DVDをたくさん持っているのなら、その中にはこれから利用する予定がまったくないものも含まれているかもしれません。そして、保管をしておくスペースには限りがあるため、必要ないものは捨てたいと考える方もいるでしょう。こちらではDVDを処分する方法をいくつか紹介しますので、自分に合ったDVD 捨て方を見つけて実行してみてください。

DVD 捨て方

1.    DVD 捨て方1:データを他人に見られてもよければそのまま捨てられる

DVDに入っているデータを誰かに見られてもよいと考えるなら、何もせずに捨ててしまっても大丈夫です。袋��入れてゴミ捨て場に持っていくだけでよいので、もっとも簡単な捨て方だといえるでしょう。もちろん、いつ捨ててもよいわけではなく回収日は決まっています。住んでいる自治体によって異なるため、きちんと調べてから捨てるようにしましょう。

なお、DVDはプラスチック製なので、燃えないゴミとして捨てようと考えるかもしれません。しかし、自治体によっては燃えるゴミとして捨てなければいけない場合もあります。どのようなゴミとして捨てるべきなのかは、自治体のホームページに載っているので、正確な情報を得てからゴミ捨て場に持っていきましょう。

2.    DVD 捨て方2:中身を見られたくないときデータ消去や物理的破壊をする

DVDをそのまま捨ててしまうと、どこかの誰かがそれを拾って、パソコンなどの再生機器で読み込もうとするかもしれません。その結果、中のデータが奪われてしまい、いつの間にか犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

最悪の事態を避けたいなら、大切なデータを再生機では読み込めない状態にする必要があります。それには、「データを上書きして消去する方法」と「DVD自体を物理的に破壊してしまう方法」があるので、好きなほうを選びましょう。

DVD 捨て方

2.1 DVDデータを上書きして消去する方法

DVDにはいくつか規格があり、中にはデータを消去することで何度も書き込めるタイプのものもあります。DVD-RWやDVD+RWがそれに当たるので、捨てたいものが該当していないかチェックしてみましょう。もしも、そのタイプならば、データの上書きで大切な情報を読み込めない状態にすることが可能です。例え、誰かに拾われたとしても有益な情報は何も入っていないため、犯罪者に悪用されることはないです。パソコンがあれば簡単に行えるので、データを消したいときはチャレンジしてみましょう。

◉フォーマットをする

パソコンを起動し、それからドライブにDVDを挿入して、データを書き込んだときに使ったライティングソフトを立ち上げます。多くのソフトではメニューにフォーマットの項目が用意されているので選択しましょう。あとは画面の指示に従って操作していけば、すぐにフォーマットがスタートして数分後に終了します。

ちなみに、フォーマットを行えばパソコン上ではデータがすっかりと消えたように見えますが、表示されないように設定されただけです。その段階で復元ソフトを使われると、表示されるように再設定されて、読み込み可能になるケースがあるので気をつけなければいけません。

DVD 捨て方

◉書き込みをする

ライティングソフトの書き込み機能を使って、DVDに新しいデータを入れましょう。古いデータを新しいもので上書きしてやれば、特別なソフトを使っても復旧させることはできません。なお、書き込むときに大事なのは、DVDに保存できる容量を目一杯使うことです。そうしなければ、上書きされなかったデータ領域が残ってしまい、大切な情報が復元されてしまう可能性があるので気をつけましょう。

もしも、考えて書き込みするのが面倒なら、完全消去が行えるライティングソフトの導入をおすすめします。ワンクリックでDVDの容量すべてにデータを上書きしてくれるので、簡単に捨てられるようになります。

DVD-RWやDVD+RW などのDVDディスクの場合、DVDデータを消去したあと、何を使えばその空きのDVDディスクに新しいデータを書き込みましょう。ここでは一つのいいDVD書き込みツールをご紹介したいと思います。

DVDFab DVDコピーは空のディスクに新しいデータを無劣化で書き込みして、ビデオDVD或いはデータDVDを直接出力できるDVD書き込みソフトです。それに、市販やレンタルの映画やアダルトDVDに付いているCSS、UOPs、APS、RC、DADC、Disney's Fakeなどのコピーガードを解除し、DVDを空のDVDメディア/ISOファイル/フォルダにコピーするのもできる機能性高いDVD書き込みツールでもあります。  

また、DVDからDVD-9への無劣化バックアップや、2層DVD-9から1層DVD-5への圧縮コピーもできます。クロン、結合、分割などの6つのコピーモードを活用すれば、きっと不要なDVDを新たにして、空のDVDメディア(DVD+R/RW、DVD-R/RW、DVD+R DL、DVD-R DLなど)、フォルダー(VIDEO_TS)、ISOイメージファイルにコピーできます。

DVDFab DVDコピーで空きのDVDディスクにデータを書き込みする方法:

               まずは下記のボタンでDVDFab DVD コピーを無料ダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ1:ソフトを起動し、「DVDコピー」を選択
DVDFab 12を起動して、上のツールバーから「コピー」タグをクリックして、そして左側にあるコピーモードスイッチャーをクリックして、6つのコピーモードから1つ選択します。ここで「メインムービー」モードを例として説明いたします。

DVD 捨て方

ステップ2:ソースをロードする
光学ドライブにコピーしたいDVDディスクを挿入して、ISOファイルの場合メインインタフェースにおける「+」ボタンをクリックしてソースをロードします。ソースがISOファイルまたはフォルダである場合、それをメインインタフェースにドラッグ・アンド・ドロップすればいいです。

DVD 捨て方

ステップ3:出力DVDをカスタマイズし、出力ファイルの保存先も設定する
必要に応じてチャプター、オーディオ、字幕などを変更、また「詳細設定」画面で出力サイズはDVD 5またはDVD 9に指定します。出力ファイルの場合、メインインターフェイスの下部における「保存先」でディレクトリを選択して、出力DVDを保存します。お使いのドライブに空きのディスクを挿入し、「開始」ボタンをクリックして、出力ファイルを空白なディスクに書き込みます。

DVD 捨て方

2.2 DVDを物理的に破壊して捨てる方法

物理的にDVDを壊してしまえば、再生機器で読み取ることはできなくなります。テープや接着剤などでくっつけたとしても不可能なので、かなり安心できる方法だといえるでしょう。

◉素手でも割れるが危険性がある

DVD 捨て方

DVDはそれほど頑強にはできていないため、両手で持ち、曲げるように力を加えれば割ることが可能です。しかし、怪我をしてしまう可能性があるため、実行するときは細心の注意をしなければいけません。手に怪我をしないようにするのはもちろん、割ったときに生じた破片が肌に刺さったり目に入ったりしないための工夫も必要になります。なお、DVDによっては、二つや三つに割れるのではなく細かくに砕けるケースもあるので、掃除がしやすいスペースで行うのをおすすめします。

◉DVDに対応したシュレッダを使おう

DVD 捨て方

書類を細切りにして読めない状態にしてくれるのがシュレッダーです。その中にはDVDに対応している製品もあり、安いものでは1500円程度で販売されているので、素手で割るのが大変だと感じるなら利用したほうが賢明です。

なお、電動機能が付いているシュレッダーなら、複数枚のDVDをセットできる用になっているケースもあります。セットすればあとは自動的に作業をしてくれるため、たくさんのDVDを処分したい方はご活用を考えましょう。

3.    DVD 捨て方3:不用品回収業者にお願いをする

さまざまなものを引き取ってくれる不用品回収業者なら、DVDを処分してもらうことも可能です。ほかの方法よりも費用がかかってしまいますが、とても手軽なのでとにかく楽に処分したい方にピッタリです。

◉大量のDVDでも楽に処分できる

DVD 捨て方

不用品回収業者なら電話一本で自宅まで取りに来てくれるため、わざわざ自分で持っていく必要はありません。DVDがたくさん入ったダンボールが何箱もあったとしてもスタッフがトラックに積み込んでくれるので、何も苦労をせずに捨てられるでしょう。もちろん、出張してもらう日時は自由に決められるため、自分の好きなときに処分できるというメリットもあります。

◉安心して捨てるために考慮すること

不用品回収業者を利用する場合は、違法性がないところを選ばなければいけません。本来ならば営業するには許可が必要なのですが、取らずに無断で行っているケースもあるのです。そのようなところに大事なデータの入ったDVDを渡すと、捨てられずにまったく別のことに使われる可能性があります。許可を取っているサービスなら資格を失うわけにはいかないため、きちんとした処分をしてくれます。

許可の有無を調べたいときは、不用品回収業者のウェブサイトを訪れてサービス概要をチェックしてみましょう。とても大事な情報なので、許可がある場合は分かりやすいところに掲載されていることが多いです。

4.    DVD 捨て方4:買取ってもらうことも考えよう

自作のDVDではなく、ゲームや映画・音楽などが入った市販のものを捨てたいと考える方もいるでしょう。しかし、それらはまだまだ価値があるかもしれないので、捨てるのではなく売るという処分方法の利用をおすすめします。もしかすると、所有しているDVDの中にプレミアが付いているものがあって、驚くほど高く買取ってもらえるかもしれません。

DVD 捨て方

利用したい場合は店頭に売りたいものを持ち込み、スタッフに査定してもらうことになります。混雑していなければ30分程度で査定が終わるので、金額を聞いて、そのまま買取ってもらうかどうか決めましょう。安いと感じた場合は、ほかのお店で査定し直してもらうことも可能です。ちなみに、買取店では運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書が必須となります。提示できなかった場合は契約を終えられないため、自宅に取りに戻ることになるでしょう。また、ネットでの販売も可能です。

5.    まとめ:不安に思わない処分方法を選ぶこと

DVD 捨て方

どの方法を使ってDVDを処分したとしても、一度手放せば取り戻すのはかなり難しいです。あとから不安に思ってどうにかしたいと考えても手遅れなので、できる限り安心できる捨て方を選びましょう。もちろん、一つの方法だけで処分する必要はありません。DVDの中に入っているデータの重要度によって方法を変えれば、より効率的に処分が行えるようになります。