1.    そもそも、ファイナライズとは?

dvd ファイナライズ

ファイナライズとは、簡単に言えば、ある機器で録画したものを他社の機器でも使用可能にすることを指します。ファイナライズ処理は、読み取り専用ディスク作成処理、追記禁止処理とも言われています。読み取り専用なのは、簡単には編集ができないようにするための処理という理解が簡単です。

追記禁止処理というのも、それ以上の書き込みをディスクにすることができない、編集できないということを意味しています。そのため、作ったDVDをコピーしてもらいたい場合には、便利でしょう。ディククを渡した相手に勝手に内容を変更される心配もありません。

ブルーレイでは、データの規格がDVDとは異なるので、ファイナライズを必要としませんが、DVDでは必要です。なぜファイナライズが必要かというと、別の機器でダビングした場合のデータ配列は、他の機器とは異なっていることが多いからです。ファイナライズがされている場合もありますが、もし、確認をしたい場合には、使う予定のレコーダーに実際にDVDを挿入してみましょう。

もし、手元にレコーダーがない場合には、パソコンでも確認ができます。その場合には、DVD自体の容量が0バイトの場合はファイナライズがされている可能性が高いです。また、ファイル名が文字化けせず、フォーマットがvideoになっているかも確認しておきましょう。

ファイナライズ自体が必要ない場合もあります。例えば、パソコンでオーサリングをすると、自動的にファイナライズ化されるので必要ないです。オーサリングとは、パソコン上でDVDの内容を編集して、DVDディスクに書き出しをすることを指します。

dvd ファイナライズ
画像引用元:テレビ番組の録画DVDをパソコンで再生するための 3つのポイント | @ringlog

2.    ファイナライズの方法は?具体的な手順を説明

まずは、手元にファイナライズするとDVDを用意します。DVDレコーダーのメニューで一覧の中に「ファイナライズ」という言葉があるかを確認してください。コピーを他の業者に依頼する際には、DVD-Rを使用することが望ましいです。機器同士の相互互換に問題が起こりにくいからです。その他のタイプのディスクと迷った場合には、DVD-Rが最適でしょう。

次に、フォーマットを選択する画面が表示されるので、videoフォーマットを選択するようにします。VRでは、コピーする場合に互換性が低下する恐れがあるので、注意しましょう。

dvd ファイナライズ

フォーマットを選択したら、ディスク名が表示されているかを確認してください。このままでよければ、次に進んでも構いません。しかし、英数字以外の記号や仮名を使用している際には、文字化けをする恐れがあります。きちんと名前をファイナライズ後も表示させておきたい場合には、英数字中心で名前を書き直しておくことをお勧めします。また、直接書き込んだわけではなくても、スペースなどがある場合にも、文字映えの可能性があることを頭に入れておきましょう。

最後に、「ファイナライズをする」などの選択画面が表紙されるので、「ファイナライズをする」を選択すると焼き込みが開始されます。ファイナライズが完了したら、一度DVDを取り出してみてください。手元に読み取りをしたいレコーダーなどがある場合には、そこにDVDを挿入してみましょう。パソコンでも、正常な再生を確認できた場合は、ファイナライズが正常に完了したということになります。パソコンで確認した際には、空き容量が0バイトであることも確認しておくと確実です。

3.    DVDをレコーダーにダビングする方法:事前準備つにいて

テレビ番組などでお気に入りの番組や、後で見たい場合には録画機能を使います。録画することはダビングするとも言いますが、この場合は録画内容を書き込むDVDのフォーマットを確認しておく必要があります。

「DVD+RW」「DVD+R」「DVD+ROM」はダビングできない可能性が高いです。ダビングできない理由は、そもそも録画用途で販売されていない製品だからです。そのため、用意したディスクが録画専用であることを事前に確認しておくとよいでしょう。

DVDには、「DVD-R」「DVD-RW」の2種類が主に録画用途で使用されていますが、この2種のディスクの違いは、「DVD-R」が一度録画したら、消せないタイプのディスクであるのに対して、「DVD-RW」は何度でも録画が可能という点です。これは、ディスク自体に編集機能があるからです。「録画用」と書かれていない場合でも、「for General 」「for Video」と書かれていれば、録画用と判断しても大丈夫です。

dvd ファイナライズ
画像引用元:Konan-u DVD(Digital Versatile Disc)

4.    ディスクの初期化からダビングの操作方法について

ダビングをする前に初期化をしておく必要があります。その場合には、「VRフォーマット」と「ビデオフォーマット」が存在します。デジタル放送などの録画を行う際や、ビデオカメラの映像を録画する際には、VRフォーマットを使用します。

ビデオカメラ映像は、VRでも、ビデオフォーマットの両方で録画可能です。特に、デジタル放送を録画する際には、「VRフォーマット」でしか録画できないので、その点には注意をしておきましょう。これらの場合は新品のディスクを使用する場合です。

新品のディスクを使用した場合の操作方法は、「DVD-RW」は自動的にVRフォーマットに初期化されます。しかし、「DVD-R」は自動的に初期化されないので、手動で操作が必要です。ディスクをレコーダーに挿入した際に、初期化をするかどうかの項目がテレビ画面に表示されるので、表示されたら「初期化する」ボタンを押すことで簡単に初期化可能です。

dvd ファイナライズ

ダビング操作時には、ダビングの項目一覧で「ダビング」などが記載されているボタンを押しましょう。その次に、ハードディスク先を選択して、デジタル放送を録画する場合は録画予定の放送番組を選択します。複数選択もできる場合には、複数選択をした後に「決定」のボタンを押しましょう。メーカーによって操作方法が微妙に異なることもありますが、録画する主な流れは基本的には同じです。最後にファイナライズをすることで、他の機器での使用を予定している場合は、その機器でも視聴できます。

5.    DVDのコピーにおすすめのソフト

「DVDFab DVDコピー」はDVDのコピーをすることができる便利なソフトです。市販のDVDやレンタルDVDなど、コピーガードが付いている製品のコピーをすることができるので、お気に入りのシーンをいつでも見返すことができます。  

ローカルデータとして、DVDディスクに保存をすることができるので、パソコンがある場所やDVDプレーヤーさえあれば、手軽に利用できます。すべてのデータもコピーする必要がない場合、特に好きなシーン、プレゼンテーションなどで一部だけ紹介したい場合には、分割機能を活用することができます。

DVDでは、チャプターごとに必要な部分だけをコピーすることで、分割機能が使用可能です。無料版では、DVDを丸ごとコピーする機能は利用できます。分割機能を利用したい場合には、有料版をダウンロードで可能です。有料版を購入する前に、一度無料版では試してみてから有料版を使用してみてもよいでしょう。コピー時間は、高速でISO���ァイルに保存する場合は、手持ちの光学ドライブの性能にも影響しますが、およそ5分程度で作業が完了します。

  では早速、下記のボタンを押して、DVDコピーに最高のソフトを無料で全機能を体験してみましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

使い方も非常に簡単で、しょしんしゃでも見ればわかるように把握できます。ディスクを挿入し、ソフトをダウンロードしてインストールし開きます。すると、上のツールバーからコピーモジュールを選択し、左上の窓から好きなコピーモードを一つ選びます。

dvd ファイナライズ

ディスクが読み込まれると、出力場所やDVD形式を設定し、開始ボタンを押せばDVDコピープロセスを開始できます。

dvd ファイナライズ

6.    まとめ:ファイナライズ機能やコピー機能を活用してDVDをもっと便利に!

いかがでしたか。DVDをファイナライズしておくことで、どこのプレーヤーでもDVDをスムーズに視聴できる環境が整います。「DVDFab DVDコピー」と呼ばれるソフトを活用すれば、多くの知り合いに自分で作ったDVDを配ることができます。無料版では、無劣化でコピーができるので、気になった方は使用してみると便利にコピー機能を利用できるでしょう。