Windows10を使用してデータを書き込むための方法の一つが、Windows10のシステムに搭載されている機能を使用して、書き込む方法です。Windows10には誰でも簡単に、DVDにデータを書き込める機能が搭載されているので、ディスクドライブが内蔵されているタイプのパソコンならば、簡単に書き込みができます。ディスクドライブがついていないタイプのパソコンでも、USBなどで接続ができる外付けのディスクドライブを用意すれば、簡単に書き込みができます。

DVD 書き込み

1. マスタ形式でDVDに書き込みをする方法

1.1 マスタ形式でのDVD書き込み方法

  • メリット

Windows10にはDVDに書き込む方法が2種類ありますが、その1つがマスタ形式という方法です。この方法は、一度DVDに書き込んだ内容を、後から変更できないのが特徴になっていますが、その分多くのメリットがある方法です。作成したDVDの互換性が高いこともマスタ形式のメリットになっていて、他のメーカーのパソコンだけでなく、DVDプレイヤーでも使用することが可能です。

  • ディメリット

OSが古いバーションがインストールされているパソコンでも、マスタ形式で作成したDVDならば、DVDを読み込みやすくなっていて、特にWindowsXP以前のOSがインストールされているパソコンは、マスタ形式で書き込みをしたDVDでないと読み取れないことが多いです。

1.2 マスタ形式の方法でDVD書き込みする手順

マスタ形式でDVDに書き込みをするためには、まずデータを書き込みたいDVDをディスクドライブにセットします。次にパソコンに保存されているDVDに書き込みたいデータを選び、マウスの右ボタンをクリックします。画面に操作の一覧が表示されるので、その中から「送る」の項目を選択します。するとさらに、データの送り先の一覧が画面に表示されるので、その中から「DVD RWドライブ」を選んでクリックしてください。画面にディスクの書き込みのウィンドウが表示されるので、ユーザーがDVDの使用方法を自分で選ぶことができます。

DVD 書き込み

画面には2種類の書き込み方法が表示されていますが、マスタ形式で保存したい場合には「CD/DVDプレーヤーで使用する」の項目にチェックを入れます。なお画面の上の方には、作成するDVDに名前を付けるためのボックスが置かれているので、ボックス内に好きな名前を入力しておけば、DVDの管理もしやすくなります。一通りの準備が終了したら、一番下側にある「次へ」のボタンを押せば、画面に「ディスクに書き込む準備ができたファイル」の一覧が表示されます。一覧に書き込みたいファイルをドラッグ&ドロップすれば、データを追加することも可能です。

DVD 書き込み

DVDに書き込みたいファイルを全て追加し終えたら、画面の上部に並んでいるタブの中から「管理」の項目を選んでクリックします。するとタブの下側に「書き込みを完了する」という項目が現れるので、マウスでクリックすると、画面には「このディスクを準備します」というメッセージが表示されます。下に表示されている「次へ」ボタンを押せば、DVDにデータの書き込みが始まり、表示されるプログレスバーが一番右側まで移動すれば、DVDの書き込みは完了です。

DVD 書き込み

正常に書き込まれた場合には、「ファイルはディスクへ正しく書き込まれました」というメッセージが表示されて、ディスクドライブから自動的にDVDが出てきます。作成したDVDをもう一度ディスクに入れれば、正常に書き込まれているかどうか確認できるので、しっかりと書き込まれたどうか確認しておきたい時は、とりあえずチェックしておいた方が良いでしょう。

2. ライブファイルシステム形式でのDVD書き込み方法

Windows10に搭載している機能を使用すれば、ライブファイルシステム形式でDVDに書き込みをすることも可能です。ライブファイルシステム形式とは、DVDをフラッシュメモリのように使用できる方法です。

  • メリット

ファイルを一度DVDに書き込んだ後でも、同じDVDにデータを追加で書き込むことが可能になっています。DVDに書き込まれているデータを後から削除することも可能で、DVD内のデータ編集もできるため、頻繁にデータを更新する必要があるファイルの保存などには最適な方法です。

  • ディメリット

ただし、ライブファイルシステム形式で作成されたDVDは古いバージョンのWindowsがインストールされたパソコンや、DVDプレイヤーでは認識できない場合があるので、これらのデバイスでDVDを読み取り場合には、マスタ形式で保存しておいたほうがおすすめです。

★ライブファイルシステム形式の方法でDVD書き込みする手順

ライブファイル形式でDVDにファイルを書き込む手順も、マスタ形式で書き込む場合とほとんど同じです。データを書き込みたいDVDをディスクにセットした後で、書き込みたいデータを右クリックして、ディスクにデータを送ります。違っているのは「このディスクをどのような方法で使用しますか?」という画面で、上側の「USBフラッシュドライブと同じように使用する」の項目を選ぶところです。画面の下側の「次へ」ボタンを押すと、DVDのフォーマットが開始され、ライブファイル形式のDVDとして使用できるようになります。

DVD 書き込み

フォーマットが終了した後、画面には再びDVDの内容が表示されるので、書き込みたいファイルをドラック&ドロップすればファイルを追加できます。ファイルはそのまま自動的にDVDに書き込まれるため、DVDをUSBメモリのような感覚で使用できるので便利です。なお、すでにフォーマット済みのDVDを使用する場合には、書き込みたいにファイルを右クリックしてディスクドライブに送れば、自動的にファイルがDVDに書き込まれます。

3. Windows10でDVD書き込みをしたい場合に便利なソフトオススメ

3.1 動画をDVDに書き込みする最強のDVDFab DVD作成

Windows10でDVDに書き込みをしたい場合に利用すると便利なのが、DVDFab DVD作成というソフトです。このソフトは優れたDVD作成機能を持っているソフトで、特に動画をDVDに保存したい場合に最適なソフトです。動画をDVDに保存する場合には、音質や画質をしっかりと維持できるかどうかも重要なポイントになりますが、DVDFab DVD作成は動画のオリジナルの品質を維持したまま、動画ファイルをDVDに書き込むことができます。

DVDFab DVD作成には複数の動画を同時に処理できる優れた機能も持ち、DVDを再生した時の再生の順番を調整する機能もあります。書き込んだ動画をリアルタイムでチェックできる機能も搭載されていて、高速でデータの処理ができることもこのソフトの大きな魅力です。

   詳細情報     今すぐ購入 

 

★DVD作成でDVD書き込みする手順:

                         まずは30日間の全機能無料体験のDVD作成をダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ1:ソフトをインストールして実行します。すると、上のツールバーに「作成」モジュールを選択し、画面の中央にある「+」ボタンで書き込みしたい動画をロードします。

DVD 書き込み

そして、好きなコピーモードを選んでください。

DVD 書き込み

ステップ2:動画が自動的にロードされると、画質や出力するDVD類型を指定したい場合、「詳細設定」のところに各設定を調整します。

DVD 書き込み

また、出力したいDVDに何かを追加したい場合、「メニュー設定」に入り、画像や文字を追加でき、お好きなようにカスタマイズできます。

DVD 書き込み

ステップ3:左下の「出力先」で出力するDVDの形式(イメージ化ISOファイルかフォールだか)を設定し、DVDディスクに出力したい場合は、指示に従い新たなDVDディスクを挿入しましょう。

DVD 書き込み

ステップ4:すると「開始」を押して、DVD書き込み完了を待ちます。

3.2 DVDをDVDに書き込みする最強のDVDFab DVD コピー

Windows10でDVDに書き込みをしたい場合に利用すると便利なもう一つのソフトが、DVDFab DVD コピーです。DVDFab DVD コピーには有料版と無料版の2種類の製品があり、無料版を試しにダウンロードして使用してから、有料版を購入することもできます。

無料版と有料版では使用できる機能が異なっており、さまざまなタイプのDVDコピーを作成したい場合には、有料版を購入した方が何かと便利です。無料版の他に全機能体験版という製品も用意されていて、30日間に限り無料で有料版の全ての機能が利用できます。30日を経過した時に有料版を購入すればそのまま全ての機能を使い続けることができますが、購入しない場合にはそれ以降は無料版となり、使える機能が制限されます。

DVDFab DVD コピーの優れた機能としてあげられるのが、市販されているDVDも簡単にコピーできることです。販売されているDVDには通常コピーガードがつけられているので、簡単にコピーすることはできないようになっているのですが、DVDFab DVD コピーにはコピーガードを簡単に解除できる機能が備えるので、購入したDVDのバックアップを取りたい場合にも非常に便利です。
 

通常のDVDライティングソフトとして使用することも可能で、ISOファイル / DVDフォルダをDVDに書き込むこともできます。コピーモードが6つあることも、DVDFab DVD コピーが使いやすいポイントになっていて、例えば、DVDを全てコピーできるフルディスクや、メインムービーだけをコピーできる機能が搭載されています。好きなチャプターだけを選んでコピーできる機能もあり、複数のDVDの内容を1枚のDVDにまとめて書き込める機能も利用できる便利なソフトです。

★DVDコピーでDVD書き込みする手順:

              まずは下記のボタンを押してすぐに最強のDVD書き込みソフトを無料体験しましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ1:ソフトをダウンロードしてインストールしたあとに、ダブルクリックで実行します。そして、上のツールバーに最左の「コピー」モジュールを選択しなさい。

DVD 書き込み

ステップ2:コピーモードを選択して、書き込みしたいDVDをパソコンに挿入し、自動的読み込むを待ちます。

DVD 書き込み

ステップ3:出力DVDの形式(DVD5或いはDVD9)に指定する場合、「詳細設定」のタブでお自由にカスタマイズしましょう。全てが設定したあと、左下にある「出力先」のところでISOファイル、DVDフォールだに設定してもいいし、提示されたら新たなDVDを挿入してソースを複製する場所を用意します。

DVD 書き込み

ステップ4:右下の「開始」ボタンを押して、DVD書き込みの完了を待てばいいです。

4. 専用ソフトを使用することでさらに便利になるDVDの書き込み

Windows10でDVDにデータを書き込む方法について紹介してきましたが、Windows10に搭載されている機能を使えば、2種類の方法でDVDに書き込みができます。書き込みをする時に便利なDVDFab DVD作成やDVDFab DVD コピーというソフトも販売されていて、Windows10機能ではできないようなDVDの書き込みも可能です。動画ファイルをDVDに書き込みたい場合には、DVDFab DVD作成は特におすすめできるソフトで、DVDFab DVD コピーはコピーガードのついたDVDをコピーしたい場合には非常に便利です。