動画をDVDプレーヤー、TV、レコーダーなどで再生するには、動画をDVDビデオに変換する必要があります。この場合は、専用のオーサリングソフトを使わなければなりません。Windows Vista やWindows7には超簡単で使えるオーサリングソフト-Windows DVD メーカーが搭載されていますが、Windows 8以降でWindows DVD メーカーは搭載されていないので、Windows DVDメーカーを代わりものを探さなければなりません。この記事では、DVDを簡単に作成するためのWin10 DVD 書き込みツールをご紹介します。

DVDFab DVD 作成

DVDFab DVD 作成は、最高のWin10 DVD 書き込みソフトとして、ダウンロードされたビデオ、ビデオカメラで撮った映像、ほかの汎用ビデオなどのあらゆる種類の動画をDVDに書き込むことができます。インテルクイック・シンク、NVIDIA CUDAなどの最新技術を使用して、超高速で動画をDVD-video形式に変換して、よりプロなDVDを作成するために、字幕、オーディオとアスペクト比の設定、動画の再生順の調整、動画のプレビュー、メニューの作成などの多彩な機能も備えています。

このソフトを購入する前に、30日間無料でフル機能を体験することができます。

このWindows10 DVD 書き込みソフトの操作方法がとても簡単です。ただ4つのステップで個人化のDVDを作成することができます。

ステップ 1: 以下のボタンを押して、最新版のDVDFabを無料ダウンロードして、パソコンにインストールしてから、実行します。 

作成」タグをクリックして、左上隅における左向きの矢印をクリックして、「DVD作成」モードを選択します。

Win10 DVD 書き込み

ステップ 2:「+」をクリックして、ビデオを追加します。

Win10 DVD 書き込み

ステップ 3: 出力DVDの設定を行います。まず、「詳細設定」アイコンをクリックして、出力ファイルのボリュームラベル、出力、ビデオ画質、テレビ画質、アスペクト比、再生モードなどを設定できます。その隣の「メニューを設定」アイコンをクリックして、出力DVDのメニューを設定することができます。

Win10 DVD 書き込み

Win10 DVD 書き込み

メニュー設定:
メニューを要らない場合、一番目のメニューテンプレートを選択してください。
メニューを作成したいなら、その他のメニューテンプレートから1つを選択して、プレビューウィンドウをクリックして、右側からウィンドウの形を選択できます。また、画面の左下にある画像のアイコンをクリックして、自分の画像をアップロードして、背景として利用できます。「T」をクリックして、メニューテンプレートの文字のフォント、サイズ 、色などを変更することができます。

Win10 DVD 書き込み

ステップ 4: 画面下部にある「フォルダ」のアイコンをクリックして、ビデオの出力ディレクトリを設定します。出力ディレクトリは、DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOファイルの3つの種類があります。ドロップダウンメニューからドライブを選択したら、ビデオがDVDディスクに焼きこまれます。ISOまたはフォルダのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択したら、ビデオがDVD ISOイメージファイル/フォルダとして保存されます。次に、「開始」ボタンをクリックしてWindows10 DVD作成みを始めます。

Win10 DVD 書き込み

*動画をブルーレイに書き込む場合は、DVDFab Blu-ray作成をご利用ください。

DVD作成の価格は1年間:5331円     無期限版:8679円      おすすめバンドル:DVD 作成 + Blu-ray 作成 (無期限版) ¥14879 

Windows DVDメーカー

Windows DVDメーカーは画像や映像を簡単にDVDビデオに焼けるマイクロソフトに開発されたWindows10 DVD作成ツールです。このソフトはavi、mp4、wmv、flvなどを含めて、最大60種類の動画フォーマットをサポートして、出力DVDタイプは、DVD 5、DVD 9 とMini DVDが含まれます。素敵なDVDビデオを作成するために、多彩な編集機能が付いて、独自の字幕や個人化のDVDメニューを作成でき、更に音楽付き、トランジション効果を付加したスライドショーを追加することもできます。また、HDやブルーレイの品質でDVDを書き込むこともできます。このソフトは使い勝手が良いですが、焼いたDVDの品質が悪いです。

Win10 DVD 書き込み

Windows 10には、64ビットCPUアーキテクチャのための64ビットサポートが組み込まれています。これはインテルの新しいCPUでより多くの情報を処理し、書き込みプロセスを高速化できることを意味します。しかし、ハードウェアアクセラレーションのような最新の技術をサポートしていないため、変換プロセスがDVDFabほど速くではありません。このソフトウェアを使用するには、少なくとも256 MBのRAMと5 GBのハードディスクを必要とし、過去5年間に任意のプロセッサで動作できます。

Wondershare DVD Creator

このWindows10 DVD作成ツールは様々な動画・音声・画像形式に対応しています。このソフトを使用して、数クリックだけで写真や動画からDVDを作成することができます。また動画をクロップ、トリミング、透かしや字幕追加などの編集機能も提供されます。さらに、編集スタイルとオプションを使用して、ファイルやビデオからスライドショーを作成することもできます。UIが非常にユーザーフレンドリーで、初心者でも簡単に操作できます。最新技術もサポートされていますが、書き込み速度がDVDFabほど速くではありません。

Win10 DVD 書き込み

Aiseesoft DVD 作成

Aiseesoft DVD 作成は高速、高画質でMP4、M2TS、MTS、MOV、MKV、MPG、VOB、FLVなどほとんど動画ファイルをDVDディスクに書き込むことができます。それに、windows10 DVD書き込みの前に、ターゲットDVDに字幕とオーディオトラックを追加したり、メニューテンプレートからDVDメニューを選択したり、背景画像、ミュージックとオープニングフィルムを追加することができます。このWindows10 DVD作成ソフトのインタフェースが直感的なで、パソコンの初心者でも簡単に操作できます。

Win10 DVD 書き込み

まとめ

Windows10で使えるDVDオーサリングソフトをいくつか紹介しましたが、DVDFabはMACでも利用できます。また、DVDFabには、作成機能の他、コピー、リッピング、動画変換、Cinavia除去など様々な機能があります。Blu-ray作成DVDコピーなども可能です。DVDからブランクディスクに書き込む場合は、DVDFabのコピー機能を使ってください。もちろん、上記紹介したいずれかのソフトを使ってMP4動画をDVDに焼くことができます。

そして、2021年にWindows11もリリースされる予定です。Windows11の発表に従い、DVDFabもWindows11に対応できるようにアップデート更新を続けています。Windows11が正式無償アップデート前に、DVDFabがWindows11に対応できるようなアップデートをするので、ぜひお楽しみにしてください!Windows11の最新情報を前もって掴むために、『Windows 11発表まとめ!新機能・無償アップデートする方法』をご紹介の記��にご参考ください。