外付けDVDドライブはDVDドライブを内蔵していないパソコンで市販・レンタルなどのDVDビデオを楽しんだり、パソコン上のデータをDVDにコピーや書き込みしたりするときに必須のアイテムです。パソコンに物理ドライブが実装されていないなら、DVDを鑑賞したいときは外付けのDVDドライブや仮想ドライブを実装するなどの方法があります。さて、市場上の多様な外付けDVDドライブのなか、どう選べば自分のパソコンでお持ちのDVDソースを鑑賞できますか?ササッとこの記事を読みましょう!

外付けDVDドライブ

1. 外付けDVDドライブの選び方

1.1 使用するDVDの種類で選ぶ

DVDにはいくつかの種類があります。主に使用するDVDの種類に合ったDVDドライブを選ばなければなりません。

1.2 外付けDVDの電源で選ぶ

一般に外付けDVDの内、ポータブルタイプはUSBからのバスパワーで動作します。しかし、その場合パソコンの給電能力によっては電力不足となって動作が不安定となることがあるのが欠点です。機種によって別途ACアダプターで給電できたり、USBポートが二つあって給電できたりするものもあります。この場合、別系統の電源で動作を安定させることが可能です。使用状況によっては電源についても見ておく必要があります。

1.3 DVDの書き込み速度で選ぶ

外付けDVDドライブを使用する時最もストレスを感じるのは書き込み速度です。一般的なDVDドライブの書き込み速度は6倍から24倍があります。しかし、24倍の高速書き込み可能な外付けDVDドライブとなると高額です。ストレスなく使用できる書き込み速度は6倍から8倍と言われています。書き込み速度8倍程度であれば、価格も手ごろでストレスも少ないはずです。

外付けDVDドライブ

1.4 DVDドライブの接続方法で選ぶ

今のDVD接続方法として主流なのはUSBです。USBは転送速度の違いで「1.0」「2.0」「3.0」の3種類に分けて、数字が大きいほど転送速度も早いという設定で設けられていますす。USB3.0はUSB2.0の約10倍の転送速度で最も速いです。パソコン側のUSBが2.0でも3.0を使用することは可能です。

将来を考えると転送速度が速いほうが良いでしょう。コネクターの形状にも注意する必要があります。USBコネクターのType-Aは最も普及している一般的なUSBコネクタです。Type-Aは多くのパソコンに搭載されています。最近徐々に普及し始めたのがType-Cです。Type-Cは小さな楕円形をした新しい規格のコネクターで、スマートフォンなどによく使用されているが、今後、普及が予想されるコネクター形状です。

2. おすすめの外付けDVDドライブ8選

外付けDVDドライブを選ぶ基準についてアドバイスをあげた以上、次に、有名で適切な外付けDVDドライブをいくつかを選んで紹介しましょう!各外付けDVDドライブの基本情報や特徴などを勉強して、使用率や手持ちのDVDに対応するのかに基づいて、ひとつ手軽で好きななのを物色しましょう。

2.1 バッファロー DVSM-PLV8U2

外付けDVDドライブ

軽量でコンパクトなことがおすすめの外付けDVDドライブです。大きさはCDジャケットより少し大きい程度、重さは本体のみで約200g。USB2.0ではありますが、実勢最低価格が2,000円を切るところに魅力があります。DVDへの書き込み速度は8倍速。持ち運びやすいスリムタイプのポータブルDVDです。WindowsとMacの両方に対応しています。パソコンのUSBバスパワーで動作しますが、別売のUSB電源アダプターで給電することも可能です。

2.2 アイ・オー・データ EX-DVD05L

外付けDVDドライブ

バッファロー DVSM-PLV8U2と同様、軽量でコンパクトな外付けDVDドライブです。重量は本体のみで200gとこのクラスでは最軽量です。USB2.0ではありますが、実勢の最安値では2,000円を切るところもあります。丸みのあるデザインなので持ち運びに便利です。また、WindowsとMacの両方に対応しています。電源はUSBからのバスパワーのみです。

2.3 アイ・オー・データ DVR-UT24EZ

外付けDVDドライブ

USB3.1 Gen.1接続で、書き込み速度最高で24倍速の据え置き型の外付けDVDドライブです。機器推奨のメディアを使用すると16倍速書き込みのメディアにも24倍速で書き込み可能な「オーバースピード」と呼ばれる機能を搭載しています。接続はです。オーバースピードを実現できるのは、この接続の時に限られます。USB2.0では24倍速で書き込むことはできません。電源はACアダプターです。据え置き型であることから、重さは本体だけでも1,000gあります。残念なことに、対応はWindowsのみです。

2.4 アイ・オー・データ DVRP-UT8LA

外付けDVDドライブ

USB3.1 Gen.1接続のスリムタイプのポータブルDVDです。書き込みは8倍速、パソコンとはUSB接続して電源は別途ACアダプターから供給します。給電が別になっていることとUSB3.0接続であることから書き込みは安定しています。薄くて軽量で、本体をパールホワイト、ピアノブラック、ルビーレッド、ミレニアム群青の4色から選べることが特徴です。WindowsとMacの両方に対応しています。

2.5 Cocopa YS-ZD001-JP

外付けDVDドライブ

USB2.0とUSB3.0の両方に対応したコンパクトサイズの外付けDVDドライブです。持ち運びに便利なようにケーブルを背面に収納することができます。WindowsとMacの両方に対応していますが、タブレットPCには対応していません。高強度ボディーを採用することによって動作音が小さく、耐久性が向上しているところに特徴があります。USB3.0ながら、実勢価格は3,000円以下です。

2.6 トテモイ GQ-19

外付けDVDドライブ

USB3.0の高速転送の軽量コンパクトサイズの外付けDVDドライブです。異常シャットダウンによるデータ紛失を防止するためにEADシステム保護チップを採用しています。超静音設計によって動作している間、静かです。外部電源なしにUSBケーブルだけでパソコンと接続可能ですが、電力が不足する場合には付属する補助パワーケーブルで補うこともこともできます。WindowsとMacの両方に対応するだけでなくLinuxにも対応しています。

2.7 外付けDVDドライブ7:ソンキル SK-01

外付けDVDドライブ

USB3.0の高速転送の軽量コンパクトサイズの外付けDVDドライブです。USBコネクターのType-Cにも接続可能なコネクターになっています。最大書き込み速度は8倍速です。WindowsとMacの両方に対応するだけでなくLinuxにも対応しています。USB3.0対応にもかかわらず実勢価格は2,000円を切るものもあるのが特徴です。

2.8 外付けDVDドライブ8:ロジテック LDR-PMJ8U2R

外付けDVDドライブ

重量280g、USB2.0のコンパクトサイズの外付けDVDドライブです。Type-C変換アダプタが付属していてAndroidスマートフォンに直接繋いで音楽を取り込めます。CDプレーヤー機能を搭載していて、音楽CDを取り込まずにスマートフォンアプリで再生操作ができることが特徴です。当然、パソコンに接続した場合はDVDドライブとして使用できます。WindowsとMacの両方に対応するだけでなくスマートフォンのAndroidにも対応しています。

3. DVDをコピーするときに便利なwindows10用のソフト

以上では外付けDVDドライブを8選おすすめしましたが、お好きな外付けDVDドライブを選んでから早速、DVDソースをコピーしてみましょう!

DVDはテレビ番組を録画する際の著作権保護技術のCPRMをはじめとするコピーコントロールされたものだけではなく、特殊な構造のDVDなどさまざまです。DVDFab DVDコピーはWindows10において、さまざまなコピーコントロールを簡単な操作で解除してDVDにコピーすることができます。テレビ番組をデッキで録画した際のCPRMも解除してコピーできるので、録画したテレビ番組をパソコンで観ることも可能にしてくれます。DVDにはDVD-9と呼ばれる片面2層構造で8.5GB容量のものとDVD-5の片面1層構造で容量4.7GBのものがあります。

DVDFab DVDコピーはDVDに掛かられるコピーガードを解除し、DVD-9からDVD-5への圧縮コピーすることも可能です。6種類のコピーモードがあって初心者でも簡単に作りたいDVDを作成することができます。更に、現在では30日間の全機能無料体験をご用意され、無料体験期間が切れて有料版を購入したい場合でも50%OFFの値引きで購入することができます!

   詳細情報     今すぐ購入 

 

具体的に、フルディスクモードはDVDを丸ごとコピーしたり圧縮コピーするものです。メインムービーモードはDVDの本編だけをコピーします。必要な複数のタイトルやチャプターを選択してコピーするのがカスタマイズモードです。分割モードでは1枚のDVD-9のDVDを2枚のDVD-5に分割できます。結合モードでは、2つ以上のDVDビデオを1枚のDVDにまとめることも可能です。クローン/ライティングモードではDVDを劣化させることなく1枚のDVDまたはISOのDVDイメージファイルにすることができます。

DVDをコピーする手順は以下のうように:

ステップ1:下記のボタンを押して業界最高のDVDコピーソフトを無料でダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ2:ソフトをダブルクリックで実行してインストールし、メイン画面に入ります。上のツールバーに最左の「コピー」モジュールをクリックします。

外付けDVDドライブ

ステップ3:左側のタブでコピーモードを選択します。コピーモードの詳細は上記に触れたので、お好きなように選んでください。

外付けDVDドライブ

ステップ4:インターフェイスの真ん中の「+」をクリックし、或いはコピーモードの隣の「追加」タブを押して、DVDディスクを挿入して追加するか、ISOファイルやDVDフォールだの場合直接にメイン画面にソースをドラッグ&ドロップします。画質や出力DVDをDVD5かDVD9に設定したい場合、「詳細設定」で調整できます。

外付けDVDドライブ

ステップ5:左下の「出力先」に出力形式や場所を設定します。ISOファイルやDVDフォールだとして出力したい場合は枠の右に該当のタブをクリックして設定すればよいです。設定したあと、右下の「開始」ボタンを押して、DVDコピー作業を始めます。これで好きなDVDコンテンツはコピーできます。

4. まとめ

8種類のおすすめ外付けDVDドライブとDVDコピーなどに便利なソフトを紹介しました。DVDディスクはアクセスが簡単で、テレビ番組の録画にも使用されている使いやすいメディアです。残しておきたい映像を個別に管理するのに最適で扱いやすいことに特徴があります。しかしコピーコントロールされているものもあってコピーが簡単ではありません。DVDは映像の個別管理に最適のメディアとして、そのDVDのコピーにはDVDFab DVDコピーが便利なことを知らせておきたいです。DVDFab DVDコピーはこの問題を簡単に解決してくれるソフトで、早速ご自分でやってみませんか!