHandBrakeが対応する出力形式はMP4、MKVのみです。

対応するエンコーダー

ビデオエンコーダー:H.265(x265およびQuickSync)、H.264(x264およびQuickSync)、H.265 MPEG-4およびMPEG-2、VP8、VP9およびTheora
オーディオエンコーダー:AAC / HE-AAC、MP3、Flac、AC3、またはVorbis
オーディオパススルー:AC-3、E-AC3、DTS、DTS-HD、TrueHD、AACおよびMP3トラック

1.2 HandBrakeの特徴と機能

★ 内蔵のデバイスプリセット

様々なデバイス、再生環境に適したビデオを作成するためのエンコード設定をプリセット搭載されています。デバイスに最適化されたプロファイルを選択するか、標準または高品質の変換用の通用プロファイルを選択することで、数秒だけでHandBrakeの使用を開始できます。シンプル、簡単、高速。より多くの選択肢が必要な場合は、提供されている基本オプションと高度なオプションを利用して、エンコードを変更することができます。

★ チャプター

チャプターおよびタイトル単位でのコンバートが可能
チャプター情報の埋め込み

★ 字幕

ソフト字幕(フレームに焼きこまない)
表示・非表示を切り替え可能な字幕
SRTフォーマットの字幕データのインポートおよびパススルー
SSAフォーマットの字幕データのパススルーおよび焼きこみ
なお、ブルーレイのイメージベースのPGS字幕はMatroskaフォーマットにおいてのみ、ソフト字幕に対応します。これは、MPEG-4フォーマットがイメージベースのソフト字幕に対応していないためです。MPEG-4フォーマットでPGSから字幕を入れる場合、常にハード字幕(フレームに焼き込まれる)になります。

★ ビデオフィルタ

デテレシネ(逆テレシネ化)
デコーム(櫛状ノイズを除去)
デインターレース(インタレースを除去)
デノイズ(ノイズを除去)
デブロッキング
グレースケール(モノクロ化)

★ 固定フレームレート (CFR) もしくは可変フレームレート (VFR) によるコンバート
★ ビデオクロップ
★ キューへの追加によるコンバートのバッチ処理
★ ビデオプレビュー など

HandBrakeは海外の開発者によって開発されたソフトなので、英語表記になっています。最新版を利用したいならば、英語版を利用しなければなりません。日本語版を利用したいなら、HandBrakeを日本語化する必要があります。

2. HandBrakeを日本語化する方法

まず、HandBrakeの公式サイト( https://handbrake.fr/downloads.php )からHandBrakeをダウンロードして、PCにインストールします。

次に、https://handbrake.fr/nightly.php にアクセスして、 「HandBrake-20200905-1cdd6e4e7-x86_64-Win_GUI.zip」 をダウンロードし解凍して、続いてフォルダにある「ja」 というフォルダをコピーしてから、HandBrakeのインストールフォルダに貼り付けます。 

handbrake 日本語化

2.1 HandBrakeの使い方と設定

HandBrake日本語版でDVD MP4 変換を行う操作手順を説明していきます。

STEP 1

まず、インストール完了のHandBrakeを起動して、右側の「ここにファイル・フォルダをドラッグ&ドロップ」という部分に、変換したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップします。

Handbrake  コピーガード

STEP 2

HandBrakeを設定するには上の「ツール」ボタンをクリックしてから、  「オプション設定」をクリックします。出力ファイルのデフォルトの保存先やファイル名を指定します。

STEP 3

画面中央の「Summary」タブをクリックして、「フォーマット」で、希望の出力フォーマットを選択します。ここで「MP4」に指定します。ビデオフォーマットに関してあまり詳しくない方は右のプリセットから自分のデバイスに応じて選択すればいいと思います。

STEP 4

変換元が DVD / Blu-ray の場合、画面左上の「タイトル」をクリックして、変換したいタイトルとチャプターを選択できます。設定ができれば、「変換開始」をクリックして、DVD MP4 変換を始めます。

Handbrake  コピーガード

2.2 HandBrakeDVDをMP4に変換できないときの解決方法

HandBrakeは無料ソフトで、使い方も簡単ですが、コピーガードがかけられているファイルを読み込めないことが多いです。こういう場合は、エラーが出ます。HankBrakeは、最新のコピーガードに対応していないフリーソフトなので、カスタマーサービスがなく、問題を解決するのが難しいです。このような状況を回避するために、DVD、ブルーレイディスクにかけられているコピープロテクトを解除できるソフトウェアを入手したほうがいいかもしれません。

3. HankBrakeの代わりとなるDVD MP4取り込みフリーソフトをオススメ

DVDFab DVD リッピングは、市販・レンタルDVDにかけられているコピーガードを解除して、DVDをPC、スマホ、タブレットなどのデバイスで直接に再生できるMP4、MKV、AVIMなどの一般的な動画形式に変換できます。出力できる形式が多くて、スピードも速いです。また、iPhone/iPad/Androidスマホ・タブレット/PSPなどの各端末に最適な動画変換プロファイルを提供しています。さらに、音声フォーマットの変換、動画から音声の抽出、動画編集などの機能も備えています。

 

また、DVDFab Enlarger AI(別売)と連携して、超解像度復元技術で、DVD動画ファイルを480pから1080pやにアップスケールできます。

以下は、DVDFab DVDリッピングの使い方です。

ステップ①:以下のボタンを押して、DVDFab DVDリッピングを無料ダウンロードして、パソコンにインストールします。   

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ②:ソースDVDを読み込みます。DVDディスクをドライブに入れるか、「+」をクリックして、DVDファイル・フォルダを追加します。

DVDをMP4にリッピングする

ステップ③:「他のタイトルを選択」の右にあるオプションをクリックして、出力フォーマットを選択します。

DVDをMP4にリッピングする

インタフェースで出力ビデオのタイトル、音声、字幕、サイズなどを設定することができます。「詳細設定」で出力ビデオ、オーディオと字幕の詳細な設定ができます。また、「動画編集」画面で、出力ビデオのトリミング、回転、水透しの追加、画面の明るさや彩度の調整などができます。

ステップ④:画面の下部へ出力ビデオの保存先を設定してから、「開始」ボタンを押します。

Handbrake  コピーガード

4. まとめ

以上では、Handbrakeのインストールと設定、Handbrakeの日本語化、HandbrakeでDVDリッピングの方法及びHandbrakeで変換できない時の代替ソフトについてご紹介しました。Handbrakeは無料で使いやすいDVDリッピングソフトですが、最新のコピーガードに対応できませんので、常に更新されて最強のDVDコピーガード解除ソフトーDVDFab DVDリッピングを使用することをお勧めします。

他に興味があるかもしれないトピック