mad 作り方

1.    MAD動画とは?

MAD動画とは、既存の映像作品やDVDから音声・画像などを抽出し、合成・再編集して作られた動画のことです。ネットコミュニティ上では、単に「MAD」と呼ばれることが多いです。大手の動画共有サイトには数多くのMADが存在し、高い再生回数を誇っています。商品プロモーションとして企業が制作する機会もあることから、MAD動画の作成にどれだけ需要があるのかがわかります。

いざMAD動画を作成しようと思っても、作り方に悩んでしまう人は少なくありません。映像や画像、音声を再編集する作業は難しそうに思えますが、「動画編集ソフト」を使えば初心者でもMADを作成することができます。MADを作ってみたい人は、まず動画編集ソフトをインストールしましょう。MAD動画作成の第一歩となります。

2.    MAD動画を作成するパソコン用ソフトオススメ:AviUtl

2.1 AviUtlとは

mad 作り方

『AviUtl(エーブイアイユーティル)』とは、無料で利用できる有名の動画編集ソフトです。フリーソフトにもかかわらず、有料ソフトに引けをとらない機能性を有しています。ただしWindowsにより開発され、Windows専用のソフトであるため、Macユーザーは使えません。本体のインストールだけでなく、拡張編集プラグインを導入することでより本格的な動画編集が可能となります。

2.2 AviUtlのインストール方法

まずはAviUtlの本体をインストールしましょう。『AviUtlのお部屋』という公式サイトに行き、ダウンロード可能なソフトの一覧から「aviutl110.zip」を選択し、ダウンロードして下さい。その際に、拡張編集プラグインの「exedit93rc1.zip」も一緒にダウンロードしましょう。

AviUtlのお部屋の公式サイト▶http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

mad 作り方

次に、ダウンロードした「aviutl110.zip」と「exedit93rc1.zip」を展開して下さい。展開できたら、「exedit93rc1」フォルダ内の全ファイルを「aviutl110」フォルダ内に移します。AviUtl本体のインストールはこれで完了となりますが、これだけでは「AVI」等の基本的なファイルしか読み込めません。そのため、様々なファイルを読み込める「入力プラグイン」が必要となります。導入するプラグインは、定評のあるフリープラグインの「L-SMASH Works」がお勧めです。

2.3 AviUtlを利用したMAD動画の作り方

それではAviUtlをよく利用してMADを作成する方法を学びましょう!

(1)動画素材を切り貼りしていく

最初に、DVDなどから使用したい動画をパソコンにダウンロードして下さい。AviUtlを起動させたら「設定」をクリックし、「拡張編集の設定」を選んでタイムラインを表示させます。表示できたらメニューから「表示」をクリックし、「再生ウィンドウの表示」を選択しましょう。これで基本的な再生ウィンドウが準備できました。

次に、動画の編集をしていきます。ダウンロードした動画ファイルをタイムラインの「Layer1」にドラッグ&ドロップ。すると「新規プロジェクトの作成」が表示されるので、「読み込むファイルに合わせる」にチェックを入れ、「OK」を押します。「Layer1」に動画、「Layer2」に音声が読み込めたら、いよいよ「カット」です。

mad 作り方

タイムラインの赤い縦線をカット開始位置まで動かし、右クリックして「分割」を選択します。その後カット終了位置まで赤線を移動させ、同様の手順で「分割」して下さい。カット部分を右クリックし、「削除」を選んで消しましょう。ドラッグで右側のオブジェクトを左へ動かし、繋げます。これを繰り返して動画を編集していきます。

(2)BGMや字幕などを追加

まずBGMについて解説します。使いたい音楽ファイルを、編集したタイムラインの「Layer3」にドラッグ&ドロップします。動画と同様の手順でカットできるので、必要があれば編集しましょう。音量調節するには、タイムラインにあるBGM音楽をクリックし、「音声ファイル[標準再生]」を表示させます。ファイル内の「音量」数値を変更すれば調節が可能です。また、同じファイル内でBGMのフェードイン・アウトの設定もできます。

mad 作り方

次に字幕ですが、「Layer4」上で字幕を挿入したい位置を右クリックして下さい。「メディアオブジェクトの追加」を選んで「テキスト」を押すと「Layer4」に「テキスト[標準描画]」が挿入されます。動画や音楽と同様に、好きな長さに調節して下さい。クリックするとテキストウィンドウが表示されるので、一番下にある空白部分に字幕を入力しましょう。同じウィンドウで大きさや色、位置等の変更もできるので適宜調節します。

mad 作り方

mad 作り方

(3)効果を加える

動画を繋いだ部分が不自然にならないよう、「シーンチェンジ」という効果を加えることもできます。まず、タイムライン上で繋ぎ目が気になる所を右クリックして下さい。「フィルタオブジェクトの追加」を選び、「シーンチェンジ」をクリックすると、タイムラインのレイヤーにシーンチェンジのバーが現れます。長さを調節して、動画の繋ぎ目の真ん中に移動させましょう。表示されている「シーンチェンジ」ウィンドウの一番下の部分から、好きな効果を選べば完了です。同じ手順で「モザイク」等の効果を加えることもできます。色々な効果を試してみましょう。

mad 作り方

(4)動画を出力する

MADの編集が終わったら、最後に動画の出力を行います。今回は、スタンダードである「MP4」での出力を解説します。まず、メニューから「ファイル」を開き、「プラグイン出力」を選択したら「かんたんMP4出力」をクリック。「かんたんMP4出力」のウィンドウが表示されるので、ファイル名に動画タイトルを入力しましょう。その後「保存」を押します。これで、MAD動画の完成です。

mad 作り方

3.    MAD動画を作成するスマホ用アプリオススメ:VN

スマホでの動画作成には、VNという無料アプリがお勧めです。

3.1 VNとは

mad 作り方

『VN(ブイエヌ)』は、優秀な動画作成アプリの一つです。登録も課金もせず、パソコン並の動画編集が可能です。操作も簡単で口コミでも軒並み高評価。エフェクトやスタンプの数は少ないですが、MAD作成に必要な機能はほぼ有している、驚異的なフリーアプリです。

3.2 VNのインストール方法

お手持ちの端末がiPhoneの場合は「AppStore」からiOS版を、Androidの場合は「Google Play」からAndroid版をインストールしましょう。複雑な手順は必要なく、インストールしたら利用できます。

3.3 VNを利用したMAD動画の作り方

(1)動画素材を選択していく

まずはアプリを立ち上げ、「+」アイコンをタップします。「新しいクリップ」をタップすると、動画や写真の素材を選ぶことができます。任意の素材をチェックしてから右下にある「→」をタップしましょう。すると「新規プロジェクト」ができるので、チェックしたものがタイムラインに読み込まれているか確認しましょう。

(2)動画サイズを必要に応じて変更する

動画サイズやアスペクト比は、デフォルトでは16:9に設定されています。スマホで撮影した縦動画を編集したい時は、画面上の「オリジナル」をタップし、「フレーム比率」から任意のサイズを選んで下さい。

(3)動画を編集する

動画を短くしたい場合、該当する動画をタップして黄色い枠線を出現させて下さい。タイムライン右端の「>」を押したまま左にドラッグすれば、終了位置を短くすることができます。

mad 作り方

開始位置も同様の手順で短くすることができます。分割したい場合は、スライダー(白い縦線)をカット位置にあわせ、ツールバーにある「分割」をタップします。分割されたらいらない部分を選択状態にし、ツールバーの「削除」をタップして消しましょう。

mad 作り方

(4)BGMや字幕を付ける

BGMを付けるには、まずタイムライン最上部にある音楽トラックの「+」をタップします。「ミュージック」をタップして音楽を視聴し、使いたいものが決まったら「使用」を選択しましょう。音量は「ボリューム」の数字を変更することで調節可能です。同じ画面でフェードイン・アウトも調節できます。音楽の設定が終わったら、右下にあるチェックボタンをタップして下さい。タイムラインに紫のバーが読み込まれているはずです。

字幕を入れるにはタイムラインの上から2番目にある、テキストトラックの「+」をタップします。「Standard」をタップし、字幕を入力したらチェックボタンを押して下さい。字幕位置を動かすには、画面上の字幕を押したまま任意の位置までドラッグします。文字サイズや色も同じ画面で調整することができます。

(5)効果を加える

様々な効果を使うことができますが、ここでは使用頻度が高いであろう「トランジション」を紹介します。トランジションとは、動画間をふわりと徐々に繋いでいく効果のこと。クリップ上の動画の繋ぎ目にある「+」をタップし、好みのトランジションを選択します。トランジションの継続時間を設定し、右下のチェックボタンをタップで完了です。

(6)動画を出力する

動画編集が終わったら、右上にある「書き出す」をタップします。初めてVNを利用する人は設定を「自動」にして「書き出す」を押しましょう。書き出しが終わったら「保存のみ」か「投稿して保存」を選択して完了です。

4.    制作したMAD動画をDVDに保存しよう!

作成したMAD動画はDVDに保存しておくと良いでしょう。頑張って作った、自分だけの大切なMAD動画。パソコンでの保存よりも、DVDに焼いておく方が安全度は高いです。あらゆる動画ファイルをDVDに保存できるソフトもありますので、MADの作成を考えている人は、動画制作ソフトと合わせてインストールすることをお勧めします。

DVDを作成するならDVDFab DVD作成の利用をお勧めします。

DVDFab DVD作成は、あらゆる動画形式に対応しているので、大切なMAD動画を確実にDVD保存することができます。多様のテンプレートも選択可能で、自分なりのDVDビデオを作成するのをサポートし、作成した動画を永久に保存することをできます。有料ソフトですが、30日間でも無料体験もできます。  

    手順も簡単です。まずDVDFab DVD作成を下記のボタンで無料ダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

そしたらソフトをインストールし、起動させます。表示画面から「作成」を選択し、左側にある紫色の「作成モードスイッチャー」をクリックして「DVD作成」モードに切り替えて下さい。切り替えたら、DVDに保存したいMADを画面中央の「+」にドラッグ&ドロップし、ソフトに動画をロードさせましょう。

ロードできたら「レンチ」アイコンをクリックし、出力サイズなどの詳細設定をします。必要があれば「設定」アイコンを選択し、メニューの設定を行いましょう。出力先の設定後「開始」をクリックすると、DVDへの作成プロセスが始まります。あとはタスクの進行状況をチェックしながら、完了するまで待つだけです。このように、DVDFab DVD作成のDVD保存手順は非常に簡単です。Windows・Mac両方に対応しているので、お手持ちのパソコンに必ずインストールすることが可能です。

5.    まとめ:MAD動画の作成を楽しもう!

MAD動画の作り方、いかがでしたか?MADは世界中で作成されている、「共通的な文化」と言っても過言ではないものです。英語圏では「AMV」、中国・韓国では「PV」と呼ばれることもあります。MADはあらゆる国の人が作成可能で、そして誰もが楽しむことのできる、素晴らしい動画形式ではないでしょうか。まずは簡単な一作品を制作してみて下さい。そして、大切な動画はぜひDVDFab DVD作成を利用して安全に保存しましょう!