1. BDAV方式——デジタル映像データを録画する方式

地上デジタル放送等のデジタル映像データを、レコーダーに直接録画するには、ハードディスクまたはブルーレイディスクが用いられます。このうち、録画したレコーダー以外で再生する方法としては、複数のデジタル映像データを収録できるブルーレイディスクが広く知られています。対象となるブルーレイディスクには、市販されているBD-R及び、BD-REといったメディアが該当します。ブルーレイディスクレコーダーを経由してブルーレイディスクにデジタル映像データを録画する際には、BDAV方式で書き込まれる点が特徴です。

映像等のデジタルデータを「MPEG-2 TS」で格納するBDAV方式は、映像コーデックにMPEG-2とMPEG-4AVCを、音声コーデックにリニアPCMやAAC等を採用しています。地上デジタル放送のデータ放送もまとめて収録できる他、レコーダーの設定により、様々な収録方法を選べる点が特徴です。

収録方法の具体例としては、収録する番組数を制限する代わりに、放送している番組をデータ放送も含めてオリジナルの形で収録するモードと、オリジナルよりも画質は劣るものの、より多くの番組を収録できるモードの2つがあります。

しかし、BDAV方式で収録したブルーレイディスクは、当然ながらブルーレイディスクに対応したプレイヤー以外では再生そのものが不可能です。仮に、ブルーレイディスクプレイヤーがあったとしても、一部のプレイヤーでは再生できないという問題点も出てきます。

2. AVCREC方式——高画質映像データを低容量メデイアで再生できる

高画質のデジタル映像データを、ブルーレイディスク以外のメディアでも再生できる方法として、AVCREC方式が広く知られています。AVCREC方式は、DVD等の低容量のメディアでも再生できる点が特徴です。デジタルデータを格納する仕組み等は、BDAV方式がベースとなっていますが、映像系コーデックにおいては、「MPEG-4AVC/H.264」を用いている点が、最大の特徴です。

AVCREC

デジタルハイビジョン画質の他、BDAV形式にはない標準画質も選べるため、映像データをより少ない容量で格納できる仕組みとなっています。音楽系コーデックは、AACやドルビーデジタルといった、BDAV方式と同様のものが選べます。

BDAV方式と同様、AVCREC方式もレコーダーの設定により、画質重視か容量重視にするかを選べる点が特徴です。ハイビジョン画質で録画する等、画質を重視する場合は、片面1層であれば約42分、片面2層なら約1時間20分となります。一方、標準画質で録画して容量を重視するケースでは、片面1層で約5時間、片面2層なら約9時間30分もの番組が保存可能です。さらに、録画したメディアがDVD-RWといった追記可能なメディアであれば、不要なものを削除して別の番組を収録できるようになります。

AVCREC

なお、AVCREC方式は、デジタルハイビジョン画質の映像データを、DVD等の低容量メディアで再生するための規格となっています。主に、AVCREC方式対応のブルーレイディスクレコーダーを用いて、DVDに収録する方法が一般的ですが、専用のチューナーと再生ソフトを使えば、パソコンでも録画や再生が可能です。ただし、AVCREC方式で録画されたデジタル映像データには、簡単に他の記憶媒体に保存できないよう、コピーガードがかかっています。従って、AVCREC方式のメディアを再生するには、コピーガードを解除できる等の仕組みを備えた、専用のプレイヤーが必須です。

3. AVCREC方式で録画するメディアを選択するには

3.1  AVCREC対応のメディア

地上デジタル放送等のデジタル映像データは、その大半が「コピー・アット・ワンス」と呼ばれる、一度だけコピーができる仕組みを採用しています。「コピー・アット・ワンス」対応の番組を専用のレコーダーで録画するには、「CPRM」というコピーガードに対応したメディアが必要です。

AVCREC

AVCREC対応のメディアとしては、市販されているDVD-RやDVD-RWが該当しますが、「CPRM」に対応しているDVDメディアのみが録画に対応しています。その上で、持っているレコーダーやプレイヤーが、AVCREC方式の録画や再生に対応しているかどうかを確認します。

AVCREC方式で録画した番組を再生するには、「MPEG-4AVC/H.264」及び「CPRM」の両方に対応したプレイヤーが必要となります。加えて、映像出力に関係するディスプレイやケーブル、グラフィックボードも「CPRM」に対応しているものを揃える等、再生に対するハードルが他のメディアより高い点が、AVCREC方式の特徴です。

3.2 VR方式やビデオ方式との違い

DVDメディアでテレビ番組を録画する形式としては、AVCREC方式以外にもVR方式やビデオ方式と呼ばれるものがあります。VR方式はAVCREC方式と同様、地上デジタル放送等の「コピー・アット・ワンス」対応番組を録画できる方法の一つです。デジタル映像データを録画するには、「CPRM」に対応しているDVDメディアが必要ですが、フォーマットをする時にVR方式を選べます。地上デジタル放送等の番組を録画する際に、アナログ放送相当の画質で収録される点が、AVCREC方式との大きな違いです。

AVCREC

ビデオ方式に関しては、AVCREC方式やVR方式とは異なり、デジタル放送の録画自体に対応していないという特徴があります。市販またはレンタルDVDで採用されている方式で、市販されている全てのDVDレコーダーでの再生に対応しています。

4. DVDプレイヤーでAVCREC方式のDVDを再生する方法

AVCREC方式で録画されたDVDを再生する場合、「MPEG-4AVC/H.264」及び「CPRM」対応が必須という理由から、再生できるプレイヤーが制限されます。高画質なデジタル映像データを全てのDVDプレイヤーで再生するためには、DVDにかかっているコピーガードやリージョンコード等を外す必要があります。なお、「CPRM」対応のDVDプレイヤーは、コピーガードやリージョンコードを解除して、再生する機能のみ備わっている点が一般的です。従って、プレイヤーとは別に、コピーガード解除に対応した専用のソフトを用意する必要があります。

DVDにかかったコピーガードを解除した上で、リッピングを行うソフトとして代表的なものが、「DVDFab Passkey for DVD」です。

DVDFab Passkey for DVDは、コピーガードを解除したいDVDをドライブに挿入してコピーガードを解除し、外部ソフト無しで動画データ等のファイルに変換する作業をまとめている強力なソフトです。DVDFab Passkey for DVDを使って「CPRM」を解除した後は、DVDに書き込むためのISOファイルに変換可能です。

 i  無料ダウンロード     今すぐ購入 

 

無料版も存在しますが、解除できるコピーガードの種類等における機能制限があるため、より高性能な機能を使う場合は、有料版を購入する必要があります。現在では30日間に長引く全機能体験できる無料体験がご用意され、必要としている場合はどうぞ上記のボタンを押してダウンロードして体験しててください。

DVDFab Passkey for DVDは、RC、RCE、APS、UOP、ARccOS、RipGuardなどのコピーガードを解除しDVDを復号化するソフトとして、市販やレンタルのDVDだけでなく、AVCREC方式またはVR方式でデジタル映像データをハイビジョン画質で記録したDVDディスクにも対応しています。この強力なソフトで制限を解除した後、特定のリージョンコードが付されたドライブまたはプレーヤーソフトでDVDビデオを自由に視聴できるようにします。あらゆるDVDプレイヤーで再生できるほか、MP4といった動画ファイルへの変換作業にも対応しているため、パソコンでも自由に再生できるようになります。

5. AVCREC方式で地上デジタル放送をDVDで観よう!

AVCREC方式は、ブルーレイディスク以外の外部メディアでは視聴できない地上デジタル放送等のデジタル映像データを、容量の少ないDVDで観るための方式です。ブルーレイディスクプレイヤーがない環境でも、録画した地上デジタル放送等をDVDプレイヤーで視聴できます。また、コピーガードを外す専用のソフトと併用する形で、他の動画データへの変換も可能となります。