1. DVDの寿命の概要と寿命を判断するための方法

dvd 寿命
DVDの寿命とはどのようなものかわからない人のためにまず説明すると、DVDの寿命とは、DVDに書き込んであったデータが読み取れない状態になってしまうことです。

繰り返し書き込みができるタイプのDVDの場合、新たに書き込みができなくなってしまったような時にも、DVDが寿命をむかえたケースに該当します。いずれにしても、DVDを正常な状態で使用できなくなった時が、DVDの寿命が訪れた時です。

DVDの寿命が訪れたかどうかを判断するための簡単な方法は、保存してあるデータが正常に読み取れるかどうかを確認する方法です。ただし、データが読み取れない場合でも、DVDが寿命をむかえたと判断できない場合もあるので、注意が必要です。

dvd 寿命

DVDドライブの故障が原因でデータを読み込めない場合もあるので、読み込めない場合でもすぐには寿命をむかえたとは判断せずに、他のディスクドライブに入れて調べてみる必要があります。

他のドライブを使用した時に正常に読み書きができるならば、初めに使用したディスクドライブに問題がある可能性が高いです。ですが、複数のDVDドライブを使用してもデータを読み取れない場合には、そのDVDの方に問題がある可能性が高いです。

データが完全に読み取れなくなった場合だけでなく、DVD内に保存された一部のデータだけが読み取れなくなった場合にも、寿命が近くなっている疑いがあります。

2. CD・DVD・BDなどの光学式ディスクの寿命比較

DVDに保存されたデータを安全に管理するために知っておいた方が良いのは、DVDが寿命をむかえるまでの、平均的な期間です。DVDと同じ光学式ディスクであるCDやBDの平均寿命と比較すれば、よりわかりやすくなります。

dvd 寿命

DVDの平均寿命は使用するDVDのタイプによって違いがあり、DVDの中でも比較的寿命が短いのはDVD-Rです。財団法人デジタルコンテンツ協会が公開している報告書によると、湿度80パーセント温度25度の環境で保存した場合、DVD-Rの寿命は15年から178年です。湿度80パーセントで温度30度の環境で保存すると、9年から74年程度の寿命になります。

同じDVDでも、DVD-Rより平均寿命が長いのがDVD-RWです。上記の報告書によると、湿度80パーセント温度25度の環境で保存した場合、DVD-RWの寿命は45年から49000年です。湿度80パーセントで温度30度の環境で保存しても、27年から11000年程度の寿命があります。

dvd 寿命

市販されている映画などのDVDにはDVD-RAMという読み取り専用のものが使用されていて、このタイプのDVDの平均寿命は、湿度80パーセント・温度30度の環境で保存した場合、134年から250年です。

CDの平均寿命も、DVDと同じ程度です。一般用として販売されているCD-RやCD-RWの寿命の目安は、10年から100年程度であると言われています。

市販されている音楽CDに使用されているCD-ROMの場合には、30年から100年が平均的な寿命です。BDの平均寿命も、CDやDVDとほぼ共通していて、平均して10年以上使用することができると言われています。

3. 保存したDVDの寿命を延ばすための方法

データを記録したDVDをできるだけ長く保存したい場合には、DVDの寿命を延長するための方法を一通り試してみた方がおすすめです。DVDの寿命を延長するための方法の一つが、適切な環境に置いて保管する方法です。

財団法人の報告書からもわかるように、湿度や温度が高い場所に保管しておくと、DVDが短期間で劣化しやすくなってしまいます。

温度が高い場所に長く保管しているとDVDの寿命が短くなってしまうのは、熱の影響でディスクが変形してしまう場合があるからです。湿度が高い場所に保管しておくと、ディスクにカビが発生して、正常に使用できなくなってしまうこともあります。

こうした劣化を防止するためには、一年を通して最適に湿度と温度が管理された環境で、DVDを保管するのが最適な方法です。

dvd 寿命

国会図書館ではDVDを温度20度以下、湿度40パーセント以下の環境で保存していて、自宅でもこうした環境で保存すれば、DVDの劣化を防ぎやすくなります。

DVDの寿命を延ばすためには、直射日光にできるだけ当てないようにすることも重要です。日光が当たるとDVDが劣化しやすくなるのは、日光の中に含まれている紫外線が、DVDのデータを破壊してしまう危険性があるからです。

紫外線にはDVDディスクの盤面の状態を化学的に変化させることができる働きがあるので、長時間ディスクの盤面に日光が当たり続けていると、短期間で保存されたデータが読み取れなくなってしまう場合があります。

こうした原因による劣化を防ぐためには、家の中でも日光があまり入ってこない場所にDVDを保管するのが最適な方法です。また、短時間だけ外に持ち歩いた場合でも、日光が当たるとDVDに悪い影響を与えることがあるので、しっかりと直射日光対策をしてから、カバンなどに入れて持ち歩いた方がおすすめです。

dvd 寿命
(日光が当たり続けているとダメです!)


DVDの寿命を延長させるためには、保管場所におけるDVDの置き方にも注意が必要です。しっかりとケースに収納して保管するのが最適な方法で、収納用のDVDケースは100円ショップなどでも購入できます。ケースに入れて保管することのメリットは、DVDの盤面に傷や汚れがつくのを予防できることです。

ですが、ケースに入れて保存する場合でも、置き方が悪いとDVDの寿命が短くなってしまうことがあります。DVDケースの置き方としておすすめできないのは、ケースを横方向に置いて、上に重ねて置く方法です。

dvd 寿命

この方法でDVDを保管してしまうと、下の方にあるDVDケースが上部に置かれたケースの重みで圧迫されてしまい、中に収納されているDVDにも悪い影響を与えることがあります。

こうした事態を防ぐために最適なのは、DVDケースを縦方向に置いて、横側に並べて収納する方法です。この方法ならば、個々のケースに負担がかからないので、安全な状態で中のDVDを保管できます。

掃除をする方法に気を配ることでも、DVDの寿命を延長することが可能です。どれだけ清潔な環境で保存しておいた場合でも、DVDの盤面に汚れがついてしまうこともありますが、このような場合に間違った方法でDVDを掃除してしまうと、盤面が傷ついてDVDの寿命が短くなってしまうことがあります。

dvd 寿命

盤面についた汚れを取り除くための方法として最適なのは、専用のクリーナーを使って掃除する方法です。盤面についた皮脂なども、クリーナーを使えば安全に拭き取れます。

自宅にディスクのクリーナーがない場合には、できるだけ柔らかい布などを使って盤面をきれいにした方が、傷がつきにくくなります。盤面に繊維がつかないタイプの布を使用するようにしてください。

なお、DVDについた汚れをティッシュでふき取っている人もしれませんが、この方法だとディスクに傷がついてしまうことがあります。

dvd 寿命

4. DVD劣化を防ぐためバックアップしておく

DVDの寿命を延びる方法として、自作したDVDを空きのディスクやISOイメージファイルにバックアップする方法もおすすめできます。

こうした方法で必要なディスクをバックアップしておけば、万が一データを記録しておいたDVDが突然寿命をむかえた場合でも、あわてなくて済みます。使用する機会が多い重要なデータは、特にこうした方法でバックアップを取っておいた方がおすすめです。

DVDをバックアップするためにもっともおすすめしたいのは、業界専門家のDVDFab DVDコピーです。

DVDFab DVDコピーは、市販DVDのコピーガードを解除でき、自作DVDなども同じく無劣化し、6コピーモードでバックアップできるソフトです。Windows・Macにも対応します。

機能:

1. DVDをISO/フォルダ/空のディスクにコピーできます。
2. フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、結合、分割、クローン/書き込みの6つのコピーモードを選択できます。
3. 映画全体または一部分のみをコピーできます。
4. 出力動画のチャプター、字幕、音声、サイズ、ボリュームラベルを設定できます。
5. iso、フォルダ、ディスクの3種類の出力フォーマットを選択できます。

対応OS:

Windows 11/10/8.1/8/7 (32/64 bit) MacOS 10.7 - 10.15

価格:

無期限版 5014円(50%OFF割引後) セール情報詳しく:https://ja.dvdfab.cn/promotion.htm

そして無期限購入には【期限限定5割引】が楽しめます。原価10029円のDVDFab DVD コピーは今50%OFFでただ5014円で無期限版を手に入れます!!次のボタンをクリックして5割引でDVDFab DVD コピーを購入しましょう。

  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証
  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証

使い方は便利です。ソフトを開き、上のツールバーから「コピー」モジュールを選択して、するとコピーモードも選びましょう。

dvd 寿命

そして、DVDディスクを読み込ませます(「+」からISOファイルを入力するのもOK)。

dvd 寿命

出力DVDの形式、字幕などを調整すると、自由に設定・コピー開始できます。

dvd 寿命

5. まとめ:適切な方法で保管することで延ばせるDVDの寿命

DVDは記録用のメディアとして非常に使いやすいですが、ディスクには寿命があるため、何らかの方法で寿命を延ばせるようにしておいた方が良いでしょう。DVDの寿命を延ばすための基本的な方法が、適切な環境で保管する方法です。

突然の寿命に備えて、あらかじめバックアップを作成しておくのも効果的な対策で、バックアップを作りやすい専用のソフトを利用する方法もおすすめです。