お気に入りの動画をDVDプレーヤー、テレビで視聴して、または動画をDVDにバックアップして保管するには、動画をDVD-Video形式に変換するDVD書き込みソフトが必要あります。この記事では、DVDを簡単に作成するためのWindows 10 DVD書き込みツールを3つご紹介します。

DVDFab DVD 作成

DVDFab DVD 作成はWindows 10 DVD書き込みのための最高のソフトウェアの一つであり、ダウンロードされたビデオ、ビデオカメラで撮った映像、ほかの汎用ビデオなどのあらゆる種類の動画からDVDを作成することができます。またこのDVDメーカーでは、さまざまな美しいメニューテンプレートも用意され、ユーザーがテンプレートから好きな画像を選択して、メニューを作成することができます。

インテルクイック・シンク、NVIDIA CUDAなどの最新技術を使用して、超高速で動画をDVD-video形式に変換して、よりプロなDVDを作成するために、字幕、オーディオとアスペクト比の設定、動画の再生順の調整、動画のプレビュー、メニューの作成などの多彩な機能も備えています。

DVD作成の価格は1年間:5331円     無期限版:8679円      おすすめバンドル:DVD 作成 + Blu-ray 作成 (無期限版) ¥14879 

このソフトの操作方法が簡単です。ただ3つのステップで個人化のDVDを作成することができます。

Step 1: 最新版のDVDFab 12に更新してプログラムを起動します。その後、作成タグをクリックして、ビデオを追加します。左上隅におけるスイッチをクリックして、「DVD作成」モードを選択します。

Step 2:「詳細設定」アイコンをクリックして出力ファイルをカスタマイズすることができます。

Step 3: 保存先でビデオの出力ディレクトリを設定します。

出力ディレクトリはDVDディスク、DVDフォルダ、またはISOファイルの3つの種類があります。次に、「開始」ボタンをクリックしてWindows 10 DVD書き込みを始めます。

*動画をブルーレイに書き込む場合は、DVDFab Blu-ray作成をご利用ください。

Windows DVD Maker

Windows DVD Makerは画像や映像を簡単にDVDビデオに焼けるマイクロソフトに開発された製品です。このソフトはavi、mp4、wmv、flvなどを含めて、最大60種類の動画フォーマットをサポートして、出力DVDタイプは、DVD 5、DVD 9 とMini DVDが含まれます。素敵なDVDビデオを作成するために、多彩な編集機能が付いて、独自の字幕や個人化のDVDメニューを作成でき、更に音楽付き、トランジション効果を付加したスライドショーを追加することもできます。また、HDやブルーレイの品質でDVDを書き込むこともできます。このソフトは使い勝手が良いですが、焼いたDVDの品質が悪いです。

Windows 10には、64ビットCPUアーキテクチャのための64ビットサポートが組み込まれています。これはインテルの新しいCPUでより多くの情報を処理し、書き込みプロセスを高速化できることを意味します。しかし、ハードウェアアクセラレーションのような最新の技術をサポートしていないため、変換プロセスがDVDFabほど速くではありません。このソフトウェアを使用するには、少なくとも256 MBのRAMと5 GBのハードディスクを必要とし、過去5年間に任意のプロセッサで動作できます。

 

Wondershare DVD Maker

このWindows 10 DVD書き込みツールは様々な動画・音声・画像形式に対応しています。このソフトを使用して、数クリックだけで写真や動画からDVDを作成することができます。また動画をクロップ、トリミング、透かしや字幕追加などの編集機能も提供されます。さらに、編集スタイルとオプションを使用して、ファイルやビデオからスライドショーを作成することもできます。

UIが非常にユーザーフレンドリーで、初心者でも簡単に操作できます。最新技術もサポートされていますが、書き込み速度がDVDFabほど速くではありません。

上記ではwindows10 dvd 書き込みのソフトを紹介しました。他のdvd 書き込みのソフトについて、dvdメニュー作成 と m2ts dvd作成 記事をご覧ください。